アイプチで二重が不自然にならないための使い方のコツ

アイプチで二重にした場合、やり方を間違うと不自然に見えてしまいます。

アイプチでした二重が不自然に見える原因とは?アイプチで不自然に見えない二重を作るには?不自然な二重にならないアイプチの使い方は?

アイプチで二重が不自然にならないための使い方のコツをご紹介!アイプチを使わない二重に見せる方法もありますので試してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

100均材料で子供と一緒に作る簡単可愛い手作りアクセサリー

100均にはアクセサリーの材料になるパーツがいろいろとあります。手軽に材料が揃えられて、しかもリーズ...

栗の賞味期限は意外と短い!茹でた栗は冷凍保存しよう!

栗ってついたくさん買ってしまって、一気に茹でたものの食べ切れなくて余ってしまうこともありますよね。...

FF車での雪道の走り方のポイントを徹底解説します!

北海道などのように雪が降る地域に住んでいる人であれば雪道の運転も慣れているでしょうが、そうじゃない人...

スカートのゴムを伸ばす方法と応急処置で乗り切るコツとは

スカートのウエストがきついときは、ゴムを伸ばす方法を試してみてくださいね!では、スカートのき...

ストレートのボブにしたい人のためのおすすめショートボブ

今はパーマをかけていても、季節が変わるとストレートにしたい、ボブにしてみたいと思う女性の多いのではな...

【アウトドア料理】子供に人気のレシピと美味しいデザート

家族で行くアウトドアは、みんなで料理をしたりバーベキューをしたり、釣りをしたり、水遊びをしたり、子供...

小1で算数を苦手にしない!楽しく学ぶ方法とつまずきのポイント

小1から算数がすでに苦手・・・。子供だけではなく、一緒に悩んでいる親御さんも意外と少なくはありません...

豚肉を柔らかくする方法で玉ねぎを使うコツや下処理のポイント

豚肉を柔らかくする方法ですりおろした玉ねぎに漬け込むという方法をご存知でしょうか。玉ねぎで豚...

子供が泣くとイライラ!その理由とうまく乗り切る対処法

可愛くて仕方のない自分の子供。だけどそんな子供が泣いてぐずると、イライラしてしまうお母さんはたくさん...

PTAで仕事を休む。「仕事をしているからできません」はNG!

子供の学校のことでパパやママの頭を悩ませることの一つが「PTA」ですよね。PTAの活動は平日のことも...

トマトの栽培で必要な仮支柱と本支柱の立て方や支柱選び

家庭菜園のなかでも育てやすく、収穫が楽しみなのがトマトですね。トマトを栽培する時に必要なのが支え...

セラミックのフライパンは正しく使えば危険ではありません

「セラミックのフライパンは焦げないからいいよ。」と友達から聞いても、本当に焦げ付くことはないのか、危...

メダカに適した水質と最適なphについて。メダカの飼育環境

これからメダカを飼いたいという場合には、どのような水質の環境が適しているのか、phはどれくらいに保て...

簿記三級取得は決して無意味じゃない!就職や転職での活かし方

簿記三級は二級に比べるとそれほど難しくないため、比較的取りやすい資格といえます。よく「履歴書に簿...

部屋の湿度は何%が理想?乾燥対策や湿気対策をご紹介

部屋を理想的な湿度に保つにはどんな工夫をしたらいいのでしょうか?そもそも、湿度は何パーセント...

スポンサーリンク

アイプチでした二重が不自然に見える原因は?

アイプチで作った二重が不自然に見えてしまうのも困りますよね。

例えば、二重のラインが左右の目で違ったりすると、不自然に見えてしまいます。

二重の幅が広すぎたり、ラインがガタガタだったりすると不自然に見えて、相手に違和感を与えてしまいますよ。

また、二重にした部分が引きつっているときも気になります。

これだといかにもアイプチをしているとバレてしまいますよね。

さらに、アイプチのノリが見えてしまっているのも、完全に不自然です。

もちろんアイプチのノリは乾くと透明にはなります。

しかし、それがよれたりすることで時間の経過とともに白くなってしまうこともあるのです。

アイプチをするときには、このようなことに気をつけなくてはなりません。

アイプチで不自然に見えない二重を作るには?

では、アイプチを使って不自然な二重に見えないようにするにはどうしたらいいのでしょう。

アイプチの基本的な使い方についてご紹介致します。

まず、アイプチを使うときには、まぶたを清潔に保つようにしましょう。

コットンでキレイにまぶたの皮脂を拭き取ってください。

これで、アイプチがくっつきやすくなりますよ。

それから、アイプチを塗るために、二重のラインを決めましょう。

このとき、不自然な二重にならないためには、半月型にむらなくアイプチを塗ってください。

そして、アイプチが半透明になるまで待ちましょう。

アイプチが半透明に乾いたら、Y字のプッシャーを二重の幅に押し当ててみましょう。

そのまま目を開けてください。

このとき、ラインがずれないように気をつけてくださいね。

キレイに二重の癖がついたら、静かにゆっくりと外します。

すぐに外してしまうと。せっかく作った二重が崩れてしまい、アイプチのノリが取れてしまう原因にもなります。気をつけましょう。

不自然な二重にならないアイプチの使い方は?

不自然な二重にならないためには、アイプチの使い方にもコツがあります。

これは、自分に合った二重幅を作ることが大切です。

相手に違和感を持たれないような自然な二重をアイプチで作るなら、末広がりな二重がポイントですよ。

また、アイプチをする前にアイシャドウをする人もいますよね。

しかし、アイプチをする前にアイシャドウをするとアイプチが取れやすくなってしまいます。

なので、とれにくい二重にするためには、アイシャドウを塗る前にアイプチをしておきましょう。

そして、アイプチをした後にアイシャドウを塗るときは、ブラシを使うのがオススメです。

より自然な仕上がりになりますよ。

アイプチを使うことで、だんだん自然な二重まぶたになっていくこともあります。

ただ、あまり長くアイプチを使っていると、それによりまぶたが伸びてしまうこともあるのです。

自分に合ったアイプチの使い方をしていきたいですね。

アイプチ以外で自力で二重にする方法はある?

二重まぶたを目指すなら、アイプチ以外にも方法はあります。

例えば、メイクによってまるで二重に見えるようにする方法もあるのです。

まず、アイライナーを使って二重のラインを引きましょう。

このとき、二重の幅を広くしすぎると不自然になってしまうので、気をつけてくださいね。

それから、アイホールにそって滑らかにカーブするようにラインを引くのもポイントです。

そして、ラインの上からアイシャドウでなぞるようにしてぼかしていきます。

さらに、ラインの下に濃い目のアイシャドウを塗って影を作りましょう。

最後に明るめのアイシャドウを塗ることで、全体をぼかして整えてください。

他にも、二重まぶたはマッサージをすることでも効果があります。

目頭から目尻にかけてアイクリームでなぞるように毎日マッサージしてあげましょう。

そうすることで、自然と二重まぶたを手に入れることもできるかもしれませんよ。ぜひ参考にしてみてください。

二重幅を広くしたい場合のアイプチの使い方は?

アイプチを毎日繰り返し同じ広さの二重幅に使うことで、その二重幅がそのまま定着することもあります。

その他にも、アイテープを毎日使うことによっても、自然と二重幅を定着させる効果がありますよ。

二重幅を広く見せるためには使い方にコツがあります。

アイプチやアイテープを目頭から目の中央までやや広めにつけて、プッシャーなどで押さえましょう。

このとき、押さえる力に気をつけましょう。

強く押さえてしまうと、食い込みすぎて不自然な仕上がりになってしまいます。

目を開いたら、目尻を中心に二重の幅を整えましょう。

すると、自然な二重まぶたの完成です。

毎日二重のクセを付けることで、なりたい二重まぶたになれるかもしれません。ぜひ試してみてくださいね。