鏡と写真で全然違うのはなぜ?顔の印象の摩訶不思議

鏡と写真で印象が全然違うと思ったことありませんか?

なぜそこまで鏡と写真で印象が全然違うのはなぜなのでしょうか。鏡と写真で顔が全然違うけどどれが本当の顔なのでしょうか。

鏡と写真で全然違うのはなぜ?について詳しく調べてみました。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

アイロンのかけ方【スチームのコツ】上手な使い方と注意点

アイロンのかけ方はスチームをうまく活用することでより満足のいく仕上がりになります。スチームを使えば素...

日本の国技であるスポーツとは?まず国技の定義について考えよう

日本の国技ってどのスポーツなんだろう?って考えることってありますよね。相撲?それとも柔道?空...

自転車を売りたいときには防犯登録を取り消すべき?その方法とは

自転車を売りたいけれど、買ったときに防犯登録したものはどうなるのでしょうか?自分で防犯登録を...

水道を出しっぱなしにしてしまったときの水道料金とは

水道を出しっぱなしにしてしまった。水道料金はどのくらいかかってしまうのでしょうか?すぐに気が...

紫やオレンジと相性が良い色を理解して、コーデに活かしましょう

紫やオレンジのように派手な色の服を着てみたいと思っても、どんな色と合うのか、コーデはどうしたらいいの...

バレエで男性へのお礼の仕方についてゲストへの上手な気遣い

バレエでは男性ゲストにお礼をしなければなりません。はじめて発表会で男性ダンサーと一緒に踊るのであれば...

靴のサイズの選び方とは?大きさだけではなく幅や高さも要確認

靴のサイズを選ぶ時はどのようにしていますか?自分は○○センチだからと履かないで買ってはいませんか?...

靴下を洗濯しても毛玉をできにくくする選び方や洗濯のコツとは

お気に入りの靴下でも洗濯しているうちに毛玉ができてしまうと、なんだかガッカリしてしまいますよね。...

デイサービスの体操が楽しいと感じてもらう為に出来ること

デイサービスでは体を動かして体操をしますが、楽しい時間にしたいものですね。体操には、自立に向...

食事のバランスを本格的に考えるなら資格を取りましょう

人間は健康が一番とは言いますが、そのためには食事のバランスを考えることも大切です。食事に関するさ...

豚肉を柔らかくする方法で玉ねぎを使うコツや下処理のポイント

豚肉を柔らかくする方法ですりおろした玉ねぎに漬け込むという方法をご存知でしょうか。玉ねぎで豚...

フラのハンドモーションのコツ!美しく見せる上達のポイント

フラダンスのハンドモーションのコツは、意識するべきポイントを掴んで練習すれば初心者でも上達できます。...

脂肪と筋肉の重さは違う?違うのは重さでなく体積

脂肪と筋肉では重さが違う?そんな話を耳にしたことはありませんか?しかし、重さに違いがあるわけではあり...

野良犬を保護するための方法とは?その後のことも教えます

野良犬なのか迷い犬なのか…自分の家の近くにいる犬を保護する場合、どんな方法があるのでしょうか?...

ハムスターの給水器から水が出ないときの対処方法について

ハムスターの給水器から水が出ないのはどんなことが原因なのでしょうか?買ったばかりなのに水が出ないのは...

スポンサーリンク

鏡と写真で印象が全然違うのはなぜ?

鏡と写真で印象が全然違うのはなぜなのでしょうか?

それは、「自分が見慣れていないから」です。
人間の顔で完全な左右対称の人は滅多にいません。
わずかに左右どちらかの目が大きかったり、小さかったり、片方だけ一重だったり、二重だったり、鼻や口だって、左右どちらかに曲がっていることだってあります。
鏡は、自分の顔が反転して目に映ります。
対して写真は、自分の顔そのままのものが写し出されています。

ですので、例えば右側の目が少し大きい状態が自分の顔だと認識していたのに、写真では右側の目が小さいように見え、その違和感から「鏡と違う」と思ってしまうのです。
そんな見慣れない不安感から、「写真写りが悪い」と思い込む原因にもなります。
確かに、微妙に違和感を感じる自分の顔より、いつもの見慣れた自分の顔のほうが安心しますよね。
違和感を感じないために出来ることは、「写真の自分に慣れること」です。
たくさん写真を撮って、違和感を払拭しましょう。

鏡に写るいつもの自分と写真が全然違うのは光の当て方も関係している

「洗面所で見る顔ならイケてるのに」、「ドレッサーの前なら美人なのに」そんな風に思ったことはありませんか?
鏡に写るいつもの自分と写真が全然違うのは、光の当て方も関係していることもあります。

洗面所やドレッサーは化粧がしやすいように、通常より多めの照明がつけられていることがあります。
顔にたくさんの光があたれば、シワやたるみなどが目立たなくなり、見た目のアラが少なくなります。
しかし、写真を撮る時は、プロのカメラマンでもない限りは、光の当たり方などは気にすることはありません。

そうすると、角度や天気によっては、顔に影が出来て、妙に老けているように写ってしまうことがあるのです。
ですので、本気で写りの良い写真を取りたいのであれば、ミニのレフ板など、自分の顔に光が当たるような小道具を準備しましょう。

鏡と写真で顔が全然違うけどどれが本当の顔なの?

「鏡と写真で顔が全然違うけどどれが本当の顔なの?」
こんなこと思ったことはありませんか?

鏡を見ながらメイクをしている時は、出来るだけ自分がキレイに見える角度で確認すると思います。
適度に目を大きくしたり、二重あごにならない角度に調整したりしていませんか?
ですが、写真を撮るときには、自撮りでない限りは、自分の中でのベストな角度を見つけるのが難しくなります。
そのため、写真を見た時に、半目になってしまったり、不必要に目を見開いてしまったりなど、残念な写真に仕上がってしまうことは、あるあるですよね。
実際に写真を取る時に顔が引きつってしまって、写真写りが悪い人もいますが、周りの人に聞いた時に「いつもと同じだよ」と言われた場合は、写真写りが悪いのではなく、それがありのままのあなたですから、素直に受け止めましょう。

いつも目にする鏡のように可愛く写真を撮るには?

いつも目にする鏡のように可愛く写真を撮るには、どのようにしたら良いのでしょうか?
それには、まず研究が必要です。
鏡の中では良い顔になっても、写真の中ではイマイチなのだとしたら、角度を色々変えて、鏡の中の自分に負けないようなベストな位置を探りましょう。

そして、角度が決まったら、次は表情です。
自分の中では自然な笑顔だと思ったのに、変な写り方をしてしまうのであれば、口角の上げ方や、目の開き具合が不自然なのかも知れません。
こちらも何度も写真を撮って、どんな表情筋の動かし方をすれば、素敵な笑顔になるか、研究してみましょう。

自分の中でのベストな角度と表情が決まれば、いつ写真を撮ることになっても、すぐに素敵な笑顔を作ることが出来るようになります。
それと一緒に、体の向きも、出来るだけスタイルが良く見えるような向きを探っておけば、「太って見える」などの悲劇を防ぐことが出来ます。

鏡と全然違う!とならないために…写真写りが良くなる笑顔の作り方

「鏡と全然違う!」とならないために、写真写りが良くなる笑顔の作り方をご紹介します。

まず、良い笑顔を作るには、表情筋を鍛えることが大切です。
表情筋の動きが良く、表情が豊かな人は、写真写りも良いです。
そのためには、鏡を見ながらさまざまな変顔をして、顔面トレーニングをしてみましょう。
自分の表情をチェックできるだけではなく、表情筋を鍛えることも出来ますから、一石二鳥です。
また、顔全体の筋肉を使って「あ・い・う・え・お」と全力で顔を動かすのも効果的です。
声に出す必要はありませんが、朝晩5~10セットほど行いましょう。

次に、写真写りを良くするポイントですが、「写真を撮る時に、鼻から息を吸い込む」というものがあります。
これをすると、鼻筋が通り、すっきりとした表情を出すことが出来ます。
また、息を吸うと自然と背筋も伸びますので、良い姿勢になり、写真写りも良くなります。
しかし、息を吸う時に気合を入れすぎて、小鼻を膨らませないように気をつけましょう。