【フォークの使い方】サラダを食べる時に美しく見せるためには

サラダを食べる時、お箸で食べるのが一番ラクだと思ってはいるものの、フランス料理のコースの中で出てくるサラダだとフォークで食べるしかないですよね。

サラダをフォークで食べる場合、正しい食べ方のマナーってあるの?ナイフも一緒に使うべき?

レストランでかっこよくサラダを食べてみませんか? サラダを食べる時の正しいフォークの使い方を詳しく説明します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

黒の浴衣にはどんなネイルが合う?おすすめデザインを大特集!

花火大会に行くとなると、やっぱり浴衣を着たくなりますよね。もし浴衣を着るなら、ネイルも夏らし...

プラチナの指輪が傷つきやすい理由と傷から守るための対処法

プラチナの指輪は傷つきやすいのは知っていますか?つい指輪を付けたまま仕事中に重い荷物を持ってしまった...

窓の目隠シールは100均でも購入可能!貼り方や剥がし方のコツ

窓の目隠シールを、外からの視線対策として使用している方も少なくはないのでは?少し値が張るイメージの目...

凍結道路時のタイヤはノーマルではなくスタッドレスが鉄則!

凍結した道路はとても滑りやすく危険です。ノーマルタイヤではなくスタッドレスタイヤの方が安心ですが...

猫用のトイレは大きめがいい?猫の最適なトイレについて

猫用のトイレは大きめがいいと聞きますが、その目安は?どのくらいの大きさがあればいいの?猫を飼い始めた...

暖房の設定温度の目安を紹介。20℃でも快適に過ごす方法

暖房の設定温度は消費電力にそのままつながります。エアコンの設定温度を1度下げるだけでも節電になるとい...

高校生の恋愛事情・受験生は恋愛NG?受験と恋を両立させる方法

これから大学受験を控えている高校生の中には、恋人がいる・もしくはこれから恋人を作りたいと思っている人...

富士山の山頂の気圧はどのくらい?富士登山の心構えとは

富士山の山頂の気圧は、地上とどのくらいの違いがあるのでしょうか?富士山に登るときには、様々な準備をす...

ファンヒーターに灯油が入れっぱなし!使えるかどうかの基準とは

寒くなってきてファンヒーターを使おうと出してみたら、去年使い切れなかった灯油が入れっぱなしになった、...

指を綺麗に見せてくれるネイルとは?あなたに合うのはこのネイル

ネイルをして指を綺麗に見せたいのに、なぜか爪だけ浮いてしまっているような?爪が小さい、指が短いなど意...

クリスマスのプレゼント交換におすすめのアイテム【小学生編】

小学校の高学年くらいになると、子供たちだけでクリスマスパーティーをしようという話が出てきます。...

腹筋運動を日常動作で。簡単な姿勢で眠っている筋肉を呼び覚ます

腹筋を鍛えるための知識があれば、キツイ『上体起こし』以外の運動でスッキリしたお腹周りを手に入れること...

入院中お見舞いに来ないで欲しい理由と来て欲しくないときの対策

入院中にはお見舞いに来ないで欲しいと正直思っていませんか?例えば、女性の場合は入院中は化粧も...

インコの保温&保湿には湯たんぽ!使い方や注意点を徹底解説

インコの体温は人間よりも高いため、冬の寒い時期や体調が悪そうな時には保温してあげることが大切になりま...

グルーガンの使い方とは?造花をキレイに付けるポイント

グルーガンで造花を取り付けるときにはどのような使い方をすればキレイに仕上げることができるのでしょうか...

スポンサーリンク

フランス料理でサラダを食べる時の正しいフォークの使い方とは?

フランス料理でサラダを食べる時は、基本的にはナイフを使わずにフォークだけを使用して食べるようにします。

 

その時の場に応じて、フォークとナイフを併用して使うようにしましょう。

サラダを一口で食べることができない大きさの場合、右手にナイフを持って、左手にはフォークを持ちます。

ナイフで自分の口に入る大きさにカットして、フォークで刺して食べてください。

サラダの葉が大きい場合は、フォークを軽めに当ててナイフを使い、葉を折りたたんで殻刺して食べるようにします。

このとき、ナイフでサラダを寄せ集めてはいけません。

ナイフを使用してカットする件についてですが、あまりにもナイフを多様してしまうと、コックが食べやすい大きさで食事を出していないということを主張しているようにも見えます。

 

一口で食べることができる大きさであれば、フォークのみを使用して食べてくださいね!

口を大きく開けても入り切らないほどのの量を口に詰め込んでこぼすのは最悪のパターンです。

食べにくい時はフォークとナイフを使用しましょう。

サラダを食べる時はナイフは不要!フォークの使い方で注意することは?

サラダを食べる時は、基本的にナイフは使わずフォークのみを使用して食べます。

右手にフォークを持って、サラダを刺しながら食べてください。

サラダの葉っぱが薄いときもありますよね。そうすると、フォークで刺しにくくて食べるのも大変です。こんなきは、サラダを二つ折りにして食べるようにしましょう。

サラダにはドレッシングをかけて食べることもありますよね。ドレッシングをかけて食べる時は、まずサラダをかるくかき混ぜてから食べます。

かき混ぜる時は、周囲にドレッシングが飛び散らないように注意してかき混ぜましょう。
サラダに使われている食材は柔らかい物が多いですから、フォークだけでも対応することができると思います。

一口で食べきれないような大きなサラダが出てきた時は、ナイフを使って大きさを調整して食べてください。

皿の中でサラダを切ることはマナー違反ですので、やらないように注意しましょう。

サラダを取りわける時のフォークの使い方とは?

■スプーンを下にして持つ

スプーンを聞き手に持ち、薬指を上にして小指と中指を使ってはさみます。人差し指はスプーンの柄の部分に軽く添えましょう。

■人差し指と親指でフォークを持つ

残りの指でフォークを持ちます。スプーンを下にして持つのは、サラダにかかっているドレッシングやスープをすくうためです。ですが、どちらが正解だという明確なルールはありません。

■下の指3本を使って取り分けをする

スプーンを支えている下の指3本を動かしてサラダを取り分けます。上のフォークは抑える程度にしてください。

■細かい具材について

ベーコンなどの具材は、最後にサラダのまわりに取り分けましょう。そうすると散らからずに綺麗に取り分けることができます。

■トッピングがある時

ポーチドエッグなどがある場合、サラダボウルの中で割ってから、サラダの上に綺麗に盛り付けましょう。

サラダの種類によってもフォークの使い方は違う?

サラダの食べ方については、アメリカ式とヨーロッパ式でフォークの使い方にも違いがあります。

それぞれの食べ方について見てみましょう。

■アメリカ式の場合・ナイフとフォークを持ち替える
一口大の大きさにサラダをカットした後、ナイフの刃が左側になるように、10時20分の角度にしてお皿の上に起きます。

その後フォークを右手に持ち、サラダを食べてください。これを繰り返してサラダを食べましょう。

サラダを食べ終わった後も10時20分の角度でお皿の上にナイフと一緒に揃えて置きます。
■ヨーロッパ式の場合・ナイフとフォークは持ち替えない
ナイフで補助をしながら、左手に持ったフォークでサラダを食べます。サラダだけではなく、必要に応じて他の具材も刺して食べます。

ナイフを手に持ったまま軽く下げて、反対の手でフォークを持って食べましょう。

食べ終わった後は、フォークの背中を上に向けて10時20分の角度でお皿の上に揃えて置きましょう。

フォークを使ってサラダを上手に食べれるようになるには時間がかかる?

ナイフとフォークを使ってサラダを食べることなんて簡単!と思いますよね。

でも、実際にヨーロッパで生活をしてみると、地元の人達の食べるスピードに驚かされます。

私はヨーロッパに住んでいた経験があるのですが、当時お昼休憩の1時間で同僚たちを楽しい会話をしながら食事をして、優雅なお昼休みを過ごすのが大変でした。

地元の方たちは、小さい頃からナイフとフォークを使うことに慣れていますので、サラダを折りたたんで食べることにも時間がかからないのです。

私はまだ扱いに慣れていませんでしたし、当然お箸もありません。

限られているお昼休みのなかで、なんとか食事をしてしまおうと四苦八苦した経験があります。

時間をかけて練習をして扱い方に慣れれば、時間をかけずに食べられるようになりましたが、地元の方たちが短時間で綺麗な作法で食べることに驚いた経験があります。