洗面所のタオル掛け裏のカビに注意!予防策とカビ除去方法

洗面所の壁にタオル掛けがあるご家庭も多いと思いますが、タオル掛け裏は黒カビが発生しやすいため注意が必要です。

カビが生えやすい条件が揃っているためですが、どうすればカビを予防できるのでしょうか。壁についた黒カビを除去するには?

黒カビを綺麗に除去できない場合は、リメイクシートを使って思いきってDIYしてしまうのもおすすめです。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

インコのケージカバーの特徴や作り方を紹介します

インコのケージにはカバーをつけたほうがいいのでしょうか?必ずしも必要というわけではありませんが、イン...

猫の種類によって性格は違う。様々な猫種とその特徴と飼い方

猫が飼いたいと思った時にペットショップに行ってよくみてみたら、色々な種類がいます。大人しい猫や、...

退職を伝えた後、職場に居づらい時の対処法と気持の持方について

退職を伝えた後、職場に居づらい。立つ鳥はあとを濁しません。辞めるのですから、有給休暇を取りき...

ちくわぶがおでんに入っていない関西おでん・地域別おでんの特徴

「ちくわぶ」というおでんの具材はご存知ですか?ちくわぶは関西のおでんには入っておらず、関東のおでんに...

犬用のフローリングでも滑らない靴下の作り方アイデア

犬用の靴下は市販のものでもいろいろなものがありますが、自分で作ることもできます。そこで、自分でも簡単...

車が雪道でスリップしないための運転方法と対処法について解説!

車で雪道を運転することになったら、一番心配なことは「スリップ」ですよね。スリップしないために...

部活を引退するときの挨拶のポイント!大切な後輩たちに贈る言葉

部活の引退での挨拶を後輩たちに向けてするときに、どんな挨拶をするべきか悩む人も多いでしょう。共に頑張...

小学校の先生へ心をこめたメッセージカードを贈りましょう

小学校を卒業する時、お世話になった先生にメッセージカードを贈りたいと思っても、どんなことを書いていい...

アクセルとブレーキどっちか分からなくなる踏み間違いの危険性

アクセルとブレーキは普段ならどっちを踏むべきかすぐに判断つくものですが、よくニュースで踏み間違い事故...

鳥が電線に大量にとまる理由と対策は?根本的な解決は困難かも

ものすごい大量の鳥が電線にとまっている光景、一度は目にしたことあるのではないでしょうか。一匹で見...

デイサービスでの体操にボールを使う種目を加えてみよう

デイサービスを利用する高齢者には、怪我なく体操を楽しんでもらいたいですよね。そこでおすすめな...

洗剤と漂白剤は混ぜると危険な理由と正しい取り扱いのコツ

洗剤や漂白剤には混ぜるな危険という記載表示がされているものがあります。それは、どのように危険なのか、...

セラミックのフライパンの手入れ方法!長持ちさせる使い方のコツ

セラミックのフライパンの手入れはポイントをおさえればどなたでも簡単です。セラミックのフライパンはフッ...

原付の燃費をよくする走り方とは?ガソリン代を減らす方法

原付の燃費がだんだん下がってきたような・・?乗っていれば燃費は下がってくるものなの?いえいえ...

マニキュアの簡単な塗り方とは?キレイに見せるコツを教えます

自分でマニキュアを塗っても、ムラになってしまったりはみ出して失敗してしまうことってありますよね。...

スポンサーリンク

洗面所のタオル掛けの裏にカビが生えやすい理由

洗面所は外から帰ってきた時や、手が汚れたときなど頻繁に使用する場所です。そして家族が多いと、その回数も多くなりタオル掛けのタオルも乾く暇がありません。

まさしくこれがタオル掛けの裏にカビが生えやすい理由の一つです。

湿ったタオルが一日中、そして年中かかっているのですから、その裏の壁にカビが生えてもおかしくありませんよね。

また乾いたタオルに交換したとしても使う度に変えないのなら、やはりタオルが湿った状態になっている時間は多く、カビが生えてしまいます。

タオル掛がある壁面が、漆喰などの吸湿性のあるもでない限り、どのご家庭でもカビが生えやすい環境が整っているのです。

しかし、全てのお家がタオル掛けのある場所にカビが生えているわけではありません。対策をしっかりと行うことで、他の壁面と同じようにきれいに保つことも可能です。

洗面所のタオル掛けにカビが!簡単にできる防カビ対策とは

お家を建てるときに洗面所の壁をタイル張りにしたり、先述したように漆喰で吸湿性のある壁にすることでカビを防ぐことが出来ます。

しかし、そのお値段は安くありません。

自分で行う洗面所の防カビ対策

そもそも壁面が壁紙になっていることで、水分が抜けにくく湿度が溜まりやすい場所になります。

それならば、壁面にタオルが触れないようにしてしまえば、湿気が直接壁につかずに防カビ対策となります。

ではどうすればよいのかというと、クリアファイルを利用してタオルと壁の間挟み込むだけでOKです。

クリアファイルをタオルよりも大きめにカットして、切り口で怪我をしないように周りをマスキングテープで覆います。後は紐を付けてタオル掛け部分に吊るすだけです。

カビを防ぐことが出来、お手入れもしやすい、もしカビが発生してしまった場合もクリアファイルなら捨てることも手軽に出来ますね。

洗面所のタオル掛けにある黒カビを除去するには

洗面所のタオル掛け部分の壁に、すでに黒カビがついてしまったときの除去方法についてもご紹介いたします。

カビ取り専用の洗剤をホームセンターなどで購入することも出来ますが、小さなお子さんやペットがお家にいると、使用している間は注意が必要ですし、その後も壁部分に残る成分が気になる方もいらっしゃるでしょう。

洗面所のカビに、安心安全なクエン酸と重曹を使用する

これらは天然素材ですので、間違って体についてしまっても問題ありません。安心して使用することが出来ますよ。

と言ってもカビの除去ですから、換気をしながら掃除を行いましょう。

まずはクエン酸水を作ります。200ミリリットルのお湯にクエン酸を小さじ1溶かしてください。そしてその液体に雑巾を浸して固く絞り、カビ部分を拭き取っていきます。

この時壁紙の場合はこすってしまうとカビが他の場所にもついてしまうので注意をしましょう。

クエン酸を使用しても黒カビが残るようなら、重曹に少々の水を混ぜてペースト状にしたものを壁面に塗り、ブラシなどで少しずつ落としていってください。

あまり力を入れすぎるとクロスが剥げてしまうので、こちらにも注意をしてくださいね。

カビの黒ずみが取れない洗面所のタオル掛け裏の壁はリメイクシートでDIY

DIYは女性にも人気で、多くの方がプチリメイクを行っています。洗面所のタオル掛け部分の黒ずみもどうしても、落とすことが出来ない場合はリメイクシートを使用してDIYを試してみてはいかがでしょうか。

壁紙を貼るなんて無理!とDIYを経験したことがない方は、敬遠するかもしれませんがリメイクシートを使用することで手軽に行えるので、初心者の方でも心配はいりません。

注意点として賃貸の場合は、退去時には元通りに直せるように下準備を行うことです。

またしっかりと掃除を行って乾燥させた後に行うことも重要!小さなゴミやホコリもシートを貼るとデコボコとして目立ってしまうので、気をつけたい点です。その他にも剥がした後に黒ずみが悪化しないように、できるだけ汚れを落として乾燥をさせてから行いましょう。

リメイクシートは100均でも購入することが出来ますので、予算に合わせて自分の気に入ったものを選んでくださいね。

洗面所だけじゃない!キッチンのタオル掛けにも注意

洗面所の他にもキッチンにもタオル掛けを使用しているご家庭は多いのではないでしょうか。

キッチンでも、まさに同じ環境が揃っているので、タオルが湿った状態に長時間なっている場合はカビが生える可能性があります。

特にタオルをかけている場所が壁だったり、キッチン下の木の扉だったりする場合には注意をしましょう。

またカビ予防として、壁についているタオル掛けを使用せずに、違うものを使用して壁などに触れないようにして使う方法もあります。

我が家は取り外しが出来るリング状のタオル掛けを利用して、壁面がない場所で使用しています。また磁石がついたタオル掛けを、キッチンでは冷蔵庫の横に付けて使用しているので、こちらもカビることはありません。

カビが気になる方は、カビが付きにくい環境で使用する方法を考えることも、大きなカビ対策となりますよ。