オカメインコのケージ内のレイアウトはシンプルがベスト!

オカメインコのケージ内を色々レイアウトして、オカメインコが楽しめるようなおしゃれ空間にしようと思っていませんか?
オカメインコにおしゃれは必要ありません。シンプルなレイアウトが一番なのです。
ではなぜシンプルなケージがいいのでしょうか。どんなレイアウトがベスト?
オカメインコにとって快適な空間を作ってあげましょう。
それが飼い主としてできることです。
また、ケージの設置場所にも注意が必要なので気を付けましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

スライムの材料のホウ砂とは?スライムの作り方を紹介

スライムの材料に使われるホウ砂はどのように扱えばいいのでしょうか?子どもに人気なスライムですが、安全...

生地を水通しする方法!水通しが必要な素材と水通しが必要な理由

生地を水通しする方法について知りたいという人もいますよね!手芸などに使う生地は、素材によっては水通し...

思い込みと勘違い。2つの違いとは。思い込みを信念に

思い込みと勘違いについて。2つの違いとは?簡単に言ってしまうと、人間は思い込みと勘違いで...

ハーバリウムボールペンの作り方!初心者でもできる作り方のコツ

最近話題のハーバリウムですが、作ってみたいと思っている方も多いと思います。中でも、ハーバリウム初...

出先で取りたい!今あるもので出来る商品タグの取り方

購入したものをすぐに使いたい時、商品タグの取り方に困りませんか?力いっぱい引きちぎる方法もありますが...

グルーガンの使い方とは?造花をキレイに付けるポイント

グルーガンで造花を取り付けるときにはどのような使い方をすればキレイに仕上げることができるのでしょうか...

UVレジンに使える100均で揃う手軽な材料と可愛いパーツ

UVレジンを使ったアクセサリーをハンドメイドで作る方も多いですが、いろいろと材料を揃えると、ある程度...

猫を網戸から脱走させないために!要注意なポイントと脱走対策

猫を飼っている方が心配なのは、猫の脱走です。好奇心旺盛な猫は、スキがあらばと脱走の機会を狙っ...

うさぎが掃除のたびに怒るのはなぜ?掃除で怒る原因と対処法

うさぎを飼っているケージ内は定期的に掃除する必要がありますが、うさぎによっては掃除のたびに怒る子もい...

本籍変更で思わぬデメリット?本籍変更についてのアレコレ

本籍をどこに置くかは自分で決定することができます。そして変更することも可能です。本籍を住んでいる...

革靴のシワがかっこいい!綺麗な履きジワの付け方と革靴の選び方

革靴にできる履きジワが綺麗につくとかっこいいと思いませんか?なんだか味のある一足になった!そんな風に...

ザリガニを飼育する時は砂なしでもいいの?飼育方法について

ザリガニの飼育方法をご存知ですか?子供が飼育したくてもわからなくて、持ち帰ってきたザリガニを「返して...

黒のコートに付くほこりやゴミの取り方とほこりを予防する方法

黒いコートは、どうしても、ゴミやほこりが目立ってしまいがちです。せっかくの新しいコートも、ほこり...

目の種類にはどんな形がある?それぞれの特徴とメイク方法

目にはどのような形や種類があるのでしょうか?同じようにメイクをしているのに、濃く見えてしまったりメイ...

ゼラチンを使った手作りゼリーの賞味期限と賞味期限が短い理由

ゼラチンを使った手作りゼリー、作り過ぎてしまった場合に気になるのが賞味期限です。見た目に変化がなけれ...

スポンサーリンク

オカメインコのケージ内のおすすめレイアウト

オカメインコを飼い始めたら、ケージの中も工夫して快適にしたいものです。ケージの中に設置するいろいろなグッズがありますが、オカメインコのケージの中は必要なものだけ揃えて、できるだけシンプルにしておきましょう。

オカメインコのケージに必要なもの

止まり木は木製のもので、最低でも2本は用意してください。ケージの中を移動しやすいように取り付け、高低差もつけることが必要です。高い方の木から低い方へ飛び移ることができるように距離感も考えてください。

エサの容器は、止まり木の下を避けて設置します。普段からよく止まっているところの下にエサを置いてしまうと、エサの上に糞がたまってしまいます。エサの設置場所が決まっているケージの場合は、止まり木の位置を工夫してください。

止まり木と餌入れは最低限必要なものになりますが、この他に、青菜を取り付けたり、ボレー粉又はカトルボーン、温湿度計も必要になってきます。これらを取り付けるスペースも考えて、ケージ内のレイアウトはシンプルにしておきましょう。

オカメインコのケージのレイアウトはなるべくシンプルに

オカメインコは好奇心が旺盛で、遊ぶのが大好きなインコです。ケージの中も退屈しないような工夫を凝らしたり、いつでも遊べるようにオモチャを入れたり、いろいろ考えてしまうかもしれません。ですが、オカメインコのためにはケージの中はシンプルにしてあげる方が良いです。あまり物が多すぎと、動きにくくなりますし、逆に落ち着かずにストレスになってしまうこともあります。ケージの中はできるだけシンプルにしてあげてください。

オカメインコは、急に羽を動かしながら暴れるオカメパニックと呼ばれる症状をおこすことがあります。ケージの中の物が多いと、オカメパニックが出たときに怪我をしてしまう可能性がありますので、ケージの中は最低限のものだけにして、できるだけシンプルにしておきましょう。エサ入れ、水入れの他にカルシウムや青菜などを取り付けるので、必要なものだけでも意外と多くなってしまいます。

オカメインコの中にはちょっとしたことでもパニックを起こしてしまうコもいます。良かれと思ってケージの中に取り付けたオモチャでも、オカメインコにとってはストレスになる場合もあります。オモチャがオカメインコの負担になっているようであれば、ケージの中には入れずに放鳥時に遊ぶようにしましょう。

オカメインコのケージは掃除しやすいレイアウトにすることも大切

オカメインコのケージの中をシンプルにすると、ケージの掃除がしやすいというメリットもあります。

ケージの中は糞やエサの殻、抜けた羽、飛び散った青菜などであっという間に汚れてしまいます。毎日掃除をする必要がありますので、ケージの中の物を最低限にしてシンプルにしておくと、掃除もラクにすることができます。

ケージ全体を丸洗いするときも、ケージの中がシンプルだとすぐに洗うことができます。

逆に物が多いと、洗う前にいろいろ取り外したり、洗った後は取り付けるのに時間がかかってしまいます。そうなると丸洗いすること自体が億劫になってしまいかねません。ケージを清潔にしておくことを優先にするためにも、できるだけ世話するのに負担が少ないようにしておくことも大切です。

ケージを置く場所も掃除がしやすい状態にしましょう。

ケージの周りもエサの殻や糞が飛び散って汚れてしまいます。簡単にケージを移動できるようにすると、周りの掃除も簡単にすることができます。キャスター付きの台の上にケージを置くと、ケージ周りの床を掃除したいときは台ごと移動させて掃除機をかけることができます。

オカメインコのケージは設置場所にも注意

オカメインコのケージを設置する場所にも気をつけてください。飼い主にとって便利な場所でもオカメインコにはストレスになったり、飼育に相応しくなく体調を崩しかねない場合もあります。オカメインコにとって最適な場所を選んでください。

オカメインコの状態を常に確認することができるように、一番人の目が届くリビングにケージの設置場所を見つけてください。リビングの中でも人の出入りが少ない落ち着ける場所を選びます。人の気配がないような場所だとオカメインコが寂しく感じてしまいますが、ドアの付近など出入りが激しい場所は落ち着かないので、リビングの中でも目が届き落ち着ける場所がベストです。

窓のすぐそばも避けてください。直射日光が長時間あたるような場所は熱中症や熱射病の危険性がありますし、カラスなどの外敵が視界に入るとストレスになったりパニックの原因になってしまいます。日当たりが悪すぎてもよくありませんので、適度に1日のサイクルが感じられるような場所を選んでください。

エアコンの風が当たる場所も避けてください。暑すぎても寒すぎても体調を崩してしまいかねません。
キッチンにも注意が必要です。テフロン製のフライパンを熱しすぎた時に出る煙にはオカメインコに有毒な成分が含まれています。命の危険性がありますので、キッチンの側は避けるようにしてください。また、テレビなど音を出す家電のすぐそばもケージの設置場所としては相応しくありません。

ケージを置く場所には注意が必要です。オカメインコがリラックスして過ごせるような場所を選んでください。

オカメインコのケージは高さのあるものを用意しよう

オカメインコのケージを選ぶときは、十分な広さがあるものを選んでください。

オカメインコは体が大きめなので、ケージもオカメインコ用のものを選びます。ケージの底は少なくても50センチ四方のもの、高さも50センチ以上が必要です。

オカメインコはパニックを起こすと羽を広げて動きますので、そのときに怪我をしないようなサイズが必要です。

オカメインコが羽を広げることができる大きさは最低限必要です。

ケージの形もできるだけシンプルなものを選んでください。ケージにはいろいろな形をしたものがありますが、形が複雑だったりケージの中にくぼみや出っ張りがあると怪我の原因になります。シンプルな四角いケージがおすすめです。

出入り口の扉は大きめのものが良いです。オカメインコの中には神経質だったり臆病なコもいます。扉が小さいとケージから出てこなかったり、放鳥している時に自分でケージの中に入ることが難しくなる可能性があります。扉はオカメインコが出入りするのに十分な大きさが必要です。

オカメインコは飼育しやすい鳥ですが、オカメインコに適した環境を整えてあげることは大切なことです。好奇心旺盛で個性豊かでもありますので、見ているだけでも楽しく、一緒に遊ぶこともできます。大切なオカメインコが健康で長生きできるように、まずはケージからきちんと用意してあげてくださいね。