アイプチで二重が不自然にならないための使い方のコツ

アイプチで二重にした場合、やり方を間違うと不自然に見えてしまいます。

アイプチでした二重が不自然に見える原因とは?アイプチで不自然に見えない二重を作るには?不自然な二重にならないアイプチの使い方は?

アイプチで二重が不自然にならないための使い方のコツをご紹介!アイプチを使わない二重に見せる方法もありますので試してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

防音性の高い部屋を探すには?賃貸物件を効率的に探すヒント

「子供が夜遅くまで部屋でピアノが弾けるように、防音性のある賃貸マンションを借りたい」という方も多いの...

服の生地に使われる繊維の特徴!生地の分類やよく使われる衣類

服に使われる生地は、なんとなくはわかっていても、なんとなくしかわからないという方が多いのではないでし...

ステンレスのシンクについた傷を目立たなくする方法を教えます

ステンレスのシンクにいつの間にかついてしまった傷。毎日使う場所だから仕方ないとはいえ、できれば傷を消...

靴の収納は箱のまま?それとも出したほうがいい?靴の収納方法

靴を収納するときは箱のままのほうがいいのでしょうか?箱に入っているほうが積み重ねることができるので収...

太ももの裏の筋肉をなくす方法!筋肉太りもスッキリキレイな脚に

太ももの裏についてしまった筋肉をなくす方法が知りたいという人もいますよね。細くてスラット伸びたキレイ...

バラの花びらを長く楽しみたい!茶色く枯らさずに花を生ける方法

バラの切り花を部屋に飾り、美しい花びらを楽しみたいと考えている人の中には、なるべく花を長持ちさせたい...

ホットプレートを使った美味しい餃子の焼き方と餃子の変わり種

ホームパーティーや仲の良い友達を招いてのパーティーに、餃子パーティーはいかがですか?みんなで...

ピアノの中古の相場とは?中古ピアノを買うときのポイント

中古ピアノの相場はどのくらいなのでしょうか?新品のピアノとはどのくらいの差があるのか気になりますよね...

チャイナ服に合う髪型のやり方!自分でできるヘアアレンジ方法

チャイナ服は可愛らしさもありつつ、女性らしさもあり、一度は着てみたいドレスですよね。体のラインをキレ...

インコのケージカバーの特徴や作り方を紹介します

インコのケージにはカバーをつけたほうがいいのでしょうか?必ずしも必要というわけではありませんが、イン...

保育園と幼稚園はどっちがいいか違いと選択のタイミング

保育園と幼稚園のどっちがいいか子供を入れる前に悩む親は多いです。仕事をしているから保育園に入れようと...

【テニスラケットの選び方】初心者には黄金スペックがおすすめ

テレビでテニスの試合を観ていると「自分もやってみたい。」と思う人も多いでしょう。自分もかっこよくショ...

水泳選手コースの基準について選ばれるポイントやタイミング

水泳の選手コースになるには基準という目安があります。本人が選手コースに行きたくても、コーチから選手コ...

二人暮らしの食費はいくら?共働きの食費は意外と高い

共働きの夫婦二人の家庭のほうが子どもがいる家庭よりも食費が高い!?二人暮らしだからといってついつい外...

男装メイクのやり方とコツ!ナチュラルイケメンに変身しましょう

男装メイクのやり方はコツを掴めばどなたでも簡単にできます。コスプレに興味がある人ならやってみたいと思...

スポンサーリンク

アイプチでした二重が不自然に見える原因は?

アイプチで作った二重が不自然に見えてしまうのも困りますよね。

例えば、二重のラインが左右の目で違ったりすると、不自然に見えてしまいます。

二重の幅が広すぎたり、ラインがガタガタだったりすると不自然に見えて、相手に違和感を与えてしまいますよ。

また、二重にした部分が引きつっているときも気になります。

これだといかにもアイプチをしているとバレてしまいますよね。

さらに、アイプチのノリが見えてしまっているのも、完全に不自然です。

もちろんアイプチのノリは乾くと透明にはなります。

しかし、それがよれたりすることで時間の経過とともに白くなってしまうこともあるのです。

アイプチをするときには、このようなことに気をつけなくてはなりません。

アイプチで不自然に見えない二重を作るには?

では、アイプチを使って不自然な二重に見えないようにするにはどうしたらいいのでしょう。

アイプチの基本的な使い方についてご紹介致します。

まず、アイプチを使うときには、まぶたを清潔に保つようにしましょう。

コットンでキレイにまぶたの皮脂を拭き取ってください。

これで、アイプチがくっつきやすくなりますよ。

それから、アイプチを塗るために、二重のラインを決めましょう。

このとき、不自然な二重にならないためには、半月型にむらなくアイプチを塗ってください。

そして、アイプチが半透明になるまで待ちましょう。

アイプチが半透明に乾いたら、Y字のプッシャーを二重の幅に押し当ててみましょう。

そのまま目を開けてください。

このとき、ラインがずれないように気をつけてくださいね。

キレイに二重の癖がついたら、静かにゆっくりと外します。

すぐに外してしまうと。せっかく作った二重が崩れてしまい、アイプチのノリが取れてしまう原因にもなります。気をつけましょう。

不自然な二重にならないアイプチの使い方は?

不自然な二重にならないためには、アイプチの使い方にもコツがあります。

これは、自分に合った二重幅を作ることが大切です。

相手に違和感を持たれないような自然な二重をアイプチで作るなら、末広がりな二重がポイントですよ。

また、アイプチをする前にアイシャドウをする人もいますよね。

しかし、アイプチをする前にアイシャドウをするとアイプチが取れやすくなってしまいます。

なので、とれにくい二重にするためには、アイシャドウを塗る前にアイプチをしておきましょう。

そして、アイプチをした後にアイシャドウを塗るときは、ブラシを使うのがオススメです。

より自然な仕上がりになりますよ。

アイプチを使うことで、だんだん自然な二重まぶたになっていくこともあります。

ただ、あまり長くアイプチを使っていると、それによりまぶたが伸びてしまうこともあるのです。

自分に合ったアイプチの使い方をしていきたいですね。

アイプチ以外で自力で二重にする方法はある?

二重まぶたを目指すなら、アイプチ以外にも方法はあります。

例えば、メイクによってまるで二重に見えるようにする方法もあるのです。

まず、アイライナーを使って二重のラインを引きましょう。

このとき、二重の幅を広くしすぎると不自然になってしまうので、気をつけてくださいね。

それから、アイホールにそって滑らかにカーブするようにラインを引くのもポイントです。

そして、ラインの上からアイシャドウでなぞるようにしてぼかしていきます。

さらに、ラインの下に濃い目のアイシャドウを塗って影を作りましょう。

最後に明るめのアイシャドウを塗ることで、全体をぼかして整えてください。

他にも、二重まぶたはマッサージをすることでも効果があります。

目頭から目尻にかけてアイクリームでなぞるように毎日マッサージしてあげましょう。

そうすることで、自然と二重まぶたを手に入れることもできるかもしれませんよ。ぜひ参考にしてみてください。

二重幅を広くしたい場合のアイプチの使い方は?

アイプチを毎日繰り返し同じ広さの二重幅に使うことで、その二重幅がそのまま定着することもあります。

その他にも、アイテープを毎日使うことによっても、自然と二重幅を定着させる効果がありますよ。

二重幅を広く見せるためには使い方にコツがあります。

アイプチやアイテープを目頭から目の中央までやや広めにつけて、プッシャーなどで押さえましょう。

このとき、押さえる力に気をつけましょう。

強く押さえてしまうと、食い込みすぎて不自然な仕上がりになってしまいます。

目を開いたら、目尻を中心に二重の幅を整えましょう。

すると、自然な二重まぶたの完成です。

毎日二重のクセを付けることで、なりたい二重まぶたになれるかもしれません。ぜひ試してみてくださいね。