鏡と写真で全然違うのはなぜ?顔の印象の摩訶不思議

鏡と写真で印象が全然違うと思ったことありませんか?

なぜそこまで鏡と写真で印象が全然違うのはなぜなのでしょうか。鏡と写真で顔が全然違うけどどれが本当の顔なのでしょうか。

鏡と写真で全然違うのはなぜ?について詳しく調べてみました。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ブリーチ後の黒染めをセルフでしない方が良い理由を解説します

ブリーチしたものの、就活などの理由で黒髪に戻したいと思った時に一番に思いつくのは「セルフでの黒染め」...

ネズミ捕りで警察から逃げるとどうなる?後で待っていることとは

オービスがある場所はだいたいわかるからスピードの出しすぎには注意するけど、ネズミ捕りはどこでやってい...

家の蜘蛛は縁起が良い?朝と夜の蜘蛛・蜘蛛にまつわる縁起の話

蜘蛛にまつわる縁起の話について聞いた事がある人もいるのではないでしょうか。家に蜘蛛を発見した...

お歳暮といえばカニ!北海道のお歳暮を贈る時期など紹介します!

お歳暮といえばカニ!北海道から送られてくるお歳暮で人気なのはカニではないでしょうか?北海道の...

2人暮らしにおすすめの部屋の広さは?お部屋選びの注意点

同棲を考えているカップルや、結婚が決まったカップルなど、新たに2人暮らしを考える時に悩むのが、お部屋...

原付の燃費をよくする走り方とは?ガソリン代を減らす方法

原付の燃費がだんだん下がってきたような・・?乗っていれば燃費は下がってくるものなの?いえいえ...

プラ板のキーホルダーを子どもと一緒に作るときのコツ

プラ板キーホルダーを子どもと一緒に作るときには、どんなことに気をつけたらいいのでしょうか?失...

小学校の水泳授業でゴーグルが必要と考えられる理由について

昔は小学校の授業で行われる水泳中にゴーグルの使用を禁止している学校もありましたが、今はほとんどで使用...

卓球初心者のコツはラリーをつなぐ練習で楽しみながら上達できる

卓球初心者でもコツを覚えると、ラリーも続くようになり卓球が楽しくなります。卓球が楽しくなるポイントと...

韓国の人が初対面でも年齢を聞くことの意味と韓国のマナーとは

韓国の人と会った時に、初対面でも年齢を聞かれることがあります。初対面でいきなり年齢を聞くのは...

瞳が茶色でも黒髪にしたい!瞳の色からオススメな髪色がわかる

瞳が茶色い人は黒髪が似合わないと言われるように、瞳の色によって似合う髪色が判断することができるそうで...

告別式での弔辞の言葉…孫が読む場合の文章の書き方とは

告別式で親族代表として孫が挨拶を行うケースが増えてきています。でも、そんな大役を任せられてもどんなこ...

香水は足首両方がオススメな理由と失敗しないつけ方のコツ

香水は足首の両方につけるのがベストな場所だってご存知でしたか?では、どうして香水は足首の両方...

水筒のお茶がまずくなる原因は?水筒のお茶を美味しく飲む方法

エコや節約のために、マイ水筒にお茶を入れて持参している人もいますよね。でも、水筒に入れたお茶は時間が...

ガラスの曇り止めに効く裏技!お風呂場の曇りもこれでさようなら

お風呂場のガラスは曇りやすいですが、身近なもので曇り止めができる裏技があるって知っていますか?特...

スポンサーリンク

鏡と写真で印象が全然違うのはなぜ?

鏡と写真で印象が全然違うのはなぜなのでしょうか?

それは、「自分が見慣れていないから」です。
人間の顔で完全な左右対称の人は滅多にいません。
わずかに左右どちらかの目が大きかったり、小さかったり、片方だけ一重だったり、二重だったり、鼻や口だって、左右どちらかに曲がっていることだってあります。
鏡は、自分の顔が反転して目に映ります。
対して写真は、自分の顔そのままのものが写し出されています。

ですので、例えば右側の目が少し大きい状態が自分の顔だと認識していたのに、写真では右側の目が小さいように見え、その違和感から「鏡と違う」と思ってしまうのです。
そんな見慣れない不安感から、「写真写りが悪い」と思い込む原因にもなります。
確かに、微妙に違和感を感じる自分の顔より、いつもの見慣れた自分の顔のほうが安心しますよね。
違和感を感じないために出来ることは、「写真の自分に慣れること」です。
たくさん写真を撮って、違和感を払拭しましょう。

鏡に写るいつもの自分と写真が全然違うのは光の当て方も関係している

「洗面所で見る顔ならイケてるのに」、「ドレッサーの前なら美人なのに」そんな風に思ったことはありませんか?
鏡に写るいつもの自分と写真が全然違うのは、光の当て方も関係していることもあります。

洗面所やドレッサーは化粧がしやすいように、通常より多めの照明がつけられていることがあります。
顔にたくさんの光があたれば、シワやたるみなどが目立たなくなり、見た目のアラが少なくなります。
しかし、写真を撮る時は、プロのカメラマンでもない限りは、光の当たり方などは気にすることはありません。

そうすると、角度や天気によっては、顔に影が出来て、妙に老けているように写ってしまうことがあるのです。
ですので、本気で写りの良い写真を取りたいのであれば、ミニのレフ板など、自分の顔に光が当たるような小道具を準備しましょう。

鏡と写真で顔が全然違うけどどれが本当の顔なの?

「鏡と写真で顔が全然違うけどどれが本当の顔なの?」
こんなこと思ったことはありませんか?

鏡を見ながらメイクをしている時は、出来るだけ自分がキレイに見える角度で確認すると思います。
適度に目を大きくしたり、二重あごにならない角度に調整したりしていませんか?
ですが、写真を撮るときには、自撮りでない限りは、自分の中でのベストな角度を見つけるのが難しくなります。
そのため、写真を見た時に、半目になってしまったり、不必要に目を見開いてしまったりなど、残念な写真に仕上がってしまうことは、あるあるですよね。
実際に写真を取る時に顔が引きつってしまって、写真写りが悪い人もいますが、周りの人に聞いた時に「いつもと同じだよ」と言われた場合は、写真写りが悪いのではなく、それがありのままのあなたですから、素直に受け止めましょう。

いつも目にする鏡のように可愛く写真を撮るには?

いつも目にする鏡のように可愛く写真を撮るには、どのようにしたら良いのでしょうか?
それには、まず研究が必要です。
鏡の中では良い顔になっても、写真の中ではイマイチなのだとしたら、角度を色々変えて、鏡の中の自分に負けないようなベストな位置を探りましょう。

そして、角度が決まったら、次は表情です。
自分の中では自然な笑顔だと思ったのに、変な写り方をしてしまうのであれば、口角の上げ方や、目の開き具合が不自然なのかも知れません。
こちらも何度も写真を撮って、どんな表情筋の動かし方をすれば、素敵な笑顔になるか、研究してみましょう。

自分の中でのベストな角度と表情が決まれば、いつ写真を撮ることになっても、すぐに素敵な笑顔を作ることが出来るようになります。
それと一緒に、体の向きも、出来るだけスタイルが良く見えるような向きを探っておけば、「太って見える」などの悲劇を防ぐことが出来ます。

鏡と全然違う!とならないために…写真写りが良くなる笑顔の作り方

「鏡と全然違う!」とならないために、写真写りが良くなる笑顔の作り方をご紹介します。

まず、良い笑顔を作るには、表情筋を鍛えることが大切です。
表情筋の動きが良く、表情が豊かな人は、写真写りも良いです。
そのためには、鏡を見ながらさまざまな変顔をして、顔面トレーニングをしてみましょう。
自分の表情をチェックできるだけではなく、表情筋を鍛えることも出来ますから、一石二鳥です。
また、顔全体の筋肉を使って「あ・い・う・え・お」と全力で顔を動かすのも効果的です。
声に出す必要はありませんが、朝晩5~10セットほど行いましょう。

次に、写真写りを良くするポイントですが、「写真を撮る時に、鼻から息を吸い込む」というものがあります。
これをすると、鼻筋が通り、すっきりとした表情を出すことが出来ます。
また、息を吸うと自然と背筋も伸びますので、良い姿勢になり、写真写りも良くなります。
しかし、息を吸う時に気合を入れすぎて、小鼻を膨らませないように気をつけましょう。