夏はリップが溶ける?その温度と溶けたリップの復活方法を解説

夏の暑い時期だと、化粧ポーチやポケットに入れておいたリップが溶けることもありますよね。

そこで気になるのがリップが溶ける温度。何度で溶けてしまうのでしょうか?溶けてしまったリップを復活させる方法とは?

夏は要注意!リップが溶ける温度や復活させる方法について説明します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

布を裁断するカッターの特徴や使い方・注意点を紹介します

布を裁断するロータリーカッターの使い勝手とは?布作品をよく作る人にとって必需品となるのは裁ちばさみで...

トイレの換気扇の掃除を簡単にする方法といつも清潔に保つコツ

トイレの換気扇の掃除をしないとホコリがたまって、トイレの中に臭いや湿気がこもるようになります。普段の...

黒のコートに付くほこりやゴミの取り方とほこりを予防する方法

黒いコートは、どうしても、ゴミやほこりが目立ってしまいがちです。せっかくの新しいコートも、ほこり...

栗の賞味期限は意外と短い!茹でた栗は冷凍保存しよう!

栗ってついたくさん買ってしまって、一気に茹でたものの食べ切れなくて余ってしまうこともありますよね。...

スーパーの刺身に潜んでいると言われる寄生虫の正体とは

寄生虫による食中毒に注意するようにと話題になっていますが、その寄生虫はスーパー で販売されている刺身...

スカートが短い時の対処法とスカート丈のアレコレ

一目ぼれして買ったスカートやワンピースが、思っていたよりも短いときって皆さんどうしていますか?...

台所の排水口のイヤな臭いの対処法!悪臭を消す掃除方法

台所の洗い物をしていると、なんだかイヤな臭いがする…。そんな経験はありませんか?毎日使うシンクは、油...

水彩で背景を描きたい時の描き方!水の量を調節するのがポイント

水彩で背景を上手く描きたい!そんなあなたに、描き方のポイントについて詳しくご説明します。水彩は段...

切った髪の毛が刺さるのはなぜかの疑問にお答え!ナルホドな回答

美容室で髪を切った後に、切ったと思われる髪の毛が手や皮膚などに刺さっていたことってありませんか?...

【赤ちゃんの手づかみ食べ】離乳食中期の赤ちゃんの食事について

離乳食中期になると、自分の手で食事を口に運びたがる赤ちゃんも出てきます。洋服やテーブルが汚れてしまう...

台風のバイク対策で気を付けるポイントやオススメ方法とは

台風のときは大切なバイクが倒れないための対策を取らなければなりませんね。特に、屋外駐車場の場...

バラの花びらを利用!ドライフラワー・ポプリ・ローズバスの方法

バラの花束をもらって心から感動したという女性は、そのバラをいつまでも楽しみたい、枯らしてしまうだけで...

クッキーは賞味期限切れ後2ヶ月たっても食べれるかどうかを調査

賞味期限切れのお菓子でも多少過ぎたくらいなら食べても問題ない、と考えていませんか?特にクッキ...

バナナをおやつや離乳食として与える時の注意点とポイント

バナナはおやつや離乳食で活躍する、安価で栄養満点のママにとっても嬉しい食材のひとつ。離乳食を開始して...

プラバンの作り方!電子レンジでも作れる場合があります

プラバンを作る場合、多くの方が使用しているのがトースターです。しかし電子レンジはあるけど、トースター...

スポンサーリンク

夏の暑い日だとリップが溶けるけど、どうやって復活させる?

温度が高いところや、直射日光が当たるところ、ポケットなどに入れていた時など、暖かいところでは、リップは溶けてしまいます。

夏なんかだと、買ってばかりでも溶けてしまっていて、そのままだと使用できないような状況、よくあるかと思います。

リップが溶けた時は冷蔵庫へ入れる

品質が変わっていなければ、冷蔵庫に何時間か入れてみましょう。

少し溶けたくらいのリップなら、何時間か冷蔵庫に入れると、そのまま固まってくれます。
1晩冷蔵庫に入れていても固まっていなければ、冷凍庫でも大丈夫です。変形していたり、折れていても、手で形を整えましょう。

形を整えてから、ドライヤーの温かい風を当てることで、元通りになります。

あまりにも原型がなく、ドロドロになってしまって形をつくる事が大変な場合は、リップバームにしてしまいましょう。

リップは何度になると溶ける?夏におすすめの保管方法とは?

自然由来のリップは特に溶けやすい

25度位で大丈夫なものもあれば、無添加のものや、オーガニックのもののリップは25度位で溶けてしまうものもあります。

湿度も高ければ、雑菌が増えてしまいます。高温多湿は菌の大好物です。
特に比較的薄くて弱い唇に使用するものですので気をつけましょう。

高温多湿ではリップの品質も劣化してしまう可能性あり

ある程度暖かさがある家で使用するならば冷蔵庫に入れて置く方が、品質劣化や溶けてしまう可能性を考えたら最初から安心でしょう。

高温多湿のところに置いていたリップは、すでに菌が繁殖していたり、品質が変わってしまっている場合があります。

色が変わっていたり、匂いが変わっていたり、使った時にピリピリするなどの違和感を感じたら使用を止めた方がいいです。

もちろん、化粧品全てもそうですが、リップにも消費期限の目安があります。
封を開けたものは空気に触れているので、特に劣化が早く始まりますので気をつけましょう。

夏でも溶ける心配不要のリップバームを手作りしてみよう

リップはどうしても溶けてしまう可能性があります。
無添加やオーガニックなどの、肌に優しい自然由来のものは特に溶けてしまう可能性などが出てしまいますので、リップバームを作ってしまいましょう。

スティック状のリップ1本分で、大体3mlの量となります。

リップバームの材料

  • キャンデリラワックス 1グラム
  • シアバター 1グラム
  • ホホバオイルかマカダミアナッツオイル 2ミリリットル
  • 耐熱容器

ロウであるワックスや、ミツロウであるビーワックスでも、リップバームを作れます。
しかし、キャンデリラワックスを使用する事で、固さを出し、溶けにくいリップバームを作る事が可能になります。

全てを耐熱容器に入れて、湯せんをしながら全て溶けるまで溶かして混ぜましょう。

リップにも使用期限がある?その調べ方とは?

化粧品は全て使用期限があります。

それによって期限は様々ですが、過ぎてしまうと、品質が変わってしまい劣化していたり、雑菌が入り込んだりしてしまいます。

ただれや痒み、赤みなどの肌トラブルの原因になりますので、古いものは捨ててしまいましょう。

また、1度でも封を開けてしまえば空気が入り、劣化が早くなってしまいます。
そして、パウダー状よりもクリーム状の方が劣化が早かったり、マスカラやリップなどは特に使用した後は劣化が早まります。

また、無添加のものだったりと、その製品によっても違いがありますので、品質に変化がないかしっかりとチェックしましょう。

使用期限の目安

未開封のもので3年ほどです。

目安は未開封で3年ですが、いつ製造されたかは殆どの製品に記載されていません。
3年以上、未開封で保存をしっかりしていれば品質に問題がないものは、期限を記載する義務がありません。

なので、購入してから3年を目安として考えても、大丈夫な可能性が高いです。

リップに菌がつくことがある?その対策方法とは?

無添加のものなどの、防腐剤が入っていないものは、肌には優しいですが菌が繁殖してしまう可能性があります。

ある日突然、色が変わっていたり、匂いが変わっている事に気付く事があります。

リップは唇に直接使うものが多いです。

唾液や食べ物などの汚れ、菌などがついて、繁殖がおきてしまいます。特に夏場などの高温多湿は気をつけましょう。

もしも唇に直塗りしていた部分だけが劣化していたとしたら、その部分だけを削って使用する事も可能な場合もあります。

ティントやグロスのように、スパチュラや指で塗るのもいいかと思います。

また、何本も封を開けて、家用と会社用、ポーチ用など数本を分けてしまえば、もちろん同じやつを使い切るまでに期間が経ってしまい品質が変わりやすくなります。

スティックタイプじゃなくチューブタイプを選び、指などで使用するなど工夫しましょう。