暖房の設定温度の目安を紹介。20℃でも快適に過ごす方法

暖房の設定温度は消費電力にそのままつながります。エアコンの設定温度を1度下げるだけでも節電になるといいます。

では暖房の設定温度の目安は何度が良いのでしょう。
まずは皆さんは何度に設定しているのかを紹介します。
暑がりの人、寒がりの人、電気代が気になる人などで設定温度が随分と違うことがわかります。

環境省が推奨している冬の暖房の温度設定の目安は20℃ということですが、寒いと感じる方も多いでしょう。

そこで20℃でも暖かく過ごすためのポイントを紹介します。

実はエアコンは自動運転が良いといいますが、その理由もご覧ください。
また室内の湿度が上がると体感温度も上がるといいます。

電気代をかけずに湿度を上げる方法と、注意点も併せて紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

部屋の模様替えは机のDIYで!簡単な机の作り方をご紹介

使いにくい机や、部屋の雰囲気に合わない机をどうにかしたいと思ってはいませんか?特に机は、部屋の雰囲気...

朝のトースト2枚は多いか少ないかみんなの意見と太らない食べ方

朝パン派の人は、トーストは何枚食べますか?1枚だとすぐにお腹が空くし、2枚だと多いような気が...

ガス代は一人暮らしの冬の時期でいくらなのか調べてみました

一人暮らしをしていると、ガス代が高いなと思うことはありませんか?気温が下がる冬は特に感じますね。...

舌が長いと滑舌が悪くなるは間違いだと判明!

「私の滑舌が悪いのは舌が長いからだ」と思っていませんか?滑舌が悪いのは舌が長いからではなく、調べ...

一人暮らしが寂しい、実家に帰りたいと感じる人のための対処法

社会人になって初めて実家を離れて一人暮らしを始める人の中には、最初のうちは一人の時間を楽しんでいても...

麺をすする方法は?上手に麺をすすれるようになる簡単な練習方法

日本にはラーメンやそば・うどんのように、麺をすすりながら食べる食べ物がたくさんあります。でも、中には...

接着剤の剥がし方。指についても慌てない剥がし方と使える物とは

接着剤を使っていて、うっかり手についてしまったという経験はありますよね。また指と指がくっついて焦...

ハンドメイドのパーツの仕入れは安いところがベストとは限らない

ハンドメイドのパーツの仕入れはどこでしたらいいのか迷ってしまいますよね。一番、気になることと言えば安...

トイプードルのカットの頻度や事前に知っておきたいポイント

トイプードルのカットの頻度はその家庭によっても違いますが、トイプードルはあまり長い間カットに行かない...

金魚の水換えの後に白く濁る原因と対処法。水換えのポイント

金魚の水槽の中の水が白く濁ることはありますが、その原因はいくつか挙げられます。金魚の数が多か...

ウーパールーパーの水槽の掃除の手順と注意点と頻度について

ウーパールーパーは水槽で飼育するペットとして人気があります。育てやすい生き物とされていますが、こ...

入院中お見舞いに来ないで欲しい理由と来て欲しくないときの対策

入院中にはお見舞いに来ないで欲しいと正直思っていませんか?例えば、女性の場合は入院中は化粧も...

ハムスターのトイレや砂遊び場の作り方や注意点について

ハムスターはトイレを覚えるというけれど、砂遊び場でしてしまうときにはどうしたらいいのでしょうか?...

顔が太るのは女性だけではない!男性も小顔を目指そう!

女性だけではなく、顔が太ると悩んでいる男性も増えているといいますが、その原因は女性と同じなのでしょう...

アパートの騒音問題!下の階がうるさい時の解決策と注意点

アパートの騒音問題は多く、下の階からの生活音や話し声、バタバタと子供が走り回る音に悩まされる人はたく...

スポンサーリンク

暖房の温度は何度にしていますか?目安温度を紹介

冬場の室内は、エアコンの設定温度よりも寒く感じることも多いのではないでしょうか?たとえば、気温が20℃の日に屋外で過ごすのは快適に感じるものですが、冬場は暖房を20℃に設定していたとしても、体感的にはそれよりも寒く感じます。原因としては、やはりそれぞれのお部屋の作りも関係しているようです。

とくに天井が高めの部屋では、エアコンから出力された暖かい空気が天井付近に溜まってしまうことにより、いつまで経っても足元が寒いままになることが多いようです。そのため、たとえエアコン付近は20℃近くあっても、実際に座っている場所は17℃しかなかったり、いくら設定温度を高めにしていたとしても、自動運転に設定しているために、室温は低いのに自動的にエアコンが停止してしまうこともあります。

そもそも、人によっては体感温度が違うので、設定温度が18℃でも平気だという方もいれば、25℃でも寒いと感じる方もいるため、それぞれの体質や体調に合わせて、厚着をするなどで調節すると良いでしょう。

冬の暖房、夏の冷房、エアコンの温度の目安について

サーキュレーターを使って温度をコントロール

体感気温に合わせてエアコンの暖房温度を上げたり下げたりしていると、当然その分だけ電気代にも影響してきます。冬場だけでなく、夏場に冷房を使う際にも言えることですが、できるだけ電気代を節約しながらエアコンを効率よく使うには、設定温度をどれくらいにすれば良いのでしょうか?

環境省が推奨する冬の暖房時の設定温度の目安は20℃です。ただ20℃に設定しただけでは、黙って座っている分には足元が寒く感じることも多いので、適度に厚着をしたり、エアコンの暖房にプラスして、サーキュレーターや扇風機を使って室内の空気を循環させ、天井付近に溜まった暖かい空気を足元に送り込むことで、部屋全体を効率よく暖めることができます。

これに対して、夏の冷房時の設定温度の目安は28℃です。室温28℃では、まだまだ暑いと感じる方が多いでしょうが、こちらもエアコンとサーキュレーターや扇風機を併用することで、より快適に過ごすことができます。暖房時とは反対に、足元に向かって風を当てることで、下に溜まっている生ぬるい空気を上へ押し上げて、部屋全体の温度を下げるのがポイントです。

冬の暖房の目安の温度が20℃でも快適に過ごす方法

エアコンの暖房機能を使う際は、設定温度を1℃下げただけでも、10%の節電につながるそうです。逆に言えば、たかが室温が1℃違うだけでそれほど消費電力に影響があるのでしたら、ちょっと寒いからとむやみに温度を上げていると、それだけでも電気代がかなり高くなってしまうということです。

ここでは、冬場の暖房設定温度の目安である20℃でも、より快適に過ごす方法をご紹介しましょう。

  • エアコンは自動運転にする
  • 短時間の外出時はつけっぱなしにする
  • 風向きを下向きに設定する
  • サーキュレーターなどで空気を循環させる
  • 着るもので体温調節する
  • 温かい食事や飲み物をとる

エアコンは、電源を付けてから設定温度まで上げている時が最も電力を消費しますので、電気代節約のために弱の設定のままで立ち上げると、室温が設定温度に到達するまでにより長い時間がかかってしまうため、それだけ多くの電力を使用することになります。電気代節約のためにも、エアコンは常に自動運転にしておくことをオススメします。

同様にエアコンの電源をこまめに付けたり消したりするよりも、短時間の外出であれば少し設定温度を下げてつけっぱなしにしていたほうが室温が保たれるため、電気代の節約になります。

さらにエアコン吹出口の風向きを下向きに設定して、冷える足元に向けて暖かい風を送り込むことで、より暖かく感じることができます。

寝ている時の暖房の温度の目安も紹介

実際に多くのご家庭では、暖房時の設定温度の平均は22℃~23℃と言われています。寒い地方では就寝時もエアコンをつけっぱなしにするご家庭も多いようですが、温度設定を下げないままで寝てしまうと、電気代だけでなく睡眠の質にも影響してくるようです。

就寝時に人間が快適だと感じる室温の目安は、15℃~21℃だと言われています。就寝時にエアコンをオフにしてしまうと、とくに高齢者や体調の悪い方が夜中にトイレに起きた際などに、暖かい布団の中と寒い室内との温度差で、ヒートショックを起こしてしまう恐れもありますので、低めの設定温度でエアコンをつけたままにして、室温を保っておくことも大切です。

夜間に暖房をつけていない部屋では、起床時は室温がかなり低下して、同様に体調を崩す恐れもありますので、エアコンのタイマー機能を利用して、なるべく起床前に室内を暖めておくこともお忘れなく。

湿度が上がると体感温度も上がります

同じ室温でも、乾燥した部屋と適度に湿度が保たれた部屋では、実はそれだけでも体感温度が違ってきます。冬場に暖房を使う際の最適なのは、湿度40%~60%と言われています。暖房を使用することで湿度が下がりすぎないように、加湿器などを使って湿度を一定に保ちましょう。

この湿度を保つことで、体感気温が上がるだけでなく、冬場に流行しやすいインフルエンザウイルスなどの活動を抑えることもできます。
ただし、湿度が高すぎると結露が発生したり、カビやダニが繁殖しやすくなりますので、窓を開けて適度に換気をしたり、加湿器の設定を低めにしてください。

ご家庭に加湿器がない場合は、洗濯物を部屋干ししたり、濡らしたタオルなどを部屋にかけることによって、同様の効果が期待できます。

暖房の温度設定を今よりも低めにしても、工夫次第で快適に過ごすことができますので、今日からでもぜひ試してみてくださいね。