手洗いの時の柔軟剤を入れるタイミングとすすぐ必要性について

大事な衣服を手洗いで洗濯する場合、気になるのは「柔軟剤」を入れるタイミングなどですよね。

洗濯機であれば最初にセットするので心配入りませんが、手洗いの場合はいつ入れるのでしょうか?すすぐ必要はあるのでしょうか?

手洗いする場合の柔軟剤を入れるタイミングとすすぐ必要性はあるのかどうかについて説明します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

力士の体の筋肉と脂肪の関係。2つの体型の特徴と力士の稽古

力士の方は皆さん大きい、体格がいいというイメージが定番ですがその体についているのは脂肪と思いがちでは...

イタリア語とフランス語の難易度は?選ぶならどっち

第二外国語を選択する際に、イタリア語とフランス語で悩んでしまうことがあるでしょう。 どちらを...

子育てはイライラとの戦い!怒鳴るのはダメだけど…

子育てはイライラの連続!『怒りの感情が湧いて出たら、深呼吸して』なんていうアドバイス、よーく...

子供の髪型をツーブロックにしたい!切り方やポイントを紹介

子供の髪型をツーブロックにするときには、どんな準備をしておけばいいのでしょうか?また、切り方とは?...

玄関ドアの隙間風対策!寒い玄関にお困りの方へ

玄関ドアからの冷たい隙間風にお困りの方はいませんか?夏にはそれほど気にならなくても、気温が下がってく...

革靴のシワがかっこいい!綺麗な履きジワの付け方と革靴の選び方

革靴にできる履きジワが綺麗につくとかっこいいと思いませんか?なんだか味のある一足になった!そんな風に...

紙粘土の色付けはペンでもOK?紙粘土の色付け方法について

紙粘土の色付けにはどのようなものがあるでしょうか、真っ先に思い浮かぶのは絵具ですが、ペンを使っても色...

炭酸が飲めないのは痛いから!喉や口の中が痛くなるワケと飲み方

炭酸飲料と言えば、あのシュワシュワとした爽快感と喉越しがいいですよね!スッキリしたい時や、暑...

夫婦二人なら食費は2万でやっていける!その方法を教えます

子供が生まれるとお金もかかるから、夫婦二人のうちに少しでも食費は抑えておきたいですよね。そこ...

使わなくなった文房具を寄付!海外支援について

子供が小さい頃に使っていた文房具や、知らず知らずのうちに溜まってしまったボールペンなど、使わなくなっ...

手芸のレクに簡単に作れる作品!高齢者向けおすすめ作品

高齢者向けのレクリエーションで手芸を楽しむこともあります。そんな時におすすめの簡単に完成する手芸をご...

メダカの底砂の掃除方法!掃除に便利なアイテムと水槽の掃除手順

メダカの水槽の掃除は欠かせないお世話のひとつです。掃除を怠ると水質の低下に繋がってしまいます。そ...

勉強のスケジュールを手帳で管理!学習手帳の作り方

思うように勉強がはかどらない、なかなか計画通りに勉強することができないというお悩みを抱えている人もい...

No Image

動物の中には名前が長いものがたくさんいます

図鑑などで動物を調べた時にやたらと名前が長いものも目にすることがあるでしょう。長い名前の動物には...

うさぎをブラッシングしていたらハゲがあった!

ペットのうさぎをいつものようにブラッシングしていたらハゲを見つけることがあるかも知れません。「ブ...

スポンサーリンク

手洗いの時は、柔軟剤を入れた後すすぐ必要性はある?

今まで洗濯物を手洗いしたことがありません。洗濯物を手洗いした時に、柔軟剤はどの時点で使うといいのでしょうか。自分の好みの柔軟剤がありますが、家族が柔軟剤の香りの好き嫌いがあるので、まず自分の衣類で試しに使ってみようと思っています。洗濯をした後に柔軟剤を入れて、脱水する方法なのでしょうか?柔軟剤を入れた後、水ですすぐのが正解なのでしょうか。

 

正解は一番最後のすすぎの時に、ごく少量の柔軟剤を入れて、数回押し洗いして、水を切り脱水します。

手洗いして柔軟剤を入れた後にすすぐ必要はありません。

柔軟剤は繊維に残留することで効果を発揮します。すすいでしまうと意味がなくなります。洗濯機に投入口に入れた場合も、最後のすすぎのタイミングで洗濯槽の中に柔軟剤が投入され、全体に馴染ませてから脱水されるようになっています。

手洗いの場合に柔軟剤を入れるタイミングとは?すすぐことが終わったあと?

おしゃれ着や型崩れのしやすい物は今まで、自宅での手洗いを避け、クリーニング店にお願いすることが多かったのですが、意外と簡単に手洗い出来ることがわかりました。自宅で手洗いすることで汚れも目に見えるし、とてもキレイに洗えているような気分になります。

 

手洗いをする前に必ず洗濯表示の確認をしましょう。表示にはその洋服がどのように洗濯が出来るのか書いてあるので確認しましょう。洗濯表示に従い洗濯をしましょう。手洗いの表示が記載されていれば手洗いが可能です。

手洗いが終わった後、汚れた水を捨て、バケツにキレイな水を入れてすすぎをします。洗う時と同じように、軽く抑えてすすぎをします。何度か水を替えて泡がなくなるまですすぎをします。水を含むと衣類は重くなります。衣類が伸びないように注意しましょう。すすぎの水がキレイになったら水に柔軟剤を入れて、その中に衣類を入れて少し時間を置き仕上げのすすぎをします。必ずすすぎが終わってから柔軟剤を入れるようにしましょう。

手洗いで柔軟剤を入れた後にすすぐこと以外に柔軟剤の効果が薄れる原因とは

洗濯をする時に柔軟剤を入れる人も多いですよね。衣類やタオルをやわらかくしたり、フワフワにしてくれたり、香り付けのアイテムとして使う人も多いです。しかし正しい使いかたをしないと、洋服にいい香りがつかないですし、柔軟剤としての効果も弱まります。
柔軟剤を使っているのに効果を感じない場合は、もしかすると使い方を間違えている可能性があります。柔軟剤を使っていても、タオルがフワフワにならない、いい香りがしない人は使い方を間違えていますよ。

洗濯物が酷く汚れていたり、洗わないで放置していると、汚れがどんどん蓄積され、悪臭も出てきます。柔軟剤の効果が行き届きません。

そして洗濯をしてもすぐに干さずに放置していませんか?濡れたままの状態にしておくと、菌が増えて嫌な臭いの原因になります。洗濯物は終わったらすぐに干すようにしましょう。

洗濯はしっかりできていても、柔軟剤の使い方が間違えていると効果が出ません。柔軟剤はメーカーが定めている量で十分香りが付きます。たくさん入れすぎてもシミの原因になることもあるので、量はしっかり守るようにしましょう。

手洗いした衣服はしっかりと乾かすようにしましょう

手洗いした衣服を水をたくさん含んだまま干すと、重量で伸びてしまう可能性があります。セーターやカーディガンなどの衣類を手洗いした時は、洗濯機で脱水してから干すようにしましょう。

セーターなどの型崩れしやすい物はキレイに畳んでからバスタオルに挟みます。バスタオルに挟んだ衣類は、洗濯ネットにキレイに入れます。洗濯機の脱水ボタンを押し、一番短い時間に設定します。30秒くらい脱水することをオススメします。

脱水時間が長いと衣類にシワがついてしまう可能性があるからです。衣類から水が滴り落ちることがなければ、問題はありません。

洗濯機の脱水機能を使わない場合は、バスタオルに衣類がシワにならないようにバスタオルの上に広げて挟みます。次に軽く上から叩きます。衣類から水が滴り落ちなければ大丈夫です。

干し方にも十分注意しないと伸びてしまう可能性もあります。セーターなどはハンガーに吊るして干すのではなく、広げて干してあげることをオススメします。

Tシャツは手洗いした方が長持ちする?そのコツとは

Tシャツは、普通は洗濯機で洗えます。しかし撹拌でねじれてしまったり、衣類同士が擦れてしまうと、傷みや型崩れしてしまいます。洗濯機で洗濯が出来ても、大切なTシャツや色柄を長持ちさせたい洋服は、手洗いすることをオススメします。

形を長持ちさせたい場合は、洗濯後も注意しましょう。厚手のTシャツは干す時に肩の線が崩れがちですので、ハンガーにタオルを巻き付けて干すと型崩れしにくくなります。

パリッとさせて着たい場合は、形を調えてアイロンをかけるのがオススメです。またお気に入りのTシャツがヨレてしまって、着て外出するのを悩んでしまうという場合もアイロンをかけることでたるみがなくなります。袖口、首周りなどはスプレー糊をするといいです。