うずらを飼育するなら大きい鳴き声がすることを覚悟しよう

丸い体がかわいいうずら。子供だけではなく、大人でも飼育してみたいと思う人も多いと言います。

しかし、飼育する上で注意することがあります。それは「鳴き声」です。

今回は初めてうずらを飼育する上で注意することについて説明します。もし飼うのであれば、鳴き声が大きいことを覚悟する必要があります。

また、与えるエサやうずらの種類についてもご紹介します。飼育しやすい種類は「ヒメウズラ」です。鳥を扱っているペットショップで探してみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ペンのインクが出ない!インクが残っているのに出ない原因と対策

まだインクが残っているはずなのに、使おうと思ったらペンのインクが出ない。こんな経験をした事がある人も...

マニキュアの簡単な塗り方とは?キレイに見せるコツを教えます

自分でマニキュアを塗っても、ムラになってしまったりはみ出して失敗してしまうことってありますよね。...

絵の上手い人の脳とは?下手な人との違いや絵が上達する方法

絵の上手い人は下手な人と脳の使い方が違う?上手い人と下手な人にはどのような違いがあるのでしょうか?...

オイル交換の目安の期間を過ぎた時に車に起こるトラブルとは

車のエンジンオイル交換は目安となる距離や時期が設定されていますが、うっかりその期間が過ぎてしまうと車...

部活の引退で伝えたい感謝の言葉!後輩・顧問・親に贈る言葉

部活を引退するとき、今まお世話になった部活の後輩や顧問にお礼の言葉と伝えたいと考えている人もいるので...

天ぷらとかき揚げのコツを掴んで美味しくサクサクに作ってみよう

天ぷらやかき揚げを上手に揚げるにはコツがあります。どうしても上手く揚がらないとお悩みの人は、...

デイサービスでの体操にボールを使う種目を加えてみよう

デイサービスを利用する高齢者には、怪我なく体操を楽しんでもらいたいですよね。そこでおすすめな...

Tシャツのアイロンのかけ方とは?手順やコツをご紹介

朝着ようとタンスから出したTシャツがシワシワだったってことありませんか? シワシワになってしまっ...

文鳥の換羽期にプラスしたい栄養素と飼い主ができるサポート

文鳥が換羽期を迎えると、いつもよりも栄養が必要になります。文鳥の換羽期にはどのような栄養素が必要にな...

シンクのサビの落とし方!しつこいサビを落とす掃除方法

毎日使うシンクですが、使っているうちにサビが出ることもあります。目につくところなので気になり、困って...

タッパーをレンジで加熱するときはふたを外して加熱しよう

タッパーをお弁当箱代わりにしている人もいるのではないでしょうか。お弁当を食べるときに、レンジでタッパ...

救急車要請の番号、119の上手なかけ方を知っておこう!

救急車を呼ぶ経験なんて今後あるのかどうかと思っていませんか?いつ誰が救急車を呼ぶ事態に直面するか...

猫を網戸から脱走させないために!要注意なポイントと脱走対策

猫を飼っている方が心配なのは、猫の脱走です。好奇心旺盛な猫は、スキがあらばと脱走の機会を狙っ...

グラタンを冷凍保存してお弁当のおかずに!レシピを紹介!

グラタンを冷凍保存してお弁当のおかずにできるの?そんな、まだお弁当にグラタンを入れた事がないあな...

PTAで仕事を休む。「仕事をしているからできません」はNG!

子供の学校のことでパパやママの頭を悩ませることの一つが「PTA」ですよね。PTAの活動は平日のことも...

スポンサーリンク

うずらを飼育するなら、鳴き声が大きいことを覚悟しましょう

小さくて丸い身体で可愛いうずらを飼ってみたいと思う人は多いですが、うずらを飼う前に注意点があります。

「鳴き声」の特徴

うずらは、あの小さくて丸い身体からは想像出来ないような「大きい鳴き声」を発します。
そのため、鳴き声について何も知らずにうずらを飼ってみてしまうと、その鳴き声に耐え切れないという可能性が出てきます。
うずらは大きい鳴き声を発する動物であることを覚悟した上で、それでも飼いたい場合にはうずらを飼育してみましょう。

うずらの中でも、特にオスのうずらの鳴き声には注意が必要

オスのうずらの鳴き声は、窓を閉めていようと外まで聞こえるくらい大きな声を発します。
そして、その声は日中だけではなく夜間だろうと容赦なく鳴きます。
朝早くから鳴かせないようにするために、うずらを飼っているゲージに布などを被せて真っ暗な状態にしている工夫をする人もいるようです。
戸建ての家であれば飼育できるかもしれませんが、アパートや集合住宅などでうずらを飼うとなると、その鳴き声には注意が必要です。

うずらの鳴き声が気になるなら、メスの飼育をおすすめします

うずらの鳴き声が気になる場合には、メスのうずらを飼うことをおすすめします。
オスのうずらはとても大きな鳴き声を発するのですが、メスのうずらであれば基本的に静かです。
メスだったとしても多頭飼いした場合や産卵前後には卵を守ろうとするときにはメスも鳴き声を発する場合がありますが、その鳴き声はオスに比べて小さいものなのでオスよりも飼いやすいでしょう。
うずらをどうしても飼ってみたいけど鳴き声が気になる場合には、メスのうずらから飼い始めてみるのがおすすめです。

うずらを飼育する場合に与えるエサについて

うずらを飼う場合には、どのようなエサを与えればいいのかお伝えしていきます。

うずらには専用の餌を与える

そのほかにも、チャボ用のエサを与えることが出来ます。うずらの主食はこれらのエサを与えましょう。
そして、メスのうずらを飼う場合には「カルシウム」が多く摂取出来るようなエサを与える必要があります。

うずらのメスは、オスが居ないとしても無性卵を産みます

うずらという動物は、卵を産み続ける動物です。そのためしっかりとカルシウムを摂る必要があります。
カルシウム不足になってしまうと、身体が弱ってしまいます。
メスのうずらがカルシウム不足になることなく、普段の食事からより多くのカルシウムが摂れるようにするためには、ペットショップなどで市販されているサプリメントを使用する方法があります。
サプリメントの使い方は、主食のエサに混ぜて与えるだけなので簡単です。
もしも、どのようにしたらいいか悩んだときにはペットショップの店員に相談をすれば助言をもらうことが出来ます。

鳴き声以外に初心者がうずらの飼育をする場合の注意点

うずらを飼育するときには、鳴き声以外にも注意する点があります。
うずらに与えるエサについては説明をしましたが、実はうずらが食べてはいけない食べ物もあります。

「人間の食べ物」をうずらに与えない

野菜などの自然のものであれば問題はありませんが、調理したものや加工したものをうずらに与えるのはやめましょう。

人間の食べ物は、うずらにとっては脂質が高い

ご飯は自然のもので柔らかく与えて良さそうに思えるかもしれませんが、うずらには与えてはいけません。
その他にも、観葉植物を家に置いている場合には注意が必要です。鳥にとって毒になるものを観葉植物が持っている場合があります。
鳥にとって毒となるものを持っている観葉植物をうずらがつついたりしてしまうと大変です。

観葉植物を置いている場合にはうずらと接触させないように

うずらを卵から孵化させ、ヒナから大人へと育てたいと考える人は多いですが、うずらのヒナはとても弱いです。
そのため、ヒナを大人へと育てるのは難易度がとても高いので、うずらを飼い慣れていない初心者の場合には大人のうずらから飼い始めるのがおすすめです。

うずらにもいろいろな種類があります

実はうずらにもいろいろな種類があります。ヨーロッパウズラ、シロウズラ、ヒメウズラ、カンムリウズラ、コリンウズラなど。

うずらの種類によってその身体の大きさや羽の色の特徴などが異なる

うずらの中でも比較的身体の小さいヒメウズラは飼育しやすいかもしれません。
うずらを飼うときには、飼育するうずらの種類について調べて、特徴を知ってから飼育すると良いでしょう。
そしてうずらを飼うときには、可愛いからと安易に飼ってしまうと鳴き声の大きさに苦労する可能性があります。
せっかくうずらを飼育するのであれば、最後まで責任を持って飼いたいものです。
うずらの特徴である鳴き声の大きさや、うずらを飼育する上での注意点などを知った上でうずらを飼うかどうか決めてください。
そしてうずらを飼育すると決めたときには、愛情を持ってお世話をしてあげましょう。