猫が網戸を開ける!大切な猫が逃げる前にしっかり対策をしよう

猫が自分で網戸を開けてしまうことに、頭を悩ませている飼い主さんもいますよね。
暑い時は窓を開けていることも多いですから、猫が自分で網戸を開けると外に脱走する可能性もあって心配になるでしょう。

猫が自分で網戸を開けてしまう時は一体どんな対策を行えばいいのでしょうか?簡単にできる方法はある?

今回は、猫が自分で網戸を開けてしまう時の対処法についてお伝えします!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ステンレスに付いた茶渋の落とし方。用途別の洗剤選びと手順

お子さんの通園や通学、職場へのマイボトル持参などでステンレスの水筒にお茶を入れて持ち運ぶ機会は多いで...

ウサギのオス同士で仲良くなる方法とは?うさぎの飼い方

ウサギのオス同士が仲良くなる方法はあるのでしょうか?なわばり意識の強いウサギを多頭飼いするときにはど...

右利きと左利きはいつ決まるのでしょうか?利き手について

子供の右利きと左利きはいつ決まるのか、親はドキドキしてしまいますよね。左手をよく使ってたら、左利きな...

イケメンの彼氏だと不安?不安の理由や対処法

誰もが振り向くようなイケメンの彼氏を持つと、彼女は色々と不安になるようです。ここでは、イケメ...

スライムの材料のホウ砂とは?スライムの作り方を紹介

スライムの材料に使われるホウ砂はどのように扱えばいいのでしょうか?子どもに人気なスライムですが、安全...

電波時計が受信しない時の解決策!受信しない原因と対処法を解説

電波時計を使用している人の中には、使っている電波時計が電波を受信しないことに頭を悩ませている人もいる...

中学生の子どもが勉強しないことにイライラする本当の理由

中学生になったのに、子供が自主的に勉強しないことにイライラしてしまうママは本当にたくさんいます。...

旦那のゲームにストレス!ゲーム依存から脱出させる方法

家にいればすぐにスマホ片手にゲームばかりする旦那・・・少しは家のことを手伝ってよ!とストレスも溜まり...

ポケットポーチの作り方!100均の材料を使った簡単な作り方

小学生や幼稚園の女子に人気のポケットポーチ。ポケットのない洋服のときでもハンカチやティッシュを持ち歩...

子猫の育て方!生後4ヶ月の子猫の注意点!

子猫の育て方を知っていますか?生後4ヶ月の子猫はどのようなことに注意しながら育てていけばいいのでしょ...

服をハンガーにかけて干すと伸びる。干すときのポイントとは

服をハンガーにかけて乾かすと伸びるのをどうにかしたい!しかし、逆さまにして洗濯バサミでとめても、服と...

編み物初心者向け!かぎ針の基本と作りやすい簡単小物

編み物にはかぎ針編みと棒針編みがありますよね。ちょっとした隙間時間にハンドメイドをしたいという方には...

食器用洗剤を使わない食器の洗い方。洗剤なしでもピカピカに

普段の食器洗いは、食器用洗剤を使って洗っている方がほとんどだと思います。しかし、食器用洗剤は必ずしも...

夢も希望も何もない人生が辛い時の考え方!自分の可能性を信じて

毎日を生きていく中で、自分には夢も希望も何もないと後ろ向きになってしまうこともあります。周囲...

醤油ボトルの収納をスッキリさせるコツや容器を統一するポイント

毎日使う醤油などの調味料のボトルってどうしたらスッキリ収納できるのでしょうか?では、醤油のボ...

スポンサーリンク

猫が網戸を開けるのはどうして?

暖かくなってくるとエアコンで涼しいのも良いですが、窓を開けて自然な風を室内に取り入れたいと思う事がありますよね。

そんな時、おうちに猫がいるとたとえ網戸をしていたとしても、窓をあけるのは心配で躊躇してしまいますよね。

犬とは違い猫は身軽でどこへでも登ってしまいますし、手先も器用です。猫が網戸を壊したり、脱走をしていなくなってしまったり、網戸に手や爪を引っ掛けてしまい怪我をしてしまう事がとても心配ですね。

その中でも一番避けたい事は脱走してしまう事です。

ご家庭の網戸はどのような種類になっていますか?ロールスクリーンのように上下に開閉するものや、横にスライドするだけのタイプなどもありますが、横にスライドするタイプのもですと、猫は賢いので手で開けてしまう恐れがあります。

またあまりにも外が魅力で脱走したい気持ちが高まると、網戸に体当たりして壊して外へ行ってしまうといった事も実際あるので、網戸をしていても安心せず、網戸に近づかない対策や工夫を取る必要がある事でしょう。

猫が網戸を開ける時の対処法

猫が網戸を開けてしまうのであれば、何かしら対策や工夫をしなければいけませんね。

大掛かりな工事は大変でしょうから、こういった時は100円均一のアイテムなどを活用するのがお勧めです。

例えば100円均一には突っ張り棒の種類が豊富です。そのツッパリ棒を網戸のレール部分をロックするように取り付けるのもお勧めです。

ただ出入りするには不便な方法なので、ベランダなどの網戸で頻繁に出入りするならあまり向いていない方法かも知れません。この方法は開け閉めしない環境の網戸を固定するのにお勧めです。

また中には網戸に体当たりをして何とか突破しようとする猫もいます。その光景はびっくりながらもおかしな光景ですが、網戸を壊されるのは遠慮したいですよね。

こういった場合にはも100円均一でアイテムをそろえて、窓に近づく事が出来ない柵を手作りすると良いです。特にお勧めなのが突っ張り棚です。本来は棚として使うこのアイテムを柵のようにして使うのがとてもお勧めです。ぜひ探してみて下さい。

網戸を開ける猫はおもちゃと思っている?

網戸を開けようとしたり登ってしまう猫ちゃんは、網戸をおもちゃにしている可能性もあります。

猫は爪を引っ掛けて高いところへ登るのが大好きですよね。網戸は網目に爪がかかりますから、登りやすい構造をしているとも言えます。

また爪をガリガリする事で爪とぎのようにもなるため、網戸事態が猫に魅力的なものになっている可能性もあります。

一度楽しい思いをすると何度も挑戦してみたくなりますし、網戸自体も徐々に耐性がなくなり破損してしまう可能性が高いのです。

こういった場合にも備えて、網戸には強靭なタイプのものも販売されています。猫が登っても爪を引っ掛けても大丈夫なつくりになっているので、そういった商品と取り替えるというのも一つの方法なのかも知れません。

玄関から猫が脱走してしまう時の対処法

玄関の猫の飛び出しは以外と多いものです。そのため玄関にも柵を取り付けているというご家庭も多いはず。

出来れば玄関のドア付近よりも玄関へ出入りできないように、柵を設置すると良いでしょう。
例えば玄関への出入り口にフェンスを置くと言う方法もあります。これはすごく設置が楽ですし費用もそれほどかかりません。

ただとても元気で活発な猫の場合は、このフェンスを飛び越えてしまうかも知れません。

そういった時には簡単には飛び越える事ができそうな、パーテーションなどの柵を準備しなければいけないでしょう。

このような玄関からの脱走を防止するようなアイテムも販売されています。費用を最小限に抑えたいのなら、似たような材料をそろえて家庭の間取りにあった柵やパーテーションを手作りしてみるのも良いのではないでしょうか。

猫がいなくなってしまった時は

猫がもし脱走していなくなってしまった時は、まずは家の周辺をくまなく探してみて下さい。猫は縄張り意識が強い動物ですから、脱走したからと言って急に遠くまで旅に出てしまうという事はなく、多くが家を中心にした半径500メートル以内で見つかっている事が多いと言います。

普段はしっかりと対策をとっていても、病院に連れて行こうとしたら隙を付かれて逃げられた!と言った経験もあるのではないでしょうか。

猫はなわばり以外の場所ではとにかく臆病になりますから、どこかの隙間でじっとしている可能性が高いです。

病院でいなくなってしまった場合にも、病院付近の猫が入り込めそうな隙間をくまなく探してみましょう。一旦いなくなると2~3日、忍耐力のある猫ちゃんは1週間近くその場でじっとしていると言ったケースもあるようです。

探すときには猫の名前を呼んで飼い主さんが探すようにしましょう。見知らぬ人の場合は余計警戒して出てこない可能性が高いです。

猫も飼い主の声を覚えていますから、飼い主の声を聞かせて安心させて上げましょう。