NO IMAGE

腕が太いけどノースリーブを着たい大人女子のためのカバー術

かわいいノースリーブを見つけたけど、太い二の腕が気になって購入をためらってしまうという経験はありませんか?
ノースリーブだと二の腕の太さが強調されてしまいそうで、勇気が出ないという方も多いと思います。
しかし、着こなし方によっては、気になる腕の太さを上手にカバーすることもできます。
そこで、腕の太さが気になる方のための、ノースリーブの着こなし術をご紹介します。
相手の視線を上手に分散させて、視線を集中させないことが鉄則です。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

中学生の勉強机のレイアウトのポイントと置いてはいけないモノ

小学生時代とは違い中学生になると勉強の内容も濃くなり、今までの勉強の仕方や勉強机のままというワケには...

マンガや小説のキャラの名前の付け方を知りたい

マンガや小説が好きな人は、それが高じて自分なりのオリジナルストーリーを考えたりしますよね。その時...

ケチャップやマヨネーズ、常温可能な場合とそうじゃない場合

ケチャップやマヨネーズが大好き!ほとんど毎日使うという人もいるでしょう。毎日使うので冷蔵庫に入れ...

通帳をなくした!悪用される可能性は?通帳を無くした時の対処法

いつもしまってあるはずの場所に通帳がない!通帳をなくした!突然こんな状況になったら焦りますよね。特に...

トイレの手洗い器を綺麗に掃除!手洗器の水垢とサビの掃除方法

トイレの手洗い器の汚れが気になり、掃除をしなくてはと思っている人もいるのではないでしょうか。トイレの...

高校の卒業式に親は出席する?親の出席と服装・持ち物と注意点

お子さんの高校の卒業式に親が出席するものなのか、出席しようか悩んでいる人もいるのではないでしょうか。...

アイデアの商品化を企業に提案する準備と商品化される道のり

アイデアの商品化を企業に売り込みたいと思ったことはありませんか?発想力が豊かで次々とアイデアが浮...

カーペットについた両面テープの上手な剥がし方を教えます

カーペットが動かないように両面テープを使って固定したものの、引っ越しなどで剥がした時にカーペットに両...

使わなくなった文房具を寄付!海外支援について

子供が小さい頃に使っていた文房具や、知らず知らずのうちに溜まってしまったボールペンなど、使わなくなっ...

プラバンの作り方!気になる色塗りの方法やポイント

小さい頃にプラバンを使って遊んだ方も多いのではないでしょうか?プラバンを使うと簡単にキーホルダーやチ...

自転車は歩道走行も右側走行も禁止!その理由について解説します

自転車に普段乗っていない人は、ルールが変わったことに気づいていないのではないでしょうか。ルー...

フェイクグリーン壁掛けの作り方とポイント!癒やし空間を作ろう

フェイクグリーンの壁掛けが欲しいけど、作り方が難しそう…と思っていませんか?そんなことはありませ...

文鳥の換羽期にプラスしたい栄養素と飼い主ができるサポート

文鳥が換羽期を迎えると、いつもよりも栄養が必要になります。文鳥の換羽期にはどのような栄養素が必要にな...

水彩で背景を描きたい時の描き方!水の量を調節するのがポイント

水彩で背景を上手く描きたい!そんなあなたに、描き方のポイントについて詳しくご説明します。水彩は段...

フラのハンドモーションのコツ!美しく見せる上達のポイント

フラダンスのハンドモーションのコツは、意識するべきポイントを掴んで練習すれば初心者でも上達できます。...

スポンサーリンク

腕が太いけどノースリーブが着たい時はカーディガンでカバー

太いと気になる二の腕をカーディガンでカバーする

夏になると、薄着が定番ファッションになりますよね。

女性らしいラインを見せることが出来るノースリーブは、1着は持っているという方も多いのではないでしょうか。

ノースリーブは、肩から腕にかけての部分がない、袖なしの服のことです。

でも、二の腕に付いたタプタプの脂肪が気になってノースリーブを着こなす自信がないという方もいるはず!

「隠すより思い切って気になる部分を出した方が痩せて見えるよ」なんてことを他人から言われた経験がある人もいるでしょう。

でも、そんな言葉に乗せられてノースリーブを着て歩いた日には、「あの人って色んな意味ですごいね」などと陰で言われているのでは?!という妄想に頭を支配されてしまいます。(…私だけでしょうか?)

それでも、夏はノースリーブを着て夏を楽しみたいですよね。

ノースリーブは、1枚で着ると当然、肩から腕がバーンと目立ちます。

特に、肩幅が広めの私にはノースリーブだけを着るのは余計ガッチリ見えてしまいます。
そこで、ノースリーブに合わせたいのがサラッとしたカーディガンです。

夏なので、ニット素材というよりは軽めの素材のカーディガンがおすすめ。

カーディガンを肩に羽織ったり、肩から袖を出して結んだ着こなしにすれば、気になる二の腕がカーディガンで上手く隠れてくれるので、女性らしい雰囲気を保てますよ。

肌寒い時などにも役に立つカーディガンは、お気に入りの一着を持っていると安心です。

ノースリーブでも腕の太さが目立たないデザインを

腕の付け根まで袖口が伸びているデザインのノースリーブを選ぶ

夏になると、ノースリーブをオシャレにさりげなく着こなしている女性が多くいますよね。

そんな人達を見て、うらやましいなと指を加えて、私にはノースリーブは無理と始めから諦めてはいませんか。

ノースリーブでも、デザインによって腕をカバーしてくれる物もあります。

袖の切り口が肩よりも、腕の付け根あたりまで袖が伸びているタイプのノースリーブを選ぶことで、肩が隠れるため、腕にそれほど目がいかなくなります。

また、ノースリーブの服はシルエットも大切です。

体に密着したシルエットより、ゆったりと余裕のあるシルエットの物を選ぶことで、体のラインが強調されずに目立たなくなります。

腕の中でも、腕から肩にかけた上腕部分に脂肪が付きやすい傾向があります。

一番太い部分を隠すことで、スッキリ見せることが可能になります。

ノースリーブの太い腕が気になる方はボトムにボリュームを

ノースリーブをボリューム感のあるガウチョパンツなどと合わせる

せっかく買ったオシャレなノースリーブを出来るだけ細く見えるようにカッコよく着こなしたいというのは、女性であれば持つ人は多いでしょう。

特に、体のあちこちに付き始めた脂肪は出来るだけ隠して、はじめからなかったもののようにナチュラルに着こなしたいもの。

でも、服の着こなしはただ「脂肪を隠す」ことに意識して、全身をダボっとした服でまとめてしまうと、余計に太って見えてしまうものなので、難しいですよね。

なるべくスリムに着こなすために、シルエットにメリハリを付けるということは重要なポイントです。

ノースリーブで露出する肩や腕周りが気になる場合は、視線を下に持っていくように、下のボトムスにボリュームを出しましょう。

ガウチョパンツやロングスカートで、視点が下にいくので、タイトなノースリーブと合わせても肩から腕周りがそれほど目立たなくなりますよ。

上下にボリュームがあると、余計に太い印象になってしまうため、ボリュームのあるノースリーブの場合は、ベルトなどでウエストマークすることもポイントです。

帽子を被って視線を上にするとノースリーブの太い腕も気にならない

帽子にアクセントを持ってきて全体をスリムに見せる

トータルの着こなしを細く見せたいという場合は、人から見た時の視線を考えてみましょう。

人を見る時は、その人の身につけている目立つ物にまず視線が行くことが一般的です。

テレビを見ていてもそうですが、ちょっとぽっちゃりさんなタレントでも、着こなしによって体型よりもファッションに目が行くことが多くはないでしょうか。

このような原理から、ノースリーブの腕を見せたくないけれど着たいという場合は、帽子などのアイテムに大きめな物を選ぶことで、視線をノースリーブではなく帽子に持っていかせることができます。

帽子を被っている上の方に視線が集まるので、上半身へ視線が集中することがありません。

特につばが広めの帽子だと、より細見えの効果があります。

Iラインを強調してすっきりしたシルエットに

ノースリーブを着るときは縦のラインで細見せ効果を作る

ストライプ柄の服を着ると、引き締まって見えるということがありますよね。

これは、縦のストライプラインが体のシルエットを縦方向の一直線に見せるためです。

この原理からも分かるように、体のシルエットをスリムに見せたい場合は、横よりも縦のラインを強調したファッションにすることがおすすめです。

特に、トップスとボトムスを同系色にまとめることで、体のラインが直線になるので、より細く見せることができます。

ブラックやネイビーなど濃い目の色の服が特に引き締まったシルエットを作ってくれますよ。

体のラインが気になる時は、軽い素材のゆるめのシルエットのノースリーブを取り入れてみましょう。