新潟に美人が多いのはなぜ?その理由について徹底解説!

日本の中で美人が多い県といえば真っ先に思い浮かべるのは「秋田県」かもしれませんが、実は新潟県も美人が多いと言われています。

では、その理由は何なのでしょうか?秋田よりも勝っているのでしょうか?

実は新潟県は離婚率が低く、それも新潟美人が影響しているといウワサも…?新潟に美人が多い理由について調べてみました。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

生クリームを使った後冷蔵庫に入れ忘れたら捨てるしかないのか

生クリームを使ったあと、うっかりして冷蔵庫に入れ忘れた経験ありませんか?すっかり常温に戻って...

FF車での雪道の走り方のポイントを徹底解説します!

北海道などのように雪が降る地域に住んでいる人であれば雪道の運転も慣れているでしょうが、そうじゃない人...

声が裏返るのは歌のせいではない?克服のための歌い方を教えます

カラオケで歌を歌っている時に裏返る声…。これってなんとかならないものかと思いますよね。なぜ声...

洗濯機が壊れたらコインランドリーを賢く活用のススメとは

洗濯機が壊れたらコインランドリーを活用するのがオススメですよ。新しい洗濯機を購入しても、それ...

結婚式で子供に着物はアリ?子どもの服装マナーについて

結婚式で子供に着物を着せたいと思う親もいるかもしれませんね。では、結婚式に子供に着物を着せて...

商品の交換にレシートが必要な理由と交換できる条件について

購入した商品の交換や返品をしたい場合、レシートが必要だと言われることがほとんどでしょう。しか...

インコの保温&保湿には湯たんぽ!使い方や注意点を徹底解説

インコの体温は人間よりも高いため、冬の寒い時期や体調が悪そうな時には保温してあげることが大切になりま...

婿養子のメリット・デメリットと『婿入り』と『婿養子』の違い

婿養子にはメリットとデメリットがあります。『婿入り』と『婿養子』は違います。昔話などで聞...

部活を引退するときの挨拶のポイント!大切な後輩たちに贈る言葉

部活の引退での挨拶を後輩たちに向けてするときに、どんな挨拶をするべきか悩む人も多いでしょう。共に頑張...

部屋の模様替えは机のDIYで!簡単な机の作り方をご紹介

使いにくい机や、部屋の雰囲気に合わない机をどうにかしたいと思ってはいませんか?特に机は、部屋の雰囲気...

玉ねぎの収穫時期・梅雨のときの収穫方法!濡れないように収穫を

玉ねぎの収穫時期を迎えたけど、梅雨時期で天気がいい日が少ないということもありますよね。玉ねぎを収穫す...

スニーカーのソールの黄ばみ取りにオススメな対策や予防方法とは

スニーカーって気がつくと汚れていたり、ソールのゴム部分が黄ばんでいたりしませんか?では、特に...

ポケットポーチの作り方!100均の材料を使った簡単な作り方

小学生や幼稚園の女子に人気のポケットポーチ。ポケットのない洋服のときでもハンカチやティッシュを持ち歩...

車の割り込みトラブルが急増中!罰則や巻き込まれない運転とは

最近ニュースでよくみかけるのが、車を運転中の割り込みやあおり運転によるトラブルです。運転手同...

海の遠泳の泳ぎ方、クロールや平泳ぎのコツと注意点

海で遠泳をする場合、おそらくクロールか平泳ぎの泳ぎ方にすると思いますが、プールとは違う海での遠泳のた...

スポンサーリンク

新潟に美人が多いのはなぜ?その理由とは?

新潟県には美人が多く、美人の有名人も多いと聞きます。スポーツ選手や、歌手、女優、様々な分野において美しい新潟美人が存在しますが、なぜ新潟には美人が多いのでしょうか。

それは、歴史的背景があるようです。
実は新潟美人という言葉は昔から新潟県にはありました。新潟県は、昔、街道として栄えるほど、にぎわっていた地域だったため、全国からそこで働く為に美人が集められ、今でも残っていると言われてます。江戸の参勤交代は、秋田だけでなく新潟に影響していたのかも知れません。

気候も大きく関わっています。
新潟の気候は、日照時間が短く、雪の関係で湿度が高いのが特徴です。紫外線は、肌に悪影響を与えます。日照時間が短ければ紫外線が肌に注ぐ時間が短くなります。また、乾燥は、しわの原因となるため、湿度が高い新潟の環境は、潤いを保つ為に理想的と言えます。もともと美しい新潟の女性の肌を保つために、適した気候なのです。

新潟に美人が多い理由は越後妻有地区の食材だとも言われています

新潟県十日町市と津南町からなる、越後妻有(えちごつまり)地区。この越後妻有地区の食材が新潟に美人が多い理由と言われています。

里山が残り、棚田の景観で知られています。縄文時代から大地は農業で繋がってきた越後妻有。四季の変化に富み、山や川によって生まれた、日本の原風景とも言うべき里山は、今でも美しい景観を残しています。

越後妻有地区は、あの有名な魚沼産コシヒカリの産地であり、国内でも有数なブランド米を生み出している土地なのです。越後妻のお米が美味しいのは、冬の積雪、寒暖の差、山に染み入る雪水、棚田のおかげと言えます。

そんな素晴らしい環境の中で出来た玄米は、とても身体に良く、そのお米や玄米を子供の頃から食べて育ってきた新潟の女性は、身体の中から美しいことは言うまでもありません。玄米には、ミネラルや老化防止、ダイエットの効果、美容効果のある成分が多く含まれているのです。

新潟出身者は秋田よりも新潟の方が美人が多いと思っているの?

秋田美人という言葉をうよくききますが、実際は、新潟美人とどちらの方が美人が多いのでしょうか。新潟出身者は、新潟の方が、美人が多いと思っているのでしょうか。

実際、新潟出身者が新潟の方が美人であると答えた人は、4人に1人という割合だそうです。謙虚ですね。良く耳にするのは秋田美人で、新潟美人という言葉を聞く機会は少ないように思います。

実際、新潟の夏は暑く日焼けしてしまい、秋田美人の色の白さには敵わないという人もいるようです。

しかし、秋田より新潟の人の方が、垢抜けていて、雰囲気では新潟の方が美人度は負けてはいないという意見もあります。やはり良いお米を食べているという点でも、新潟県にも美人が多いと言う人もいます。

秋田にも新潟にも、美人がいることは変わることのない事実なのかも知れません。どちらの県の女性も、自分の故郷に誇りをもちつつ、お互いを称えあってほしいですね。

新潟よりやっぱり秋田?秋田は美人が多いと言われる理由は?

日本三大美人といえば、京美人、博多美人、秋田美人と言うように、秋田にはかなりの美人が多いというイメージがあります。新潟より秋田のほうが美人が多いのでしょうか。秋田に美人が多いと言われる理由は何なのでしょうか。

秋田には、その昔、ロシアやヨーロッパなどの海外から渡ってきた人が住みついたため、そのDNAを受け継いだ女性が、現代の秋田美人だという説もあると聞きます。

新潟と同じで、雪国であり冬はとても寒く、日照時間も少なく色白な人が多いため、美人が多いと言われてます。特にさむい地域の人は、冬の間は室内を温かくして過ごします。そのため、外との温度差で血行がよくなり、美しい肌が生まれるという説もあります。

歴史的背景からは、関が原の戦いに破れた佐竹義宣が秋田へ転封された際、腹いせに故郷の常陸の国から、美人を全員連れてきてしまったからという説もあります。

秋田美人は、肌が透き通っていて綺麗な美人が多い気がします。

新潟県の離婚率が低いのは新潟美人のおかげ?

2008年の調査では、新潟県の離婚率は全国で最下位、全国で一番離婚率が少ないという結果になりました。

なぜ、離婚率が一番低いのでしょうか。男性を捕まえて離さない秘密は何なのでしょうか。

明治の頃まで、新潟は日本一人口が多い港町でした。多くの人が行き交い、発展してきた土地です。
そんな新潟で育った女性は、美人が多いことに加え、気さくで明るい性格であると言われています。誰とでも気軽に話すことができ、フレンドリーな印象は県民性とも言えるでしょう。活動力があり、粘り強さもあるのが特徴です。男性でさえ、引っ張られてしまうこともあるかもしれません。

この新潟女性の強さは、土地柄が影響しているようです。日本海に面していて、雨や雪が多く、冬の寒さはとても厳しいものがあります。このような気候を乗り越えてきたからこを、女性の精神は鍛えられてきたのかも知れません。働き者で夫に尽くす女性も多いと言われています。

色白で美しく、夫に尽くすとなれば、素晴らしい妻であることは言うまでもありません。そんな女性を、男性も離さないのは当然の結果でしょう。

離婚率が低いというのは、独身女性が増えている現在、うらやましいこと思う人も多いかもしれませんね。