服の素材で暖かいのは?寒さ対策にはコレがおすすめ

服の素材で暖かいものといったらなんでしょうか?冬の着こなしは、どのようなものを組み合わせたらいいのか迷ってしまいますよね。

外は寒いですが、室内は温かいので中に着るものを厚くしすぎて温度調整に困ったことはありませんか?

冬の着こなしは、コーデ以外にも防寒対策を取らなくてはいけません。そんな防寒対策におすすめな服の素材を紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

暖房の設定温度の目安を紹介。20℃でも快適に過ごす方法

暖房の設定温度は消費電力にそのままつながります。エアコンの設定温度を1度下げるだけでも節電になるとい...

香水は古いけど使い道によってはオシャレに再利用できちゃいます

古い香水ってなかなか使わなくなってしまいますが、そんな古くなった香水でも使い道があるんです!...

受験が怖いなら高校受験の不安を解消するコツや効率的な勉強法

受験生にとって高校受験というのは、不安な気持ちで怖いと感じることもあるでしょう。では、そんな...

ダンスの苦手を克服するコツで大切なこと!練習や上達の秘訣

ダンスを苦手克服したいならどんな練習をしたらいいのでしょうか?ダンスは好きだけど、自分が思い描いてい...

指輪8号サイズはほとんど店頭にない?指輪の平均サイズとは

指輪を選ぶ際に重要なのが「サイズ」です。指輪のサイズは人それぞれですが、店頭にはほとんど8号サイズが...

食器って洗った後に拭く?拭かない?食器洗いアレコレについて

食器って洗った後に拭く?それとも拭かないで自然乾燥させる?生乾きのフキンは雑菌が繁殖しや...

右利きと左利きはいつ決まるのでしょうか?利き手について

子供の右利きと左利きはいつ決まるのか、親はドキドキしてしまいますよね。左手をよく使ってたら、左利きな...

大学を退学後に選べる進路!再入学・就職・専門学校について解説

大学を中退した後に自分のこれからの進路について考えてみた時、大学に再入学するか就職するかという選択肢...

中学生の子どもが勉強しないことにイライラする本当の理由

中学生になったのに、子供が自主的に勉強しないことにイライラしてしまうママは本当にたくさんいます。...

一人暮らしの貯金事情と毎月しっかり貯金をするコツ

「一人暮らしをして毎月しっかり貯金するなんて無理」と諦めていませんか?1人暮らしでも家計をしっか...

能を鑑賞する時の着物選びや服装マナー、能の楽しみ方について

最近は若い人でも、能などを鑑賞する際に着物を着ていく方が増えています。ただ、着物を着て行こうと思...

炭酸が飲めないのは痛いから!喉や口の中が痛くなるワケと飲み方

炭酸飲料と言えば、あのシュワシュワとした爽快感と喉越しがいいですよね!スッキリしたい時や、暑...

餃子はポン酢派?醤油派?美味しい餃子のタレレシピを紹介

餃子を食べるときに使うのはポン酢?それともお醤油?気分で変えるのもいいですが、どちらもきちんと量って...

100均材料で子供と一緒に作る簡単可愛い手作りアクセサリー

100均にはアクセサリーの材料になるパーツがいろいろとあります。手軽に材料が揃えられて、しかもリーズ...

トイレの換気扇の掃除を簡単にする方法といつも清潔に保つコツ

トイレの換気扇の掃除をしないとホコリがたまって、トイレの中に臭いや湿気がこもるようになります。普段の...

スポンサーリンク

服の素材で暖かい定番といえば「ウール」

服の素材で暖かいものと言えば「ウール」を思いつく人は多いのではないでしょうか。ウールは、動物から取れる毛のことを指します。

ウールは天然素材

ウールを取る動物の種類によってウールの質などが異なってくるので、一言でウールと言っても実はウールには様々な種類があります。

ウールの種類と特徴

中でも特に高級なウールが「メリノウール」です。メリノウールは柔らかく繊細なウールで、ウールの中でも最高品質のウールです。
【特徴】

柔らかな素材であることから保温性に優れているため、暖かい服の素材として有名です。また、伸縮性にも優れているので着ていても身体が動かしやすい特徴もあります。
そのため寒い時期には、ウール素材の洋服を着ている人を多く見かけます。
しかし、実はウールよりも暖かい服の素材があるのをご存知でしょうか?その素材についても説明をしていきます。

服の素材で一番暖かいのは羽毛です

ウールよりも、服の素材で一番暖かいとされているのが「羽毛」です。羽毛は、ダウンジャケットの中の素材として使われているのを多く見ます。
そして、冬にはダウンジャケットを羽織っている人も多く見ます。

羽毛もウールと同様、保温性に優れている素材

そのため羽毛はダウンジャケットだけではなく、羽毛布団など暖かさを保持するための多くの商品に使われています。

羽毛の特徴、その軽さも魅力のひとつ

軽くて暖かい羽毛は、寒い時期には欠かせない素材です。

服の素材で暖かいとは言えない綿やナイロンも着方によっては温かい

服の素材で暖かいと言えばウールや羽毛などの素材が出てきます。
綿素材やナイロン素材の服は暖かいイメージがあまり無いですが、実は綿素材やナイロン素材もその着方によっては暖かく着ることが出来る素材です。

綿素材は、夏に涼しく着られる素材として有名、保温性にも優れている

綿素材の繊維は、中心部が空洞になっている構造をしています。そのため、中が空洞になっていることによって空気の層が出来ます。

空気の層があることによって断熱効果があり、外気温が身体に伝わり難く、体温を外に逃がさない効果がある

そして、ナイロン素材も夏に着たり、運動をするときに着用したりする機会が多いので、寒い時期にナイロン素材の服を着る機会はあまり無いかもしれません。
しかし、ナイロン素材の加工のされ方によっては、保温性を高める加工をされている場合もあります。
綿素材やナイロン素材のコートも販売されています。
そのため、着方によっては綿素材もナイロン素材でも暖かいものがあります。

温かい素材の服は着る順番や枚数がポイント

服を着て暖かく過ごすためには、服の素材が重要です。しかし、その他にも服を着る順番や着る服の枚数によって暖かさが変わってきます。
暖かく過ごすための着る服の順番や具体的な服の枚数について説明していきます。
まずは、暖かく過ごすための着る服の枚数についてです。

暖かく過ごしたい時、服を重ね着して暖かさを保持することが出来る

そのため2~3枚重ね着をすることによって暖かく過ごすことが出来ます。

重ね着をすることによって空気の層を何枚も羽織ることが出来るため暖かい

空気の層を何枚も羽織ることによって、その空気の層が断熱材の役割をしてくれます。
そのため、重ね着をすると暖かく過ごすことが出来るのです。
そして、暖かく過ごすときに重ね着をするときには、空気の層を作るほかにも、空気を動かさないようにすることも大切です。
服の中の空気が動くことによって、温かい空気が外へと逃げてしまうことによって寒さを感じます。

服の着る順番も大切

一番下に着る服は、密着性の高い服を着るようにしましょう。肌に密着するような服を着ておくことによって、空気が動くことを防ぐことが出来ます。
そのため外に寒さを逃がさないようにしてくれるのです。
そして、二番目に着る服は、それなりに密着をする服にしましょう。三番目に着る服は、ふわっとした暖かい素材のウールなどの素材がいいでしょう。
服の素材のほかにも、服の着る順番や枚数についてもこだわってみましょう。

服の素材で暖かいものを選ぶのも大切だけれどTPOに合わせるのも重要

服の素材で暖かいものを選ぶのも大切ですが、行く場所によって服の素材は変えなければなりません。雨や雪で濡れてしまうような場所にいくときには、水を通さない素材を選ぶなどの必要性があります。

フォーマルな場所で、もこもことした重ね着をするのはマナー違反

そのため、寒いことは念頭に置いていたとしても、TPOに合わせて服の素材や服装を選ぶようにしましょう。
服以外にも身体にある3つの首を冷やさないことによっても、暖かさを保持することが出来ます。
3つの首とは、首・手首・足首のことです。
この3つの首は寒さを感じやすい場所であるので、冷やさず温めるようにしましょう。