アイプチで二重が不自然にならないための使い方のコツ

アイプチで二重にした場合、やり方を間違うと不自然に見えてしまいます。

アイプチでした二重が不自然に見える原因とは?アイプチで不自然に見えない二重を作るには?不自然な二重にならないアイプチの使い方は?

アイプチで二重が不自然にならないための使い方のコツをご紹介!アイプチを使わない二重に見せる方法もありますので試してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ブックカバーはビニールで作り方は簡単!防水できて保管もキレイ

ブックカバーはビニールのものも作り方は簡単です。ビニールを使えば雨など濡れたときでも防水できて安心に...

ディスポーザーつまりはアメリカにいても自分で直そう

アメリカに住んでいると、キッチンのディスポーザーがつまってしまうことってありますよね。便利な...

スカートが短い時の対処法とスカート丈のアレコレ

一目ぼれして買ったスカートやワンピースが、思っていたよりも短いときって皆さんどうしていますか?...

受験直前なのにやる気がでない?そんなときの勉強方を伝授!

受験の直前にやる気が出なくなってしまったら・・・。焦ってしまいがちですが、そんな時にぴったりな勉強法...

電話でアンケートをしてくるのは怪しい!見極め方法と対処方法

怪しいと思うアンケートの電話がかかってきたときにはどうしたらいいのでしょうか?何もしていない...

ゼラチンを使った手作りゼリーの賞味期限と賞味期限が短い理由

ゼラチンを使った手作りゼリー、作り過ぎてしまった場合に気になるのが賞味期限です。見た目に変化がなけれ...

ガリのお寿司の使い方!ガリ本来の役割と知って得する通の使い方

お寿司を食べに行くと、必ずガリが置いてありますよね。普段なんとなく食べてしまうガリですが、ガリ本...

一人暮らしでベッドをどのように配置したら良いのかわからない

実家での生活を飛び出して、一人暮らしの新しい生活を始める時に大切なのが、自分の拠点となる部屋のレイア...

ピアノの和音は指先の力加減、音のバランスが重要なポイント

子供が弾くピアノの和音について「指先の力を加えてしっかり弾きなさい」と言っている方も多いのではないで...

フェイクグリーン壁掛けの作り方とポイント!癒やし空間を作ろう

フェイクグリーンの壁掛けが欲しいけど、作り方が難しそう…と思っていませんか?そんなことはありませ...

アメリカの会社の休みはどのくらい?日本との違い

アメリカの会社は日本と比べて休みが多い?それとも少ないのでしょうか?イメージとしては日本よりも働く時...

プラスチックに塗装!ポイントはスプレー前の下準備にあり

プラスチックに塗装したいと思ったら、そのままスプレー塗料を吹きかけても良いのでしょうか。答え...

韓国の人が初対面でも年齢を聞くことの意味と韓国のマナーとは

韓国の人と会った時に、初対面でも年齢を聞かれることがあります。初対面でいきなり年齢を聞くのは...

グルーガン【100均】の基本の使い方と上手に使うコツ

グルーガンは100均でも取り扱いがあり、ハンドメイドなどで使ってみたいと思っている方も多いと思います...

ミシンのコツとは?カーブを縫う時のポイントを紹介します

ミシンでカーブを縫うときにはどんなコツが必要なのでしょうか?カーブを縫うときにはいつも慌てて、突っ張...

スポンサーリンク

アイプチでした二重が不自然に見える原因は?

アイプチで作った二重が不自然に見えてしまうのも困りますよね。

例えば、二重のラインが左右の目で違ったりすると、不自然に見えてしまいます。

二重の幅が広すぎたり、ラインがガタガタだったりすると不自然に見えて、相手に違和感を与えてしまいますよ。

また、二重にした部分が引きつっているときも気になります。

これだといかにもアイプチをしているとバレてしまいますよね。

さらに、アイプチのノリが見えてしまっているのも、完全に不自然です。

もちろんアイプチのノリは乾くと透明にはなります。

しかし、それがよれたりすることで時間の経過とともに白くなってしまうこともあるのです。

アイプチをするときには、このようなことに気をつけなくてはなりません。

アイプチで不自然に見えない二重を作るには?

では、アイプチを使って不自然な二重に見えないようにするにはどうしたらいいのでしょう。

アイプチの基本的な使い方についてご紹介致します。

まず、アイプチを使うときには、まぶたを清潔に保つようにしましょう。

コットンでキレイにまぶたの皮脂を拭き取ってください。

これで、アイプチがくっつきやすくなりますよ。

それから、アイプチを塗るために、二重のラインを決めましょう。

このとき、不自然な二重にならないためには、半月型にむらなくアイプチを塗ってください。

そして、アイプチが半透明になるまで待ちましょう。

アイプチが半透明に乾いたら、Y字のプッシャーを二重の幅に押し当ててみましょう。

そのまま目を開けてください。

このとき、ラインがずれないように気をつけてくださいね。

キレイに二重の癖がついたら、静かにゆっくりと外します。

すぐに外してしまうと。せっかく作った二重が崩れてしまい、アイプチのノリが取れてしまう原因にもなります。気をつけましょう。

不自然な二重にならないアイプチの使い方は?

不自然な二重にならないためには、アイプチの使い方にもコツがあります。

これは、自分に合った二重幅を作ることが大切です。

相手に違和感を持たれないような自然な二重をアイプチで作るなら、末広がりな二重がポイントですよ。

また、アイプチをする前にアイシャドウをする人もいますよね。

しかし、アイプチをする前にアイシャドウをするとアイプチが取れやすくなってしまいます。

なので、とれにくい二重にするためには、アイシャドウを塗る前にアイプチをしておきましょう。

そして、アイプチをした後にアイシャドウを塗るときは、ブラシを使うのがオススメです。

より自然な仕上がりになりますよ。

アイプチを使うことで、だんだん自然な二重まぶたになっていくこともあります。

ただ、あまり長くアイプチを使っていると、それによりまぶたが伸びてしまうこともあるのです。

自分に合ったアイプチの使い方をしていきたいですね。

アイプチ以外で自力で二重にする方法はある?

二重まぶたを目指すなら、アイプチ以外にも方法はあります。

例えば、メイクによってまるで二重に見えるようにする方法もあるのです。

まず、アイライナーを使って二重のラインを引きましょう。

このとき、二重の幅を広くしすぎると不自然になってしまうので、気をつけてくださいね。

それから、アイホールにそって滑らかにカーブするようにラインを引くのもポイントです。

そして、ラインの上からアイシャドウでなぞるようにしてぼかしていきます。

さらに、ラインの下に濃い目のアイシャドウを塗って影を作りましょう。

最後に明るめのアイシャドウを塗ることで、全体をぼかして整えてください。

他にも、二重まぶたはマッサージをすることでも効果があります。

目頭から目尻にかけてアイクリームでなぞるように毎日マッサージしてあげましょう。

そうすることで、自然と二重まぶたを手に入れることもできるかもしれませんよ。ぜひ参考にしてみてください。

二重幅を広くしたい場合のアイプチの使い方は?

アイプチを毎日繰り返し同じ広さの二重幅に使うことで、その二重幅がそのまま定着することもあります。

その他にも、アイテープを毎日使うことによっても、自然と二重幅を定着させる効果がありますよ。

二重幅を広く見せるためには使い方にコツがあります。

アイプチやアイテープを目頭から目の中央までやや広めにつけて、プッシャーなどで押さえましょう。

このとき、押さえる力に気をつけましょう。

強く押さえてしまうと、食い込みすぎて不自然な仕上がりになってしまいます。

目を開いたら、目尻を中心に二重の幅を整えましょう。

すると、自然な二重まぶたの完成です。

毎日二重のクセを付けることで、なりたい二重まぶたになれるかもしれません。ぜひ試してみてくださいね。