ハムスターのかじり木は割り箸でも代用できるが避けた方が無難

ハムスターのかじり木の代用で割り箸は使えるの?と思っている飼い主さんも多いのではないでしょうか。
割り箸も木が素材ですし、わざわざハムスター専用のかじり木を購入しなくても割り箸で十分なような気がします。
では、かじり木の代用として本当に割り箸を使っても問題ないでしょうか。危険性はないのでしょうか。
割り箸以外にも代用になるものはあります。
ハムスターの様子をみて、何がいいのかを判断しましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

受験が怖いなら高校受験の不安を解消するコツや効率的な勉強法

受験生にとって高校受験というのは、不安な気持ちで怖いと感じることもあるでしょう。では、そんな...

ノートの表紙を素敵にデザインする色々なアイディアを紹介

勉強やレポートにノートは欠かせないアイテムですが、どんな物を使っていますか?シンプルなノート...

洗面所のタオル掛け裏のカビに注意!予防策とカビ除去方法

洗面所の壁にタオル掛けがあるご家庭も多いと思いますが、タオル掛け裏は黒カビが発生しやすいため注意が必...

壁紙の張り替えをDIYでチャレンジ!張り替える時の注意点

お部屋の壁紙は業者さんでなければ、張り替えできないと思っている方も多いと思います。しかし、壁...

洗濯物の臭い取りはセスキにお任せ!そのやり方を説明します

100均でも販売されている「セスキ(セスキ炭酸ソーダ)」。いろいろな汚れを落とせると話題になっていま...

暖房の設定温度の目安を紹介。20℃でも快適に過ごす方法

暖房の設定温度は消費電力にそのままつながります。エアコンの設定温度を1度下げるだけでも節電になるとい...

瞳が茶色でも黒髪にしたい!瞳の色からオススメな髪色がわかる

瞳が茶色い人は黒髪が似合わないと言われるように、瞳の色によって似合う髪色が判断することができるそうで...

クッキー生地を寝かせるのはなぜ?その理由や正しい方法について

自宅で手作りクッキーを作るのはとても楽しいです。そのレシピを見てみるとクッキーの種類にもよりますが、...

野良猫の親子を捕獲するには?保護した後の対応とは

野良猫の親子が庭に住み着いてしまったときなど、野良猫を捕獲したいときはどうしたらいいのでしょうか?...

郵便局の配達時間の午前中指定について時間や早く受け取る対処法

郵便局の配達時間を午前中に指定した場合、時間は何時くらいになるのでしょうか?配達時間の午前中のおおよ...

スカートの生地は何メートル必要?計算の方法を紹介します

スカートを作るときには生地を何メートル用意したらいいのでしょうか?お裁縫があまり得意ではないという人...

食品サンプルの材料は百均で全て揃う。材料からパーツまで

美味しそうな食べ物やスイーツなどの食品サンプルが、百均の材料だけで作ることが出来ます。今回は...

アパートトラブルで多い騒音問題。足音の対策について

アパートに住んでいると、足音に対して苦情を言われたり、逆に足音に悩まされることもありますよね。...

グッピーの稚魚の隔離期間の目安と稚魚を元気に育てるコツ

グッピーの稚魚が元気に育つために、稚魚が大きくなるまで隔離することがありますが、その隔離期間に悩むこ...

トイレの便器についたがんこな尿石を簡単に落とす方法を教えます

トイレの便器についた尿石ってなかなか落ちないもの。それが長い間放置しておいたものだとなおさらですよね...

スポンサーリンク

ハムスターのかじり木は割り箸で代用できるのか

ハムスターは齧歯類(げっしるい)に分類される生き物ですので、前歯が伸び続けるという習性を持っています。

そのためハムスターは歯が伸びすぎない様に、お手入れをする目的であらゆるものを噛んでしまいます。

飼育しているハムスターがケージ内を噛んでしまいお悩みの場合は、かじり木を用意してあげましょう。

ホームセンターやペットショップへ行くとかじる事を専門に開発された商品が売られています。

とりあえず今すぐ欲しいという時にはあるものを代用品で使うことができます。

割り箸をハムスターのかじり木の代用にできるのか

割り箸は家にある事が多いアイテムではないでしょうか。割り箸も木が原料ですから、ハムスターに与えて噛ませる事はできます。ケージ内で噛んで欲しくない場所を噛み続けてしまう場合には応急処置として割り箸を与えてみましょう。

かじり木に興味があるのかも、割り箸で判断できる

ハムスターはかじり木を噛むことで、伸びる歯の予防の目的の他にもストレスを発散させる事が出来ると言われています。

ですがケージを噛むからと言って、いきなり市販されているかじり木を与えても、全く興味を示さない場合もあります。

そのため、かじり木を買って来る前に、割り箸を与えてみて興味を示すのかを試してみるのも、かじり木を用意する必要があるのかといった、判断基準や目安になるのではないでしょうか。

ハムスターのかじり木は割り箸でも代用できるが注意が必要

割り箸は「かじり木」の代用にはなりますがあまりおすすめではありません。

割り箸をハムスターはかじり木としてお勧めしない理由

本格的なかじり木のとしては、割り箸はおすすめできません。

割り箸は、人間が食事に使う時には危険な事はありませんがハムスターが齧る場合は、怪我をしてしまう心配があるからです。

割り箸を横に折ってみるとわかりますが、断面は鋭く裂けやすいです。ハムスターが本気で夢中にかみ続けると、口に刺さってしまったり切れたりと怪我をする恐れがあります。
可愛いハムスターに怪我をさせるには避けたいですよね。割り箸を与える時には飼い主の目の届く範囲で与え、置きっぱなしにしないようにしましょう。

また、本格的に割り箸を噛んで興味を示す場合やケージ内を頻繁に噛んでしまうようでしたら、かじり木専用品を用意することをお勧めします。

販売されているかじり木には、ハムスターが食べても大丈夫な原料の商品も販売されていますので、そういったものでしたらハムスターが勢い余って食べてしまったとしても、安心なのではないでしょうか。

割り箸以外でハムスターのかじり木の代用になるもの

割り箸をかじり木の代用に使う方法は、ハムスターの怪我の可能性を考えると敬遠してしまう場合ももちろんあるでしょう。そういった場合は次の方法を試してみて下さい。

ハムスターのかじり木の代用品で一番安全なもの

ハムスターの事を考えて一番おすすめしたい方法が、大きくて硬いペレットに変えるという方法です。

ペレットはハムスターの主食です。ペレットもメーカーや種類によって形状や硬さに違いがあります。

よく齧るハムスターには、ペレットの粒が大きくて、よりハードなタイプのペレットを与えて見て下さい。

噛みごたえがありますから、ストレス発散しながら栄養補給ができ、そして食べる事で歯の伸び過ぎを抑制できるのですから、一石三鳥な方法とも言えるでしょう。

ご存知の方も多いと思いますが、ペレットを変える時はいきなり取り替えるのではなく、今のペレットに徐々に混ぜて、すり替えるように取り替えていくようにして下さいね。

かじり木の代用に使えるアイテム

ペレットが一番安全でおすすめだとお話しましたが、他の方法を試してみたいのであれば「かまぼこの板」も使えるでしょう。

かまぼこの板もなかなか強度があるイメージですね。与える場合にはしっかりと汚れを落とし、しっかりと乾燥させたものを与えて下さい。

またボロボロになってきた時には、与えたままにせずこまめに新しいものに取り替えることが、安全な代用品として使うコツです。

ハムスターがかじり木をかじらないのはなぜか

ハムスターにはかじり木が必要だと聞いて、かじり木を与えたのにかじり木を無視してしまうハムスターもいるでしょう。

なぜ齧る事が大好きなはずなのに噛まないのか、不思議に感じてしまいますが、そんな時ハムスターはかじり木を次のように認識している可能性があります。

ハムスターがかじり木を噛まない理由

歯が伸びていないから

普段からペレットが主食で、自然と歯が削れているハムスターは歯を削るお手入れをする必要が無もなく、かじり木に興味を示さない場合があります。かじりたいという欲求も、ペレットで十分満たされているのでしょう。

かじり木に警戒している

ハムスターは飼い主である人間にも慣れるまでに時間がかかったり、ケージ内の掃除でもレイアウトが変わるとソワソワしてしまうほど、小心者で警戒心が強いです。

それは小動物の本能ですから、仕方の無いことです。ですから見慣れないかじり木にも興味を示さないのではなく、警戒心からあえて目をそらしている可能性もあります。

ですからかじり木をケージに入れても、すぐに食いつくとは限りません。与えたその日に興味がなさそうだからと撤去するのではなく、しばらく様子を見てあげて下さいね。

ハムスターにかじり木は絶対必要ではないが、おもちゃのひとつとして入れておこう

ハムスターにかじり木は必要なのか、なくても問題ないのか、それはやはりハムスターの性格や好みによるところが多いのではないでしょうか。

噛む欲求が収まらなくて、かじり木を噛むことが大好きなハムスターもいれば、遊び程度にちょこっと噛み始める子もいますし、全くの放置状態になってしまうこともあります。

活発でよく動くような子には用意してあげると良いと思います。本気で夢中にはならなくても、遊び道具として活躍してくれるでしょう。

また、とても臆病でなかなか巣箱から出て来ないようなタイプの子はかじり木を用意しても興味を示さない可能性が高いです。

飼い始める時に最初から用意する必要はありません。
飼い主や飼育環境に慣れて来た頃のハムスターの様子を観察し、性格を見極めてから必要なのかの判断をしてみて下さいね。