NO IMAGE

インコのおやつを手作り!手作りする時のポイントと作り方を解説

インコのおやつを手作りしようと考えている飼い主さんもいるのではないでしょうか。ですが、今まで作ったことがない場合は、どのように手作りをすればいいか分からないものです。

ここでは、インコに手作りのおやつを作ってあげる時のポイントと与えてはいけないものについてお伝えします。

インコのおやつを手作りするときは、インコのことを考えて安全なものを作ってあげましょう。

インコにおすすめのおやつについてもご紹介しますので、そちらも参考にしておやつを手作りしてあげてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ハムスターが鳴き声をギーとあげるはナゼ?鳴き声でわかる感情

ハムスターが鳴き声をギーとあげる時、どんな感情を持っているのでしょうか?ハムスターが低い鳴き...

クラスでぼっちのあるあるネタ!ぼっちの過ごし方と対処法

クラスでぼっちになってしまう人もいますよね。ぼっちになってしまう人にはある共通した特徴があるようです...

名前の読み方だけを変更したい場合の手続き方法を教えます

名前が間違われやすいなどの理由で、読み方だけを変更したいという人が増えていると言います。改名...

学校を辞めたい時の親の説得方法!今後の人生設計を明確にしよう

人間関係が上手くいかない、勉強についていけない、他に目標が見つかったなどの理由で学校をやめたいと思う...

子供の髪型を決める時、女の子ならどんな髪型にする

子供の食べるものや服などは毎日どうするか考える人も多くいますが、髪型をどうするかはついつい後回しにな...

ミシンのコツとは?カーブを縫う時のポイントを紹介します

ミシンでカーブを縫うときにはどんなコツが必要なのでしょうか?カーブを縫うときにはいつも慌てて、突っ張...

猫の写真 なぜへたくそにしか撮せないのか?上手く撮るコツとは

猫の写真を撮すにはちょっとしたコツが必要となります。猫ちゃんはかわいいのに、レンズに収まるそ...

シベリアンハスキーは子犬の頃が一番かわいい!

犬は種類が豊富で、体が小さいものから大きいもの、毛が短いものからフカフカなものまで数多くいます。...

服に付いてしまったペンキの取り方!早めの対処がおすすめ

うっかり服に付いてしまったペンキは、普通に洗濯をしてもシミは落ちませんよね。服にペンキが付いてしまっ...

思い込みと勘違い。2つの違いとは。思い込みを信念に

思い込みと勘違いについて。2つの違いとは?簡単に言ってしまうと、人間は思い込みと勘違いで...

フェルトで手作りしたお守りで彼を応援!作り方のポイント

受験を控えた彼には、神社で購入するお守りではなく、フェルトで手作りしたお守りをプレゼントしてはいかが...

声が裏返るのは歌のせいではない?克服のための歌い方を教えます

カラオケで歌を歌っている時に裏返る声…。これってなんとかならないものかと思いますよね。なぜ声...

猫が後ろ足を触られると嫌がる理由を理解して上手に付き合おう

猫を飼い始めるとどうしてもいろいろなところを触りたくなってしまいますが、実は後ろ足を触られることを猫...

マンガや小説のキャラの名前の付け方を知りたい

マンガや小説が好きな人は、それが高じて自分なりのオリジナルストーリーを考えたりしますよね。その時...

犬の鳴き声などの騒音対策。マンションでもできる効果的な方法

ペット可のマンションに住む場合にも、自分の家の犬の鳴き声が周りのお宅の迷惑にならないか心配される方は...

スポンサーリンク

インコのおやつを手作りしたい!おやつを作る時のポイント

わたしたちにとっても楽しみな「おやつ」の時間。
飼っているペットにとっても、毎日のご飯以外の嬉しい時間として、楽しみにしていることと思います。

犬用の手作りおやつなど、ペット用の手作りおやつを売っているお店やレシピが載った本などは多くみられるようになりましたが、インコ用のものはなかなか見かけることがありません。

しかし、インコのおやつは、使う材料にさえ注意すれば、自分で簡単に手作りすることができます。インコが喜ぶものを用意してあげたいですね。
手作りおやつを作る時のポイントを紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

かじることが大好きなインコ

おやつは、「かじりごたえがあるもの」がポイント

くちばしを器用に使って種の皮を向いたり、紙をちぎって遊ぶインコですので、おやつには固めのものが良いと言えます。

糖質や脂質のとりすぎは人間同様、肥満や病気の原因にもなりますので、作りすぎ、与えすぎには注意しましょう。
ご飯はしっかり食べれるように、おやつの量は飼い主が調整してあげてくださいね。

野生の鳥は、木の実や果物、昆虫などを食べて生活しています。そのため、おやつには「シード」や「果物」を使ったものを用意するのがおすすめです。

インコのおやつを手作りするときに与えてはいけないもの

インコに手作りのおやつを与える時には、気をつけなければいけないこともあります。

おやつの与えすぎに注意

おやつは基本的に高脂肪で高糖質になりますので、脂肪分の多いシード系のおやつや果糖が含まれる果物類などの与え過ぎは厳禁です。
コミュニケーションの時間に1つだけ、など少ない量を与えるようにしてくださいね。
おやつを与える量の目安は、普段の食事の2割以下が適量です。

インコに与えてはいけない果物

「りんご」「いちご」「もも」「あんず」「びわ」の「種」に含まれる成分がインコにとって有害になります。絶対に与えないようにしましょう。

水分を多く含む果物は、下痢の原因になる

果物を与えるときには、ドライフルーツや鳥専用の果物にし、果物の皮など農薬が付いている可能性のあるものは避けるようにしましょう。

基本的に、インコに与えるものは鳥専用のもの。人間と同じ食材は、与えないようにしてくださいね。

インコのおやつを手作りしよう!バードブレッドの作り方

それでは、さっそくインコのおやつを手作りしてみましょう。
まず紹介するのは、「バードブレッド」です。

おやつの材料と道具

  • コーンミール50g
  • 全粒粉15g
  • 卵3分の1個
  • 水40cc
  • ゴマ5g
  • ナッツ類10g
  • ドライフルーツ5~10g
  • シード餌10g
  • マフィンカップ1~3個
  • ボウル
  • 包丁
  • まな板
  • ヘラ
  • ケーキクーラー
  • オーブン

【作り方】

  1. ナッツ類、ドライフルーツは、包丁で細かく刻んでおきます。
  2. ボウルに溶き卵と水を入れて混ぜ合わせます。
  3. 2にその他の材料を全て入れてよく混ぜ、マフィンカップに隙間が出来ないように押すようにして詰めます。
  4. 170度予熱をしたオーブンで30分前後焼きます。
  5. ケーキクーラーに乗せて粗熱をとったら、冷蔵庫に入れて冷やします。

冷蔵庫で保管する場合には1週間以内に食べきること

冷凍保存もできますので、多めに作って保存しておいてもいいですね。食べる時に電子レンジで温めて、冷ましてから与えましょう。冷凍庫での保管は1ヶ月程度を目安にしてください。

コーンミール、全粒粉、卵、水をベースにすれば、中に入れるものは自由なので、飼っているインコの好みに合わせていろいろ入れてみると良いでしょう。

インコの手作りおやつ・クッキーの作り方

コーンミールを使えば、クッキーも簡単に作ることができます。

コーンミールに人参のすりおろし、砕いたナッツ類やシード餌を混ぜて、好きな大きさに成形します。
卵や水が入らないので、ポロポロと成形しづらいかもしれません。まとまらない場合は、少量の水を足しても良いです。

大きさは、おやつ1回分の大きさにしてもいいですし、大きく作って割って与えても良いです。
飼っているインコに合わせて作ってみてください。クッキングシートを敷いた上に成形した生地を並べて、オーブンで数分焼きます。
クッキーの大きさや厚さによって、時間を加減してください。
焦げ目ができてしまった時には、取り除いてから与えてください。

さくさくなクッキーはインコに喜んでもらえること間違いなし。
こちらも多めに作って冷凍保存しておくとよいでしょう。

インコに作ってあげたい簡単な手作りおやつ

手作りポップコーンも、大人気のおやつです。
ポップコーン用のとうもろこしを購入してきたら、耐熱容器に入れて電子レンジで加熱するだけで簡単にできあがります。

耐熱容器にラップをかけたら、爪楊枝で数箇所穴を開けましょう。
電子レンジでポンと弾けるまで加熱したら、完成です。

人間の場合には、油やバター、塩などを使いますが、インコ用のポップコーンにはこのような調味料は一切使いません。
加熱した、そのままのとうもろこしを与えてください。

インコ用に作ったポップコーンに、バターや塩などをかければ、人間も美味しくたべられます。
同じ材料を使って作ったおやつを、飼っているインコと一緒に食べれるのは、嬉しいですよね。

インコと一緒に、手作りポップコーンを堪能してみてはいかがでしょうか。