ジャージを洗濯したらほこりが!洗濯物のほこりの原因と対処法

ジャージを洗濯したとき、洗い終わったジャージにほこりがついていたという経験がある人もいますよね。せっかくきれいに洗ったのにほこりがつていると、なんだか悲しくなってしまいます。

洗濯を終えた洗濯物にほこりがついてしまうのは一体どうしてなのでしょうか?ほこりがつく原因や対処法を教えて!

そこで今回は、洗濯物にほこりがつくのはなぜか、つかないようにする方法をお伝えします!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

暇つぶしの方法を厳選してご紹介!外や家での暇つぶし方法

今日は予定もないし暇だなと言う時ありませんか?家にいるのももったいないし、とりあえずは外へ行って...

春の飾りを手作り!自分で作る春の飾りでお部屋をコーディネート

春の飾りを手作りして、お部屋の中を飾りたいと考えている人もいるのではないでしょうか。お誕生日やパーテ...

下っ腹の筋トレ方法・椅子を使ってできるぽっこりお腹の引締め法

ぽっこりでてしまった下っ腹をなんとかしたいと頭を抱えている人もいますよね。でも、忙しくてなかなか運動...

ホットプレートで焼肉をした時の油対策!油を気にせず焼き肉を

ホットプレートを使用して自宅で焼肉をする人もいるのではないでしょうか。この時に気になるのが「油」です...

友達と絶縁すると後悔する?絶縁すべき相手の特徴について

友達と絶縁をしたら後悔をしてしまう?仲が良いからこそ許せなかったり、感情をむき出しにしてしまうことっ...

滑り止めマットを活用した可愛い手作りマットの作り方

玄関や室内に使うマットですが、100均などで販売されている滑り止めマットを使って手作りしてみませんか...

敷布団の正しい洗濯方法を知って偏りを予防!敷布団の洗濯方法

敷布団を洗濯して、偏りが出てしまった経験がある人もいるのではないでしょうか。自分で洗濯をすることがで...

PTAで仕事を休む。「仕事をしているからできません」はNG!

子供の学校のことでパパやママの頭を悩ませることの一つが「PTA」ですよね。PTAの活動は平日のことも...

圧縮袋は掃除機の使い方に注意!正しい使い方とメリット

圧縮袋は掃除機での吸引が必要な使い方のものと、掃除機不要でも使えるものがあります。圧縮袋を使...

食器用洗剤を使わない食器の洗い方。洗剤なしでもピカピカに

普段の食器洗いは、食器用洗剤を使って洗っている方がほとんどだと思います。しかし、食器用洗剤は必ずしも...

子猫の育て方!生後4ヶ月の子猫の注意点!

子猫の育て方を知っていますか?生後4ヶ月の子猫はどのようなことに注意しながら育てていけばいいのでしょ...

うさぎが掃除のたびに怒るのはなぜ?掃除で怒る原因と対処法

うさぎを飼っているケージ内は定期的に掃除する必要がありますが、うさぎによっては掃除のたびに怒る子もい...

朝に音楽を聴いたら癒しの効果があるって本当?

世の中の人達の中には、朝、眠い目をこすりながら起き、半ば寝ているような状態で出勤したり、登校している...

ゼラチンのゼリーは冷凍しないで冷蔵しましょう、ゼラチンの特徴

ゼラチンのゼリーは冷凍するとどうなるのでしょうか?凍ったまま食べるのであれば、そこまで気にすることは...

卓球のダブルスのややこしいルールをわかりやすく説明します

卓球の試合を子どもと一緒にテレビで見ている時「ルールがわかればもっとおもしろいのに。」と感じる時はあ...

スポンサーリンク

ジャージを洗濯した時にほこりがつくときの対処法

ジャージは洗濯機で手軽に洗える!そんなイメージがありますよね。何にも気にしないで洗濯機に放り込んで洗濯をするのですが、干す時にほこりが気になる事も・・・。

意外と他の衣類よりも、ジャージに付着しているほこりの方が多い気がします。

ジャージなどの衣類に付着するほこりはいったいナニが原因?

それは洗濯機の水の量も関係しているようです。最近では節水タイプの洗濯機が販売されています。水の使用量は少ないのに、ちゃんと洗剤残りがないというものです。

しかし水の使用量が少ないとその分、ほこりを取り除いてくれる水圧も小さいということ。あまりにも洗濯後の衣類にほこりが多くついているような場合には、節水モードや自動モードを使用せずに自分で水の量を調節してみてください。水量を調節することで、ほこりの付き具合が変わる場合もあります。

また汚れを落としたいあまりに通常よりも洗剤を多く入れてはいませんか?洗剤残りがあるとそこにほこりなどが付着しやすくなります。

また洗濯機によっては、適切な洗剤量を守らない事が故障の原因に繋がる場合もあります。

洗濯物に合った洗剤量を使用してください。

ジャージを洗濯したときにつくほこりの原因は?

前述したようにほこりの付く原因は洗剤の量や水の量が関係している事が分かりました。

では、そもそもジャージに付く白いごみ、ほこりはどこから来ているのでしょうか?

洗濯をした後についてしまう汚れは、洗濯をした際にポケットに入っていたチリ紙やごみが原因の場合も!こんな時は洗濯した衣類に大量の白いほこりらしきものが付着していますね。

また白い汚れが石鹸カスの場合もあります。粉末状の洗濯洗剤を使用している場合は、洗剤が溶けずに残って衣類についてしまうことも少なくはありません。

その他には白い汚れだけではなく、黒ポイ汚れが洗濯物に付着している場合には洗濯槽の黒かびが予想されます。

洗濯槽を掃除していないと汚れがたまったり、カビが発生したり、それらが剥がれ落ちて洗濯物に付着していることもありますよ。

またタオルと一緒に洗濯をすると、糸くずがタオルから出て他の衣類についてしまいます。

せっかくキレイに洗濯をしたのに汚れが付いている!そんな時にはこれらのゴミが付着している可能性が高いです。心当たりはありませんか?

ジャージを洗濯する前にほこりを予防!

原因が分かったところで、ほこりを付着させないようにするにはどうしたらよいのか?予防方法について考えていきましょう。

まずはポケットの中を確認、チリ紙やごみが入っていると衣類に間違いなく白いゴミが付着します。必ず取り出してから洗濯を行ってください。

次にタオルの糸くずの問題ですが、これはタオルやバスタオルなど糸くずが出そうなものを別に洗濯することで解決です。

一人暮らしの方など洗濯物が少なくて一度で済ませたい場合には、ネットを使って洗濯を行いましょう。ジャージなどほこりが付きやすい衣類はネットに入れておくと、ネットの目より大きなものが入り込むことはありません。

また糸くずが出そうなものはあらかじめ、払い落としておくなどの工夫をするだけでも違ってきます。

逆に糸くずが出るものをネットに入れて洗濯をする方法もありますので、お家にあるネットの大きさに合わせて、どちらを入れるか考えてみてください。

ジャージを長持ちさせる洗濯方法

最初にも言いましたが、ジャージは手軽に洗濯ができると思い込んでいますが、中には注意が必要なものもあります。まずは洗濯表示を確認してください。

またジャージは子供の持っている服の中でも、一番値が張る洋服だったりしませんか?スポーツや遊びなどに使用するので、傷みが激しいですが何とか長持ちをさせたいですよね。

洗濯の仕方でも衣類の傷みかたは違ってきます。またほこりの付着予防にもなるので、ネットを使用して洗濯を行う方法をオススメします。

まずは汚れがひどい場合には、その部分の汚れを手洗いで落とします。後はオシャレ着を洗う時と同じように、裏返しにして畳んでネットに入れて洗濯機にかけます。

さらに傷みをさけて洗濯をしたいのであれば、ソフトモードや手洗いモードなどを利用して洗濯をしてください。

衣類の傷み方に違いが出るので、通常の洗濯をしているよりも長持ちするはずです。

他の洗濯物と一緒に洗ってはNGなものは?

色落ちが気になる衣類。特に購入したばかりの濃い色の衣類は色落ちするかもしれません。そのことを頭に入れて、色落ちしても大丈夫な濃い色のものと一緒に洗濯をしてください。

また汚れがひどいものも普通の洗濯物と一緒にはせずに、別に洗うようにしましょう。汚れ移りを防ぐ事が出来ます。

一緒に洗濯機に入れて洗いたい場合には、汚れを手洗いでまず落としてからにします。洗濯機だけを使用するよりも汚れがきれいになりますし、そのままで洗った時のような汚れ移りの心配がなくなります。

その他にもトイレマットやバスマット、雑巾などは汚れのひどいもの同士、他の洗濯物と一緒にせずに洗ってください。雑菌が沢山潜んでいる可能性があります。

まずは熱いお湯に洗剤を溶かして浸け置き洗いをしてから、洗濯機に洗うとよりキレイになりますよ!