バレエシューズ子供用の選び方。購入時に抑えておきたいポイント

子供がバレエを習う時に用意するバレエシューズですが、選び方にはポイントがあります。
バレエシューズといっても色々な種類があるため、サイズはもちろん、素材や幅、ソールなど、子供に合うバレエシューズを選ぶことが大切です。
また、できればフィッティングもしたいところ。
フィッティングをして、子供にピッタリフィットするバレエシューズを選ぶと失敗しないでしょう。
子供用のバレエシューズの選び方について詳しくご説明します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

前髪を止めるのは男性でもアリ。簡単に止める方法と前髪の作り方

前髪が長い男性はどうしていますか。メンズでも前髪は大事なポイント。なかなか決まらないこともありま...

ピアノの中古の相場とは?中古ピアノを買うときのポイント

中古ピアノの相場はどのくらいなのでしょうか?新品のピアノとはどのくらいの差があるのか気になりますよね...

氷をキレイな透明に!家庭の冷凍庫でできる透明な氷の作り方

家の冷凍庫で透明の氷を作りたいと思っても、どうしても白っぽくなってしまって売っているようなキレイに透...

エアコンの暖房が効かない原因と対処法!温かい部屋にする方法

部屋の温度が低くて部屋を温めたいのに、エアコンの暖房が効かないことに頭を悩ませている人もいるのではな...

夏はリップが溶ける?その温度と溶けたリップの復活方法を解説

夏の暑い時期だと、化粧ポーチやポケットに入れておいたリップが溶けることもありますよね。そこで...

トイレの芳香剤を手作りしよう!使い終わったら掃除もできます

トイレ用芳香剤ってドラッグストアなどに行くといろいろな種類のものが販売されているものの、なかなか自分...

ウサギがペレットを食べなくなる原因や対処方法について

ウサギが急にペレットを食べなくなってしまった…!?具合が悪いのでしょうか?見るからに衰弱しているよう...

シンクのスポンジラックは撤去すると掃除がしやすい

シンクのスポンジラックを撤去すると、掃除がしやすくなりラックのヌメヌメから解放されます!とは...

ピアスを開ける場所で可愛い位置は?開ける位置別・特徴と印象

ピアスを開けて可愛いオシャレを楽しみたいと思っている人もいますよね!どの場所にピアスを開けるとオシャ...

二人暮らしの食費はいくら?共働きの食費は意外と高い

共働きの夫婦二人の家庭のほうが子どもがいる家庭よりも食費が高い!?二人暮らしだからといってついつい外...

服は素材や色で季節感がでる!素材からコーデを考えることが重要

服は素材だけで季節感が出るって知っていましたか?素材を無視したファッションはNG!どんなにおしゃ...

習字の下敷きの洗い方は?素材によって違う下敷きのお手入れ方法

習字の下敷きが汚れてしまったら、洗ってキレイにしたいと思いますよね。でも、どんなふうに洗うのが正しい...

スライムを洗濯糊とコンタクト洗浄液で作る場合の注意点について

スライム作りには洗濯糊とホウ酸かホウ砂が必要となりますが、コンタクト洗浄液がホウ酸やホウ砂の代用とし...

子供におすすめの髪型!おだんごヘアのアレンジと上手なまとめ方

子供の髪をおだんごにする場合には、子供ならではのサラサラの髪に苦戦する方も多いと思います。少しく...

玄関のドアノブ交換をしてくれるのは?費用やかかる時間について

玄関のドアノブ交換が必要となったときには、どこに頼んだらいいのでしょうか?玄関は家の防犯に関わる場所...

スポンサーリンク

子供のバレエシューズで悩むサイズの選び方

子供の靴を購入する際は、何を基準に選んでいますか?まだほんの小さいうちは、ほとんどの方は歩きやすさや履かせやすさを重要視するかと思いますが、子供がだんだんと大きくなっていくにつれて、靴の選び方がだんだんと適当になっていませんか?
とくにバレエシューズの場合は、運動靴などと同じように考えるのは禁物です。

子供の足に合ったサイズのバレエシューズを選ぶポイント

  • いつもの靴よりも1サイズ大きめ程度を選ぶ
  • きつすぎや大きすぎはNG
  • シューズの中で足の指が無理なく動かせること
  • 足をしっかりと踏み込んだ状態で試着する

成長の早い子供の靴は、あっという間にサイズが合わなくなってしまうものです。そのため、ピッタリサイズではなく少し大きめで購入しているという方や、反対に少し窮屈になった状態のまま、気付かずに履かせ続けてしまうこともあるかと思います。
しかし、バレエシューズは文字通りバレエを踊るのに適したシューズであることから、あまりにも大きめだと踊っている時に脱げてしまったり、たとえピッタリサイズでも、今度は足の指を動かす余裕がないため、上手く踊ることができないのです。

バレエシューズのサイズの選び方としては、まずはいつもの靴よりも1サイズ(1センチ程度)大きめを選ぶのが基本となります。さらに、足の形によってはもう少し大きめにするか、幅広タイプのバレエシューズを選ぶようにしましょう。

子供に合うバレエシューズ、素材の選び方にも注意しよう

子供用のバレエシューズの選び方としては、サイズだけでなく、使われている素材にも注目する必要があります。

子供や初心者は布製からスタート

子供のうちやまだバレエをはじめて間もない時期は、布製のバレエシューズが適しています。

特徴

何と言っても柔らかくて足の形に合うということでしょう。布製のバレエシューズはとても軽いため、履いているのを忘れるような自然な履き心地が魅力です。

足の成長が落ち着いてくると・・・

やがて布製よりも耐久性に優れた革製を選ぶ方が増えてきます。全体的に革で覆われたタイプの他にも、つま先部分だけが革で補強されたタイプもあります。

サテン生地で出来たバレエシューズ

バレエ公演の本番などでのみ使用する目的で作られています。

全面が革で出来ているタイプは他の素材よりも足馴染みがよく、高級感もあることから、その分値段は高めになってしまいますが、丈夫でより長く使えることから、このタイプのバレエシューズを選ぶ方は非常に多いです。また、体重がかかって痛みやすいつま先部分のみに革が使われたバレエシューズは、布製と革製のそれぞれの良さを合わせて出来ているため、こちらも人気が高いようです。

子供のバレエシューズの幅の選び方、外国製も視野に

私は幼い頃から足の幅が広く、他の子供たちと比べても成長が早かったせいもあり、小学校高学年の頃には、すでに母と靴を兼用で履けるほどのサイズになっていました。足の縦の長さはそこまで大きいと言うわけではないのですが、歳を重ねるうちに徐々に外反母趾がひどくなり、店頭で気になった靴を試着してみたところで、なかなか足に合う靴を探すのにはいつも苦労してきました。

実は、私の息子も生まれた時から足の幅が広く、足の甲も高めなため、小さいうちから靴選びには本当に頭を悩ませてきたものでした。自分で靴が履けるようになってからも、履き口がガバっと広く開いて、なおかつ幅が広いタイプの靴しか履けないため、もうすぐ5歳になる今でも、比較的幅広な同じメーカーの靴ばかりを履かせています。

足幅に合わないバレエシューズは避ける

バレエシューズの選び方としては、この足幅がピッタリと合うかどうかも非常に重要となってきます。私や息子のように、足幅が広い方もいれば、反対に足幅が狭いがゆえに、靴選びが大変だという方もたくさんいらっしゃいますよね。幅の合わないバレエシューズだと見た目が悪いだけでなく、とくに子供の場合は、踊りにくくてなかなかバレエが上達しない原因となってしまうことも。

市販のバレエシューズの中には、縦のサイズだけでなく横幅が選べるタイプもあります。なかなか足幅に合うものを見つけられない場合は、さらにサイズ展開が豊富な外国製を試してみることをオススメします。

バレエシューズの選び方、子供は安定感があるフルソールがベスト

バレエシューズにおけるソールとは、靴底の部分を指します。バレエシューズのソールは2種類あり、上達段階によって使い分けるのが基本です。

バレエシューズはソール選びも大切

バレエシューズの底の部分が1つにつながっているのが「フルソール」

足の裏全体で身体を支えることができるのが特徴です。バレエを始めたばかりの子供や、バレエの初心者はフルソールのバレエシューズから履きはじめますが、大人の中には足の裏を強化するために、練習ではあえてこのタイプのシューズを選ぶ方もいます。

フルソールの底が1つにつながっているのに対して、底が前後に分かれているタイプのことを「スプリットソール」と呼びます。フルソールと比べると床に触れた際の安定感が劣りますが、シューズがより足にフィットしやすいため、中で足の指を思い通りに動かしやすいというメリットもあります。

このように、バレエシューズには子供のうちや初心者向けと、ある程度バレエが上達してから使う上級者向けがあるということがおわかりいただけたと思います。

バレエシューズのフィッティングのコツ

ある程度バレエを続けていれば、自分の足に合うバレエシューズの選び方はわかってくるものですが、まだバレエを始めたばかりの子供にとっては、きちんと時間をかけて選ぶことが大切です。

子供のフィッティングこそ慎重に

実際に店頭で試着する際には、普段のレッスンと同じ条件で履いて見て、最も足に合うバレエシューズを選ぶようにしましょう

人間の足は、時間帯によってむくんだりと変化してしまう

同じサイズのシューズでも微妙に履いた感覚に違いが出てしまうものです。

あらかじめレッスンの時間帯がわかっているのでしたら、なるべく同じくらいの時間帯にフィッティングすることをオススメします。

そのうえで、実際のレッスンの時と同様に、バレエ用のタイツを履いた状態でシューズを履いてみて、かかとがピッタリと合った状態でも、足の指が曲げ伸ばしできるかどうかを試してみましょう。

慣れないうちは本当に足に合うかバレエシューズかどうかわかりにくいものですが、レッスンを続けて上達していくうちに、きっとお気に入りのタイプが見つかると思いますよ。