サービスエリアで車中泊を夏の時期にする場合のポイントと注意点

夏休みに女友達と遠出する際に、宿泊費を浮かせようとサービスエリアでの車中泊を考えることもあるでしょう。

夏でも快適に車中泊をするためにはどんな工夫が必要でしょうか。サービスエリアは安全面でどうなのでしょうか。停めるならどの場所がベスト?

女性だけでサービスエリアに車中泊するのはあまりおすすめしません。
もし車中泊をするにしても、気を抜かず防犯意識を持ちましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

カーペットについた両面テープの上手な剥がし方を教えます

カーペットが動かないように両面テープを使って固定したものの、引っ越しなどで剥がした時にカーペットに両...

シャツのシワが取れない時の対処法!アイロンがけに注意しよう

Yシャツなどシャツをアイロンがけしてもシワが取れないことってありますよね。「スチームアイロン」ならシ...

2人暮らしにおすすめの部屋の広さは?お部屋選びの注意点

同棲を考えているカップルや、結婚が決まったカップルなど、新たに2人暮らしを考える時に悩むのが、お部屋...

洗剤と漂白剤は混ぜると危険な理由と正しい取り扱いのコツ

洗剤や漂白剤には混ぜるな危険という記載表示がされているものがあります。それは、どのように危険なのか、...

No Image

洗濯機の柔軟剤を入れるところの仕組みとは?柔軟剤の使い方

洗濯機に柔軟剤を入れるタイミングとは?柔軟剤の仕組みはどのようになっているのでしょうか?なん...

シベリアンハスキーは子犬の頃が一番かわいい!

犬は種類が豊富で、体が小さいものから大きいもの、毛が短いものからフカフカなものまで数多くいます。...

教習所の実技を初めて受ける不安を和らげる方法や心構えと注意点

教習所の実技を初めて受けるのはとても緊張するものです。本当に車なんて運転できるのだろうかと不安に...

朝のトースト2枚は多いか少ないかみんなの意見と太らない食べ方

朝パン派の人は、トーストは何枚食べますか?1枚だとすぐにお腹が空くし、2枚だと多いような気が...

生地を水通しする方法!水通しが必要な素材と水通しが必要な理由

生地を水通しする方法について知りたいという人もいますよね!手芸などに使う生地は、素材によっては水通し...

ディスポーザーつまりはアメリカにいても自分で直そう

アメリカに住んでいると、キッチンのディスポーザーがつまってしまうことってありますよね。便利な...

指を綺麗に見せてくれるネイルとは?あなたに合うのはこのネイル

ネイルをして指を綺麗に見せたいのに、なぜか爪だけ浮いてしまっているような?爪が小さい、指が短いなど意...

筆箱のチャックが壊れた時の対処法を症状別で詳しく解説します

学校で使っている子供の筆箱のチャックが壊れた時、お気に入りの筆箱でまだまだ使える状態であれば、なんと...

鉄の包丁がサビてしまう理由とサビを取る方法を紹介します

鉄の包丁がすぐにサビてしまうのにはこのような理由からです。とくに買ったばかりの鉄の包丁はサビやすいの...

自転車の塗装が剥がれたときの影響と自分でもできる対処法

自転車の塗装が剥がれることは自転車を愛用していると時々直面していまいます。お気に入りの自転車の塗装が...

大学の卒業式のスーツ選び!男子学生に人気のスーツのタイプ

大学の卒業式で男子学生が着ていくのは、多くの方がスーツです。しかし、スーツを着慣れていないと...

スポンサーリンク

サービスエリアで車中泊!夏でも快適に過ごすための工夫とは?

遠出で旅行やドライブする際に、宿泊費を抑えようと、サービスエリアやパーキングエリア、道の駅などで車中泊する人も居るのではないでしょうか。

また、夏場など気温の高い時期に車中泊する場合に、快適に車中泊するために持っておくと便利なグッズをご紹介します。

  1. ウィンドウネット
    夏場であれば、窓を開けて寝ることが多いと思いますが、当然ながら、網戸の無い窓は虫が入ってきてしまいます。
    そのため、ウィンドネットがあると風通りも良く虫除けもできるためオススメです。
  2. 車用カーテン
    カーテンは、日差し対策にオススメのアイテムです。
    また、夜であれば外灯などの明かりや、プライバシーも確保することができます。
  3. 小型扇風機
    夏場は窓を開けて寝ても、暑く寝苦しいことがあります。
    そんなときは、電池やバッテリーで動く小型の扇風機があると快適に眠ることができるでしょう。

夏に車中泊をするならサービスエリアが一番?

車中泊する際に、重視するポイントは人それぞれですよね。

特に女性同士で車中泊する場合には、安全面がとても重要となります。

高速道路にあるサービスエリアは、駐車場も大きく、基本的には24時間スタッフが居ますので、安全性が高く安心して車中泊をすることができます。

また、24時間営業のコンビニがあることが多く、必要なものをすぐに購入することもできます。

ですが、サービスエリアは、夜間に長距離を走るトラックなども休憩場所として利用するためエンジン音が騒がしく感じたり、また、駐車場全体を巨大な照明で照らしているため明かりが気になることもあります。

そのため、中には睡眠に障害が出てしまう可能性もあります。

サービスエリアで車中泊する場合には、駐車場所も考えたほうが良いかもしれません。

夏にサービスエリアで車中泊をする時の注意点とは?

夏場にサービスエリアで車中泊する際の注意点をご紹介します。

サービスエリアは、人の入れ替わりがとても多い場所です。

そのため、車中泊の際の車の駐車場所には注意が必要です。

例えば、トイレが近いという理由で、建物付近に車を駐車すると夜中の人通りが気になることもあり、快適に眠れないことに繋がります。

しかし、人通りを気にしすぎて建物から離れた場所に車を駐車すると、暗い場所も多くなるため危険も多くなります。

また、貴重品は常に体から手放さないようにすることも大切です。

車内に置きっぱなしにする場合には、外から見えない場所にしまい車に鍵を必ずかけるようにしましょう。

一方で、道の駅で車中泊する場合も同様です。

道の駅もサービスエリア同様に、車中泊する上でとても便利な場所のひとつです。
安全面には充分に配慮し、車中泊をするようにしましょう。

女性がサービスエリアに車中泊するならどの場所に停めるべき?

上記でもご紹介したように、車中泊する上でサービスエリアはとても便利な場所のひとつです。

サービスエリア内で車中泊する場合には、売店などの真正面は極力避けるようにすると良いでしょう。

売店の近くにはトイレが併設されていることも多いと思います。

夜中食べ物を買いにいったり、トイレに行ったりするときに便利ではありますが、人通りが多いため快適な睡眠を優先するのであればあまりオススメはできません。

ですが、こうしたデメリットだけではなく、万が一のときに助けを求めることができるメリットもあります。

また、車中泊する際は、車用カーテンやサンシェードなどを使い、車内が外から見えないように対策をすることが大切です。

女性同士で車中泊する場合には、窓を開けて寝ることは避けましょう。

夏場など暑いときは小型扇風機などを利用し暑さ対策をするようにしましょう。

女性がサービスエリアで車中泊をする時は過剰なくらいの防犯意識を持とう

車中泊の際には、防犯対策をいつも以上にしっかりとしなければいけません。

そこで、どういったことに気に掛ければ良いのかご紹介したいと思います。

 

女性が車中泊するなら、夏でも露出の多い服装は避ける

 

丈の短いワンピースや、オフショルダーなど肌を多く露出するような女性らしい服装は控えましょう。
また、そうした服装をする場合には、上にパーカーやシャツを1枚羽織るなどの対策をしましょう。

 

車中泊する場所にも注意する

 

サービスエリアであれば、車が1台も停まっていないなんてことはないと思いますが、万が一の時の為に、なるべく大きなサービスエリアを選ぶことをオススメします。

また、駐車する際に駐車場に余裕があるようでしたら、隣の車から2台程空けて駐車し、周囲の人の目に届きにくいような場所は避けるようにしましょう。

車中泊にはさまざまなメリットや楽しみもありますが、一方で危険も多く潜んでいます。
女性同士での車中泊であるのならば、尚更防犯意識を高く持つ必要があります。
事前にしっかりと対策し、快適な車中泊ができるように準備をすることが大切です。