鏡と写真で全然違うのはなぜ?顔の印象の摩訶不思議

鏡と写真で印象が全然違うと思ったことありませんか?

なぜそこまで鏡と写真で印象が全然違うのはなぜなのでしょうか。鏡と写真で顔が全然違うけどどれが本当の顔なのでしょうか。

鏡と写真で全然違うのはなぜ?について詳しく調べてみました。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

猫が後ろ足を触られると嫌がる理由を理解して上手に付き合おう

猫を飼い始めるとどうしてもいろいろなところを触りたくなってしまいますが、実は後ろ足を触られることを猫...

氷をキレイな透明に!家庭の冷凍庫でできる透明な氷の作り方

家の冷凍庫で透明の氷を作りたいと思っても、どうしても白っぽくなってしまって売っているようなキレイに透...

玄関のドアノブ交換をしてくれるのは?費用やかかる時間について

玄関のドアノブ交換が必要となったときには、どこに頼んだらいいのでしょうか?玄関は家の防犯に関わる場所...

マンガや小説のキャラの名前の付け方を知りたい

マンガや小説が好きな人は、それが高じて自分なりのオリジナルストーリーを考えたりしますよね。その時...

バラの花びらを長く楽しみたい!茶色く枯らさずに花を生ける方法

バラの切り花を部屋に飾り、美しい花びらを楽しみたいと考えている人の中には、なるべく花を長持ちさせたい...

アクセルとブレーキどっちか分からなくなる踏み間違いの危険性

アクセルとブレーキは普段ならどっちを踏むべきかすぐに判断つくものですが、よくニュースで踏み間違い事故...

柔軟剤の匂いを消す方法とは?アイデアをご紹介します

柔軟剤の種類も増え、自分好みの匂いがするものを探すことも楽しいですよね。でも、柔軟剤を入れす...

アイロンのかけ方【スチームのコツ】上手な使い方と注意点

アイロンのかけ方はスチームをうまく活用することでより満足のいく仕上がりになります。スチームを使えば素...

救急車要請の番号、119の上手なかけ方を知っておこう!

救急車を呼ぶ経験なんて今後あるのかどうかと思っていませんか?いつ誰が救急車を呼ぶ事態に直面するか...

粗品タオルの使い道で節約もリメイクも簡単に楽しむコツとは

粗品でもらうタオルの使い道に悩む人も多いのではないでしょうか。毎年何かと頂き物でもらう粗品の...

太ももの裏の筋肉をなくす方法!筋肉太りもスッキリキレイな脚に

太ももの裏についてしまった筋肉をなくす方法が知りたいという人もいますよね。細くてスラット伸びたキレイ...

韓国の人が初対面でも年齢を聞くことの意味と韓国のマナーとは

韓国の人と会った時に、初対面でも年齢を聞かれることがあります。初対面でいきなり年齢を聞くのは...

商品の交換にレシートが必要な理由と交換できる条件について

購入した商品の交換や返品をしたい場合、レシートが必要だと言われることがほとんどでしょう。しか...

小学生が剣道の試合で勝つためのコツと親としてできること

子どもが剣道の試合に初めて出るとなると、なんとか勝ってほしいと親なら誰でも思ってしまうでしょう。...

居酒屋でバイトをする人共感。あるあるネタの色々なバージョン

学生さんのやりたいと思うバイトに居酒屋のバイトも人気があります。男女問わずに働くことが出来る...

スポンサーリンク

鏡と写真で印象が全然違うのはなぜ?

鏡と写真で印象が全然違うのはなぜなのでしょうか?

それは、「自分が見慣れていないから」です。
人間の顔で完全な左右対称の人は滅多にいません。
わずかに左右どちらかの目が大きかったり、小さかったり、片方だけ一重だったり、二重だったり、鼻や口だって、左右どちらかに曲がっていることだってあります。
鏡は、自分の顔が反転して目に映ります。
対して写真は、自分の顔そのままのものが写し出されています。

ですので、例えば右側の目が少し大きい状態が自分の顔だと認識していたのに、写真では右側の目が小さいように見え、その違和感から「鏡と違う」と思ってしまうのです。
そんな見慣れない不安感から、「写真写りが悪い」と思い込む原因にもなります。
確かに、微妙に違和感を感じる自分の顔より、いつもの見慣れた自分の顔のほうが安心しますよね。
違和感を感じないために出来ることは、「写真の自分に慣れること」です。
たくさん写真を撮って、違和感を払拭しましょう。

鏡に写るいつもの自分と写真が全然違うのは光の当て方も関係している

「洗面所で見る顔ならイケてるのに」、「ドレッサーの前なら美人なのに」そんな風に思ったことはありませんか?
鏡に写るいつもの自分と写真が全然違うのは、光の当て方も関係していることもあります。

洗面所やドレッサーは化粧がしやすいように、通常より多めの照明がつけられていることがあります。
顔にたくさんの光があたれば、シワやたるみなどが目立たなくなり、見た目のアラが少なくなります。
しかし、写真を撮る時は、プロのカメラマンでもない限りは、光の当たり方などは気にすることはありません。

そうすると、角度や天気によっては、顔に影が出来て、妙に老けているように写ってしまうことがあるのです。
ですので、本気で写りの良い写真を取りたいのであれば、ミニのレフ板など、自分の顔に光が当たるような小道具を準備しましょう。

鏡と写真で顔が全然違うけどどれが本当の顔なの?

「鏡と写真で顔が全然違うけどどれが本当の顔なの?」
こんなこと思ったことはありませんか?

鏡を見ながらメイクをしている時は、出来るだけ自分がキレイに見える角度で確認すると思います。
適度に目を大きくしたり、二重あごにならない角度に調整したりしていませんか?
ですが、写真を撮るときには、自撮りでない限りは、自分の中でのベストな角度を見つけるのが難しくなります。
そのため、写真を見た時に、半目になってしまったり、不必要に目を見開いてしまったりなど、残念な写真に仕上がってしまうことは、あるあるですよね。
実際に写真を取る時に顔が引きつってしまって、写真写りが悪い人もいますが、周りの人に聞いた時に「いつもと同じだよ」と言われた場合は、写真写りが悪いのではなく、それがありのままのあなたですから、素直に受け止めましょう。

いつも目にする鏡のように可愛く写真を撮るには?

いつも目にする鏡のように可愛く写真を撮るには、どのようにしたら良いのでしょうか?
それには、まず研究が必要です。
鏡の中では良い顔になっても、写真の中ではイマイチなのだとしたら、角度を色々変えて、鏡の中の自分に負けないようなベストな位置を探りましょう。

そして、角度が決まったら、次は表情です。
自分の中では自然な笑顔だと思ったのに、変な写り方をしてしまうのであれば、口角の上げ方や、目の開き具合が不自然なのかも知れません。
こちらも何度も写真を撮って、どんな表情筋の動かし方をすれば、素敵な笑顔になるか、研究してみましょう。

自分の中でのベストな角度と表情が決まれば、いつ写真を撮ることになっても、すぐに素敵な笑顔を作ることが出来るようになります。
それと一緒に、体の向きも、出来るだけスタイルが良く見えるような向きを探っておけば、「太って見える」などの悲劇を防ぐことが出来ます。

鏡と全然違う!とならないために…写真写りが良くなる笑顔の作り方

「鏡と全然違う!」とならないために、写真写りが良くなる笑顔の作り方をご紹介します。

まず、良い笑顔を作るには、表情筋を鍛えることが大切です。
表情筋の動きが良く、表情が豊かな人は、写真写りも良いです。
そのためには、鏡を見ながらさまざまな変顔をして、顔面トレーニングをしてみましょう。
自分の表情をチェックできるだけではなく、表情筋を鍛えることも出来ますから、一石二鳥です。
また、顔全体の筋肉を使って「あ・い・う・え・お」と全力で顔を動かすのも効果的です。
声に出す必要はありませんが、朝晩5~10セットほど行いましょう。

次に、写真写りを良くするポイントですが、「写真を撮る時に、鼻から息を吸い込む」というものがあります。
これをすると、鼻筋が通り、すっきりとした表情を出すことが出来ます。
また、息を吸うと自然と背筋も伸びますので、良い姿勢になり、写真写りも良くなります。
しかし、息を吸う時に気合を入れすぎて、小鼻を膨らませないように気をつけましょう。