ジャージを洗濯したらほこりが!洗濯物のほこりの原因と対処法

ジャージを洗濯したとき、洗い終わったジャージにほこりがついていたという経験がある人もいますよね。せっかくきれいに洗ったのにほこりがつていると、なんだか悲しくなってしまいます。

洗濯を終えた洗濯物にほこりがついてしまうのは一体どうしてなのでしょうか?ほこりがつく原因や対処法を教えて!

そこで今回は、洗濯物にほこりがつくのはなぜか、つかないようにする方法をお伝えします!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

【三角巾の簡単な作り方】大人用だってかわいく作りましょう

子供用の三角巾の作り方はネットでもいろいろ紹介されていますが、大人用となるとなかなか見つけにくいもの...

ピアスを開ける場所で可愛い位置は?開ける位置別・特徴と印象

ピアスを開けて可愛いオシャレを楽しみたいと思っている人もいますよね!どの場所にピアスを開けるとオシャ...

日本の田舎は怖いイメージがあるって本当?

日本における田舎は「夜は真っ暗」、「人間が閉鎖的」なんていう怖いイメージを持っていませんか?それ...

テレビをコーナーにレイアウトする場合のメリットや選び方

家族が集まるリビングにテレビは欠かせないでしょう。テレビはお部屋のどの位置に設置していますか?...

【赤ちゃんの手づかみ食べ】離乳食中期の赤ちゃんの食事について

離乳食中期になると、自分の手で食事を口に運びたがる赤ちゃんも出てきます。洋服やテーブルが汚れてしまう...

一人暮らしが寂しい、実家に帰りたいと感じる人のための対処法

社会人になって初めて実家を離れて一人暮らしを始める人の中には、最初のうちは一人の時間を楽しんでいても...

ハムスターのケージを衣装ケースで作る方法とポイント

ハムスターを飼育する場合はケージが必要ですが、衣装ケースでも代用できます。市販されているケー...

ウォシュレットの故障?修理が必要?不具合が起きた時の対処法

ウォシュレットが故障したのであれば、すぐに専門業者に連絡をして修理をお願いするべきですが、まずは本当...

夫婦はベッドを別にするのがおすすめ?夫婦の寝室事情

夫婦は同じベッドで寝るのが当たり前。結婚する前はそんなイメージを持っていた方が多いはずです。...

ノートの表紙を素敵にデザインする色々なアイディアを紹介

勉強やレポートにノートは欠かせないアイテムですが、どんな物を使っていますか?シンプルなノート...

インコのケージを手作りするコツや方法とカバーも作る効果

インコのケージを手作りできたら、より自分好みでインコにも合わせたケージを作ることができます。インコの...

粗品タオルの使い道で節約もリメイクも簡単に楽しむコツとは

粗品でもらうタオルの使い道に悩む人も多いのではないでしょうか。毎年何かと頂き物でもらう粗品の...

アイプチで二重が不自然にならないための使い方のコツ

アイプチで二重にした場合、やり方を間違うと不自然に見えてしまいます。アイプチでした二重が不自...

服に付いてしまったペンキの取り方!早めの対処がおすすめ

うっかり服に付いてしまったペンキは、普通に洗濯をしてもシミは落ちませんよね。服にペンキが付いてしまっ...

窓の防音対策にシートは効果あり?シートの特徴を紹介

窓に防音対策のシートを貼るときにはどんなものを選べばいいのでしょうか?しっかりと防音できるシートとで...

スポンサーリンク

ジャージを洗濯した時にほこりがつくときの対処法

ジャージは洗濯機で手軽に洗える!そんなイメージがありますよね。何にも気にしないで洗濯機に放り込んで洗濯をするのですが、干す時にほこりが気になる事も・・・。

意外と他の衣類よりも、ジャージに付着しているほこりの方が多い気がします。

ジャージなどの衣類に付着するほこりはいったいナニが原因?

それは洗濯機の水の量も関係しているようです。最近では節水タイプの洗濯機が販売されています。水の使用量は少ないのに、ちゃんと洗剤残りがないというものです。

しかし水の使用量が少ないとその分、ほこりを取り除いてくれる水圧も小さいということ。あまりにも洗濯後の衣類にほこりが多くついているような場合には、節水モードや自動モードを使用せずに自分で水の量を調節してみてください。水量を調節することで、ほこりの付き具合が変わる場合もあります。

また汚れを落としたいあまりに通常よりも洗剤を多く入れてはいませんか?洗剤残りがあるとそこにほこりなどが付着しやすくなります。

また洗濯機によっては、適切な洗剤量を守らない事が故障の原因に繋がる場合もあります。

洗濯物に合った洗剤量を使用してください。

ジャージを洗濯したときにつくほこりの原因は?

前述したようにほこりの付く原因は洗剤の量や水の量が関係している事が分かりました。

では、そもそもジャージに付く白いごみ、ほこりはどこから来ているのでしょうか?

洗濯をした後についてしまう汚れは、洗濯をした際にポケットに入っていたチリ紙やごみが原因の場合も!こんな時は洗濯した衣類に大量の白いほこりらしきものが付着していますね。

また白い汚れが石鹸カスの場合もあります。粉末状の洗濯洗剤を使用している場合は、洗剤が溶けずに残って衣類についてしまうことも少なくはありません。

その他には白い汚れだけではなく、黒ポイ汚れが洗濯物に付着している場合には洗濯槽の黒かびが予想されます。

洗濯槽を掃除していないと汚れがたまったり、カビが発生したり、それらが剥がれ落ちて洗濯物に付着していることもありますよ。

またタオルと一緒に洗濯をすると、糸くずがタオルから出て他の衣類についてしまいます。

せっかくキレイに洗濯をしたのに汚れが付いている!そんな時にはこれらのゴミが付着している可能性が高いです。心当たりはありませんか?

ジャージを洗濯する前にほこりを予防!

原因が分かったところで、ほこりを付着させないようにするにはどうしたらよいのか?予防方法について考えていきましょう。

まずはポケットの中を確認、チリ紙やごみが入っていると衣類に間違いなく白いゴミが付着します。必ず取り出してから洗濯を行ってください。

次にタオルの糸くずの問題ですが、これはタオルやバスタオルなど糸くずが出そうなものを別に洗濯することで解決です。

一人暮らしの方など洗濯物が少なくて一度で済ませたい場合には、ネットを使って洗濯を行いましょう。ジャージなどほこりが付きやすい衣類はネットに入れておくと、ネットの目より大きなものが入り込むことはありません。

また糸くずが出そうなものはあらかじめ、払い落としておくなどの工夫をするだけでも違ってきます。

逆に糸くずが出るものをネットに入れて洗濯をする方法もありますので、お家にあるネットの大きさに合わせて、どちらを入れるか考えてみてください。

ジャージを長持ちさせる洗濯方法

最初にも言いましたが、ジャージは手軽に洗濯ができると思い込んでいますが、中には注意が必要なものもあります。まずは洗濯表示を確認してください。

またジャージは子供の持っている服の中でも、一番値が張る洋服だったりしませんか?スポーツや遊びなどに使用するので、傷みが激しいですが何とか長持ちをさせたいですよね。

洗濯の仕方でも衣類の傷みかたは違ってきます。またほこりの付着予防にもなるので、ネットを使用して洗濯を行う方法をオススメします。

まずは汚れがひどい場合には、その部分の汚れを手洗いで落とします。後はオシャレ着を洗う時と同じように、裏返しにして畳んでネットに入れて洗濯機にかけます。

さらに傷みをさけて洗濯をしたいのであれば、ソフトモードや手洗いモードなどを利用して洗濯をしてください。

衣類の傷み方に違いが出るので、通常の洗濯をしているよりも長持ちするはずです。

他の洗濯物と一緒に洗ってはNGなものは?

色落ちが気になる衣類。特に購入したばかりの濃い色の衣類は色落ちするかもしれません。そのことを頭に入れて、色落ちしても大丈夫な濃い色のものと一緒に洗濯をしてください。

また汚れがひどいものも普通の洗濯物と一緒にはせずに、別に洗うようにしましょう。汚れ移りを防ぐ事が出来ます。

一緒に洗濯機に入れて洗いたい場合には、汚れを手洗いでまず落としてからにします。洗濯機だけを使用するよりも汚れがきれいになりますし、そのままで洗った時のような汚れ移りの心配がなくなります。

その他にもトイレマットやバスマット、雑巾などは汚れのひどいもの同士、他の洗濯物と一緒にせずに洗ってください。雑菌が沢山潜んでいる可能性があります。

まずは熱いお湯に洗剤を溶かして浸け置き洗いをしてから、洗濯機に洗うとよりキレイになりますよ!