ストレートのボブをアレンジするならこんな髪型

女の子らしくて可愛いストレートのボブは人気のある髪型のひとつですよね。
そのままでも充分可愛らしいですが、気分を変えたい時や、イベントの時などにいつもとは違ったアレンジが出来れば、自分にとっても周りの人にとっても新鮮で良い印象にすることが出来ます。
髪の長さがあまりないのでアレンジのバリエーションが少ないと思われがちなボブですが、工夫をすればさまざまなアレンジを楽しむことが出来ます。
アレンジのアイデアを探している人は、これを参考に自分に似合うアレンジを探してみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

新生児のお風呂はドキドキ!入れ方や必要なものを紹介します

産院で新生児をお風呂に入れてくれるところも多いですね。退院して自宅で入れるとなると、うまく入...

生地を水通しする方法!水通しが必要な素材と水通しが必要な理由

生地を水通しする方法について知りたいという人もいますよね!手芸などに使う生地は、素材によっては水通し...

ハムスターの暑さ対策!氷や保冷剤を使った温度の下げ方

ハムスターは他のペットほど手が掛からず、一人暮らしでも飼いやすいペットです。しかし、ハムスタ...

食洗機用洗剤がない時の代用品になるものは?使用上の注意点も

食洗機を使いたいのに食洗機用洗剤がない!そんなことありませんか?何か代用品があれば…と思いますが...

高校生の恋愛事情・受験生は恋愛NG?受験と恋を両立させる方法

これから大学受験を控えている高校生の中には、恋人がいる・もしくはこれから恋人を作りたいと思っている人...

カメラの電池を入れっぱなしにするのはNG?バッテリー管理方法

カメラを使用してない時、バッテリー電池を入れっぱなしにして保管している人もいるのではないでしょうか。...

マンガや小説のキャラの名前の付け方を知りたい

マンガや小説が好きな人は、それが高じて自分なりのオリジナルストーリーを考えたりしますよね。その時...

車の割り込みトラブルが急増中!罰則や巻き込まれない運転とは

最近ニュースでよくみかけるのが、車を運転中の割り込みやあおり運転によるトラブルです。運転手同...

大学の卒業式の親服装は何がいい?親の服装選びとマナーを解説

お子さんが無事に大学を卒業することになり、一安心だと思っているお母さんもいるのではないでしょうか。...

靴下を洗濯しても毛玉をできにくくする選び方や洗濯のコツとは

お気に入りの靴下でも洗濯しているうちに毛玉ができてしまうと、なんだかガッカリしてしまいますよね。...

友達同士でトラブル!子供に対しての親の対応方法とは

子供が友達同士でトラブルを起こしてしまうこと、ありますよね。そんな時、親はどのような対応をとれば良い...

腹筋のやり方に悩む産後の女性でもできる腹筋運動をご紹介します

産後半年たっても、お腹周りがすっきりしないという女性も多いでしょう。そこで腹筋運動を始めよう...

紫やオレンジと相性が良い色を理解して、コーデに活かしましょう

紫やオレンジのように派手な色の服を着てみたいと思っても、どんな色と合うのか、コーデはどうしたらいいの...

服の素材で暖かいのは?寒さ対策にはコレがおすすめ

服の素材で暖かいものといったらなんでしょうか?冬の着こなしは、どのようなものを組み合わせたらいいのか...

プラ板のキーホルダーを子どもと一緒に作るときのコツ

プラ板キーホルダーを子どもと一緒に作るときには、どんなことに気をつけたらいいのでしょうか?失...

スポンサーリンク

ストレートのボブをアレンジしたいなら、まずはこれをやってみよう

ストレートボブは女性に人気の高いヘアスタイルで、街中でもよく目にすることのあるヘアスタイルでもあります。

そのままでも可愛く決まるストレートボブですが、たまには気分が一新するようなアレンジをしたいと思っている女性は多いようです。

ストレートボブは十分にアレンジもすることが出来るので、いつもとは違った雰囲気を作り出してみましょう。

ヘアアレンジが苦手という方は、簡単なアレンジから挑戦

毛先をアレンジ

普段ストレートボブにしている方は、毛先に動きを付けたり、カールを付けるアレンジをしただけでもかなり印象は変わります。

  • 内巻きスタイルで、上品で清楚な印象に
  • 外はねスタイルで、元気で明るいイメージに

カールスタイルで、華やかさと女性らしさをプラス出来ます。

一つにまとめて結ぶ

とっても簡単なアレンジなので、アレンジに自信のない方でもすぐに出来ますよ。

コームできっちりとかして結ぶというよりも、手ぐしでルーズ感を残しながらの一つ結びが可愛いです。

あえておくれ毛を出したり、トップの毛を引き出して全体にルーズ感のある印象に仕上げます。

結んだ毛先がストレートなのか、カールしているのかによって、後ろ姿の雰囲気も変えられます。

簡単前髪アレンジ

前髪をふわっとポンパドールにしてみたり、ガーリーな編み込みにしてみたりと前髪一つでもアレンジはいろいろです。

編み込みが苦手という方は、まずポンパドールから挑戦してみましょう。
前髪をくるっとひねって、ピンで固定するだけで作れます。バランスを見ながら髪を引き出したり、形を整えることも忘れずに。

ストレートのボブを手軽にアレンジしたいならコレがおすすめ

ストレートボブのアレンジがわかったら、ヘアアクセサリーも上手に取り入れて、さらにオシャレ感と華やかさを加えましょう。

いつものアレンジにヘアアクセサリーを使う

結婚式などのお呼ばれスタイルに仕上がります。

バレッタ

ヘアアクセサリーの定番でもあるバレッタです。結び目を可愛く隠すようにアレンジしたり、ダウンスタイルのアクセントとして使ったりと、一つあるとアレンジの幅も広がりそうです。

バレッタにも本当にたくさんの種類があるので、気分や場面によって使い分けると、同じアレンジでも違った印象になります。

マジェステ

一見バレッタにも似ているマジェステですが、バレッタとはもちろん違うヘアアクセサリーなのです。

フレーム部分と、固定するためもピンがセットになっているもので、アップスタイルをしたときはバレッタよりも使いやすいという声もあります。

バレッタは髪の量が多い部分には、安定して付けることが難しく感じます。マジェステはピンがさされば固定出来るので、髪の量が多い方でも安定してつけることが出来ます。

ヘアゴム

簡単で可愛くアレンジしたいという方は、ヘアゴムがおすすめです。

結んだ根本に飾り付きのヘアゴムを重ねるだけなので、結ぶ工程だけでヘアアクセサリーアレンジが完成します。大人の女性だけではなく、女の子のヘアアレンジにもヘアゴムは取り入れやすいです。

ストレートのボブを短時間でアレンジするならコレがおすすめ

いつものアレンジも少しマンネリしてきた。ヘアアレンジやヘアセットする時間がない!というときは帽子を取り入れてみましょう。

本当は帽子でセットしていない髪を隠していたとしても、可愛く決まればとてもそんな風には見えません。
小物を上手に活用している、おしゃれ上級者そのものです。

帽子に似合うアレンジ

ニット帽

カジュアルで親しみやすいおしゃれが楽しめるニット帽には、ダウンスタイルがおすすめです。

ロングヘアでダウンスタイルをすると、ニット帽と髪のボリュームで重たく見えることもありますが、ボブヘアは短めの毛先が帽子から見えるところが可愛いです。

カジュアルなニット帽には、毛先を外はねさせるとピッタリです。前髪もセンター分けやななめに流したりアレンジを加えると、いろいろな表情が作れます。

ハット

秋冬はハットが活躍しますが、春夏は形状が似ている麦わら帽子でも同じアレンジが楽しめます。

特にヘアアレンジをしなくても、ストレートボブにハットを被るだけで決まります。
ひと手間加えたいときには、片方の髪を耳にかけてスッキリ仕上げたり、一つに結んで可愛さをプラスすることも出来ます。

キャップ

キャップのスポーティーな印象をそのままにしたいなら、毛先をストレートや外はねにして被ってみましょう。
毛先を内巻きにしたキャップコーデは、スポーティーの中にも清楚な雰囲気を感じます。

髪を二つに分けた三つ編みアレンジは、キャップから見える女の子らしさがあり、淡い色のキャップとの相性は抜群です。

長さは変えたくないけど、思い切ったアレンジをしたいなら

ボブヘアの印象を変える方法は、ヘアアレンジだけではありません。

短めのボブは、ヘアカラーが変わると見違えるほど印象が変わる

明るめのカラーも、ロングヘアだとインパクトが強くなりすぎることがあります。短めのボブヘアだと、明るめのカラーにしても派手になりすぎず、今まで気になっていたカラーも挑戦しやすいです。

全体のカラーはそのままに、メッシュやハイライトを取り入れるカラーもいいですね。

髪の動きに合わせて見えるカラーも変わるので、見ている方まで楽しくなれるアレンジです。

ヘアアレンジにはこんなものもおすすめです

ボブヘアにはパーマスタイルも人気があります。

パーマのウェーブに合う質感を楽しんだり出来ると、パーマを取り入れる女性も増えています。

パーマをかけると毎日のヘアセットも時間短縮になり、可愛いだけではなく手軽さも一緒に手に入れることが出来ます。

仕事柄などでパーマをかけることが出来ない方でも、ヘアアイロンを使えばパーマのようなウェーブやカールを簡単に作ることが出来ます。

同じヘアスタイルであっても、ストレートとウェーブの異なる質感を多様することで、バリエーションに富んだ印象になりますよ。