ナチュラルメイクでデカ目を作る方法が盛沢山。様々なテクニック

つけまやカラコン無しでもデカ目は作れますよ。

デカ目にすると「メイクが濃い」というイメージがありますが、ナチュラルメイクでデカ目を作る方法がありました。

ポイントは下まつげ、白目の部分、アイライナーやアイシャドーなど。様々なテクニックを紹介します。
あなたに合ったメイク方法を探してみてくださいね。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

大学の卒業式のスーツ選び!男子学生に人気のスーツのタイプ

大学の卒業式で男子学生が着ていくのは、多くの方がスーツです。しかし、スーツを着慣れていないと...

部屋の片付け方!どこからはじめていいか分からない人の片付け方

部屋の片付けをしなくてはと思っていても、どこから掃除を始めたらいいのか、部屋の片付け方が分からない人...

うさぎのケージを手作り!気をつけたいコツや作り方のアイデア

うさぎのケージを手作りしたいという人も多いでしょう。ケージが手作りできれば、家の雰囲気に合わせて自分...

能を鑑賞する時の着物選びや服装マナー、能の楽しみ方について

最近は若い人でも、能などを鑑賞する際に着物を着ていく方が増えています。ただ、着物を着て行こうと思...

No Image

舞茸の天ぷらをべちゃべちゃにしないでカラっと揚げる方法

舞茸の天ぷらはべちゃべちゃになりやすいですよね。どうしてお店の舞茸の天ぷらは時間がたってもカラっとし...

グッピーの稚魚の隔離期間の目安と稚魚を元気に育てるコツ

グッピーの稚魚が元気に育つために、稚魚が大きくなるまで隔離することがありますが、その隔離期間に悩むこ...

ファンヒーターに灯油が入れっぱなし!使えるかどうかの基準とは

寒くなってきてファンヒーターを使おうと出してみたら、去年使い切れなかった灯油が入れっぱなしになった、...

醤油ボトルの収納をスッキリさせるコツや容器を統一するポイント

毎日使う醤油などの調味料のボトルってどうしたらスッキリ収納できるのでしょうか?では、醤油のボ...

卓球ラケットのペン型は、小技がしやすいが手先が器用な人向け

卓球のラケットは大きく分けて、ペン型とシェークハンドの2種類があります。ペン型はその名の通り...

No Image

名前にカタカナが多かった昔。人気があった名前とその理由

おばあちゃんやご年配の女性の名前を見ると、カタカナだけの名前が多いと思いませんか?なぜ昔の女性の...

水筒のプラスチック部分の臭いの原因と臭い取りの方法

水筒を毎日使用していると、プラスチック部分の臭いが気になってくることがあります。水筒は直接口に付...

塾の先生がイケメンで好きになってしまった時の対処法

塾の先生がイケメンで周りの同級生よりも大人に見える、好きになる気持ちもわかります。ただ、塾の先生...

FF車での雪道の走り方のポイントを徹底解説します!

北海道などのように雪が降る地域に住んでいる人であれば雪道の運転も慣れているでしょうが、そうじゃない人...

水彩画を描くときは水張りを!水張りに必要なものと方法を解説

水彩画を描いたことがある人の中には、絵が完成した後の用紙がよれてしまった経験がある人もいるのではない...

ピアスを開ける場所で可愛い位置は?開ける位置別・特徴と印象

ピアスを開けて可愛いオシャレを楽しみたいと思っている人もいますよね!どの場所にピアスを開けるとオシャ...

スポンサーリンク

ナチュラルメイクでデカ目に見せたいならポイントは下まつげ

大きくて印象的な瞳になりたいと憧れる人は多いですよね。

そんなデカ目をナチュラルメイクで叶えちゃいましょう。

アイシャドウやアイラインのテクニックでワンランクアップの目元になれますよ!

デカ目を印象づけられるポイントは、なんと下まつげにありました。

下まつげにボリュームを付けることで、目元にインパクトを付けましょう。

これは、黒いアイラインを引くよりも、ずっと効果的に目元を大きくできますよ。

さらに、下まつげの効果はデカ目だけではないんです。

実は、顔のリフトアップにもなるんです。

これはやらずにはいられませんね。

 

ナチュラルデカ目メイクなら、好感度も抜群です。

 

まずは、ブラウン系のアイシャドウをアイホールに塗りましょう。

そして、ラメ入りのアイライナーを上まぶたの際に引きましょう。

グレー系がオススメです。

それから、下まぶたにブロンズ系のラメ入りアイライナーを黒目の幅より少し長めに引いてくださいね。

これで、デカ目メイクの完成です。

ナチュラルメイクでデカ目のヒミツは白目にある

ナチュラルメイクでデカ目を叶えるなら、白目を綺麗に見せることもポイントにもなります。

これは、実は簡単にできるんです。

まず、白目にまつ毛がかぶってしまわないように気をつけましょう。

そして、まつ毛はボリュームよりも長さを重視してくださいね。

まつげを根元からしっかり上げることができれば、白目を綺麗に見せることができます。

また、アイシャドウですが、あまり濃い色を選ぶのはやめましょう。

むしろ、まつ毛が1本1本綺麗に見えるように薄い色を選ぶようにしてください。

このとき、アイラインは目元全体を綺麗に引き立てることを意識して引くようにしましょう。

最も大切なポイントは、根元からしっかりまつ毛をたちあげることです。

これが、目を大きく見せるポイントになります。

まつ毛をしっかりと立ち上げてマスカラを塗りましょう。

ぜひ試してみてくださいね。

デカ目がたったの3分で。ナチュラルメイクの方法

デカ目がたったの3分で叶うナチュラルメイクをご紹介致します。

まず、アイホール全体に薄いベージュのアイシャドウを塗ります。

そして、同じ範囲にオレンジのアイシャドウを重ねましょう。

オレンジのアイシャドウを重ねることで、目元が優しくなりますよ。

次に、二重の幅にゴールドのアイシャドウを塗ります。

このとき、濃く塗りすぎないように注意して、自然になるように気をつけましょう。

それから、ブラウンのアイライナーでアイラインを引きます。

目尻までラインを引いたら、下方向にラインを引き延ばすことで、タレ目効果になりますよ。

そして、このアイラインをブラウンのアイシャドウによってぼかしましょう。

下まぶたの目尻から、黒目の下にもブラウンのアイライナーを引きましょう。

これで、目が丸く可愛い印象になりますよ。

さらに、このラインもブラウンのアイシャドウによって丁寧にぼかしましょう。

そうすることで、ナチュラルな目元が完成します。

デカ目作りにアイラインを使って。基本の塗り方

デカ目作りにアイラインを使うのも効果的です。

アイラインはその引き方によって印象が変わってくるんです。

うっかり引き方を間違ってしまうと、余計に目を小さく見せてしまうこともあるのです。

では、早速アイラインの基本をみていきましょう。

アイラインはデカ目を手に入れるための1歩です。

アイラインが苦手な人もこれで克服していきましょうね。

まず、アイラインは黒目の端から書き始めましょう。

まつ毛の生え際にそって目尻までラインを引いていきます。

このとき、一気にラインを引くのは難しいですよね。

そんなときは、少しずつラインを伸ばしていけばいいんです。

そして、目尻は少し跳ね上げるイメージで引くといいでしょう。

これも失敗したら、綿棒で直すこともできます。

目尻を長めに引くと目の横幅が広くなる効果がありますよ。

これが、デカ目に見えるコツなんですね。

眉で目の印象が変わる。デカ目に見せる眉メイクのポイント

眉のメイク次第でも目を大きく見せることができるのもご存知でしょうか?

眉毛の引き方次第でも目の印象は変わってくるんです。

特に、眉毛を太くすることで、目を大きく見せることができますよ。

太眉はバランス次第で美しく、自然に仕上がります。

ダサ眉にならない、自然な太眉でデカ目を手に入れましょう。

まずは、眉山の位置です。

眉の上部を指で触っていくと、骨が高くなっている部分がありますよね。

これが、眉山になります。

眉山が眉の中で一番高くなるように、眉を作っていきましょう。

小鼻の外側と目尻をつないだ延長線上に眉尻がくるようになるのが理想的です。

眉頭は小鼻の内側から真上になるようにしましょう。

眉の色を濃くすると目元が立体的になりますよ。

眉パウダーを使うと自然に仕上がりますので、ぜひ試してみてくださいね。