筋トレとストレッチの違いとは?筋トレ前後に効果的な方法を紹介

筋トレとストレッチにはどんな違いがあるのでしょうか?ストレッチをするのは筋トレをする前?それとも筋トレをした後?筋トレとストレッチのどちらもしたほうが良い理由とは?

ストレッチをするときにはどんなことを意識しながら行えばいいのでしょう。

おすすめなストレッチ方法やストレッチをするときのポイント、コツを紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

スカートが短い時の対処法とスカート丈のアレコレ

一目ぼれして買ったスカートやワンピースが、思っていたよりも短いときって皆さんどうしていますか?...

簿記三級取得は決して無意味じゃない!就職や転職での活かし方

簿記三級は二級に比べるとそれほど難しくないため、比較的取りやすい資格といえます。よく「履歴書に簿...

シベリアンハスキーは子犬の頃が一番かわいい!

犬は種類が豊富で、体が小さいものから大きいもの、毛が短いものからフカフカなものまで数多くいます。...

友人への出産祝いに現金を渡す場合の相場と渡し方のマナー

親しい友人に赤ちゃんが誕生した場合には、『出産祝い』を渡す方が多いと思います。出産祝いにどんなものを...

100均の材料で簡単DIY!初心者でも作れるかわいい小物

ネットや雑誌では主婦の方が作った可愛いDIYの作品をよく目にします。そんな可愛いくておしゃれな作品を...

車はガソリンメーターランプが光ってから何キロ走れる?目安とは

車のガソリンメーターのランプが光った、点滅したときには後どのくらい走ることができるのでしょうか?ひと...

気軽にハンドメイド!小物なら余った布で作る事ができます

ハンドメイドをする方は、はぎれがどんどん溜まっていきませんか?小さな布でも、可愛くてお気に入りだった...

自転車通勤で会社まで20kmだと何分かかる?自転車別に解説

都会に住んでいると、満員電車での通勤がイヤになりますよね。そんな時に考えるのが自転車通勤。交...

ダンスのキレを出すためのコツと、体の動かし方やポイントとは

キレのあるダンスを踊る人を見るとカッコイイと思いますよね。ダンスをやっていたら、キレのあるダ...

サッカー選手のサインは何にもらう?サインのもらい方講座

お目当てのサッカー選手のサインをもらいたい!でもいったい何にもらうといいのだろう…大事にしたいサイン...

夜にまたお菓子を食べちゃったという罪悪感から逃れる方法

夜になるとついお菓子を食べ過ぎてしまう・・・そんな悩みありませんか?一度食べ始めると止まらなくな...

通帳をなくした!悪用される可能性は?通帳を無くした時の対処法

いつもしまってあるはずの場所に通帳がない!通帳をなくした!突然こんな状況になったら焦りますよね。特に...

チケットをキャンセル待ちで購入する方法とその確率について

人気アーティストのチケットとなると、販売開始時間と同時に予約しようとしてもすぐに予定枚数終了となって...

デイサービスの体操が楽しいと感じてもらう為に出来ること

デイサービスでは体を動かして体操をしますが、楽しい時間にしたいものですね。体操には、自立に向...

ベースとギター、どっちを選ぶ?初心者は特徴を理解しましょう

友達とバンドを組もうとする場合、ほとんどの人がベースとギターどっちにするか迷うのではないでしょうか。...

スポンサーリンク

筋トレとストレッチの違いは目的

トレーニングをする前に、どのような効果がほしいかによって選ぶことによって、効率的に結果が出やすくなります。

ストレッチの効果

筋肉を伸ばす事ができるストレッチは、様々な筋肉の緊張を緩めてくれます。

普段からストレッチをする事で、肩こりや腰痛などの解消や予防をしてくれる効果が期待できます。

筋肉をほどよく伸ばしたり緩めたりする事によって血行がアップするため、むくみの解消や予防にもつながります。

新陳代謝もよくなるので、負担をかけないダイエットにも向いています。

また、辛くもなく、自分のペースで出来るので手軽に続けやすいために、毎日少しずつでも続ける事によって、効果が期待できます。

デメリットは、効果が短期間では分かりにくい事でしょう。

筋トレの効果

筋肉に負荷をかける事によって鍛える筋トレは、筋肉をつける事に向いています。
筋肉をつける事は、新陳代謝もよくなりますので、余分な体脂肪を燃焼させる新陳代謝もよくなり、引き締まりながらのダイエットにも効果が期待できます。

デメリットは、疲れが出たり筋肉痛になったりするために、続ける事が大変だという人が多い事です。

筋トレとストレッチの違いを知ればあなたに必要なものがわかる

筋肉をつける事ができる筋トレと、筋肉をほぐすストレッチは目的が違ってきます。

ストレッチは、筋肉をほどよく伸ばしたり緩めたりする事ができるので、血行がよくなり体をポカポカさせ、緊張をほぐし、体も心もリラックスできる効果があります。

また、むくみを防止したり、身体を整える効果もあります。筋トレの前後に取り入れる事によって、筋肉の負荷からケガや痛みを軽減してくれたり、余分な疲れが溜まりにくくしてくれます。

筋トレは、比較的に短期間で見た目にも分かる位変わる事ができます。
筋肉を大きくしますが、新陳代謝が上がるので脂肪は燃焼してくれるお手伝いをしてくれます。

筋トレは筋肉痛や負荷のかかりすぎなどを予防したり、疲れてしまったりする事を防ぎ、長期間続けるためにも、週に数回にして、ストレッチを毎日やるなど、自分の生活習慣に合わせて無理のないように続けましょう。

ストレッチにも違いがある筋トレに効果的なのは?

ストレッチといっても、筋トレの効果を更にアップしてくれたり、ケガや痛みを軽減してくれるウォーミングアップとしての効果もありますので大切です。

ダイナミックストレッチ

ダイナミックストレッチは、動的なストレッチです。

腕や脚を色々な方向に伸ばしたり、曲げたり、ねじったりして動かしながら筋肉を伸ばします。

筋トレや運動をする前にやる事で、ケガを予防したり、効率的に効果をアップしたりする事ができるためにおすすめです。

スタティックストレッチ

筋肉を一定方向に伸ばす静的ストレッチであるスタティックストレッチは、ゆっくりと筋肉を伸ばしていき、しばらくそのまま静止させるものです。

筋肉痛の予防として、筋トレや運動をした後にやる事をおすすめします。

筋トレの前にはストレッチをしよう!

それぞれの効果は別々ですので、筋トレとストレッチを合わせることで相乗効果にもなります。

また、ストレッチをした後で筋トレや運動をする事によって、ケガの予防をしたり、効果をアップさせることができます。

筋トレや運動をした後に、更にストレッチをする事によって、筋肉痛などの痛みを軽減させたり、疲れを軽減させる効果があります。

筋トレや運動の前には、よく動かすストレッチをやり、筋トレや運動の後には、よく伸ばして静止させるストレッチをしましょう。

股関節と脚のストレッチ

真っ直ぐに立ち、両足をそれぞれ前と後ろに伸ばします。
前足のヒザをまげて、後足はまっすぐのまま踵を浮かし負荷をかけながら、重心を前にします。

それぞれ左右ゆっくりとやりましょう。

痛みが出ないように、自分で伸びてると感じる位で、反動をつけずに呼吸を止めずにやりましょう。

筋トレ後に行うとよいストレッチ方法とは?

筋トレや激しい運動の後には、クールダウンとして、ゆっくりと静止させるようなストレッチがお勧めです。

その時も呼吸を深くゆっくりとする事を忘れずに、止めないように注意しましょう。

また、ストレッチも筋トレも、痛みが出ないよう無理しない程度に、反動をつけずにする事が大切です。

ケガを防止するためにも、正しい姿勢、正しいポーズでやりましょう。

痛みを感じてしまえば、身体に無理がかかるので、キープもできずに、身体を傷めてしまいます。

目安は10秒間、大体3セットと言われています。

無理をしてしまうよりも、ほどよく毎日、長く続ける事の方が、結果的に効率的になります。

自分が伸びてちょうどいいものを色々試してみましょう。