フッ素加工のフライパンの手入れ方法で長持ちさせるコツを紹介

フッ素加工のフライパンは手入れの仕方に気をつけないと使えなくなってしまうことがあります。焦げ付かずに食材がくっつきにくいのがフッ素加工のフライパンの良い所。
なるべくなら手入れ方法に気をつけて長持ちさせたいですよね。

そこで、フッ素加工のフライパンの手入れ方法について、冷ましてから洗うことや丁寧に優しく洗うこと、洗った後はすぐに水を拭き取ることや金属製以外のヘラを使うことなどお伝えしていきましょう。

このように手入れ方法に気をつけることがフッ素加工のフライパンを長持ちさせるコツになります。料理をするのも洗うのも楽になりますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

絵【デッサン】の影の付け方の基本と鉛筆で立体感を表現するコツ

鉛筆で描くデッサンは、光と影の付け方で絵に奥行きが生まれます。しかし、慣れないうちはなかなか立体感が...

中学生の勉強机のレイアウトのポイントと置いてはいけないモノ

小学生時代とは違い中学生になると勉強の内容も濃くなり、今までの勉強の仕方や勉強机のままというワケには...

アイロンのかけ方【基本】必要な道具や注意点、コツを紹介

アイロンのかけ方、知っているようで知らないことたくさんあります。私は、どんな生地にでも高温ア...

猫が縄張り争いで負けるとどうなるか。猫のケンカのルール

近所に野良猫はいますか?野良猫同士のケンカをみたことはありませんか?猫には縄張りがあって、その縄...

朝に音楽を聴いたら癒しの効果があるって本当?

世の中の人達の中には、朝、眠い目をこすりながら起き、半ば寝ているような状態で出勤したり、登校している...

蜂を退治するコツや家の中に二度と侵入させないトラップとは

蜂を退治するときはどんなことに気をつけたらいいのでしょうか?家の中に侵入してしまったときは?...

カレーのじゃがいも投入のタイミングと煮崩れさせない方法

カレーのじゃがいも。出来上がった時、どこにいったのかわからないくらいに煮崩れしてしまう。じゃ...

ダブルベッドでの布団の取り合い問題を解決する方法

ダブルベッドで寝ていると、気がつくと布団がどちらかの方に偏っていたり、布団の取り合いになることってあ...

マニキュアの簡単な塗り方とは?キレイに見せるコツを教えます

自分でマニキュアを塗っても、ムラになってしまったりはみ出して失敗してしまうことってありますよね。...

お歳暮といえばカニ!北海道のお歳暮を贈る時期など紹介します!

お歳暮といえばカニ!北海道から送られてくるお歳暮で人気なのはカニではないでしょうか?北海道の...

チケットをキャンセル待ちで購入する方法とその確率について

人気アーティストのチケットとなると、販売開始時間と同時に予約しようとしてもすぐに予定枚数終了となって...

アイロンスチームの穴から出てきた白い粉の正体と掃除方法

アイロンを使用していると、スチームの穴から白い粉が。せっかく綺麗にお洗濯をしたのに、白い粉が衣類に付...

ハムスターのトイレは100均で活用できるがポイントがあります

ハムスターのトイレを100均で選ぶこともできますが、どんな物でもいいわけではありません。ハムスタ...

川エビのミナミヌマエビの飼育方法!必要な飼育環境と特徴

川エビのミナミヌマエビは単体でも育てられますし、他の魚と一緒に混泳させたいという場合にも人気です。...

可愛い動物園で見た珍しい生き物!ペットとして飼育可能な動物

犬や猫などのペットは多くの方が飼っていますが、中には可愛いけど珍しい動物を飼っている方もいます。動物...

スポンサーリンク

フッ素加工のフライパンの手入れは冷ましてから洗うこと

フッ素加工のフライパンの弱点は、温度変化です。
熱くなったフライパンが急に冷やされたり、長時間高温にさらされたりすると、フライパンの表面にされたフッ素のコーティングが剥がれやすくなります。
一度フライパンの表面が傷ついてしまうと、その部分からどんどん劣化が進んでしまうので、いかにフライパンを上手にお手入れするかが大切!

フライパンに急激な温度変化を与えないようにする

使い終わったフライパンは、すぐに洗わず、自然に温度が下がるまで待ちましょう。

フライパンの温度が下がったところでお手入れすれば、それだけでフライパンの寿命を長くすることができますよ。

しかし、家庭にフライパンが1つしかない場合には、使い終わったフライパンをすぐに洗って、また次の調理に使わなければいけないことがありますよね。

調理後にフライパンをすぐに使う時は時は水ではなくお湯を使うのがポイント

熱いお湯をフライパンに掛けることで、温度変化がなくなりなすし、お湯を使うことで、フライパンについた油汚れが、より落としやすくなります。

傷が付きやすいフッ素加工のフライパンは手入れも丁寧に優しく

それでは、正しいフッ素加工のフライパンのお手入れ方法を見ていきましょう。

調理後にフライパンに残った油や食品カスは、そのままにしておくと温度が下がると共に固まってしまいますね。固くなった油や食品カスは、洗い落とすのが面倒になるので、調理後すぐに、まずはキッチンペーパーでこれらを拭き取っておきましょう。

フライパンの温度が自然に下るのを待つ

フライパンが冷めたら、柔らかいスポンジと食器用洗剤を使って、表面を傷つけないように優しく擦って汚れを落としましょう。
ゴシゴシ擦ったり、食器用洗剤以外の洗剤を使用したりすると、フライパンの表面に傷がついてしまうことがあるので、正しい手入れ方法を守るようにしてください。

フッ素加工のフライパンの正しい洗い方がわかりましたね。
これで、フライパンの寿命がまた少し伸びました!

フッ素のフライパンを手入れしたらすぐに水を拭き取りましょう

フッ素加工のフライパンは、洗い終わってからの一手間も大切です。

フライパン調理後の手入れ

洗ったままのフライパンには、水道水の水滴が残っていますね。
この水滴をそのままにしておくと、水が蒸発した際にカルキだけが残り、フライパンの表面に白く点になって現れます。

水道水に含まれるカルキ自体は、私たちの体に害を及ぼす程度の量ではないとされていますが、残ったカルキをそのまま加熱してしまうと、取れにくくなってしまうため、フライパンの表面のコーティングが上手く働かなくなります。

フライパンを洗い終わったら、清潔で柔らかい布を使ってフライパンの水分を全て拭き取りましょう

フライパンに残った水分を空焚きで飛ばす場合もあると思いますが、フッ素加工のフライパンには、空焚きは不向きです。
高温になることが原因で、フライパン表面の加工が剥がれてしまいますので、注意しましょう。

フッ素加工のもので調理するときは金属製以外のヘラを使うこと

調理中のフライパンの扱いも大切です。
フッ素加工のフライパンの中には、金属製のヘラが使えるという製品も存在するようですが、基本的には、金属製のヘラは、フライパンの表面の加工を傷つけるものだと思ってください。

一度傷つくと加工はどんどん剥がれていく、使用するヘラはフッ素加工に優しいものを選ぶことが大切

木製や竹製の物は、フッ素加工のフライパンに安心して使えると言われていますが、私がおすすめするのは、木製や竹製のものではありません。
なぜなら、調理をしていると、熱によって変形した箸やヘラの先が鋭利になって、表面を傷つける可能性が考えられるからです。

おすすめは、ゴム製や樹脂製の調理器具

傷つきにくい素材のものを選ぶことで、調理中にフライパンを傷つける可能性は少なくなります。
このポイントも、しっかり押さえておきましょう。

フライパンを使った後はすぐに食材をお皿に移して長持ちさせましょう

フッ素加工のフライパンの中には、取っ手を取り外して専用の蓋をしてそのまま冷蔵庫に保管できるものもありますね。

しかし、気をつけてほしいのは、フライパンに食材を入れたままの状態にすることでフライパンの表面を傷つけてしまうことがあるということです。

フッ素加工のフライパンは、表面に細かい穴がポコポコと開いています

特に水分の多い食材の場合には、この穴に水分が入り込んでしまうので、フライパンの加工が剥がれる原因になってしまうことがあります。

フライパンの表面がボッコリ膨れ上がるのは、食材の入れっぱなしが原因のことが多い

そのため、フッ素加工のフライパンで調理をしたあとは、食材をすぐに別の皿に移して、フライパンに残った汚れを拭き取ってしまうことが大切です。

フッ素加工のフライパンの手入れは、覚えてしまえば簡単です。
お気に入りのフライパンを長く愛用出来るように、これらのポイントを覚えておいてくださいね。