サングラスは安い物でも効果があるかどうか。ポイントはカット率

日差しが気になる季節は、サングラスをかける機会も増えますね。

サングラスには色々なタイプがあり、価格も百円ショップで買えるものから高価なものまで様々ですね。

そこで気になるのが、安いサングラスには効果があるのかという事ではないでしょうか。

一番大事なことは、紫外線をカットする効果があるかどうかということです。
コスパ重視の方のサングラス選びのポイントを紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

婿養子のメリット・デメリットと『婿入り』と『婿養子』の違い

婿養子にはメリットとデメリットがあります。『婿入り』と『婿養子』は違います。昔話などで聞...

一人暮らしの貯金事情と毎月しっかり貯金をするコツ

「一人暮らしをして毎月しっかり貯金するなんて無理」と諦めていませんか?1人暮らしでも家計をしっか...

アパートの騒音問題!下の階がうるさい時の解決策と注意点

アパートの騒音問題は多く、下の階からの生活音や話し声、バタバタと子供が走り回る音に悩まされる人はたく...

オリーブの栽培は寒冷地でも可能?栽培できる地域と栽培の方法

オリーブを栽培しようと思っている人や実際に栽培している人の中には、寒冷地でも栽培することが可能なのか...

浴室の折戸の掃除方法!汚れやすい原因と掃除の手順

浴室の掃除というと、バスタブの汚れや床の汚れ、また曇りやすい鏡の掃除も欠かせません。そこでついつ...

ピアノの和音は指先の力加減、音のバランスが重要なポイント

子供が弾くピアノの和音について「指先の力を加えてしっかり弾きなさい」と言っている方も多いのではないで...

ポケットポーチの作り方!100均の材料を使った簡単な作り方

小学生や幼稚園の女子に人気のポケットポーチ。ポケットのない洋服のときでもハンカチやティッシュを持ち歩...

革靴を長持ちさせる防水スプレーの使い方を紹介

どんな素敵な靴でも、きちんと手入れをしないと、時間が経つごとに残念な見た目になってしまいます。特...

ストレートのボブにしたい人のためのおすすめショートボブ

今はパーマをかけていても、季節が変わるとストレートにしたい、ボブにしてみたいと思う女性の多いのではな...

No Image

舞茸の天ぷらをべちゃべちゃにしないでカラっと揚げる方法

舞茸の天ぷらはべちゃべちゃになりやすいですよね。どうしてお店の舞茸の天ぷらは時間がたってもカラっとし...

アルミのフライパンがくっつく原因とはアルミフライパンの使い方

アルミのフライパンはくっつくから、なかなか手が出せないという人が多いのではないでしょうか?ア...

プラバンの作り方!気になる色塗りの方法やポイント

小さい頃にプラバンを使って遊んだ方も多いのではないでしょうか?プラバンを使うと簡単にキーホルダーやチ...

No Image

ボールペンのインクが分離してしまう原因と対処法

いざボールペンを使おうと思ったのにインクが出ないことありますよね。インクはたくさん入っているはずなの...

IQの平均とは?日本人や世界の国々について徹底調査!

自分のIQがどのくらいなのかたとえ期待はしていなくても、平均よりも上なのか下なのか気になりますよね。...

【赤ちゃんの手づかみ食べ】離乳食中期の赤ちゃんの食事について

離乳食中期になると、自分の手で食事を口に運びたがる赤ちゃんも出てきます。洋服やテーブルが汚れてしまう...

スポンサーリンク

安いサングラスの効果は?目によく無いというのは本当なのでしょうか

色々な種類のサングラスが市販されていて、お値段もバラバラです。

とても安いサングラスも、ファストショップや雑貨屋さんなどで普通に売られていますが、サングラスとしての効果はあるのでしょうか。

サングラスの効果

  • 紫外線防止効果
  • 眩しさを抑える
  • 白内障など、UVカットが必要な人の眼を守る

紫外線は様々な悪影響を与えます。

日焼け止めをしっかりしていても、紫外線は眼からも入ってきてしまいます。
眼に入った紫外線も、全身のメラニンを増やしてしまったり肌へ悪影響をあたえてしまいます。

サングラスは、紫外線や眩しさを抑える事を目的としてありますが、安いサングラスの中には、ただ色が付いているだけで、紫外線を防いでくれる効果がないものもあります。

紫外線は色では防げません。色があるせいで見えにくくなり、自然と瞳孔が開いてしまいます。
そうすると更に紫外線からの悪影響を受けやすくなり、眼を傷めてしまう事になってしまいます。

なので、サングラスとしての重要な紫外線透過率をしっかりと見極め、紫外線カット効果のあるものを選びましょう。

安いサングラスは効果がない?重要なのは紫外線カット率でした

市販されているサングラスには、紫外線カットの有無、紫外線透過率が記載されています。

なので、紫外線透過率をしっかり見て選ぶようにしましょう。

また、見えにくいと瞳孔が自然とひらいてしまうので、色が濃すぎてしまうものよりも、薄めで自分が見えやすいものを選ぶといいでしょう。

人によって、乱視が強くて茶系や黄味がかっているものが見やすいなどと違ってきますので、見た目や好みだけではなく、実際にかけて試して見る事も大切です。

紫外線を防いでくれるものは、必ず「紫外線カット率」「紫外線透過率」などの記載があります。

「紫外線カット」とだけの記載のものは、もしかしたら気持ち程度しかない場合もありますので注意しましょう。

特に白内障があったりなど、眼科で紫外線カットをするように言われている方は気をつけましょう。

「コスパ重視」安いサングラス を選ぶ時に注意したい事と効果

安いサングラスでも効果があるものを探したい場合のコツがあります。

  • 紫外線カット率
    紫外線カット率は、紫外線がサングラスのレンズを通して、どの位眼に入ってくるかを示しています。なので、数値が高いものを選びましょう。
  • 紫外線透過率
    紫外線がどのくらい、サングラスのレンズを通してしまうかの数値になります。なので、数値が低いものを選びましょう。
  • UVカットレンズ
    「UV400」などと記載されているものもあります。
    UV400のレンズだと、紫外線を99パーセントカットしてくれる効果があります。UV380のレンズだと、紫外線を94パーセントカットしてくれる効果があります。
    紫外線を通しにくいコーティングがされているレンズと、レンズ自体に紫外線吸収剤が含まれているものがあります。コーティング剤は時間や使用によって、剥がれてきたり劣化してくることがありますので気をつけましょう。

紫外線カットの効果を期待。サングラス選びのポイント

紫外線をカットするために、濃い色のサングラスレンズを探していると言う人がたまにいますが、紫外線は色でカットするわけではありません。

紫外線をどの位カットするかというのは、紫外線カット率や、紫外線透過率、UVカット率などを見ないとわかりません。

もしも紫外線をカットする効果が殆どないレンズに濃い色をつけてしまっているものですと、何のレンズもつけていない時よりも紫外線の影響があらわれてしまう事がありますので注意が必要です。

また、紫外線は眼に悪い影響しか与えませんので、紫外線カットの効果のあるレンズのもので、しっかりと保護しましょう。

日光が目に与える影響とは

紫外線は、日焼けを防止するためにカットするという人は多いですが、他にも様々な悪影響を与えるのです。

そして、眼にも様々な害を与えます。上まぶたも下まぶたも、目の周りは、とても皮膚が薄くて敏感になっています。
そこに紫外線を受けてしまえば、シミやシワの原因になるのです。

日焼け止めクリームなどで紫外線を予防しても、眼からも紫外線が入っていきます。また、眼球にも害があります。