筋トレとストレッチの違いとは?筋トレ前後に効果的な方法を紹介

筋トレとストレッチにはどんな違いがあるのでしょうか?ストレッチをするのは筋トレをする前?それとも筋トレをした後?筋トレとストレッチのどちらもしたほうが良い理由とは?

ストレッチをするときにはどんなことを意識しながら行えばいいのでしょう。

おすすめなストレッチ方法やストレッチをするときのポイント、コツを紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

朝のトースト2枚は多いか少ないかみんなの意見と太らない食べ方

朝パン派の人は、トーストは何枚食べますか?1枚だとすぐにお腹が空くし、2枚だと多いような気が...

男同士の会話で職場でよく話されている内容や必要なトーク力

男同士の会話について職場ではどんな内容がよく話されているのか気になる女性もいるでしょう。男性...

チケットをキャンセル待ちで購入する方法とその確率について

人気アーティストのチケットとなると、販売開始時間と同時に予約しようとしてもすぐに予定枚数終了となって...

小学校では鉛筆の2Bをいつまで使用?指定される理由と使い心地

小学校の入学準備を始めていると、筆記用具の注意点に「鉛筆は2b、または2b以上」と指定されている場合...

バドミントンの試合を観戦する前に知っておくと楽しめるポイント

バドミントンの試合を観戦したいと思っている人は多いのではないでしょうか。最近では、日本人のバトミント...

プラバンの作り方!気になる色塗りの方法やポイント

小さい頃にプラバンを使って遊んだ方も多いのではないでしょうか?プラバンを使うと簡単にキーホルダーやチ...

手洗いの時の柔軟剤を入れるタイミングとすすぐ必要性について

大事な衣服を手洗いで洗濯する場合、気になるのは「柔軟剤」を入れるタイミングなどですよね。洗濯...

イタリア語とフランス語の難易度は?選ぶならどっち

第二外国語を選択する際に、イタリア語とフランス語で悩んでしまうことがあるでしょう。 どちらを...

柔軟剤の匂いを消す方法とは?アイデアをご紹介します

柔軟剤の種類も増え、自分好みの匂いがするものを探すことも楽しいですよね。でも、柔軟剤を入れす...

部活を引退する先輩に渡す色紙デザインを凝ったものにしたい

先輩と後輩が一緒になって毎日部活を楽しく過ごしていても、いつかは先輩が引退してしまう時が来てしまいま...

ペットボトルを水筒として再利用するのがダメな理由は〇〇です!

空になったペットボトルの容器を捨てるのがもったいないといって水筒として再利用している人もいますよね。...

スカートの生地は何メートル必要?計算の方法を紹介します

スカートを作るときには生地を何メートル用意したらいいのでしょうか?お裁縫があまり得意ではないという人...

ナチュラルメイクでデカ目を作る方法が盛沢山。様々なテクニック

つけまやカラコン無しでもデカ目は作れますよ。デカ目にすると「メイクが濃い」というイメージがあ...

鍋とフライパンの違いは?フライパンは便利に使える鍋の一種

これから一人暮らしを始める人は、新生活に必要な色々なものを揃えなくてはなりません。少しでも購入費用を...

アイロンのかけ方【スチームのコツ】上手な使い方と注意点

アイロンのかけ方はスチームをうまく活用することでより満足のいく仕上がりになります。スチームを使えば素...

スポンサーリンク

筋トレとストレッチの違いは目的

トレーニングをする前に、どのような効果がほしいかによって選ぶことによって、効率的に結果が出やすくなります。

ストレッチの効果

筋肉を伸ばす事ができるストレッチは、様々な筋肉の緊張を緩めてくれます。

普段からストレッチをする事で、肩こりや腰痛などの解消や予防をしてくれる効果が期待できます。

筋肉をほどよく伸ばしたり緩めたりする事によって血行がアップするため、むくみの解消や予防にもつながります。

新陳代謝もよくなるので、負担をかけないダイエットにも向いています。

また、辛くもなく、自分のペースで出来るので手軽に続けやすいために、毎日少しずつでも続ける事によって、効果が期待できます。

デメリットは、効果が短期間では分かりにくい事でしょう。

筋トレの効果

筋肉に負荷をかける事によって鍛える筋トレは、筋肉をつける事に向いています。
筋肉をつける事は、新陳代謝もよくなりますので、余分な体脂肪を燃焼させる新陳代謝もよくなり、引き締まりながらのダイエットにも効果が期待できます。

デメリットは、疲れが出たり筋肉痛になったりするために、続ける事が大変だという人が多い事です。

筋トレとストレッチの違いを知ればあなたに必要なものがわかる

筋肉をつける事ができる筋トレと、筋肉をほぐすストレッチは目的が違ってきます。

ストレッチは、筋肉をほどよく伸ばしたり緩めたりする事ができるので、血行がよくなり体をポカポカさせ、緊張をほぐし、体も心もリラックスできる効果があります。

また、むくみを防止したり、身体を整える効果もあります。筋トレの前後に取り入れる事によって、筋肉の負荷からケガや痛みを軽減してくれたり、余分な疲れが溜まりにくくしてくれます。

筋トレは、比較的に短期間で見た目にも分かる位変わる事ができます。
筋肉を大きくしますが、新陳代謝が上がるので脂肪は燃焼してくれるお手伝いをしてくれます。

筋トレは筋肉痛や負荷のかかりすぎなどを予防したり、疲れてしまったりする事を防ぎ、長期間続けるためにも、週に数回にして、ストレッチを毎日やるなど、自分の生活習慣に合わせて無理のないように続けましょう。

ストレッチにも違いがある筋トレに効果的なのは?

ストレッチといっても、筋トレの効果を更にアップしてくれたり、ケガや痛みを軽減してくれるウォーミングアップとしての効果もありますので大切です。

ダイナミックストレッチ

ダイナミックストレッチは、動的なストレッチです。

腕や脚を色々な方向に伸ばしたり、曲げたり、ねじったりして動かしながら筋肉を伸ばします。

筋トレや運動をする前にやる事で、ケガを予防したり、効率的に効果をアップしたりする事ができるためにおすすめです。

スタティックストレッチ

筋肉を一定方向に伸ばす静的ストレッチであるスタティックストレッチは、ゆっくりと筋肉を伸ばしていき、しばらくそのまま静止させるものです。

筋肉痛の予防として、筋トレや運動をした後にやる事をおすすめします。

筋トレの前にはストレッチをしよう!

それぞれの効果は別々ですので、筋トレとストレッチを合わせることで相乗効果にもなります。

また、ストレッチをした後で筋トレや運動をする事によって、ケガの予防をしたり、効果をアップさせることができます。

筋トレや運動をした後に、更にストレッチをする事によって、筋肉痛などの痛みを軽減させたり、疲れを軽減させる効果があります。

筋トレや運動の前には、よく動かすストレッチをやり、筋トレや運動の後には、よく伸ばして静止させるストレッチをしましょう。

股関節と脚のストレッチ

真っ直ぐに立ち、両足をそれぞれ前と後ろに伸ばします。
前足のヒザをまげて、後足はまっすぐのまま踵を浮かし負荷をかけながら、重心を前にします。

それぞれ左右ゆっくりとやりましょう。

痛みが出ないように、自分で伸びてると感じる位で、反動をつけずに呼吸を止めずにやりましょう。

筋トレ後に行うとよいストレッチ方法とは?

筋トレや激しい運動の後には、クールダウンとして、ゆっくりと静止させるようなストレッチがお勧めです。

その時も呼吸を深くゆっくりとする事を忘れずに、止めないように注意しましょう。

また、ストレッチも筋トレも、痛みが出ないよう無理しない程度に、反動をつけずにする事が大切です。

ケガを防止するためにも、正しい姿勢、正しいポーズでやりましょう。

痛みを感じてしまえば、身体に無理がかかるので、キープもできずに、身体を傷めてしまいます。

目安は10秒間、大体3セットと言われています。

無理をしてしまうよりも、ほどよく毎日、長く続ける事の方が、結果的に効率的になります。

自分が伸びてちょうどいいものを色々試してみましょう。