サービスエリアで車中泊を夏の時期にする場合のポイントと注意点

夏休みに女友達と遠出する際に、宿泊費を浮かせようとサービスエリアでの車中泊を考えることもあるでしょう。

夏でも快適に車中泊をするためにはどんな工夫が必要でしょうか。サービスエリアは安全面でどうなのでしょうか。停めるならどの場所がベスト?

女性だけでサービスエリアに車中泊するのはあまりおすすめしません。
もし車中泊をするにしても、気を抜かず防犯意識を持ちましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

傘の固定グッズ!100均にある様々なタイプの傘立てをご紹介

傘の固定グッズを探している方!100均にも様々な傘の固定グッズがありますよ。また本来は杖や掃...

クレープの生地が余った時のオススメ保存方法とコツ

お菓子作りやオシャレな朝食にもオススメなクレープ。クレープの生地があまってしまった時は、冷蔵...

【赤ちゃんの手づかみ食べ】離乳食中期の赤ちゃんの食事について

離乳食中期になると、自分の手で食事を口に運びたがる赤ちゃんも出てきます。洋服やテーブルが汚れてしまう...

玄関ドアの隙間風対策!寒い玄関にお困りの方へ

玄関ドアからの冷たい隙間風にお困りの方はいませんか?夏にはそれほど気にならなくても、気温が下がってく...

食洗機と手洗いを併用してしまうのは清潔好きな日本人だから

自宅に食洗機があっても、食洗機だけに頼らず、手洗いと併用しているご家庭も多いのではないでしょうか?...

白ネギの青い部分は鍋に最適!ネギの青い部分のおすすめレシピ

白ネギの青い部分は使う?それとも捨てている?実は鍋に最適なのがネギの青い部分。この青い部分の...

作業着をそのまま洗濯機に入れると壊れる可能性も!予洗いの仕方

油汚れ・ドロ汚れ・サビ汚れ・鉄粉など作業着には色んな汚れがついていますが、汚れのひどい作業着の洗濯は...

ネズミ捕りで警察から逃げるとどうなる?後で待っていることとは

オービスがある場所はだいたいわかるからスピードの出しすぎには注意するけど、ネズミ捕りはどこでやってい...

ピアノコンクールに子供を出場させるべきか悩んでいる方へ

ピアノを習っていていると先生から、「○○のコンクールに出場してみませんか?」と声を掛けられることがあ...

ハムスターの給水器から水が出ないときの対処方法について

ハムスターの給水器から水が出ないのはどんなことが原因なのでしょうか?買ったばかりなのに水が出ないのは...

絵【デッサン】の影の付け方の基本と鉛筆で立体感を表現するコツ

鉛筆で描くデッサンは、光と影の付け方で絵に奥行きが生まれます。しかし、慣れないうちはなかなか立体感が...

絵の上手い人の脳とは?下手な人との違いや絵が上達する方法

絵の上手い人は下手な人と脳の使い方が違う?上手い人と下手な人にはどのような違いがあるのでしょうか?...

子供が泣くとイライラ!その理由とうまく乗り切る対処法

可愛くて仕方のない自分の子供。だけどそんな子供が泣いてぐずると、イライラしてしまうお母さんはたくさん...

魚の下処理はスーパーの調理サービスを利用!便利サービスを活用

魚を一匹まるごと購入したいけど、自分で下処理が出来ない!料理初心者で魚の捌き方がわからない・・・。こ...

ゴミ箱のおしゃれな収納アイデア~手軽なDIYと簡単カバー方法

お部屋をおしゃれなインテリアにしても、気になるのが生活感丸出しのゴミ箱です。お客様の目のつか...

スポンサーリンク

サービスエリアで車中泊!夏でも快適に過ごすための工夫とは?

遠出で旅行やドライブする際に、宿泊費を抑えようと、サービスエリアやパーキングエリア、道の駅などで車中泊する人も居るのではないでしょうか。

また、夏場など気温の高い時期に車中泊する場合に、快適に車中泊するために持っておくと便利なグッズをご紹介します。

  1. ウィンドウネット
    夏場であれば、窓を開けて寝ることが多いと思いますが、当然ながら、網戸の無い窓は虫が入ってきてしまいます。
    そのため、ウィンドネットがあると風通りも良く虫除けもできるためオススメです。
  2. 車用カーテン
    カーテンは、日差し対策にオススメのアイテムです。
    また、夜であれば外灯などの明かりや、プライバシーも確保することができます。
  3. 小型扇風機
    夏場は窓を開けて寝ても、暑く寝苦しいことがあります。
    そんなときは、電池やバッテリーで動く小型の扇風機があると快適に眠ることができるでしょう。

夏に車中泊をするならサービスエリアが一番?

車中泊する際に、重視するポイントは人それぞれですよね。

特に女性同士で車中泊する場合には、安全面がとても重要となります。

高速道路にあるサービスエリアは、駐車場も大きく、基本的には24時間スタッフが居ますので、安全性が高く安心して車中泊をすることができます。

また、24時間営業のコンビニがあることが多く、必要なものをすぐに購入することもできます。

ですが、サービスエリアは、夜間に長距離を走るトラックなども休憩場所として利用するためエンジン音が騒がしく感じたり、また、駐車場全体を巨大な照明で照らしているため明かりが気になることもあります。

そのため、中には睡眠に障害が出てしまう可能性もあります。

サービスエリアで車中泊する場合には、駐車場所も考えたほうが良いかもしれません。

夏にサービスエリアで車中泊をする時の注意点とは?

夏場にサービスエリアで車中泊する際の注意点をご紹介します。

サービスエリアは、人の入れ替わりがとても多い場所です。

そのため、車中泊の際の車の駐車場所には注意が必要です。

例えば、トイレが近いという理由で、建物付近に車を駐車すると夜中の人通りが気になることもあり、快適に眠れないことに繋がります。

しかし、人通りを気にしすぎて建物から離れた場所に車を駐車すると、暗い場所も多くなるため危険も多くなります。

また、貴重品は常に体から手放さないようにすることも大切です。

車内に置きっぱなしにする場合には、外から見えない場所にしまい車に鍵を必ずかけるようにしましょう。

一方で、道の駅で車中泊する場合も同様です。

道の駅もサービスエリア同様に、車中泊する上でとても便利な場所のひとつです。
安全面には充分に配慮し、車中泊をするようにしましょう。

女性がサービスエリアに車中泊するならどの場所に停めるべき?

上記でもご紹介したように、車中泊する上でサービスエリアはとても便利な場所のひとつです。

サービスエリア内で車中泊する場合には、売店などの真正面は極力避けるようにすると良いでしょう。

売店の近くにはトイレが併設されていることも多いと思います。

夜中食べ物を買いにいったり、トイレに行ったりするときに便利ではありますが、人通りが多いため快適な睡眠を優先するのであればあまりオススメはできません。

ですが、こうしたデメリットだけではなく、万が一のときに助けを求めることができるメリットもあります。

また、車中泊する際は、車用カーテンやサンシェードなどを使い、車内が外から見えないように対策をすることが大切です。

女性同士で車中泊する場合には、窓を開けて寝ることは避けましょう。

夏場など暑いときは小型扇風機などを利用し暑さ対策をするようにしましょう。

女性がサービスエリアで車中泊をする時は過剰なくらいの防犯意識を持とう

車中泊の際には、防犯対策をいつも以上にしっかりとしなければいけません。

そこで、どういったことに気に掛ければ良いのかご紹介したいと思います。

 

女性が車中泊するなら、夏でも露出の多い服装は避ける

 

丈の短いワンピースや、オフショルダーなど肌を多く露出するような女性らしい服装は控えましょう。
また、そうした服装をする場合には、上にパーカーやシャツを1枚羽織るなどの対策をしましょう。

 

車中泊する場所にも注意する

 

サービスエリアであれば、車が1台も停まっていないなんてことはないと思いますが、万が一の時の為に、なるべく大きなサービスエリアを選ぶことをオススメします。

また、駐車する際に駐車場に余裕があるようでしたら、隣の車から2台程空けて駐車し、周囲の人の目に届きにくいような場所は避けるようにしましょう。

車中泊にはさまざまなメリットや楽しみもありますが、一方で危険も多く潜んでいます。
女性同士での車中泊であるのならば、尚更防犯意識を高く持つ必要があります。
事前にしっかりと対策し、快適な車中泊ができるように準備をすることが大切です。