子供の髪型をツーブロックにしたい!切り方やポイントを紹介

子供の髪型をツーブロックにするときには、どんな準備をしておけばいいのでしょうか?また、切り方とは?

短い髪も、ツーブロックにすることでメリハリがでてかっこよくなりますよね。そんな男前な髪型ツーブロックのコツやポイントを紹介します。

失敗しないポイントはラインを決めることなので、そこだけきちんと準備をしてから切るようにしましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

会社の椅子にはダニがいる可能性が。駆除する方法とやり方

太ももの後ろの辺りがかゆい、よくみると噛まれたような小さな跡がある場合、それはダニの仕業かもしれませ...

グラスやコップの収納術!使いやすさを目的にした収納方法

グラスやコップの収納に困っていませんか?気が付くと意外と増えているのがグラスやコップ。普段使うも...

電波時計が受信しない時の解決策!受信しない原因と対処法を解説

電波時計を使用している人の中には、使っている電波時計が電波を受信しないことに頭を悩ませている人もいる...

居酒屋でバイトをする人共感。あるあるネタの色々なバージョン

学生さんのやりたいと思うバイトに居酒屋のバイトも人気があります。男女問わずに働くことが出来る...

家族で楽しむクリスマス!夕食はお子様と一緒に自宅ディナー

毎年のクリスマスはどのように過ごすことが多いですか?主婦の皆さんは、やはり自宅で家族と過ごす...

栗の賞味期限は意外と短い!茹でた栗は冷凍保存しよう!

栗ってついたくさん買ってしまって、一気に茹でたものの食べ切れなくて余ってしまうこともありますよね。...

太ももの裏の筋肉をなくす方法!筋肉太りもスッキリキレイな脚に

太ももの裏についてしまった筋肉をなくす方法が知りたいという人もいますよね。細くてスラット伸びたキレイ...

子供のピアノの練習が始まると怒る親。今すぐ解決しよう

子供の習い事の中でも人気のピアノですが、練習が始まるとつい怒ってしまっていませんか?怒りたく...

鍋とフライパンの違いは?フライパンは便利に使える鍋の一種

これから一人暮らしを始める人は、新生活に必要な色々なものを揃えなくてはなりません。少しでも購入費用を...

洗濯は洗剤なしでも効果アリ!汚れやニオイも落とせます

洗濯する時に使用する洗濯用洗剤。しかし、洗剤なしの方がお金もかからないし、洋服にも体にもいいのでは?...

学習机を解体してリメイクしよう!雰囲気が一変するリメイク術

子供が大きくなると不要になるのが学習机。そのまま捨てるのではなく、一部解体してリメイクしてはいかがで...

お風呂の椅子の水垢対策でオススメな掃除法や予防するコツ

お風呂の椅子っていつの間にか頑固な水垢がこびりついている!なんてことはありますよね。では、そ...

シベリアンハスキーは子犬の頃が一番かわいい!

犬は種類が豊富で、体が小さいものから大きいもの、毛が短いものからフカフカなものまで数多くいます。...

部屋の加湿器を手作りしよう!身近にある物で簡単に作れます!

冬など乾燥が気になる季節になると、加湿器の出番ですよね。でも各部屋に加湿器を置くとなるとお金もかかる...

エアコンの暖房が効かない原因と対処法!温かい部屋にする方法

部屋の温度が低くて部屋を温めたいのに、エアコンの暖房が効かないことに頭を悩ませている人もいるのではな...

スポンサーリンク

子供の髪型をツーブロックにするときに必要なもの

子供の髪型は、親が切っているという家庭も多いでしょう。

子供が小さくてやんちゃなうちは、美容院に連れていっても大人しくしていないということは容易に想像が付きます。

それなら、自宅でバリカンを使って好きなようにカットする方が良いですよね。バリカンもどんどん進化しているので、バリカン=丸坊主というのは昔の話。

美容師顔負けのナチュラルな仕上がりになるバリカンもたくさん出ています。

男の子から男性の髪型の中でも人気があるヘアスタイルが、「ツーブロック」

ツーブロックヘアとは

その名の通り、頭の上と下という2つのブロックで髪の長さを変えたヘアスタイルのこと。

頭の下半分を刈り込んで短くし、上半分をそれより長めにした髪型なので、サイドに髪がない分、スッキリ見え、爽やかな印象を与えます。

子供だけではなく、大人の男性にも人気が高い髪型です。

どこにブロックの境界を持ってくるかというのも変えられるので、もみあげから少し上までを刈った髪型にしたり、逆に高い位置まで刈り込んだ髪型にもできます。

境界線の位置や残す髪の長さによって、髪型から受ける印象は変わります。

ツーブロックはバリカンで短く刈り込み、すきバサミで長い髪を整える

セルフカットでツーブロックにする場合、必要な道具は、”バリカン”です。

特に、短く刈り込むツーブロックでは、はさみで切っていくのはひと苦労ですし、長さもバラバラになってしまいます。

上のブロックに残す髪を切ったり揃えるために、すきバサミやはさみ、コームもあると良いでしょう。

切った髪の毛が皮膚に付くと、子供がムズがるので、タオルを首に巻き散髪ケープなどもあると便利です。

ツーブロックの髪型にするときの流れ

ツーブロックは、一見簡単そうに見えますが、ポイントを抑えていないと、難しい髪型です。

特に、ブロックの位置が正面から見た時に曲がっていたり、ズレていると、バランスが悪くなってしまいます

ポイントはまずブロックの位置をしっかり決めること

そして、正面から見た時に、左右対象になっているかを確認することも忘れずに。

ブロックの位置を決める時には、ピンなどで髪を留めてサイドから後頭部にかけて頭を半周するラインを決めます。

ラインは、まっすぐでも良いですが、後頭部にかけてV字型になるようなブロック分けも人気があります。

ブロック分けをしたらサイドから刈り込み、後頭部につなげる

サイドから刈り込み、後頭部をサイドをつなげるように同様に刈っていきましょう。

上ブロックの髪を長めにすることで、ブロックの境界線が隠れるので、自然なツーブロックになります。

上のブロックは頭の頂点にかけてボリュームが出るようにすきバサミで自然にカットしていきます。

子供の髪型をツーブロックにするときのポイント

髪型をツーブロックにする時に一番重要な工程がブロック分けです。

ブロック分けがガタガタだったりすると、ツーブロックの魅力である爽やかな印象が薄れてしまいます。

特に短めに刈り込む場合は、ブロック分けに失敗してしまうとやり直しがきかないこともあるので、慎重に行いましょう。

左右対称になっているかということはツーブロックの肝

バリカンでカットしていく時も、左右を同じ角度や力加減でカットしていかないと、仕上がりが左右で違ってしまいます。

右側と左側で長さが揃っていることはもちろんですが、正面から見た時にサイドのブロックの位置が対象になっているということもツーブロックの肝と言える重要な部分です。

美容院のように正面に鏡があれば確認できますが、自宅でカットする場合は何度も正面から見て確認しながらカットしていきましょう。

アタッチメントは何ミリ?子供のツーブロック

夏が近づくと、伸びた髪をバッサリカットしてスッキリしたい気持ちが強くなりますね

特に、一日中動き回ってたくさん汗をかく男児の髪は、短くカットしてやりたくなる親御さんも多いのではないでしょうか。

髪を全体に短くするのに活躍するのが”バリカン”です。

失敗が少ないツーブロックヘアは6mmのアタッチメントを使って

バリカンには、付属のアタッチメントという部品を使うことで刈る長さを変えることが可能です。

ツーブロックの場合、頭の下半分のブロックを短めにカットするので、バリカンを使うときれいに刈り上げることが出来、便利です。

一番短いアタッチメントで3mm、その後は3mm刻みで、6mm、9mm、12mmなど数種類のアタッチメントが揃っているバリカンが一般的です。

3mmのアタッチメントは、頭の皮膚が白く見えるほど短いカットになります。

失敗のないツーブロックにするためには、3mmのアタッチメントは避けた方が無難

ナチュラルなツーブロックに仕上げるために、使用する一般的なアタッチメントは、6mm前後がおすすめです。

6mmのアタッチメントを使って下ブロックを刈ることで、短すぎず、かと言って長すぎない自然なツーブロックヘアにすることが出来ます。

子供をツーブロックにするのが不安なときはお店に行きましょう

私が幼稚園に通っていた頃、母に前髪を切ってもらっていたのですが、ある時カットしていくにつれ前髪がどんどん右上がりの斜めになってしまい、修正していったらものすごく短くなってしまって泣いて怒りまくったことがあります…。

次の日は、泣きはらした目で幼稚園に行き、被っていた帽子をなかなか取らなかったみたいです(泣)

子供のカットは、奇抜なヘアスタイルでなければセルフカットの方が節約にもなる

親がカットする機会もあると思いますが、このような失敗も起こりやすいもの。

子供の髪をツーブロックにしようと、雑誌に載っていたヘアスタイルを見ながら、あるいはスマホでカット方法を検索しながらカットしても、実際にやってみると難しいこともあります。

ツーブロックヘアをカットするためには、ブロッキングやブロックの境界線を適切に取ることがポイント

ひと通りやり方を見ても、いまいち不安が残るという場合、一度美容院でツーブロックヘアにしてもらい、間近でカットの仕方を見てからセルフカットに挑戦してみるという方法もおすすめです。

一度カットのやり方を見ることで、カットのコツなどもつかめ、セルフカットが上手くいきやすいですよ。