フッ素加工のフライパンの手入れ方法で長持ちさせるコツを紹介

フッ素加工のフライパンは手入れの仕方に気をつけないと使えなくなってしまうことがあります。焦げ付かずに食材がくっつきにくいのがフッ素加工のフライパンの良い所。
なるべくなら手入れ方法に気をつけて長持ちさせたいですよね。

そこで、フッ素加工のフライパンの手入れ方法について、冷ましてから洗うことや丁寧に優しく洗うこと、洗った後はすぐに水を拭き取ることや金属製以外のヘラを使うことなどお伝えしていきましょう。

このように手入れ方法に気をつけることがフッ素加工のフライパンを長持ちさせるコツになります。料理をするのも洗うのも楽になりますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

猫の写真 なぜへたくそにしか撮せないのか?上手く撮るコツとは

猫の写真を撮すにはちょっとしたコツが必要となります。猫ちゃんはかわいいのに、レンズに収まるそ...

石鹸の香りをルームフレグランスとして楽しむ方法と香り復活テク

お部屋用の芳香剤はいろいろな種類がありますが、少し匂いが強いと感じる方もいると思います。人工的な芳香...

バナナをおやつや離乳食として与える時の注意点とポイント

バナナはおやつや離乳食で活躍する、安価で栄養満点のママにとっても嬉しい食材のひとつ。離乳食を開始して...

鉄のフライパンのメリット・デメリット!鉄のフライパンの魅力

鉄フライパンを購入しようか悩んでいる人の中には、鉄のフライパンにはどんなメリットがあるのか知りたい人...

マニキュアのトップコートが乾く時間を短縮させるコツと注意点

マニキュアはトップコートの乾く時間を待てば完成します。しかし、セルフネイルをしていると完全に乾く前に...

ジムに必要な持ち物【女性版】最初は最低限必要な物でOK

ジム初心者の女性にとってわからないのが、ジムに必要な持ち物です。最低限どんな持ち物が必要なのか、...

シンクのスポンジラックは撤去すると掃除がしやすい

シンクのスポンジラックを撤去すると、掃除がしやすくなりラックのヌメヌメから解放されます!とは...

ハムスターのトイレや砂遊び場の作り方や注意点について

ハムスターはトイレを覚えるというけれど、砂遊び場でしてしまうときにはどうしたらいいのでしょうか?...

油性のニスの落とし方!木・手・服・ハケについたニスの落とし方

油性のニスがついてしまった時、どのようにして落とせば良いのかわからずに落とし方が知りたい人もいますよ...

2人暮らしにおすすめの部屋の広さは?お部屋選びの注意点

同棲を考えているカップルや、結婚が決まったカップルなど、新たに2人暮らしを考える時に悩むのが、お部屋...

猫の種類によって性格は違う。様々な猫種とその特徴と飼い方

猫が飼いたいと思った時にペットショップに行ってよくみてみたら、色々な種類がいます。大人しい猫や、...

顔が太るのは女性だけではない!男性も小顔を目指そう!

女性だけではなく、顔が太ると悩んでいる男性も増えているといいますが、その原因は女性と同じなのでしょう...

ハンバーガーバンズの代用になるものは?バンズのレシピも紹介!

ハンバーガーを作りたい!でもバンズが売っていないこのような場合、なにか代用できるものはないかと考える...

あなたの家は大丈夫?和室に布団を敷くときのカビ対策!

家の広さによって眠る時にはベッドか布団を敷いて眠るか、みなさんそれぞれに違いがありますが、和室に布団...

布を裁断するカッターの特徴や使い方・注意点を紹介します

布を裁断するロータリーカッターの使い勝手とは?布作品をよく作る人にとって必需品となるのは裁ちばさみで...

スポンサーリンク

フッ素加工のフライパンの手入れは冷ましてから洗うこと

フッ素加工のフライパンの弱点は、温度変化です。
熱くなったフライパンが急に冷やされたり、長時間高温にさらされたりすると、フライパンの表面にされたフッ素のコーティングが剥がれやすくなります。
一度フライパンの表面が傷ついてしまうと、その部分からどんどん劣化が進んでしまうので、いかにフライパンを上手にお手入れするかが大切!

フライパンに急激な温度変化を与えないようにする

使い終わったフライパンは、すぐに洗わず、自然に温度が下がるまで待ちましょう。

フライパンの温度が下がったところでお手入れすれば、それだけでフライパンの寿命を長くすることができますよ。

しかし、家庭にフライパンが1つしかない場合には、使い終わったフライパンをすぐに洗って、また次の調理に使わなければいけないことがありますよね。

調理後にフライパンをすぐに使う時は時は水ではなくお湯を使うのがポイント

熱いお湯をフライパンに掛けることで、温度変化がなくなりなすし、お湯を使うことで、フライパンについた油汚れが、より落としやすくなります。

傷が付きやすいフッ素加工のフライパンは手入れも丁寧に優しく

それでは、正しいフッ素加工のフライパンのお手入れ方法を見ていきましょう。

調理後にフライパンに残った油や食品カスは、そのままにしておくと温度が下がると共に固まってしまいますね。固くなった油や食品カスは、洗い落とすのが面倒になるので、調理後すぐに、まずはキッチンペーパーでこれらを拭き取っておきましょう。

フライパンの温度が自然に下るのを待つ

フライパンが冷めたら、柔らかいスポンジと食器用洗剤を使って、表面を傷つけないように優しく擦って汚れを落としましょう。
ゴシゴシ擦ったり、食器用洗剤以外の洗剤を使用したりすると、フライパンの表面に傷がついてしまうことがあるので、正しい手入れ方法を守るようにしてください。

フッ素加工のフライパンの正しい洗い方がわかりましたね。
これで、フライパンの寿命がまた少し伸びました!

フッ素のフライパンを手入れしたらすぐに水を拭き取りましょう

フッ素加工のフライパンは、洗い終わってからの一手間も大切です。

フライパン調理後の手入れ

洗ったままのフライパンには、水道水の水滴が残っていますね。
この水滴をそのままにしておくと、水が蒸発した際にカルキだけが残り、フライパンの表面に白く点になって現れます。

水道水に含まれるカルキ自体は、私たちの体に害を及ぼす程度の量ではないとされていますが、残ったカルキをそのまま加熱してしまうと、取れにくくなってしまうため、フライパンの表面のコーティングが上手く働かなくなります。

フライパンを洗い終わったら、清潔で柔らかい布を使ってフライパンの水分を全て拭き取りましょう

フライパンに残った水分を空焚きで飛ばす場合もあると思いますが、フッ素加工のフライパンには、空焚きは不向きです。
高温になることが原因で、フライパン表面の加工が剥がれてしまいますので、注意しましょう。

フッ素加工のもので調理するときは金属製以外のヘラを使うこと

調理中のフライパンの扱いも大切です。
フッ素加工のフライパンの中には、金属製のヘラが使えるという製品も存在するようですが、基本的には、金属製のヘラは、フライパンの表面の加工を傷つけるものだと思ってください。

一度傷つくと加工はどんどん剥がれていく、使用するヘラはフッ素加工に優しいものを選ぶことが大切

木製や竹製の物は、フッ素加工のフライパンに安心して使えると言われていますが、私がおすすめするのは、木製や竹製のものではありません。
なぜなら、調理をしていると、熱によって変形した箸やヘラの先が鋭利になって、表面を傷つける可能性が考えられるからです。

おすすめは、ゴム製や樹脂製の調理器具

傷つきにくい素材のものを選ぶことで、調理中にフライパンを傷つける可能性は少なくなります。
このポイントも、しっかり押さえておきましょう。

フライパンを使った後はすぐに食材をお皿に移して長持ちさせましょう

フッ素加工のフライパンの中には、取っ手を取り外して専用の蓋をしてそのまま冷蔵庫に保管できるものもありますね。

しかし、気をつけてほしいのは、フライパンに食材を入れたままの状態にすることでフライパンの表面を傷つけてしまうことがあるということです。

フッ素加工のフライパンは、表面に細かい穴がポコポコと開いています

特に水分の多い食材の場合には、この穴に水分が入り込んでしまうので、フライパンの加工が剥がれる原因になってしまうことがあります。

フライパンの表面がボッコリ膨れ上がるのは、食材の入れっぱなしが原因のことが多い

そのため、フッ素加工のフライパンで調理をしたあとは、食材をすぐに別の皿に移して、フライパンに残った汚れを拭き取ってしまうことが大切です。

フッ素加工のフライパンの手入れは、覚えてしまえば簡単です。
お気に入りのフライパンを長く愛用出来るように、これらのポイントを覚えておいてくださいね。