ハンドメイドのパーツの仕入れは安いところがベストとは限らない

ハンドメイドのパーツの仕入れはどこでしたらいいのか迷ってしまいますよね。一番、気になることと言えば安さではないでしょうか?

品質のほうが気になるという人もいるかと思いますが、仕入先のそれぞれのメリット、デメリットなどを紹介します。

あなたのハンドメイド作品をどう作りたいかやどう売りたいかによって仕入れ先を選ぶといいでしょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

車内での電話はなぜダメなのか考えられる理由とマナーについて

車内で電話をすることは、なぜNGになるのか疑問に思われる方もいるかもしれませんね。2人で電車...

缶詰のフルーツは冷凍するとこんなに美味しい!果物簡単スイーツ

缶詰の果物は一年中食べられて、価格も安定していますよね。缶詰の果物はお弁当に入れるという方が...

親の介護は兄弟で役割分担。もめない為に話し合っておくポイント

親の介護は突然必要になる場合があります。兄弟がいる場合は親の介護はどうしたら良いのでしょうか...

トイレの手洗い器を綺麗に掃除!手洗器の水垢とサビの掃除方法

トイレの手洗い器の汚れが気になり、掃除をしなくてはと思っている人もいるのではないでしょうか。トイレの...

洗面所のタオル掛け裏のカビに注意!予防策とカビ除去方法

洗面所の壁にタオル掛けがあるご家庭も多いと思いますが、タオル掛け裏は黒カビが発生しやすいため注意が必...

スマホアプリで女性が恋愛ゲームの彼に恋愛感情を持つ理由

恋愛シミュレーションゲームは、昔は一部の男子がパソコンで楽しむという世界でした。しかし、今はスマ...

居酒屋でバイトをする人共感。あるあるネタの色々なバージョン

学生さんのやりたいと思うバイトに居酒屋のバイトも人気があります。男女問わずに働くことが出来る...

夏コミの服装!初めて参加する女性が知っておきたい夏コミの服装

初めて夏コミに行く女性の中には、一体どんな服装で行けば良いのかわからない人もいるのではないでしょうか...

圧縮袋は掃除機の使い方に注意!正しい使い方とメリット

圧縮袋は掃除機での吸引が必要な使い方のものと、掃除機不要でも使えるものがあります。圧縮袋を使...

壁紙の張り替えをDIYでチャレンジ!張り替える時の注意点

お部屋の壁紙は業者さんでなければ、張り替えできないと思っている方も多いと思います。しかし、壁...

住民票の転出届は提出期限が決まっている?その詳細を解説します

引越しが決まると、荷物のことで頭がいっぱいで住民票の転出届の手続きのことが後回しになってしまうという...

麦茶を煮出したやかんを冷やす方法と正しい保存方法

夏の暑い時期に飲みたくなる麦茶。買うよりも手作りした方が節約になるため、やかんで麦茶を煮出して作...

氷をキレイな透明に!家庭の冷凍庫でできる透明な氷の作り方

家の冷凍庫で透明の氷を作りたいと思っても、どうしても白っぽくなってしまって売っているようなキレイに透...

きゅうりを使った副菜でもう1品!簡単中華風レシピ

食卓にあと一品欲しい時など、きゅうりを使った副菜はいかがですか?おかずにもなりますし、お酒の...

プラ板のキーホルダーを子どもと一緒に作るときのコツ

プラ板キーホルダーを子どもと一緒に作るときには、どんなことに気をつけたらいいのでしょうか?失...

スポンサーリンク

ハンドメイドのパーツの仕入れと言えばお店

ハドメイドで使うパーツを仕入れようと思ったら、一般的に考えられるのは手芸店・100円ショップなどでしょう。

その他、工具類などはホームセンターで揃えることができ、大型点では品揃えも充実いています。

まずは手芸専門店

毛糸や布地のイメージが強い手芸店ですが、その時々で流行するハンドメイド作品に合わせて資材を揃えています。

個性的なものを見つけるのは難しいかもしれませんが、使いやすいラインナップで揃えています。

100円ショップを侮るなかれ

最近では100円ショップでのハンドメイド用品コーナーが非常に充実していることが多く、これまで手芸や画材の専門店で数百円以上してたアイテムが100円で購入できることがあります。

手始めに経験してみようという場合にはとてもありがたい100円ショップ。1つのものが仕上がる材料がキットになったものが販売されているものもあったりします。

ホームセンター

ハンドメイドでも大きいものや木工などの場合はホームセンターで揃います。品揃えによってはカッターやボンドのような文房具もあります。

ハンドメイドのパーツ仕入れの主流になりつつある通販

ハンドメイドパーツの仕入れはやっぱりネット通販

手芸店で簡単に手に入る資材やパーツでは物足りなくなった場合、手芸店に商品を卸している問屋で小売をしている場合もあります。

地域によっては同業の問屋が軒を連ねることもあり、そんな場所ではより多くの商品から選べることがあるでしょう。

気軽に行ける場所に店がない場合、やはりネット通販に頼ってしまいますね。

大手通販サイトでもハンドメイドパーツは単品からまとめ買いまで様々あります。

また、ハンドメイドパーツのメーカーでも自社商品を販売するショッピングサイトを独自に解説している場合もありますので、検索してみましょう。

地方などでは手芸に限らず小売店が減少しているので、独創的な商品の購入はネットショッピイングが便利です。

 

買い過ぎに注意

ネット通販から商品を見ていると、その品揃えにテンションが上がってついつい買いすぎることがあります。

「あと○○円で送料無料」と必要ではないものを買ってしまうこともありませんか?

普段の作業量から考えて、1年で使い切る量を上限に買い物するようにしましょう。ハンドメイドとはいえデザインにも流行があり、今人気があるからといって買いだめしすぎると、数年後には古臭く感じる結果になるかもしれません。

パーツの仕入れをしたくなる安さだけれど

メリット…海外サイトの驚く安さや品揃え

ネット通販サイトには、日本語が使われていても海外のサイトの場合もあります。

海外サイトの特徴は、とにかく安いこと。「そんな価格で販売して利益はあるの?」と買うほうが心配になるほど安いところもあります。

そして商品一覧の最後まで行き着くだけで大変な品揃えは見るだけでも楽しいですね。

デメリット…品質や対応への不安も

ただ、嬉しいことばかりではありません。やはり海外サイトには多くのデメリットもあるので心構えは必要かもしれません。

 

  1. 品質への不安
  2. 大量に仕入れて高額になった場合、関税がかかることがある。
  3. 送料高額になることがある
  4. トラブルがあった場合の問い合わせ担当者が日本語に疎かったり、カタコトだったりする

 

大量にハンドメイドパーツの仕入れをする場合には、コスパで大助かりの海外通販ですが、きちんとした商品を扱っているか、サポートをしてくれるかといった部分は確認が必要です。

ハンドメイドのパーツの仕入れがココでできる便利

ハンドメイドパーツを仕入れるなら問屋を探そう

安心して大量仕入れができるのは、やはり問屋ということになるでしょう。

東京には繊維街と呼ばれる布類の問屋街があります。浅草にはアクセサリー関係のパーツや資材を扱う問屋があります。

多くは東京に集中していますが、地方によっては繊維や素材の生産が多く、問屋や専門店が存在してる場合があるので、地元や近隣地域でそういった場所がないか調べてみるといいでしょう。

情報を集めてみると、有名ではなく知られていないけれど実は品揃えもあって価格も手頃な問屋や小売を扱う店が存在しているかも。

実際に手にとって選べ、小売店よりもお得な価格で購入できることがあるのが魅力です。

手軽なインターネット通販の利用も

インターネット通販はすでに多くの人が利用し、通常では入手しにくいものやレアなものがすぐに探せる便利さがハンドメイド制作をしている人にはとてもありがたいもの。

ただし、実物を見ることができないため、商品の状態や色が思ったものと違うといったケースも少なくありませんので注意が必要な場合もあります。

ハンドメイドのパーツ仕入れで迷ったときは

ネット通販の使い分け

インターネット通販でハンドメイドパーツを扱うサイトは実にたくさんあります。その中で大きく分けると、実際の店舗を持ちながらネットショッピングサイトを持っている場合と、卸売りや問屋が直接ネット通販をしている場合があります。

後者の場合は大量購入などの場合にかなり安く購入できることが多いのが魅力。店舗ありのショップの場合は、割引率は低くても専門店ならではのキットやセールなどが魅力。

買い方によって上手に使い分けましょう。

ハンドメイドは全国で大規模なイベントが開かれるほど人気が高まっています。以前は手芸用品の専門店でしか入手できなかったものも、100円ショップで道具が揃うようになったのも一因でしょう。

ただ、たくさん作るようになると100円ショップでは割高になるものもあり、パーツや材料をどこで買うかは悩みどころですね。

近くに扱う店がない場合はインターネット通販が強い味方。ただし、安さだけにつられて大量に買ったものの品質で大失敗!ということも。

レビューを確認したり、周囲からの情報を集めるなど安心できるショップを探すところから始めましょう。

もちろん、実際にパーツなどを扱う店があるのなら関連商品がいろいろ見られることで勉強にもなります。

自分の状況に一番合った買い方の参考にしてください。