小学生が剣道の試合で勝つためのコツと親としてできること

子どもが剣道の試合に初めて出るとなると、なんとか勝ってほしいと親なら誰でも思ってしまうでしょう。

しかし、自分が剣道に詳しくないと、どうやって試合で勝つためのコツを教えたらいいのか悩んでしまうのではないでしょうか。

そこで今回は、小学生が剣道の試合で勝つためのコツについて説明します。試合で勝つために意識すべきことについて理解しましょう。

また、試合に勝つために親としてできることについてご紹介します。親は子どもを指導する必要はありません。「やる気を出させる」それだけで良いのです。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

バラの花びらを利用!ドライフラワー・ポプリ・ローズバスの方法

バラの花束をもらって心から感動したという女性は、そのバラをいつまでも楽しみたい、枯らしてしまうだけで...

ペンケースの中身をかわいい感じにするための秘訣を教えます

高校生の必需品であるペンケース。種類や大きさなどいろいろありますが、ペンケースも中身もなるべくかわい...

鍋とフライパンの違いは?フライパンは便利に使える鍋の一種

これから一人暮らしを始める人は、新生活に必要な色々なものを揃えなくてはなりません。少しでも購入費用を...

子猫の育て方!生後4ヶ月の子猫の注意点!

子猫の育て方を知っていますか?生後4ヶ月の子猫はどのようなことに注意しながら育てていけばいいのでしょ...

力士の体の筋肉と脂肪の関係。2つの体型の特徴と力士の稽古

力士の方は皆さん大きい、体格がいいというイメージが定番ですがその体についているのは脂肪と思いがちでは...

机のDIY方法!カラーボックスを使って簡単に作る子供の机

机を自分で作るのは、DIY初心者にとっては、かなり難易度の高い作業です。1から全てを作るとなると、か...

キャリーケースにステッカーを貼るのはダサい?貼る時のコツ

キャリーケースにたくさんのステッカーを貼るのはダサい、綺麗なキャリーケースにステッカーを貼るのはもっ...

もらって嬉しいと思われるプレゼントの選び方【30代男性編】

仕事でいつもいろいろ指導してくれる優しい上司。誕生日が近いと聞くと、嬉何かプレゼントしたいと考える女...

小学校の水泳授業でゴーグルが必要と考えられる理由について

昔は小学校の授業で行われる水泳中にゴーグルの使用を禁止している学校もありましたが、今はほとんどで使用...

卓球ラケットのペン型は、小技がしやすいが手先が器用な人向け

卓球のラケットは大きく分けて、ペン型とシェークハンドの2種類があります。ペン型はその名の通り...

部屋の片付け方!どこからはじめていいか分からない人の片付け方

部屋の片付けをしなくてはと思っていても、どこから掃除を始めたらいいのか、部屋の片付け方が分からない人...

鉄のやかんにさびが発生!錆を取る方法と日常のお手入れのポイント

鉄のやかんを使用していると、さびが発生してしまうことがあります。せっかく購入したのにさびてしまうと、...

ピアノの和音は指先の力加減、音のバランスが重要なポイント

子供が弾くピアノの和音について「指先の力を加えてしっかり弾きなさい」と言っている方も多いのではないで...

迷惑電話の撃退方法!かかってきた迷惑電話はこの方法で撃退!

迷惑電話がかかってくると本当に気分が悪くなりますよね。忙しいときや外出の前など、時間に余裕がない時に...

部屋の加湿器を手作りしよう!身近にある物で簡単に作れます!

冬など乾燥が気になる季節になると、加湿器の出番ですよね。でも各部屋に加湿器を置くとなるとお金もかかる...

スポンサーリンク

小学生が剣道の試合で勝つためのコツについて解説します

剣道の試合に初めて出ることになると試合に勝てるかドキドキしていまいますよね。試合の日まで毎日遅くまで練習している人も多いはずです。

小学生が剣道の試合で勝つためのコツについて説明します。

小学校高学年になると、他の子供もある程度スピードがついてくるのでスピードだけで勝つことができなくなります。そのためスピードには限界があるので、打つべき機会を知る必要が出てきます。

剣道の基本稽古はどの道場でもほとんど同じです。小学生の基本稽古は打ち返し、面打ち、小手打ち、胴打ち、連続技、引き技などになります。

基本の面打ちの練習をしてとても綺麗に面打ちが出来るようになったとしても、試合で面打ちをしっかり決めることができることがポイントになります。綺麗な面打ちが出来るようになっても、何も考えずに打つと避けられてしまいます。打つべき機会に打たないと勝つことが出来ません。そのため打とうとする所と避けた所を抑えると試合で勝つ確率が上がります。

剣道の試合の相手が自分より大きい場合でも勝つためのコツがあります

剣道の試合で自分よりも大きい人と試合をすることになると何となく弱気になってしまうことがあります。

剣道の試合相手が自分よりも大きい人でも勝つことが出来るコツ

右手首のスナップ

剣道で一番多い攻撃は面です。面に対する攻撃は竹刀で受けることが一番多いです。面返し面は、面への攻撃を竹刀で受けながらそのまま相手の面を攻撃する技になります。面返し面を打つために大切なことは、相手を十分引きるけることです。そして相手が面を打ってきたら、相手の竹刀の剣先を右斜め上に押し上げて払います。攻撃を受け流すように身体を左側いさばき、手首のスナップを利かせ相手の面を狙います。

この技は小柄な小学生におすすめです。大柄な相手にとって小柄な相手の打ちやすい場所は面です。そのため大柄な相手の攻撃は面が多いのです。面返しを成功させるコツは右手首のスナップになります。

 

出鼻後手

出鼻小手とは相手が打ち込もうと竹刀と上げて空きが出てきた瞬間を習って、小手を打つ技になります。身長が低い方が相手の小手が打ちやすいです。しかし一歩間違えてしまうと相手に面を打たれてしまうため、こちらから相手に面を打たせるように仕向け、出鼻後手を打つようにします。自分から仕掛けるので出鼻後手を打ちやすくなります。

剣道の試合に勝つために子どもに意識させること

剣道をしていると試合に勝ちたい気持ちも強くなります。

剣道の試合に勝つためにはポイントを押さえ強い相手にも負けないという気持ちが大切になります。

試合で勝つために意識するポイントはどのようなことがあるのでしょうか?

剣道は攻撃する竹刀を振る動きは上半身で行います。竹刀を振る動きを支えるのは下半身で試合の主導権を握るためには足さばきも大切になってきます。立ち位置や踏み込みの強さなど足さばきを自由自在に操ることが出来ると、自分のペースで試合を進めることが出来るようになります。

ポイントは踏み込んだ足を戻す引き足です。素早く足を戻すことが出来ると相手に捉えられることなく、すぐに体制を整えられます。足さばきは繰り返し練習すると確実に上達します。日常生活の中でも足さばきを意識して生活しましょう。

小学生が剣道の試合で勝つためには「大きな声を出す」こともコツです

剣道はメンタルのスポーツと言われています。剣道の試合で勝つためのコツはあるのでしょうか。

剣道の試合で勝つために大きな声を出すこともコツの一つ

声を出すと人間の運動能力は向上し、瞬発力も上がり緊張感から開放され、集中力も高まります。剣道の場合は相手も声を出してくるので、自分は相手の3倍は出すようにしましょう。大きな声を出して、自分が有利な精神状態に持っていくようにしましょう。相手を圧倒出来るような大きな声を出すと、審判にもいい印象を与えます。

足を使う

試合になると緊張してしまいます。試合が始まると特に足をしっかり動かすことを意識しましょう。緊張している場合は身体をしっかりほぐしてあげましょう。足を動かすと心も和らぎます。足をしっかり使うと攻めやすく、守りやすくなります。

剣道についてよくわからなくても、親としてできることがあります

子供の習い事で試合があると試合を観戦しに行きますよね。しかし剣道について詳しくないと子供にアドバイスできないと思ってしまうことがあります。剣道について詳しくなくても親として出来ることがあります。

試合に出させてもらえるということはそれだけ上達しているということです。そのため試合を観戦に行ったら子供が試合に勝つために、はっぱをかけてあげましょう。

遠くから試合観戦に来たのに一回で負けるのは勘弁して欲しいなど、子供のやる気スイッチを入れてあげることが大切です。近くにいる親に心をくすぐられるとやる気スイッチが入りやすいです。そのため試合に勝つことも多くなります。

親は指導する必要はなく子供のやる気を引き出してあげるようにしましょう。