缶のプルタブは昔の話?イージーオープン缶の今と昔

缶にプルタブが付いていたのは昔の話、気がつくと見かけなくなりましたよね。

実はプルタブが無くなったことには理由がありました。社会問題になったプルタブが消えた気になる理由について、また日本ならではの細かな気遣いが見られる、ステイオンタブ式についてもご紹介をいたします。

その他にも、プルタブを集めて車椅子に変えるアルミ資源回収運動についても調べてみました。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

小学校では鉛筆の2Bをいつまで使用?指定される理由と使い心地

小学校の入学準備を始めていると、筆記用具の注意点に「鉛筆は2b、または2b以上」と指定されている場合...

プラバンの作り方!電子レンジでも作れる場合があります

プラバンを作る場合、多くの方が使用しているのがトースターです。しかし電子レンジはあるけど、トースター...

衣類の臭いを煮沸で効果的に取るコツと効果や注意したいポイント

気になる衣類の生乾きなどの臭いは煮沸によって効果的に取ることができます。ただし、衣類の臭いを...

似顔絵の描き方を知りたい。デフォルメのコツは

似顔絵を描く時の描き方は2パターンあります。写真のようにリアルに描くパターンと、コミカルなタッチ...

100均グッズを使った手作りプレゼントのアイデアをご紹介します

仲の良いママ友にさりげなく手作りプレゼントを贈りたいと思っても、何を作ればいいのかわからない人の方が...

絵が描けない!スランプの原因とスランプからの脱出方法を解説

イラストを描く専門の学校に通っている人の中には、自分の納得のいく絵を描くことができず、スランプに陥っ...

水筒のプラスチック部分の臭いの原因と臭い取りの方法

水筒を毎日使用していると、プラスチック部分の臭いが気になってくることがあります。水筒は直接口に付...

トイレの手洗い器を綺麗に掃除!手洗器の水垢とサビの掃除方法

トイレの手洗い器の汚れが気になり、掃除をしなくてはと思っている人もいるのではないでしょうか。トイレの...

バイクの洗車はガソリンスタンドでもできるのかを調査

バイクの汚れが目立つからと洗車を考えても、家に洗車スペースがない場合もあります。車と同様にガソリンス...

アイプチで二重が不自然にならないための使い方のコツ

アイプチで二重にした場合、やり方を間違うと不自然に見えてしまいます。アイプチでした二重が不自...

野うさぎの赤ちゃんの育て方は?保護した時は動物病院へ委ねよう

飼いうさぎではなく、野うさぎの赤ちゃんの育て方はどうすればいいの?という悩み。野うさぎは日本の至...

窓の防寒対策!自分でできるDIYで窓の冷気をシャットアウト

窓から冷気が入り込んできて、なかなか家の中が温まらない事に頭を抱えている人もいるのではないでしょうか...

オカメインコのケージ内のレイアウトはシンプルがベスト!

オカメインコのケージ内を色々レイアウトして、オカメインコが楽しめるようなおしゃれ空間にしようと思って...

ハムスターの好物かぼちゃ!そのあげかたについて

ハムスターは野菜が大好き!かぼちゃも好きな野菜のひとつです。ただかぼちゃは硬いですし、そのあげかたに...

セラミックのフライパンは正しく使えば危険ではありません

「セラミックのフライパンは焦げないからいいよ。」と友達から聞いても、本当に焦げ付くことはないのか、危...

スポンサーリンク

缶についているプルタブは昔?プルタブとは

缶ジュースや缶コーヒーなどの飲料水を開ける時、若い人たちは蓋と缶がくっついていることが当たり前と思っていることでしょう。

ですが、昔の缶飲料の蓋は、缶から取り外す形のものでした。実際に見たことがないと、一体どういうことなのかわからない人も多いですよね。

現在の缶の蓋は、「ステイオンタブ式」というスタイルのプルタブ

現在の缶飲料の蓋はほとんどがこの「ステイオンタブ式」の蓋ですので、若い人たちにとってはこれが当たり前になっています。

少し前、缶飲料の蓋は「プルタブ式」の蓋でした。先程も少しこの話題に振れましたが、以前は缶から蓋が外れる「プルタブ式」のデザインだったのです。

地域によっては「プルトップ」と呼ばれていたところもあるようです。

平成になってから生まれた人たちは、缶の蓋と缶本体が外れていた時代があったことは全く知らないことでしょう。

時代は進み、缶飲料を入れる缶のデザインも、新しい物へと変化していったのです。

では、一体なぜ缶の蓋が外れない「ステイオンタブ式」へとデザインが変わっていったのでしょうか。

昔の缶のプルタブが無くなった理由について

缶の蓋がプルタブ式からステイオンタブ式に変化した背景には、深刻な社会問題がありました。

オウルタブポイ捨て問題

以前のプルタブ式の缶の蓋は、蓋を開けた後にそのまま捨ててしまう人が多くいて、道や公園・海岸など、色々なところにプルタブの蓋が捨ててあったのです。

そして、この捨てられたプルタブが原因で怪我をしてしまう人や、鳥や動物が誤飲して命を落としてしまうなど、悲しい問題がたくさん起きてしまいました。

日本だけではなく世界全体で大きな問題になり、この問題を解決するために、ステイオンタブ式が取り入れられるようになったのです。

現在ではとても珍しい存在になったプルタブ式の缶ですが、こうした社会問題を背景に、徐々に姿を消していくことになりました。

プルタブ缶よりも昔は?イージーオープン缶の歴史

缶切りを使わずに缶の蓋を変えるタイプのものを、「イージーオープン缶」と言います。
現在はステイオンタブ式の缶の蓋が使用されていますが、それよりも前はプルタブ式の缶の蓋が使われていました。

イージーオープン缶の缶の蓋が登場したのは1965年頃です。アルコールを含んだ炭酸飲料を入れて販売するために用いられたのが最初です。

それまでは、缶切りを使って感を開けていましたが、缶の中身が吹き出してしまうことが問題とされていました。

イージーオープン缶のプルタブの蓋が登場し、開口口の改良も進み、徐々に開けやすい蓋へと進化していきました。

缶の素材により、どんな飲料でも入れられるわけではありませんでしたが、その後様々な改良が行われ、1968年~1980年ころにはイージーオープン缶がジュースなどにも使われるようになりました。

この当時も、缶の中身に入れる飲料の成分によっては、全ての飲料にイージーオープン缶の蓋を採用刷ることはできませんでしたが、缶の品質の改良や改善が進み、今では色々な飲料を入れて販売することが可能になりました。

プルタブからステイオンタブ式へ!海外との違い

日本で使われているステイオンタブ式の缶の蓋には、日本ならではの心遣いがされている部分があります。

缶を開けるステイオンタブ式の持ちての上部分についている「小さなくぼみ」

このくぼみは日本ならではの工夫で、缶を開けるときに開けやすいようにと心配りをしてつけられたもののようです。

海外ではこのようなくぼみがないことが多いため、日本でこの心遣いを発見した外国の方たちから、驚きの声も上がっています。

また、日本ではステイオンタブ式の缶の蓋がほとんどの数を締めていますが、アジア圏の海外ではプルタブ式の缶の蓋が使われているところも多いです。

こうしたことから、海外に出向いた際にプルタブ式の缶の蓋に出会い、感動や懐かしさを感じる人もいるようです。

プルタブの公害対策、アルミ缶のポイ捨てをなくす運動もあります

日本では、缶の蓋を集める運動も進んでいます。ご存知の方も多くいると思いますが、缶の蓋を集めて送ると、車椅子を送ってもらえる運動があります。

プルタブ回収活動に参加をすることで、公害やゴミ問題の解決に繋げることができる

車椅子をもらうまでには膨大な量を送らなくてはなりません。このため、とてつもなく時間がかかることのように感じるかもしれませんが、みんなで協力をして活動に参加することで、社会貢献ができることもあります。

また、集めてもらえるのは車椅子だけではありません。収益金の一部を発展途上国などの海外支援に当てる活動も行っています。

アルミ缶自体を回収する活動もある

こうした活動を利用することで、アルミ缶のポイ捨てなどのゴミ問題も解決できるように取り組むのも一つの方法です。

公害やゴミ問題を考え、自らが活動に参加をすることで、日本だけでなく世界の人たちを救うことにも繋がっていきます。

缶の蓋がプルタブ式からステイオンタブ式に変化したことには、こうした背景がありました。環境問題を考えることで、私達の住む地球を、自分たちの手でより良いものに変化させていきましょう。