ストレートのボブをアレンジするならこんな髪型

女の子らしくて可愛いストレートのボブは人気のある髪型のひとつですよね。
そのままでも充分可愛らしいですが、気分を変えたい時や、イベントの時などにいつもとは違ったアレンジが出来れば、自分にとっても周りの人にとっても新鮮で良い印象にすることが出来ます。
髪の長さがあまりないのでアレンジのバリエーションが少ないと思われがちなボブですが、工夫をすればさまざまなアレンジを楽しむことが出来ます。
アレンジのアイデアを探している人は、これを参考に自分に似合うアレンジを探してみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

3人家族の場合、気になるマンションの間取りについて!

3人家族でマンションに住むならどんな間取りや部屋数があればいいのでしょう?部屋の大きさや子供...

声が裏返るのは歌のせいではない?克服のための歌い方を教えます

カラオケで歌を歌っている時に裏返る声…。これってなんとかならないものかと思いますよね。なぜ声...

ハムスターのメスはオスよりも凶暴?性格の違いについて

ハムスターのメスはオスよりも凶暴なのでしょうか?ハムスターのメスが凶暴と言われるのは、子どもを守るた...

テニスの練習を1人で行うには?初心者におすすめの練習方法

テニスが下手だからこっそり1人で練習をして、早く上達したい!そんなあなたが抱える悩み。とはいって...

力士の体の筋肉と脂肪の関係。2つの体型の特徴と力士の稽古

力士の方は皆さん大きい、体格がいいというイメージが定番ですがその体についているのは脂肪と思いがちでは...

蜘蛛の種類の中で黄色と黒の体を持つ蜘蛛の特徴について解説

蜘蛛にはいろいろな種類がありますが、中でも黄色と黒の体を持っている蜘蛛を見かけたことがある人も多いで...

猫のシャンプータオルの使い方やメリット・デメリットについて

猫用のシャンプータオルをご存知ですか?シャンプータオルと言うとシャンプーをしたときに使用する、吸水性...

酔っ払いが電車にて迷惑な時の対処法とは?一番は逃げること

酔っ払いが電車にいて迷惑に思ったこと、誰しも一度はあるのでは?もし酔っ払いに遭遇して、迷惑行...

No Image

舞茸の天ぷらをべちゃべちゃにしないでカラっと揚げる方法

舞茸の天ぷらはべちゃべちゃになりやすいですよね。どうしてお店の舞茸の天ぷらは時間がたってもカラっとし...

部屋の模様替えは机のDIYで!簡単な机の作り方をご紹介

使いにくい机や、部屋の雰囲気に合わない机をどうにかしたいと思ってはいませんか?特に机は、部屋の雰囲気...

5歳差の兄弟のメリット・デメリットをご紹介

5歳差の兄弟は、年が離れていて兄弟であまり同じ遊びが出来ないんじゃないかぁなんて思いますが、メリット...

卵の孵化!スーパーの卵でも孵化するって本当?噂の真相

スーパーの卵が孵化するって話を聞いたことがありますか?子供の頃は鶏卵も温めれば、ひよこになるのでは?...

バレエにかかる費用。子供の発表会に必要な費用と体験談

お子様の習い事は何かしていますか?協調性や集団行動が身に付く、子供の能力を伸ばすなど習い事に...

布を裁断するカッターの特徴や使い方・注意点を紹介します

布を裁断するロータリーカッターの使い勝手とは?布作品をよく作る人にとって必需品となるのは裁ちばさみで...

クッキー生地を寝かせるのはなぜ?その理由や正しい方法について

自宅で手作りクッキーを作るのはとても楽しいです。そのレシピを見てみるとクッキーの種類にもよりますが、...

スポンサーリンク

ストレートのボブをアレンジしたいなら、まずはこれをやってみよう

ストレートボブは女性に人気の高いヘアスタイルで、街中でもよく目にすることのあるヘアスタイルでもあります。

そのままでも可愛く決まるストレートボブですが、たまには気分が一新するようなアレンジをしたいと思っている女性は多いようです。

ストレートボブは十分にアレンジもすることが出来るので、いつもとは違った雰囲気を作り出してみましょう。

ヘアアレンジが苦手という方は、簡単なアレンジから挑戦

毛先をアレンジ

普段ストレートボブにしている方は、毛先に動きを付けたり、カールを付けるアレンジをしただけでもかなり印象は変わります。

  • 内巻きスタイルで、上品で清楚な印象に
  • 外はねスタイルで、元気で明るいイメージに

カールスタイルで、華やかさと女性らしさをプラス出来ます。

一つにまとめて結ぶ

とっても簡単なアレンジなので、アレンジに自信のない方でもすぐに出来ますよ。

コームできっちりとかして結ぶというよりも、手ぐしでルーズ感を残しながらの一つ結びが可愛いです。

あえておくれ毛を出したり、トップの毛を引き出して全体にルーズ感のある印象に仕上げます。

結んだ毛先がストレートなのか、カールしているのかによって、後ろ姿の雰囲気も変えられます。

簡単前髪アレンジ

前髪をふわっとポンパドールにしてみたり、ガーリーな編み込みにしてみたりと前髪一つでもアレンジはいろいろです。

編み込みが苦手という方は、まずポンパドールから挑戦してみましょう。
前髪をくるっとひねって、ピンで固定するだけで作れます。バランスを見ながら髪を引き出したり、形を整えることも忘れずに。

ストレートのボブを手軽にアレンジしたいならコレがおすすめ

ストレートボブのアレンジがわかったら、ヘアアクセサリーも上手に取り入れて、さらにオシャレ感と華やかさを加えましょう。

いつものアレンジにヘアアクセサリーを使う

結婚式などのお呼ばれスタイルに仕上がります。

バレッタ

ヘアアクセサリーの定番でもあるバレッタです。結び目を可愛く隠すようにアレンジしたり、ダウンスタイルのアクセントとして使ったりと、一つあるとアレンジの幅も広がりそうです。

バレッタにも本当にたくさんの種類があるので、気分や場面によって使い分けると、同じアレンジでも違った印象になります。

マジェステ

一見バレッタにも似ているマジェステですが、バレッタとはもちろん違うヘアアクセサリーなのです。

フレーム部分と、固定するためもピンがセットになっているもので、アップスタイルをしたときはバレッタよりも使いやすいという声もあります。

バレッタは髪の量が多い部分には、安定して付けることが難しく感じます。マジェステはピンがさされば固定出来るので、髪の量が多い方でも安定してつけることが出来ます。

ヘアゴム

簡単で可愛くアレンジしたいという方は、ヘアゴムがおすすめです。

結んだ根本に飾り付きのヘアゴムを重ねるだけなので、結ぶ工程だけでヘアアクセサリーアレンジが完成します。大人の女性だけではなく、女の子のヘアアレンジにもヘアゴムは取り入れやすいです。

ストレートのボブを短時間でアレンジするならコレがおすすめ

いつものアレンジも少しマンネリしてきた。ヘアアレンジやヘアセットする時間がない!というときは帽子を取り入れてみましょう。

本当は帽子でセットしていない髪を隠していたとしても、可愛く決まればとてもそんな風には見えません。
小物を上手に活用している、おしゃれ上級者そのものです。

帽子に似合うアレンジ

ニット帽

カジュアルで親しみやすいおしゃれが楽しめるニット帽には、ダウンスタイルがおすすめです。

ロングヘアでダウンスタイルをすると、ニット帽と髪のボリュームで重たく見えることもありますが、ボブヘアは短めの毛先が帽子から見えるところが可愛いです。

カジュアルなニット帽には、毛先を外はねさせるとピッタリです。前髪もセンター分けやななめに流したりアレンジを加えると、いろいろな表情が作れます。

ハット

秋冬はハットが活躍しますが、春夏は形状が似ている麦わら帽子でも同じアレンジが楽しめます。

特にヘアアレンジをしなくても、ストレートボブにハットを被るだけで決まります。
ひと手間加えたいときには、片方の髪を耳にかけてスッキリ仕上げたり、一つに結んで可愛さをプラスすることも出来ます。

キャップ

キャップのスポーティーな印象をそのままにしたいなら、毛先をストレートや外はねにして被ってみましょう。
毛先を内巻きにしたキャップコーデは、スポーティーの中にも清楚な雰囲気を感じます。

髪を二つに分けた三つ編みアレンジは、キャップから見える女の子らしさがあり、淡い色のキャップとの相性は抜群です。

長さは変えたくないけど、思い切ったアレンジをしたいなら

ボブヘアの印象を変える方法は、ヘアアレンジだけではありません。

短めのボブは、ヘアカラーが変わると見違えるほど印象が変わる

明るめのカラーも、ロングヘアだとインパクトが強くなりすぎることがあります。短めのボブヘアだと、明るめのカラーにしても派手になりすぎず、今まで気になっていたカラーも挑戦しやすいです。

全体のカラーはそのままに、メッシュやハイライトを取り入れるカラーもいいですね。

髪の動きに合わせて見えるカラーも変わるので、見ている方まで楽しくなれるアレンジです。

ヘアアレンジにはこんなものもおすすめです

ボブヘアにはパーマスタイルも人気があります。

パーマのウェーブに合う質感を楽しんだり出来ると、パーマを取り入れる女性も増えています。

パーマをかけると毎日のヘアセットも時間短縮になり、可愛いだけではなく手軽さも一緒に手に入れることが出来ます。

仕事柄などでパーマをかけることが出来ない方でも、ヘアアイロンを使えばパーマのようなウェーブやカールを簡単に作ることが出来ます。

同じヘアスタイルであっても、ストレートとウェーブの異なる質感を多様することで、バリエーションに富んだ印象になりますよ。