アルミのフライパンがくっつく原因とはアルミフライパンの使い方

アルミのフライパンはくっつくから、なかなか手が出せないという人が多いのではないでしょうか?

アルミのフライパンは軽くて熱伝導性が良いので、女性には使いやすいものとなっています。アルミのフライパンを上手く使いこなすにはどんなことに気をつけたらいいのでしょうか?

焦げてしまったときの対処方法とは?アルミフライパンのくっつかない使い方を紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ストッキングの掃除に活用してピカピカ快適な住まいに

ストッキングって伝線したり穴が開いたりすると使えないと思っていませんか?しかし、そんな破れた...

太ももの裏側についたお肉を落としたい!痩せ方をご紹介

膝下はそうでもないのに、太ももの裏側のお肉がなかなか落ちない・・・。太ももの裏側にについてしまったお...

合皮は劣化すると剥がれる!理由や寿命と気をつけたい保管方法

合皮は劣化により剥がれることがあります。お気に入りの合皮のバッグが剥がれてきていたら、それがそのバッ...

バイクの洗車はガソリンスタンドでもできるのかを調査

バイクの汚れが目立つからと洗車を考えても、家に洗車スペースがない場合もあります。車と同様にガソリンス...

拾った栗が虫食いかどうかの簡単な見分け方について解説します

秋と言えば栗拾いに出かけることが楽しみだという人も多いでしょう。しかし、せっかく拾った栗が虫...

部屋の湿度は何%が理想?乾燥対策や湿気対策をご紹介

部屋を理想的な湿度に保つにはどんな工夫をしたらいいのでしょうか?そもそも、湿度は何パーセント...

蜂を退治するコツや家の中に二度と侵入させないトラップとは

蜂を退治するときはどんなことに気をつけたらいいのでしょうか?家の中に侵入してしまったときは?...

郵便局の配達時間の午前中指定について時間や早く受け取る対処法

郵便局の配達時間を午前中に指定した場合、時間は何時くらいになるのでしょうか?配達時間の午前中のおおよ...

絵の上手い人の脳とは?下手な人との違いや絵が上達する方法

絵の上手い人は下手な人と脳の使い方が違う?上手い人と下手な人にはどのような違いがあるのでしょうか?...

働くママ悩み!遅刻の言い訳に注意する事。子供が原因の時の方法

子供がいると自分の事が後回しになって支度に時間が掛かり遅刻しそうになったり、時間に余裕をもって行動し...

犬の遠吠え、する犬としない犬の違いとは?遠吠えの理由や対処法

遠吠えをする犬としない犬というのは、どのような違いがあるのか?気になるところですよね。そもそ...

トイレのコンセントの位置は失敗しないようにしっかり考えよう!

日本のトイレといえば温水洗浄便座が当たり前のようになってきていますが、使用するためにはコンセントが必...

インコのケージを手作りするコツや方法とカバーも作る効果

インコのケージを手作りできたら、より自分好みでインコにも合わせたケージを作ることができます。インコの...

高校生になったら勉強法を見直そう!毎日の勉強とそのポイント

高校生は中学時代と同じような勉強法ではダメです。ただ数学の公式を覚えたり暗記だけをしていては、毎...

ストレートのボブをアレンジするならこんな髪型

女の子らしくて可愛いストレートのボブは人気のある髪型のひとつですよね。そのままでも充分可愛らしい...

スポンサーリンク

アルミのフライパンでくっつくのは油ならしができていないせい

「火の通りが早い」のはアルミのフライパンの特徴です。
料理人はアルミのフライパンを愛用していることが多いですね。
それは火の通りが早く調理時間の短縮につながります。

イタリアンなお店で白い制服とコック帽にエプロンをして、シルバーのアルミのフライパンを操るシェフはカッコいいですよね。

しかし、アルミのフライパンは焦げやすいことがデメリットですので、煮込み料理など長い時間火にかける料理には向いていません。
サッと炒めたり、パスタソースを温めサッとパスタと絡めたりするのに最適です。

アルミのフライパンを使いこなせていない人は、食材がフライパンにくっついて使いづらいという人がいます。
それは、フライパンの温めが足りていないことが原因です。

フライパンを十分に温まってないうちに食材を入れると油をひいていても食材はくっつきます。
フライパンから煙が出てくるくらいまで十分に熱する必要があります。

アルミフライパンはくっつくものとそうでないものがある

アルミのフライパンでも、表面がコーティング加工されたものがあります。
アルミのフライパンは耐久性には欠けてしまいますが、とても軽く、その点女性にとっては良いとおもいますが焦げやすいのが特徴で料理に慣れていない人はあまり好んで使うことはありません。

ですが、コーティング加工されたものは比較的使い安いのではないでしょうか。
多少使い勝手や手入れが異なりますので、自分に合ったものを購入すると良いですね。

アルミのフライパンはIH対応ではありませんが、コーティング加工されているものはIH対応しているものもありますので、説明書きをよく読んで購入してくださいね。

また、アルミのフライパンの取っ手部分にプラスチックなどの熱さ対策をしてあるものはありません。
取って部分まで全て熱くなりますので、持つ時は必ず乾いたタオルを巻いて使用しましょう。
火傷に気をつけてくださいね。

アルミのフライパンは使い込むまでくっつくのは仕方ない?

アルミのフライパンがくっついてしまうという方は、使いこなせていないといえます。
アルミのフライパンはもともと焦げやすいのが特徴で、使いこなすことができればそれを防ぐことができるようになります。

アルミのフライパンの焦げを油慣らしをする事で防ぐ方法

  1. フライパンに多めの油を入れて火にかけます。
  2. 油を全体に回しなじませ、フライパンから煙がでてくるまで待ちます。
    煙が出てきたら十分温まった証拠です。
  3. 余分な油を再利用のポットに戻し、調理を開始してください。

また火加減もとても重要で、短時間の調理に向いているフライパンです。
強火の時間がながければフライパンも焦げてしまいますので、短時間の炒めもの、水分の多いパスタソースを温め余分な水分を飛ばすなどの調理に最適です。

そのため、イタリアンシャフなどの間ではよく使われています。

アルミのフライパンを少しでも長持ちさせるためには、定期的にお米の研ぎ汁や野菜のくずと一緒に煮立たせることで酸やアルカリに強くなり、変色などから防ぐことができます。

アルミのフライパンが焦げてしまったときの対処方法

アルミのフライパンが焦げてしまった時の対処方法を紹介します。

  1. フライパンを傷つけないように柔らかいたわしでフライパンの焦げ部分をある程度こすります。
  2. その後フライパンに焦げが隠れるまで、水と中性洗剤(大2杯程度)を入れ火にかけて沸騰させます。
  3. 沸騰したら火を止め冷めたら、たわしでこすると焦げが取れやすくなります。

簡単に言うとお湯を入れて焦げをふやかすだけです。

ここで注意してほしいのが、アルミのフライパンには酸性(余計な反応を起こす)やアルカリ性(皮膜を中和する)のものは使わないでください。

アルミのフライパンは表面に薄い皮膜があり、この皮膜を壊してしまうと、フライパンの腐食につながってしまいます。

アルミのフライパンは使い方を間違えなければとても強い味方

アルミのフライパンは料理人や料理に慣れた人に重宝されるフライパンで、料理初心者が使っても上手く使いこなせないことがほとんどです。

アルミのフライパンはくっつく、焦げるという噂が1人歩きしてしまっていますが、使いこなせないとそのような自体になってしまうのです。

なので、使いこなせない人は普段からあまり料理をしない人と言えるでしょう。

アルミのフライパンは熱の入りがとても早く、パスタソースを温め絡ませる工程にはとても役立つ物です。
しかし、オムレツやスクランブルエッグなどのフワフワ、とろとろの食感を残したい卵料理などの火加減や火から下ろすタイミングなどは難しく、料理人の長年の経験と技がないと一般の人では上手くできる人は少ないのではないでしょうか。

テフロンのフライパンに比べると火加減の差で、すぐ焦げてしまうのも特徴です。
アルミフライパンを使いこなすためには、コツをつかむために練習が必要そうですね。