子供の髪型をツーブロックにしたい!切り方やポイントを紹介

子供の髪型をツーブロックにするときには、どんな準備をしておけばいいのでしょうか?また、切り方とは?

短い髪も、ツーブロックにすることでメリハリがでてかっこよくなりますよね。そんな男前な髪型ツーブロックのコツやポイントを紹介します。

失敗しないポイントはラインを決めることなので、そこだけきちんと準備をしてから切るようにしましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ウォシュレットから水漏れ?床が濡れている原因とその対処法

ウォシュレットから水漏れしたのか、床が濡れている場合があります。ウォシュレットの寿命は早くて10...

缶のプルタブは昔の話?イージーオープン缶の今と昔

缶にプルタブが付いていたのは昔の話、気がつくと見かけなくなりましたよね。実はプルタブが無くな...

車は回転数を下げれば燃費が良くなる?燃費を上げる運転方法

車の燃費は回転数で違ってくる?車の燃費をよくするには、どのような運転をこころがけたらいいのでしょうか...

車が雪道でスリップしないための運転方法と対処法について解説!

車で雪道を運転することになったら、一番心配なことは「スリップ」ですよね。スリップしないために...

雨の日に掃除機はおすすめ!窓を開けて換気しながらカビ対策!

雨の日は窓を開けて換気することができないから掃除機はかけないという人もいますよね。でも、実は雨の日っ...

傘の固定グッズ!100均にある様々なタイプの傘立てをご紹介

傘の固定グッズを探している方!100均にも様々な傘の固定グッズがありますよ。また本来は杖や掃...

水彩で背景を描きたい時の描き方!水の量を調節するのがポイント

水彩で背景を上手く描きたい!そんなあなたに、描き方のポイントについて詳しくご説明します。水彩は段...

服の枚数の平均や必要平均枚数と簡単に減らす方法や着回しのコツ

服の枚数の平均について、特に女性の場合は必要以上に服を持っている人もいるでしょう。では、持っていても...

見た目がそっくり?ブリ、カンパチ、ヒラマサの見分け方とは

ブリとカンパチ、ヒラマサを見比べたことありますか?どれも違う魚なのに、その見た目はそっくりなんです。...

朝のトースト2枚は多いか少ないかみんなの意見と太らない食べ方

朝パン派の人は、トーストは何枚食べますか?1枚だとすぐにお腹が空くし、2枚だと多いような気が...

朝に音楽を聴いたら癒しの効果があるって本当?

世の中の人達の中には、朝、眠い目をこすりながら起き、半ば寝ているような状態で出勤したり、登校している...

卵の孵化!スーパーの卵でも孵化するって本当?噂の真相

スーパーの卵が孵化するって話を聞いたことがありますか?子供の頃は鶏卵も温めれば、ひよこになるのでは?...

100均のアイテムでカバンの中をすっきり整理!便利な収納テク

カバンの中から何かを出そうと思っても、物が多過ぎて探したいものがなかなか見つからない…、そんな経験は...

ファンヒーターに灯油が入れっぱなし!使えるかどうかの基準とは

寒くなってきてファンヒーターを使おうと出してみたら、去年使い切れなかった灯油が入れっぱなしになった、...

100均グッズで手作りインテリアを作ろう。色々なアイディア

100均の小物たちがおしゃれなインテリアになります。そのまま飾っても素敵な商品はたくさんあり...

スポンサーリンク

子供の髪型をツーブロックにするときに必要なもの

子供の髪型は、親が切っているという家庭も多いでしょう。

子供が小さくてやんちゃなうちは、美容院に連れていっても大人しくしていないということは容易に想像が付きます。

それなら、自宅でバリカンを使って好きなようにカットする方が良いですよね。バリカンもどんどん進化しているので、バリカン=丸坊主というのは昔の話。

美容師顔負けのナチュラルな仕上がりになるバリカンもたくさん出ています。

男の子から男性の髪型の中でも人気があるヘアスタイルが、「ツーブロック」

ツーブロックヘアとは

その名の通り、頭の上と下という2つのブロックで髪の長さを変えたヘアスタイルのこと。

頭の下半分を刈り込んで短くし、上半分をそれより長めにした髪型なので、サイドに髪がない分、スッキリ見え、爽やかな印象を与えます。

子供だけではなく、大人の男性にも人気が高い髪型です。

どこにブロックの境界を持ってくるかというのも変えられるので、もみあげから少し上までを刈った髪型にしたり、逆に高い位置まで刈り込んだ髪型にもできます。

境界線の位置や残す髪の長さによって、髪型から受ける印象は変わります。

ツーブロックはバリカンで短く刈り込み、すきバサミで長い髪を整える

セルフカットでツーブロックにする場合、必要な道具は、”バリカン”です。

特に、短く刈り込むツーブロックでは、はさみで切っていくのはひと苦労ですし、長さもバラバラになってしまいます。

上のブロックに残す髪を切ったり揃えるために、すきバサミやはさみ、コームもあると良いでしょう。

切った髪の毛が皮膚に付くと、子供がムズがるので、タオルを首に巻き散髪ケープなどもあると便利です。

ツーブロックの髪型にするときの流れ

ツーブロックは、一見簡単そうに見えますが、ポイントを抑えていないと、難しい髪型です。

特に、ブロックの位置が正面から見た時に曲がっていたり、ズレていると、バランスが悪くなってしまいます

ポイントはまずブロックの位置をしっかり決めること

そして、正面から見た時に、左右対象になっているかを確認することも忘れずに。

ブロックの位置を決める時には、ピンなどで髪を留めてサイドから後頭部にかけて頭を半周するラインを決めます。

ラインは、まっすぐでも良いですが、後頭部にかけてV字型になるようなブロック分けも人気があります。

ブロック分けをしたらサイドから刈り込み、後頭部につなげる

サイドから刈り込み、後頭部をサイドをつなげるように同様に刈っていきましょう。

上ブロックの髪を長めにすることで、ブロックの境界線が隠れるので、自然なツーブロックになります。

上のブロックは頭の頂点にかけてボリュームが出るようにすきバサミで自然にカットしていきます。

子供の髪型をツーブロックにするときのポイント

髪型をツーブロックにする時に一番重要な工程がブロック分けです。

ブロック分けがガタガタだったりすると、ツーブロックの魅力である爽やかな印象が薄れてしまいます。

特に短めに刈り込む場合は、ブロック分けに失敗してしまうとやり直しがきかないこともあるので、慎重に行いましょう。

左右対称になっているかということはツーブロックの肝

バリカンでカットしていく時も、左右を同じ角度や力加減でカットしていかないと、仕上がりが左右で違ってしまいます。

右側と左側で長さが揃っていることはもちろんですが、正面から見た時にサイドのブロックの位置が対象になっているということもツーブロックの肝と言える重要な部分です。

美容院のように正面に鏡があれば確認できますが、自宅でカットする場合は何度も正面から見て確認しながらカットしていきましょう。

アタッチメントは何ミリ?子供のツーブロック

夏が近づくと、伸びた髪をバッサリカットしてスッキリしたい気持ちが強くなりますね

特に、一日中動き回ってたくさん汗をかく男児の髪は、短くカットしてやりたくなる親御さんも多いのではないでしょうか。

髪を全体に短くするのに活躍するのが”バリカン”です。

失敗が少ないツーブロックヘアは6mmのアタッチメントを使って

バリカンには、付属のアタッチメントという部品を使うことで刈る長さを変えることが可能です。

ツーブロックの場合、頭の下半分のブロックを短めにカットするので、バリカンを使うときれいに刈り上げることが出来、便利です。

一番短いアタッチメントで3mm、その後は3mm刻みで、6mm、9mm、12mmなど数種類のアタッチメントが揃っているバリカンが一般的です。

3mmのアタッチメントは、頭の皮膚が白く見えるほど短いカットになります。

失敗のないツーブロックにするためには、3mmのアタッチメントは避けた方が無難

ナチュラルなツーブロックに仕上げるために、使用する一般的なアタッチメントは、6mm前後がおすすめです。

6mmのアタッチメントを使って下ブロックを刈ることで、短すぎず、かと言って長すぎない自然なツーブロックヘアにすることが出来ます。

子供をツーブロックにするのが不安なときはお店に行きましょう

私が幼稚園に通っていた頃、母に前髪を切ってもらっていたのですが、ある時カットしていくにつれ前髪がどんどん右上がりの斜めになってしまい、修正していったらものすごく短くなってしまって泣いて怒りまくったことがあります…。

次の日は、泣きはらした目で幼稚園に行き、被っていた帽子をなかなか取らなかったみたいです(泣)

子供のカットは、奇抜なヘアスタイルでなければセルフカットの方が節約にもなる

親がカットする機会もあると思いますが、このような失敗も起こりやすいもの。

子供の髪をツーブロックにしようと、雑誌に載っていたヘアスタイルを見ながら、あるいはスマホでカット方法を検索しながらカットしても、実際にやってみると難しいこともあります。

ツーブロックヘアをカットするためには、ブロッキングやブロックの境界線を適切に取ることがポイント

ひと通りやり方を見ても、いまいち不安が残るという場合、一度美容院でツーブロックヘアにしてもらい、間近でカットの仕方を見てからセルフカットに挑戦してみるという方法もおすすめです。

一度カットのやり方を見ることで、カットのコツなどもつかめ、セルフカットが上手くいきやすいですよ。