ナチュラルメイクでデカ目を作る方法が盛沢山。様々なテクニック

つけまやカラコン無しでもデカ目は作れますよ。

デカ目にすると「メイクが濃い」というイメージがありますが、ナチュラルメイクでデカ目を作る方法がありました。

ポイントは下まつげ、白目の部分、アイライナーやアイシャドーなど。様々なテクニックを紹介します。
あなたに合ったメイク方法を探してみてくださいね。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

プラスチックへの塗装が剥がれる原因とおすすめの下処理

プラスチックに塗装をすると、塗装をした当初は、しっかりとキレイに塗装がされていると感じますが。使用を...

小学校では鉛筆の2Bをいつまで使用?指定される理由と使い心地

小学校の入学準備を始めていると、筆記用具の注意点に「鉛筆は2b、または2b以上」と指定されている場合...

食洗機用洗剤がない時の代用品になるものは?使用上の注意点も

食洗機を使いたいのに食洗機用洗剤がない!そんなことありませんか?何か代用品があれば…と思いますが...

瞳が茶色でも黒髪にしたい!瞳の色からオススメな髪色がわかる

瞳が茶色い人は黒髪が似合わないと言われるように、瞳の色によって似合う髪色が判断することができるそうで...

海の遠泳の泳ぎ方、クロールや平泳ぎのコツと注意点

海で遠泳をする場合、おそらくクロールか平泳ぎの泳ぎ方にすると思いますが、プールとは違う海での遠泳のた...

アイプチで二重が不自然にならないための使い方のコツ

アイプチで二重にした場合、やり方を間違うと不自然に見えてしまいます。アイプチでした二重が不自...

親の介護は兄弟で役割分担。もめない為に話し合っておくポイント

親の介護は突然必要になる場合があります。兄弟がいる場合は親の介護はどうしたら良いのでしょうか...

ミニチュアピンシャーは抜け毛がすごい?犬の抜け毛について

ミニチュアピンシャーは抜け毛がすごい?犬の抜け毛は犬種によっても大きく違いあります。その鍵を...

プラスチックに塗装!ポイントはスプレー前の下準備にあり

プラスチックに塗装したいと思ったら、そのままスプレー塗料を吹きかけても良いのでしょうか。答え...

部屋の湿度は何%が理想?乾燥対策や湿気対策をご紹介

部屋を理想的な湿度に保つにはどんな工夫をしたらいいのでしょうか?そもそも、湿度は何パーセント...

朝のトースト2枚は多いか少ないかみんなの意見と太らない食べ方

朝パン派の人は、トーストは何枚食べますか?1枚だとすぐにお腹が空くし、2枚だと多いような気が...

文鳥の換羽期にプラスしたい栄養素と飼い主ができるサポート

文鳥が換羽期を迎えると、いつもよりも栄養が必要になります。文鳥の換羽期にはどのような栄養素が必要にな...

絵【デッサン】の影の付け方の基本と鉛筆で立体感を表現するコツ

鉛筆で描くデッサンは、光と影の付け方で絵に奥行きが生まれます。しかし、慣れないうちはなかなか立体感が...

干支の置物。風水的に飾る場所は決まってる?気になる疑問解決!

干支の置物。風水的にもその年の干支を飾ると良いと言われていますよね。そこで、縁起物である干支...

No Image

名前にカタカナが多かった昔。人気があった名前とその理由

おばあちゃんやご年配の女性の名前を見ると、カタカナだけの名前が多いと思いませんか?なぜ昔の女性の...

スポンサーリンク

ナチュラルメイクでデカ目に見せたいならポイントは下まつげ

大きくて印象的な瞳になりたいと憧れる人は多いですよね。

そんなデカ目をナチュラルメイクで叶えちゃいましょう。

アイシャドウやアイラインのテクニックでワンランクアップの目元になれますよ!

デカ目を印象づけられるポイントは、なんと下まつげにありました。

下まつげにボリュームを付けることで、目元にインパクトを付けましょう。

これは、黒いアイラインを引くよりも、ずっと効果的に目元を大きくできますよ。

さらに、下まつげの効果はデカ目だけではないんです。

実は、顔のリフトアップにもなるんです。

これはやらずにはいられませんね。

 

ナチュラルデカ目メイクなら、好感度も抜群です。

 

まずは、ブラウン系のアイシャドウをアイホールに塗りましょう。

そして、ラメ入りのアイライナーを上まぶたの際に引きましょう。

グレー系がオススメです。

それから、下まぶたにブロンズ系のラメ入りアイライナーを黒目の幅より少し長めに引いてくださいね。

これで、デカ目メイクの完成です。

ナチュラルメイクでデカ目のヒミツは白目にある

ナチュラルメイクでデカ目を叶えるなら、白目を綺麗に見せることもポイントにもなります。

これは、実は簡単にできるんです。

まず、白目にまつ毛がかぶってしまわないように気をつけましょう。

そして、まつ毛はボリュームよりも長さを重視してくださいね。

まつげを根元からしっかり上げることができれば、白目を綺麗に見せることができます。

また、アイシャドウですが、あまり濃い色を選ぶのはやめましょう。

むしろ、まつ毛が1本1本綺麗に見えるように薄い色を選ぶようにしてください。

このとき、アイラインは目元全体を綺麗に引き立てることを意識して引くようにしましょう。

最も大切なポイントは、根元からしっかりまつ毛をたちあげることです。

これが、目を大きく見せるポイントになります。

まつ毛をしっかりと立ち上げてマスカラを塗りましょう。

ぜひ試してみてくださいね。

デカ目がたったの3分で。ナチュラルメイクの方法

デカ目がたったの3分で叶うナチュラルメイクをご紹介致します。

まず、アイホール全体に薄いベージュのアイシャドウを塗ります。

そして、同じ範囲にオレンジのアイシャドウを重ねましょう。

オレンジのアイシャドウを重ねることで、目元が優しくなりますよ。

次に、二重の幅にゴールドのアイシャドウを塗ります。

このとき、濃く塗りすぎないように注意して、自然になるように気をつけましょう。

それから、ブラウンのアイライナーでアイラインを引きます。

目尻までラインを引いたら、下方向にラインを引き延ばすことで、タレ目効果になりますよ。

そして、このアイラインをブラウンのアイシャドウによってぼかしましょう。

下まぶたの目尻から、黒目の下にもブラウンのアイライナーを引きましょう。

これで、目が丸く可愛い印象になりますよ。

さらに、このラインもブラウンのアイシャドウによって丁寧にぼかしましょう。

そうすることで、ナチュラルな目元が完成します。

デカ目作りにアイラインを使って。基本の塗り方

デカ目作りにアイラインを使うのも効果的です。

アイラインはその引き方によって印象が変わってくるんです。

うっかり引き方を間違ってしまうと、余計に目を小さく見せてしまうこともあるのです。

では、早速アイラインの基本をみていきましょう。

アイラインはデカ目を手に入れるための1歩です。

アイラインが苦手な人もこれで克服していきましょうね。

まず、アイラインは黒目の端から書き始めましょう。

まつ毛の生え際にそって目尻までラインを引いていきます。

このとき、一気にラインを引くのは難しいですよね。

そんなときは、少しずつラインを伸ばしていけばいいんです。

そして、目尻は少し跳ね上げるイメージで引くといいでしょう。

これも失敗したら、綿棒で直すこともできます。

目尻を長めに引くと目の横幅が広くなる効果がありますよ。

これが、デカ目に見えるコツなんですね。

眉で目の印象が変わる。デカ目に見せる眉メイクのポイント

眉のメイク次第でも目を大きく見せることができるのもご存知でしょうか?

眉毛の引き方次第でも目の印象は変わってくるんです。

特に、眉毛を太くすることで、目を大きく見せることができますよ。

太眉はバランス次第で美しく、自然に仕上がります。

ダサ眉にならない、自然な太眉でデカ目を手に入れましょう。

まずは、眉山の位置です。

眉の上部を指で触っていくと、骨が高くなっている部分がありますよね。

これが、眉山になります。

眉山が眉の中で一番高くなるように、眉を作っていきましょう。

小鼻の外側と目尻をつないだ延長線上に眉尻がくるようになるのが理想的です。

眉頭は小鼻の内側から真上になるようにしましょう。

眉の色を濃くすると目元が立体的になりますよ。

眉パウダーを使うと自然に仕上がりますので、ぜひ試してみてくださいね。