バレエシューズ子供用の選び方。購入時に抑えておきたいポイント

子供がバレエを習う時に用意するバレエシューズですが、選び方にはポイントがあります。
バレエシューズといっても色々な種類があるため、サイズはもちろん、素材や幅、ソールなど、子供に合うバレエシューズを選ぶことが大切です。
また、できればフィッティングもしたいところ。
フィッティングをして、子供にピッタリフィットするバレエシューズを選ぶと失敗しないでしょう。
子供用のバレエシューズの選び方について詳しくご説明します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

指の臭いが取れない場合は、レモンや重曹や家にある物が活躍!

料理をした後の指が臭い・・・いつまで経ってもニオイが取れないということがありますね。魚を調理...

住民票の転出届は提出期限が決まっている?その詳細を解説します

引越しが決まると、荷物のことで頭がいっぱいで住民票の転出届の手続きのことが後回しになってしまうという...

キャベツを変色で黄色くさせないコツや保存方法と切り方の秘訣とは

キャベツを長く保存しているとだんだん黄色く変色していきますよね。では、キャベツが黄色に変色す...

旦那が無職になったらもう保育園は通えないのか

認可保育園に通うには、夫婦共働きが条件となっているのが一般的です。そんな時、もし旦那が突然無...

大学の卒業式のスーツ選び!男子学生に人気のスーツのタイプ

大学の卒業式で男子学生が着ていくのは、多くの方がスーツです。しかし、スーツを着慣れていないと...

トルコ行進曲のピアノの難易度や弾き方のコツ、情感表現について

ピアノ曲の中でも有名なのが「トルコ行進曲」です。子供の発表会などでもよく耳にする曲ですが、ピ...

洗剤と柔軟剤の違い!洗剤や柔軟剤の効果を考えて上手に選ぶ方法

洗剤と柔軟剤の違いについてあまりよくわからないという人もいますよね。どちらもお洗濯をする時に使用する...

100均のペンケースのアレンジ術を紹介。簡単なデコり方や作り方

みなさんはどんなペンケースを使っていますか?100均のペンケースはプチプラなのに可愛い、使いやす...

野良猫の餌やりは迷惑行為?餌やりが迷惑行為になる実際の理由

野良猫に餌やりをしている人を見かけた事がある人もいますよね。野良猫への餌やりを迷惑だと感じている人も...

初七日のお供えにお団子を準備する理由と簡単お団子レシピ

初七日のお供えでお団子を準備する家庭もあれば、果物やお菓子だけお供えする家庭もああります。宗...

家賃の振込手数料を安くする方法を発見!安く済ませるコツ

家賃の振込手数料がもったいないと感じたことありませんか?1回の手数料が数百円でも、塵も積もれば・...

カバンの手作り初心者でも作れる基本の簡単トートバッグの作り方

自分の好きな布で手作りカバンを作ってみたいけど、カバンなんて作るのが難しそう…と思っている方も多いと...

コンセントカバーで赤ちゃんを危険から守る対策方法をご紹介!

赤ちゃんってどうしてこんなものに興味を示すのだろう?と思う中のひとつにコンセント類がありますよね。...

ハムスターの部屋を掃除する時の手順と掃除頻度・注意点を解説

ハムスターをかい始めたばかりの飼い主さんは、ハムスターの部屋の掃除をどのような手順で行えばよいか分か...

干支の置物を処分することはできる?自分で・神社で処分する方法

毎年その年の干支の置物を飾っているご家庭もありますよね。一年の縁起物として飾っていても、次の...

スポンサーリンク

子供のバレエシューズで悩むサイズの選び方

子供の靴を購入する際は、何を基準に選んでいますか?まだほんの小さいうちは、ほとんどの方は歩きやすさや履かせやすさを重要視するかと思いますが、子供がだんだんと大きくなっていくにつれて、靴の選び方がだんだんと適当になっていませんか?
とくにバレエシューズの場合は、運動靴などと同じように考えるのは禁物です。

子供の足に合ったサイズのバレエシューズを選ぶポイント

  • いつもの靴よりも1サイズ大きめ程度を選ぶ
  • きつすぎや大きすぎはNG
  • シューズの中で足の指が無理なく動かせること
  • 足をしっかりと踏み込んだ状態で試着する

成長の早い子供の靴は、あっという間にサイズが合わなくなってしまうものです。そのため、ピッタリサイズではなく少し大きめで購入しているという方や、反対に少し窮屈になった状態のまま、気付かずに履かせ続けてしまうこともあるかと思います。
しかし、バレエシューズは文字通りバレエを踊るのに適したシューズであることから、あまりにも大きめだと踊っている時に脱げてしまったり、たとえピッタリサイズでも、今度は足の指を動かす余裕がないため、上手く踊ることができないのです。

バレエシューズのサイズの選び方としては、まずはいつもの靴よりも1サイズ(1センチ程度)大きめを選ぶのが基本となります。さらに、足の形によってはもう少し大きめにするか、幅広タイプのバレエシューズを選ぶようにしましょう。

子供に合うバレエシューズ、素材の選び方にも注意しよう

子供用のバレエシューズの選び方としては、サイズだけでなく、使われている素材にも注目する必要があります。

子供や初心者は布製からスタート

子供のうちやまだバレエをはじめて間もない時期は、布製のバレエシューズが適しています。

特徴

何と言っても柔らかくて足の形に合うということでしょう。布製のバレエシューズはとても軽いため、履いているのを忘れるような自然な履き心地が魅力です。

足の成長が落ち着いてくると・・・

やがて布製よりも耐久性に優れた革製を選ぶ方が増えてきます。全体的に革で覆われたタイプの他にも、つま先部分だけが革で補強されたタイプもあります。

サテン生地で出来たバレエシューズ

バレエ公演の本番などでのみ使用する目的で作られています。

全面が革で出来ているタイプは他の素材よりも足馴染みがよく、高級感もあることから、その分値段は高めになってしまいますが、丈夫でより長く使えることから、このタイプのバレエシューズを選ぶ方は非常に多いです。また、体重がかかって痛みやすいつま先部分のみに革が使われたバレエシューズは、布製と革製のそれぞれの良さを合わせて出来ているため、こちらも人気が高いようです。

子供のバレエシューズの幅の選び方、外国製も視野に

私は幼い頃から足の幅が広く、他の子供たちと比べても成長が早かったせいもあり、小学校高学年の頃には、すでに母と靴を兼用で履けるほどのサイズになっていました。足の縦の長さはそこまで大きいと言うわけではないのですが、歳を重ねるうちに徐々に外反母趾がひどくなり、店頭で気になった靴を試着してみたところで、なかなか足に合う靴を探すのにはいつも苦労してきました。

実は、私の息子も生まれた時から足の幅が広く、足の甲も高めなため、小さいうちから靴選びには本当に頭を悩ませてきたものでした。自分で靴が履けるようになってからも、履き口がガバっと広く開いて、なおかつ幅が広いタイプの靴しか履けないため、もうすぐ5歳になる今でも、比較的幅広な同じメーカーの靴ばかりを履かせています。

足幅に合わないバレエシューズは避ける

バレエシューズの選び方としては、この足幅がピッタリと合うかどうかも非常に重要となってきます。私や息子のように、足幅が広い方もいれば、反対に足幅が狭いがゆえに、靴選びが大変だという方もたくさんいらっしゃいますよね。幅の合わないバレエシューズだと見た目が悪いだけでなく、とくに子供の場合は、踊りにくくてなかなかバレエが上達しない原因となってしまうことも。

市販のバレエシューズの中には、縦のサイズだけでなく横幅が選べるタイプもあります。なかなか足幅に合うものを見つけられない場合は、さらにサイズ展開が豊富な外国製を試してみることをオススメします。

バレエシューズの選び方、子供は安定感があるフルソールがベスト

バレエシューズにおけるソールとは、靴底の部分を指します。バレエシューズのソールは2種類あり、上達段階によって使い分けるのが基本です。

バレエシューズはソール選びも大切

バレエシューズの底の部分が1つにつながっているのが「フルソール」

足の裏全体で身体を支えることができるのが特徴です。バレエを始めたばかりの子供や、バレエの初心者はフルソールのバレエシューズから履きはじめますが、大人の中には足の裏を強化するために、練習ではあえてこのタイプのシューズを選ぶ方もいます。

フルソールの底が1つにつながっているのに対して、底が前後に分かれているタイプのことを「スプリットソール」と呼びます。フルソールと比べると床に触れた際の安定感が劣りますが、シューズがより足にフィットしやすいため、中で足の指を思い通りに動かしやすいというメリットもあります。

このように、バレエシューズには子供のうちや初心者向けと、ある程度バレエが上達してから使う上級者向けがあるということがおわかりいただけたと思います。

バレエシューズのフィッティングのコツ

ある程度バレエを続けていれば、自分の足に合うバレエシューズの選び方はわかってくるものですが、まだバレエを始めたばかりの子供にとっては、きちんと時間をかけて選ぶことが大切です。

子供のフィッティングこそ慎重に

実際に店頭で試着する際には、普段のレッスンと同じ条件で履いて見て、最も足に合うバレエシューズを選ぶようにしましょう

人間の足は、時間帯によってむくんだりと変化してしまう

同じサイズのシューズでも微妙に履いた感覚に違いが出てしまうものです。

あらかじめレッスンの時間帯がわかっているのでしたら、なるべく同じくらいの時間帯にフィッティングすることをオススメします。

そのうえで、実際のレッスンの時と同様に、バレエ用のタイツを履いた状態でシューズを履いてみて、かかとがピッタリと合った状態でも、足の指が曲げ伸ばしできるかどうかを試してみましょう。

慣れないうちは本当に足に合うかバレエシューズかどうかわかりにくいものですが、レッスンを続けて上達していくうちに、きっとお気に入りのタイプが見つかると思いますよ。