猫を旅行に出かける場合は預ける?留守番させる?ポイントはコレ

愛猫を旅行に出かける場合預けることを考えている人も多くいるはずです。猫などのペットは預けられることは、普段と全く違う環境なので、どうしてもストレスを感じてしまうのです。

2泊の旅行の場合猫は預けた方がいいのでしょうか?それとも自宅でお留守番させて置く?

旅行でペットホテルに預ける場合についての注意点などについて調べてまとめてみましたので参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

フラのハンドモーションのコツ!美しく見せる上達のポイント

フラダンスのハンドモーションのコツは、意識するべきポイントを掴んで練習すれば初心者でも上達できます。...

猫の後ろ足は爪とぎ不要!爪とぎの意味と後ろ足の爪とぎについて

猫が前足の爪をといでいる姿を見かけた事がある飼い主さんはたくさんいるでしょうが、後ろ足の爪とぎをして...

25万の手取りで生活。4人家族のやりくり方法を紹介します

4人家族で手取りが25万円。どのようにやりくりをしたらいいのでしょうか?毎月、ギリギリ…とため息ばか...

ハムスターの部屋を掃除する時の手順と掃除頻度・注意点を解説

ハムスターをかい始めたばかりの飼い主さんは、ハムスターの部屋の掃除をどのような手順で行えばよいか分か...

酔っ払いが電車にて迷惑な時の対処法とは?一番は逃げること

酔っ払いが電車にいて迷惑に思ったこと、誰しも一度はあるのでは?もし酔っ払いに遭遇して、迷惑行...

高校生の恋愛事情・受験生は恋愛NG?受験と恋を両立させる方法

これから大学受験を控えている高校生の中には、恋人がいる・もしくはこれから恋人を作りたいと思っている人...

ピカソの作品の中でも特に有名な絵画の特徴について解説します

世界的に有名なピカソですが、名前は知っていてもどんな作品を描いたのか、また有名な作品にはどんなものが...

豚肉を柔らかくする方法で玉ねぎを使うコツや下処理のポイント

豚肉を柔らかくする方法ですりおろした玉ねぎに漬け込むという方法をご存知でしょうか。玉ねぎで豚...

インコの保温&保湿には湯たんぽ!使い方や注意点を徹底解説

インコの体温は人間よりも高いため、冬の寒い時期や体調が悪そうな時には保温してあげることが大切になりま...

犬を飼うと大変と感じる事を紹介。金銭面や老後が心配という事

子供が犬を欲しがる、ペットショップで一目惚れ、一軒家に引っ越すので犬を飼いたいと思うことはあるでしょ...

勉強のスケジュールを手帳で管理!学習手帳の作り方

思うように勉強がはかどらない、なかなか計画通りに勉強することができないというお悩みを抱えている人もい...

ハムスターのかじり木は割り箸でも代用できるが避けた方が無難

ハムスターのかじり木の代用で割り箸は使えるの?と思っている飼い主さんも多いのではないでしょうか。...

ウーパールーパーの水槽の掃除の手順と注意点と頻度について

ウーパールーパーは水槽で飼育するペットとして人気があります。育てやすい生き物とされていますが、こ...

玄関のドアノブ交換をしてくれるのは?費用やかかる時間について

玄関のドアノブ交換が必要となったときには、どこに頼んだらいいのでしょうか?玄関は家の防犯に関わる場所...

トルコ行進曲のピアノの難易度や弾き方のコツ、情感表現について

ピアノ曲の中でも有名なのが「トルコ行進曲」です。子供の発表会などでもよく耳にする曲ですが、ピ...

スポンサーリンク

猫を旅行に行く場合ペットホテルに預ける場合

ペットホテルは犬や猫を預かってくれますが、自宅の雰囲気とはかなり変わるものです。また他の犬や猫も宿泊している可能性が高いです。

ペットホテルではそういった他の宿泊している動物と接触させないためにも基本的にはケージ内で過ごす事となるでしょう。

そういった環境でストレスを感じてしまう子もいるでしょう。
ですがどうしてもペットホテルに預けなければいけない事情の時もあると思います。

そんな時は少しでも安心感を持たせるために飼い主の匂いの付いたタオルや、猫が普段から寝ているクッションなどを持参してもよいというペットホテルの場合はケージに入れてもらうと良いです。

また宿泊中に食べるフードも家から持参してきたものがよいと思います。
宿泊中は少しでもストレスが軽減できるよう工夫する事も大切です。

猫を旅行で留守にする場合預ける?自宅で留守番?

猫は犬とは違い2泊3日程度の日数であれば、準備万端にしていけば留守番させる事は可能です。ただ留守番させるにも季節を考慮しなければいけません。
冷暖房の要らない過ごしやすい季節ならば心配はありませんが、真夏の蒸し暑い時期に冷房のない環境で留守番させる事は出来ません。

エアコンがあれば大丈夫だと考えるかもしれませんが、突然エアコンが壊れてしまったり、停電などで起動しなかったりする可能性がないとは言い切れません。

留守番させる時は季節にも注意が必要です。
またその他に準備が必要なのが「フードと水」です。

留守中に困る事がないようにたっぷりの量を用意していきましょう。
水も一つだけの場合、万が一足りなくなったり猫が器をひっくり返してしまう事も考慮して離れた位置に数個用意しておくと安心でしょう。

フードに関しては決まった時刻になると自動的に食事が出てくる給餌器を活用すると食べすぎないので安心でしょう。

また留守中の猫の様子が気になる時はペットの見守りカメラなどを設置する事で留守番中の様子を観察する事ができ安心できると思います。

猫を旅行などで預ける場合は施設選びが大切

普段他の動物と触れ合う機会のない猫の場合、ペットホテルはとても緊張する環境だと言えるでしょう。

慣れていない猫の場合はなるべく自宅にいる時と変わらない環境で預かってくれる施設があると安心なのです。

ペットホテルの中には一つの部屋で複数のペットが過ごす部屋のタイプや個室になっているタイプなどがありますが、猫は断然個室を選ぶべきでしょう。

また出来れば犬専用、猫専用と言ったスペースを設けているペットホテルは好ましいです。その他にも普段から食べているフードや、猫が自宅で使っているタオルなどを持ち込めるとより良いと思います。

ペットホテルの中にはフードの持込が出来ずホテル側が用意してくれる場合もあるのですが、普段の環境とは違う仲で食べものまで違うと、食べてくれない可能性もあります。

猫のストレスが少しでも軽減されるようにホテル選びから入念に調べていきましょう。

友人の猫を預かる場合の注意することとは?

「猫は家につく」と言われるほど、自分のテリトリーである家が好きで、そう簡単に飼い主以外の人間に懐く事はありません。またその大好きな家とは別の場所で過ごすのですから猫も精神的に不安定になってしまう可能性があります。

そんな神経が過敏になっている状態ですから、友人の猫を預かる場合にも無理にスキンシップをとろうとせずそっとしておきましょう。

仲良くなりたいと無理に抱こうとしたりすると威嚇したり鳴きやまなかったりと大変な思いをする事になるかも知れません。

友人から猫を預かる時、猫が少しでもリラックスできるように普段使っているケージや食器、フードやおもちゃ、タオルなどを一式一緒に持ってきてもらうとより安心だと思います。

また自分の家に帰ろうと必死に脱走を企てるかも知れません。一度逃げ出すと捕まえるのは困難を極めますから、戸締りを厳重にするようにするか、ケージに入れて過ごさせると良いと思います。

猫を留守番させたりペットホテルに預けるのが可愛そうな時

猫の留守番もペットホテルに預ける事も不安なら、一緒に連れて出かけるという選択肢もあります。

そういった機会のありそうな時は猫に事前にハーネス慣れさせたり、ケージに入る練習をさせておくと良いでしょう。

外出時には急にどこかへ行ってしまわないようにハーネスとリードをつけておく事が猫の命を守るためにも必要な事となります。

自由でいたい猫ですがしっかり慣れさせておきましょう。

もし車で出かける場合にはキャリーケースに入れて移動するようにしましょう。それはドアを開けた瞬間に猫が飛び出さないようにするためです。

また猫によっては車酔いをしますのでいつもと様子が違う時には一度休憩を挟み、移動時間もあまり長くならないように注意しましょう。