洗面所のタオル掛け裏のカビに注意!予防策とカビ除去方法

洗面所の壁にタオル掛けがあるご家庭も多いと思いますが、タオル掛け裏は黒カビが発生しやすいため注意が必要です。

カビが生えやすい条件が揃っているためですが、どうすればカビを予防できるのでしょうか。壁についた黒カビを除去するには?

黒カビを綺麗に除去できない場合は、リメイクシートを使って思いきってDIYしてしまうのもおすすめです。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

韓国料理が辛い理由からわかる、辛い料理を好む傾向と習慣とは

韓国料理が辛い理由には、古くからの歴史があり、それには日本との関わりが見えてきます。では、ど...

1万円札の旧札は現在でも使えるのかどうかを知りたい!

掃除をして1万円札の旧札を発見する場合もあるでしょう。1万円は高額な札ですし、今でも使えるのかどうな...

黒のストッキングがまだらになるのはナゼ?対処方法を紹介

黒のストッキングを履くとまだらになってしまうのはナゼ?なんだかだらしなく見えてしまうストッキングのム...

車が雪道でスリップしないための運転方法と対処法について解説!

車で雪道を運転することになったら、一番心配なことは「スリップ」ですよね。スリップしないために...

100均アイテムで工作作り!おしゃれで簡単工作の作り方を紹介

100均にあるアイテムを使えば、手軽におしゃれで簡単な工作作りを楽しむことができます。自分で使うアイ...

アルカリ電池とマンガン電池の違いと使い分け・使用上の注意点

電池を購入しようと思った時、アルカリ電池とマンガン電池のどちらを購入すればいいのか悩んだ経験がある人...

服の毛玉を取る方法!洋服を傷めないで簡単にキレイにする

お気に入りのニットや毎日着ているコート、気付くと毛玉になっていることがありますよね。特に袖の部分...

天ぷらとかき揚げのコツを掴んで美味しくサクサクに作ってみよう

天ぷらやかき揚げを上手に揚げるにはコツがあります。どうしても上手く揚がらないとお悩みの人は、...

泡カラーのコツ!髪をムラなく上手に染める方法

泡タイプのヘアカラーは泡状のまま使うことができるため、垂れることなく自分で塗りやすいと人気があります...

トマトをレンジに入れたら破裂する場合が。破裂しない方法とは

電子レンジで温めると破裂してしまう食べ物と言って思いつくのは、卵やウインナーでしょうか。お弁...

布を裁断するカッターの特徴や使い方・注意点を紹介します

布を裁断するロータリーカッターの使い勝手とは?布作品をよく作る人にとって必需品となるのは裁ちばさみで...

バラの花びらを利用!ドライフラワー・ポプリ・ローズバスの方法

バラの花束をもらって心から感動したという女性は、そのバラをいつまでも楽しみたい、枯らしてしまうだけで...

宅配便の伝票の書き方のマナーとは?会社宛の場合は要注意!

業務上他の会社に宅配便を送る場合、その伝票の書き方がわからないということはありませんか?伝票...

ダブルベッドでの布団の取り合い問題を解決する方法

ダブルベッドで寝ていると、気がつくと布団がどちらかの方に偏っていたり、布団の取り合いになることってあ...

猫用の消臭スプレーを手作りしてみませんか。安全で簡単な方法

猫がいる家で気になるのが、マーキングやトイレの臭いですね。臭いを消そうと消臭スプレーを使うと思い...

スポンサーリンク

洗面所のタオル掛けの裏にカビが生えやすい理由

洗面所は外から帰ってきた時や、手が汚れたときなど頻繁に使用する場所です。そして家族が多いと、その回数も多くなりタオル掛けのタオルも乾く暇がありません。

まさしくこれがタオル掛けの裏にカビが生えやすい理由の一つです。

湿ったタオルが一日中、そして年中かかっているのですから、その裏の壁にカビが生えてもおかしくありませんよね。

また乾いたタオルに交換したとしても使う度に変えないのなら、やはりタオルが湿った状態になっている時間は多く、カビが生えてしまいます。

タオル掛がある壁面が、漆喰などの吸湿性のあるもでない限り、どのご家庭でもカビが生えやすい環境が整っているのです。

しかし、全てのお家がタオル掛けのある場所にカビが生えているわけではありません。対策をしっかりと行うことで、他の壁面と同じようにきれいに保つことも可能です。

洗面所のタオル掛けにカビが!簡単にできる防カビ対策とは

お家を建てるときに洗面所の壁をタイル張りにしたり、先述したように漆喰で吸湿性のある壁にすることでカビを防ぐことが出来ます。

しかし、そのお値段は安くありません。

自分で行う洗面所の防カビ対策

そもそも壁面が壁紙になっていることで、水分が抜けにくく湿度が溜まりやすい場所になります。

それならば、壁面にタオルが触れないようにしてしまえば、湿気が直接壁につかずに防カビ対策となります。

ではどうすればよいのかというと、クリアファイルを利用してタオルと壁の間挟み込むだけでOKです。

クリアファイルをタオルよりも大きめにカットして、切り口で怪我をしないように周りをマスキングテープで覆います。後は紐を付けてタオル掛け部分に吊るすだけです。

カビを防ぐことが出来、お手入れもしやすい、もしカビが発生してしまった場合もクリアファイルなら捨てることも手軽に出来ますね。

洗面所のタオル掛けにある黒カビを除去するには

洗面所のタオル掛け部分の壁に、すでに黒カビがついてしまったときの除去方法についてもご紹介いたします。

カビ取り専用の洗剤をホームセンターなどで購入することも出来ますが、小さなお子さんやペットがお家にいると、使用している間は注意が必要ですし、その後も壁部分に残る成分が気になる方もいらっしゃるでしょう。

洗面所のカビに、安心安全なクエン酸と重曹を使用する

これらは天然素材ですので、間違って体についてしまっても問題ありません。安心して使用することが出来ますよ。

と言ってもカビの除去ですから、換気をしながら掃除を行いましょう。

まずはクエン酸水を作ります。200ミリリットルのお湯にクエン酸を小さじ1溶かしてください。そしてその液体に雑巾を浸して固く絞り、カビ部分を拭き取っていきます。

この時壁紙の場合はこすってしまうとカビが他の場所にもついてしまうので注意をしましょう。

クエン酸を使用しても黒カビが残るようなら、重曹に少々の水を混ぜてペースト状にしたものを壁面に塗り、ブラシなどで少しずつ落としていってください。

あまり力を入れすぎるとクロスが剥げてしまうので、こちらにも注意をしてくださいね。

カビの黒ずみが取れない洗面所のタオル掛け裏の壁はリメイクシートでDIY

DIYは女性にも人気で、多くの方がプチリメイクを行っています。洗面所のタオル掛け部分の黒ずみもどうしても、落とすことが出来ない場合はリメイクシートを使用してDIYを試してみてはいかがでしょうか。

壁紙を貼るなんて無理!とDIYを経験したことがない方は、敬遠するかもしれませんがリメイクシートを使用することで手軽に行えるので、初心者の方でも心配はいりません。

注意点として賃貸の場合は、退去時には元通りに直せるように下準備を行うことです。

またしっかりと掃除を行って乾燥させた後に行うことも重要!小さなゴミやホコリもシートを貼るとデコボコとして目立ってしまうので、気をつけたい点です。その他にも剥がした後に黒ずみが悪化しないように、できるだけ汚れを落として乾燥をさせてから行いましょう。

リメイクシートは100均でも購入することが出来ますので、予算に合わせて自分の気に入ったものを選んでくださいね。

洗面所だけじゃない!キッチンのタオル掛けにも注意

洗面所の他にもキッチンにもタオル掛けを使用しているご家庭は多いのではないでしょうか。

キッチンでも、まさに同じ環境が揃っているので、タオルが湿った状態に長時間なっている場合はカビが生える可能性があります。

特にタオルをかけている場所が壁だったり、キッチン下の木の扉だったりする場合には注意をしましょう。

またカビ予防として、壁についているタオル掛けを使用せずに、違うものを使用して壁などに触れないようにして使う方法もあります。

我が家は取り外しが出来るリング状のタオル掛けを利用して、壁面がない場所で使用しています。また磁石がついたタオル掛けを、キッチンでは冷蔵庫の横に付けて使用しているので、こちらもカビることはありません。

カビが気になる方は、カビが付きにくい環境で使用する方法を考えることも、大きなカビ対策となりますよ。