オカメインコのケージ内のレイアウトはシンプルがベスト!

オカメインコのケージ内を色々レイアウトして、オカメインコが楽しめるようなおしゃれ空間にしようと思っていませんか?
オカメインコにおしゃれは必要ありません。シンプルなレイアウトが一番なのです。
ではなぜシンプルなケージがいいのでしょうか。どんなレイアウトがベスト?
オカメインコにとって快適な空間を作ってあげましょう。
それが飼い主としてできることです。
また、ケージの設置場所にも注意が必要なので気を付けましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

IQの平均とは?日本人や世界の国々について徹底調査!

自分のIQがどのくらいなのかたとえ期待はしていなくても、平均よりも上なのか下なのか気になりますよね。...

猫を旅行に出かける場合は預ける?留守番させる?ポイントはコレ

愛猫を旅行に出かける場合預けることを考えている人も多くいるはずです。猫などのペットは預けられることは...

子育てはイライラとの戦い!怒鳴るのはダメだけど…

子育てはイライラの連続!『怒りの感情が湧いて出たら、深呼吸して』なんていうアドバイス、よーく...

肉じゃがを翌日のお弁当に使おう!ただし夏の場合は要注意!

夕食に作った肉じゃがを翌日のお弁当に入れると、味がさらに染み込んでいておいしいですよね。しか...

学会でスーツなら女性の選ぶポイントと相応しい服装とは

学会に参加するときはやはりスーツの方が、女性の場合もいいのでしょうか?では、学会に相応しい女...

友人の出産祝いは商品券がいい?相場や出産祝いの選び方

友人に渡す出産祝いは商品券のほうが喜ばれる?何を贈ろうか迷ってしまう出産祝は、いっそのこと商品券のほ...

100均グッズで手作りインテリアを作ろう。色々なアイディア

100均の小物たちがおしゃれなインテリアになります。そのまま飾っても素敵な商品はたくさんあり...

漂白剤で黄ばみがキレイになる?シーツの黄ばみを落とす方法

シーツの黄ばみ汚れに頭を悩ませている人もいますよね。シーツの黄ばみ汚れは、漂白剤を使えばキレイにする...

お風呂の椅子の水垢対策でオススメな掃除法や予防するコツ

お風呂の椅子っていつの間にか頑固な水垢がこびりついている!なんてことはありますよね。では、そ...

脂肪と筋肉の重さは違う?違うのは重さでなく体積

脂肪と筋肉では重さが違う?そんな話を耳にしたことはありませんか?しかし、重さに違いがあるわけではあり...

犬の鳴き声などの騒音対策。マンションでもできる効果的な方法

ペット可のマンションに住む場合にも、自分の家の犬の鳴き声が周りのお宅の迷惑にならないか心配される方は...

No Image

ズッキーニの栽培方法!受粉の方法と栽培する時の注意点を解説

家庭菜園でズッキーニを栽培している時、虫がいない時はどうやって受粉をさせたらいいか困りますよね。ズッ...

野うさぎの赤ちゃんの育て方は?保護した時は動物病院へ委ねよう

飼いうさぎではなく、野うさぎの赤ちゃんの育て方はどうすればいいの?という悩み。野うさぎは日本の至...

服が臭いけど新品のときの理由や気になる臭いを取る方法とは

服の臭いが新品なのに気になってしまうと、せっかく買ったばかりなのに着るのが残念になってしまいますよね...

子猫の育て方!生後4ヶ月の子猫の注意点!

子猫の育て方を知っていますか?生後4ヶ月の子猫はどのようなことに注意しながら育てていけばいいのでしょ...

スポンサーリンク

オカメインコのケージ内のおすすめレイアウト

オカメインコを飼い始めたら、ケージの中も工夫して快適にしたいものです。ケージの中に設置するいろいろなグッズがありますが、オカメインコのケージの中は必要なものだけ揃えて、できるだけシンプルにしておきましょう。

オカメインコのケージに必要なもの

止まり木は木製のもので、最低でも2本は用意してください。ケージの中を移動しやすいように取り付け、高低差もつけることが必要です。高い方の木から低い方へ飛び移ることができるように距離感も考えてください。

エサの容器は、止まり木の下を避けて設置します。普段からよく止まっているところの下にエサを置いてしまうと、エサの上に糞がたまってしまいます。エサの設置場所が決まっているケージの場合は、止まり木の位置を工夫してください。

止まり木と餌入れは最低限必要なものになりますが、この他に、青菜を取り付けたり、ボレー粉又はカトルボーン、温湿度計も必要になってきます。これらを取り付けるスペースも考えて、ケージ内のレイアウトはシンプルにしておきましょう。

オカメインコのケージのレイアウトはなるべくシンプルに

オカメインコは好奇心が旺盛で、遊ぶのが大好きなインコです。ケージの中も退屈しないような工夫を凝らしたり、いつでも遊べるようにオモチャを入れたり、いろいろ考えてしまうかもしれません。ですが、オカメインコのためにはケージの中はシンプルにしてあげる方が良いです。あまり物が多すぎと、動きにくくなりますし、逆に落ち着かずにストレスになってしまうこともあります。ケージの中はできるだけシンプルにしてあげてください。

オカメインコは、急に羽を動かしながら暴れるオカメパニックと呼ばれる症状をおこすことがあります。ケージの中の物が多いと、オカメパニックが出たときに怪我をしてしまう可能性がありますので、ケージの中は最低限のものだけにして、できるだけシンプルにしておきましょう。エサ入れ、水入れの他にカルシウムや青菜などを取り付けるので、必要なものだけでも意外と多くなってしまいます。

オカメインコの中にはちょっとしたことでもパニックを起こしてしまうコもいます。良かれと思ってケージの中に取り付けたオモチャでも、オカメインコにとってはストレスになる場合もあります。オモチャがオカメインコの負担になっているようであれば、ケージの中には入れずに放鳥時に遊ぶようにしましょう。

オカメインコのケージは掃除しやすいレイアウトにすることも大切

オカメインコのケージの中をシンプルにすると、ケージの掃除がしやすいというメリットもあります。

ケージの中は糞やエサの殻、抜けた羽、飛び散った青菜などであっという間に汚れてしまいます。毎日掃除をする必要がありますので、ケージの中の物を最低限にしてシンプルにしておくと、掃除もラクにすることができます。

ケージ全体を丸洗いするときも、ケージの中がシンプルだとすぐに洗うことができます。

逆に物が多いと、洗う前にいろいろ取り外したり、洗った後は取り付けるのに時間がかかってしまいます。そうなると丸洗いすること自体が億劫になってしまいかねません。ケージを清潔にしておくことを優先にするためにも、できるだけ世話するのに負担が少ないようにしておくことも大切です。

ケージを置く場所も掃除がしやすい状態にしましょう。

ケージの周りもエサの殻や糞が飛び散って汚れてしまいます。簡単にケージを移動できるようにすると、周りの掃除も簡単にすることができます。キャスター付きの台の上にケージを置くと、ケージ周りの床を掃除したいときは台ごと移動させて掃除機をかけることができます。

オカメインコのケージは設置場所にも注意

オカメインコのケージを設置する場所にも気をつけてください。飼い主にとって便利な場所でもオカメインコにはストレスになったり、飼育に相応しくなく体調を崩しかねない場合もあります。オカメインコにとって最適な場所を選んでください。

オカメインコの状態を常に確認することができるように、一番人の目が届くリビングにケージの設置場所を見つけてください。リビングの中でも人の出入りが少ない落ち着ける場所を選びます。人の気配がないような場所だとオカメインコが寂しく感じてしまいますが、ドアの付近など出入りが激しい場所は落ち着かないので、リビングの中でも目が届き落ち着ける場所がベストです。

窓のすぐそばも避けてください。直射日光が長時間あたるような場所は熱中症や熱射病の危険性がありますし、カラスなどの外敵が視界に入るとストレスになったりパニックの原因になってしまいます。日当たりが悪すぎてもよくありませんので、適度に1日のサイクルが感じられるような場所を選んでください。

エアコンの風が当たる場所も避けてください。暑すぎても寒すぎても体調を崩してしまいかねません。
キッチンにも注意が必要です。テフロン製のフライパンを熱しすぎた時に出る煙にはオカメインコに有毒な成分が含まれています。命の危険性がありますので、キッチンの側は避けるようにしてください。また、テレビなど音を出す家電のすぐそばもケージの設置場所としては相応しくありません。

ケージを置く場所には注意が必要です。オカメインコがリラックスして過ごせるような場所を選んでください。

オカメインコのケージは高さのあるものを用意しよう

オカメインコのケージを選ぶときは、十分な広さがあるものを選んでください。

オカメインコは体が大きめなので、ケージもオカメインコ用のものを選びます。ケージの底は少なくても50センチ四方のもの、高さも50センチ以上が必要です。

オカメインコはパニックを起こすと羽を広げて動きますので、そのときに怪我をしないようなサイズが必要です。

オカメインコが羽を広げることができる大きさは最低限必要です。

ケージの形もできるだけシンプルなものを選んでください。ケージにはいろいろな形をしたものがありますが、形が複雑だったりケージの中にくぼみや出っ張りがあると怪我の原因になります。シンプルな四角いケージがおすすめです。

出入り口の扉は大きめのものが良いです。オカメインコの中には神経質だったり臆病なコもいます。扉が小さいとケージから出てこなかったり、放鳥している時に自分でケージの中に入ることが難しくなる可能性があります。扉はオカメインコが出入りするのに十分な大きさが必要です。

オカメインコは飼育しやすい鳥ですが、オカメインコに適した環境を整えてあげることは大切なことです。好奇心旺盛で個性豊かでもありますので、見ているだけでも楽しく、一緒に遊ぶこともできます。大切なオカメインコが健康で長生きできるように、まずはケージからきちんと用意してあげてくださいね。