夏はリップが溶ける?その温度と溶けたリップの復活方法を解説

夏の暑い時期だと、化粧ポーチやポケットに入れておいたリップが溶けることもありますよね。

そこで気になるのがリップが溶ける温度。何度で溶けてしまうのでしょうか?溶けてしまったリップを復活させる方法とは?

夏は要注意!リップが溶ける温度や復活させる方法について説明します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

文鳥の鳴き声はオスとメスで違う!メスの鳴き声とそれぞれの性格

文鳥はオスとメスで鳴き声が違うということはご存知でしょうか。文鳥の性別を見分けるポイントが鳴き声だと...

テーブルの上のものを収納するための引き出しを後付けしてみよう

インテリア雑誌のようにリビングのテーブルの上はきれいにしておきたいと思ってはいても、なんでも置いてし...

「人間が怖い」と思われるような小説を書きたい

小説にはさまざまなジャンルがありますが、人間の恐怖にスポットを当てたものでも表現はいくつもあります。...

FFで雪道走行!スタッドレスタイヤの装着をして安全運転を

元々雪がたくさん降る雪国に住んでいる人であれば、雪が降るシーズンになるとタイヤ交換をして降雪や凍結路...

うずらの飼育は屋外でも可能?飼育方法や注意点について

うずらの飼育を考えている方、鶏の様に屋外での飼育は可能かどうか?飼育する際には気になるポイントですよ...

水筒のお茶がまずくなる原因は?水筒のお茶を美味しく飲む方法

エコや節約のために、マイ水筒にお茶を入れて持参している人もいますよね。でも、水筒に入れたお茶は時間が...

トイレの芳香剤を手作りしよう!使い終わったら掃除もできます

トイレ用芳香剤ってドラッグストアなどに行くといろいろな種類のものが販売されているものの、なかなか自分...

駐車禁止の罰金を払わない事で起こるリスクを詳しく解説

駐車禁止の違反によって罰金を払わないといけないのに、放置して払わないとどうなるのか。支払わな...

電車でスマホを見られるのを防止するには?オススメ防止方法

あなたのスマホ、覗き見されているかもしれませんよ・・。電車内では見るつもりがなくともスマホの画面が目...

出先で取りたい!今あるもので出来る商品タグの取り方

購入したものをすぐに使いたい時、商品タグの取り方に困りませんか?力いっぱい引きちぎる方法もありますが...

香水は古いけど使い道によってはオシャレに再利用できちゃいます

古い香水ってなかなか使わなくなってしまいますが、そんな古くなった香水でも使い道があるんです!...

ハムスターは種類が豊富!中でも特に人気が高いキンクマの魅力

ハムスターはペットとして人気の小動物です。そのハムスターの種類の中でもキンクマハムスターは初心者にも...

独身で実家暮らしの30代女性は結婚が遠のくと言われる理由

独身で実家暮らしという方はとても多いですよね。職場と家が近い場合には、実家から通った方が何かと便...

夫婦はベッドを別にするのがおすすめ?夫婦の寝室事情

夫婦は同じベッドで寝るのが当たり前。結婚する前はそんなイメージを持っていた方が多いはずです。...

デニム生地は水通しが必要?水通しの必要性とやり方

洋服やバッグを作るときなどは、水通しをしたほうが良いと聞いたことはありませんか?デニムも水通しをした...

スポンサーリンク

夏の暑い日だとリップが溶けるけど、どうやって復活させる?

温度が高いところや、直射日光が当たるところ、ポケットなどに入れていた時など、暖かいところでは、リップは溶けてしまいます。

夏なんかだと、買ってばかりでも溶けてしまっていて、そのままだと使用できないような状況、よくあるかと思います。

リップが溶けた時は冷蔵庫へ入れる

品質が変わっていなければ、冷蔵庫に何時間か入れてみましょう。

少し溶けたくらいのリップなら、何時間か冷蔵庫に入れると、そのまま固まってくれます。
1晩冷蔵庫に入れていても固まっていなければ、冷凍庫でも大丈夫です。変形していたり、折れていても、手で形を整えましょう。

形を整えてから、ドライヤーの温かい風を当てることで、元通りになります。

あまりにも原型がなく、ドロドロになってしまって形をつくる事が大変な場合は、リップバームにしてしまいましょう。

リップは何度になると溶ける?夏におすすめの保管方法とは?

自然由来のリップは特に溶けやすい

25度位で大丈夫なものもあれば、無添加のものや、オーガニックのもののリップは25度位で溶けてしまうものもあります。

湿度も高ければ、雑菌が増えてしまいます。高温多湿は菌の大好物です。
特に比較的薄くて弱い唇に使用するものですので気をつけましょう。

高温多湿ではリップの品質も劣化してしまう可能性あり

ある程度暖かさがある家で使用するならば冷蔵庫に入れて置く方が、品質劣化や溶けてしまう可能性を考えたら最初から安心でしょう。

高温多湿のところに置いていたリップは、すでに菌が繁殖していたり、品質が変わってしまっている場合があります。

色が変わっていたり、匂いが変わっていたり、使った時にピリピリするなどの違和感を感じたら使用を止めた方がいいです。

もちろん、化粧品全てもそうですが、リップにも消費期限の目安があります。
封を開けたものは空気に触れているので、特に劣化が早く始まりますので気をつけましょう。

夏でも溶ける心配不要のリップバームを手作りしてみよう

リップはどうしても溶けてしまう可能性があります。
無添加やオーガニックなどの、肌に優しい自然由来のものは特に溶けてしまう可能性などが出てしまいますので、リップバームを作ってしまいましょう。

スティック状のリップ1本分で、大体3mlの量となります。

リップバームの材料

  • キャンデリラワックス 1グラム
  • シアバター 1グラム
  • ホホバオイルかマカダミアナッツオイル 2ミリリットル
  • 耐熱容器

ロウであるワックスや、ミツロウであるビーワックスでも、リップバームを作れます。
しかし、キャンデリラワックスを使用する事で、固さを出し、溶けにくいリップバームを作る事が可能になります。

全てを耐熱容器に入れて、湯せんをしながら全て溶けるまで溶かして混ぜましょう。

リップにも使用期限がある?その調べ方とは?

化粧品は全て使用期限があります。

それによって期限は様々ですが、過ぎてしまうと、品質が変わってしまい劣化していたり、雑菌が入り込んだりしてしまいます。

ただれや痒み、赤みなどの肌トラブルの原因になりますので、古いものは捨ててしまいましょう。

また、1度でも封を開けてしまえば空気が入り、劣化が早くなってしまいます。
そして、パウダー状よりもクリーム状の方が劣化が早かったり、マスカラやリップなどは特に使用した後は劣化が早まります。

また、無添加のものだったりと、その製品によっても違いがありますので、品質に変化がないかしっかりとチェックしましょう。

使用期限の目安

未開封のもので3年ほどです。

目安は未開封で3年ですが、いつ製造されたかは殆どの製品に記載されていません。
3年以上、未開封で保存をしっかりしていれば品質に問題がないものは、期限を記載する義務がありません。

なので、購入してから3年を目安として考えても、大丈夫な可能性が高いです。

リップに菌がつくことがある?その対策方法とは?

無添加のものなどの、防腐剤が入っていないものは、肌には優しいですが菌が繁殖してしまう可能性があります。

ある日突然、色が変わっていたり、匂いが変わっている事に気付く事があります。

リップは唇に直接使うものが多いです。

唾液や食べ物などの汚れ、菌などがついて、繁殖がおきてしまいます。特に夏場などの高温多湿は気をつけましょう。

もしも唇に直塗りしていた部分だけが劣化していたとしたら、その部分だけを削って使用する事も可能な場合もあります。

ティントやグロスのように、スパチュラや指で塗るのもいいかと思います。

また、何本も封を開けて、家用と会社用、ポーチ用など数本を分けてしまえば、もちろん同じやつを使い切るまでに期間が経ってしまい品質が変わりやすくなります。

スティックタイプじゃなくチューブタイプを選び、指などで使用するなど工夫しましょう。