昭和の時代が良かったという人はSNS疲れが影響しているかも

日本史の中でも激動の時代といわれている昭和の時代。
昭和の頃を紐解いて見ると、今では考えられないような出来事もたくさんあります。

「今の時代よりも昭和の時代の方が良かった」と口にする人もいますが、なぜ便利な世の中になった今よりも、昭和の時代の方が良かったと感じるのでしょうか。

もしかしたらSNSに疲れているのかも!?昭和の時代にタイムスリップしてみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

富士山の山頂の気圧はどのくらい?富士登山の心構えとは

富士山の山頂の気圧は、地上とどのくらいの違いがあるのでしょうか?富士山に登るときには、様々な準備をす...

野良猫を保護したときはシャンプーの前に動物病院へ行くのが安心

近所にいる野良猫を保護したときは、猫の体が汚れていることから、先にシャンプーをしたくなりますよね。で...

コミケ初心者が冬コミに参加するときに知っておきたい基礎知識

初めて冬のコミケに参加しようと思っているコミケ初心者の中には、当日の服装や持ち物などをどのようにすれ...

服のカビ臭いのはクリーニングにだせば落ちる?臭いを取る方法

服がカビ臭いのはクリーニング店に出さないと落ちない?服やタオルがカビ臭くなってしまうのにはどんな原因...

立体ケーキの作り方【初心者でも簡単】バースデーやお祝いにぜひ

立体ケーキの作り方はとても難しくて、初心者には作ることができないと諦めがちですよね。でも、今...

豚肉を柔らかくする方法で玉ねぎを使うコツや下処理のポイント

豚肉を柔らかくする方法ですりおろした玉ねぎに漬け込むという方法をご存知でしょうか。玉ねぎで豚...

絵【デッサン】の影の付け方の基本と鉛筆で立体感を表現するコツ

鉛筆で描くデッサンは、光と影の付け方で絵に奥行きが生まれます。しかし、慣れないうちはなかなか立体感が...

シンクのスポンジラックは撤去すると掃除がしやすい

シンクのスポンジラックを撤去すると、掃除がしやすくなりラックのヌメヌメから解放されます!とは...

滑り止めマットを活用した可愛い手作りマットの作り方

玄関や室内に使うマットですが、100均などで販売されている滑り止めマットを使って手作りしてみませんか...

ミシンのコツとは?カーブを縫う時のポイントを紹介します

ミシンでカーブを縫うときにはどんなコツが必要なのでしょうか?カーブを縫うときにはいつも慌てて、突っ張...

力士の体の筋肉と脂肪の関係。2つの体型の特徴と力士の稽古

力士の方は皆さん大きい、体格がいいというイメージが定番ですがその体についているのは脂肪と思いがちでは...

プラバンの作り方!気になる色塗りの方法やポイント

小さい頃にプラバンを使って遊んだ方も多いのではないでしょうか?プラバンを使うと簡単にキーホルダーやチ...

チャイナ服に合う髪型のやり方!自分でできるヘアアレンジ方法

チャイナ服は可愛らしさもありつつ、女性らしさもあり、一度は着てみたいドレスですよね。体のラインをキレ...

シルバーアクセサリーの黒ずみはサビじゃない。落とす方法とは

時間が経ったシルバーのアクセサリーが黒ずんでいる、サビのように見えるけれどにサビなのでしょうか。...

顔が太るのは女性だけではない!男性も小顔を目指そう!

女性だけではなく、顔が太ると悩んでいる男性も増えているといいますが、その原因は女性と同じなのでしょう...

スポンサーリンク

「昭和の時代は良かった」と感じるのはどうして?

昭和の頃は、インターネットもなくゲームも単純なものばかり。

それでも、スキーが流行したりディスコ(クラブ)が全盛の時代。カラオケやボーリングが人気になったりと、選択肢は少ない分、多くの人が熱狂したものです。

旅行に行けば、飛行機や新幹線も気軽には使えず、時刻表は分厚い本や小さい文字から目的地を探すのも大変でした。

今から思えば不便なことも多かった時代です。

合理的ではないことも多かったけれど、それは「無駄の美学」とも言えるものでもありました。

タイムリーとはいえない情報源からのニュースは、インターネットとは比べものにならないほど少ない情報だったかもしれませんが、人間に与えるストレスは少なかったのではないでしょうか。

「モーレツ(猛烈)」なんていう流行語もあった昭和30年代でも、現代の時間の流れよりはよほど緩やかだったような気がします。

「昭和の時代は良かった」は幻想?

昔は良かった。昔に戻りたい。

そんなことを考えるのは、「今」を受け入れられなくなっているのかも。

昔の楽しい思い出を引っ張り出し、あの頃は幸せだった。過ごしやすかったと懐かしんでしまうのは、今の生活に辛いことがあったり、受け入れにくい時代になっていると感じているからでしょう。

大人になると、日々の暮らしや生活があり「今の生活が嫌だ」と言っても逃げ場所はないものです。

誰もが容易に逃げることができるのh、自分の記憶や心の中にある「過去」なのです。

そして、人間は「昔は良かった」jと思いたい生き物でもあります。

隣近所に住む人の顔も名前もわからない現代よりも、人間同士のコミュニケーションが密だった時代に温かみを感じたり、懐かしさを覚えたり。

ついつい、昔の良い面ばかりを思い出し「昔は良かった」という一言に逃げ込みたくなるのです。

きっと、あと10年、20年経てば、また昔に戻りたいと「今の生活」を思い浮かべていることでしょう。

昭和の時代の方が良かったという人はSNSに疲れている人かも

さまざまなSNSは、これまでになかったコミュニケーションツール、情報ツールとして一気に広まりました。

しかし、そのツールがなければ繋がれない関係や、まるで監視されているように繋がりすぎる関係に疲れてしまっている人も少なくありません。

SNSを使わない、使えない、使いたくない人にとっては嫌な時代かもしれません。

携帯電話・スマートフォンに関しては、依存症も指摘されています。

学校で、路上で、交通機関の中で、その場にいるほとんどの人が手元の画面を見つめる姿は、客観的に見ると不気味に感じることもあります。

携帯電話の登場で、いつでも会社や友人と連絡が取れて便利な反面、つながれているようだと窮屈な感じもしますね。

また、いくら安くなったとはいえスマートフォンなどは維持費も馬鹿にならず、そんなものが必要なかった時代が懐かしい…と感じてしまうのも否めないことでしょう。

昭和は日本史の中でも激動の時代

日本の社会が大きく変化を始めたのは、戦後になって工業国へとシフトし大きく経済成長を遂げてからでしょう。

それまでは、発展途上国とも見られていた日本は、急激な人口増加とあいまって生活を大きく変化させました。

昭和初期の日本の人口は5500万人ほど。それが60数年を経て昭和末期には1億2000万人にまでなりました。

社会構造の変化とともに、全くの別世界のような変化です。

この変化は、もちろん日本だけのものではなく世界情勢も大きく関係した結果です。

昭和初期の日本は軍事国家であり、また世界中で戦争が当たり前のように起こっていた時代でもありました。

第二次世界大戦後の世界は、冷戦をはじめとする火種を抱えながらも資本主義が慢心する経済の時代となっていったのです。

驚愕、昭和の時代に子供でも買えたもの

お酒・タバコ

今はスーパーやコンビニでも年齢を確認され、子供は勝手に買えないお酒やタバコ。

しかし、昭和の頃は自動販売機で24時間販売されており、店頭でも「親のお使い」といえば小さな子供でもお酒やタバコが買えたものでした。

合成甘味料・着色料をふんだんに使った駄菓子

昭和の頃は、小学校近くに駄菓子屋があり、学校帰りの子供が寄り道したり、放課後の子供たちのたまり場になっていました。

今も多くの駄菓子は製造・販売されていますが、当時の駄菓子の中にはどぎつい着色料を使用したものや、今思えば少々怪しい感じの駄菓子も売られていたものです。

カラーひよこ

縁日や下校途中の通学路で売られていた赤や青、緑やピンクのヒヨコ。

養鶏場で採卵用に人工孵化させたヒヨコで、オスは食用としても味が劣ると愛玩用に売られていたのです。

目を引くように染料で着色されたヒヨコは、色違いで欲しくなる気持ちをそそり何羽も購入されることもあったとか。

もちろん、成長とともに普通のヒヨコ・鶏になるだけだったのですけれど。