テフロン加工のフライパンの焦げを簡単に落とす方法

テフロン加工のフライパンは焦げつきが少なく、お手入れも簡単に済みます。

しかし繰り返し使用をしていくと、だんだんと焦げ付きが生じるようになっていきますよね。なぜテフロン加工なのに焦げ付いてしまうのか?また焦げ付かない理由についても気になるところです。

テフロン加工の焦げ付きについて、その理由や対処方法についてご紹介をいたします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

カメラの電池を入れっぱなしにするのはNG?バッテリー管理方法

カメラを使用してない時、バッテリー電池を入れっぱなしにして保管している人もいるのではないでしょうか。...

セラミックのフライパンの手入れ方法!長持ちさせる使い方のコツ

セラミックのフライパンの手入れはポイントをおさえればどなたでも簡単です。セラミックのフライパンはフッ...

アクセルとブレーキどっちか分からなくなる踏み間違いの危険性

アクセルとブレーキは普段ならどっちを踏むべきかすぐに判断つくものですが、よくニュースで踏み間違い事故...

電波時計が受信しない時の解決策!受信しない原因と対処法を解説

電波時計を使用している人の中には、使っている電波時計が電波を受信しないことに頭を悩ませている人もいる...

大学を卒業できない?内定への影響や卒業のためにできること

大学を卒業できないと内定が取り消しになってしまうのか不安なあなた。せっかく厳しい就活を勝ち抜いて...

白ネギの青い部分は鍋に最適!ネギの青い部分のおすすめレシピ

白ネギの青い部分は使う?それとも捨てている?実は鍋に最適なのがネギの青い部分。この青い部分の...

婿養子のメリット・デメリットと『婿入り』と『婿養子』の違い

婿養子にはメリットとデメリットがあります。『婿入り』と『婿養子』は違います。昔話などで聞...

キャベツを変色で黄色くさせないコツや保存方法と切り方の秘訣とは

キャベツを長く保存しているとだんだん黄色く変色していきますよね。では、キャベツが黄色に変色す...

小学校の先生へ心をこめたメッセージカードを贈りましょう

小学校を卒業する時、お世話になった先生にメッセージカードを贈りたいと思っても、どんなことを書いていい...

トマトの栽培で必要な仮支柱と本支柱の立て方や支柱選び

家庭菜園のなかでも育てやすく、収穫が楽しみなのがトマトですね。トマトを栽培する時に必要なのが支え...

机のDIY方法!カラーボックスを使って簡単に作る子供の机

机を自分で作るのは、DIY初心者にとっては、かなり難易度の高い作業です。1から全てを作るとなると、か...

靴のサイズの選び方とは?大きさだけではなく幅や高さも要確認

靴のサイズを選ぶ時はどのようにしていますか?自分は○○センチだからと履かないで買ってはいませんか?...

子供が朝ごはんを食べないという悩みを解決します!

子供が朝ごはんを食べない、食べても遅くてイライラしてしまう・・・。そんな悩みを抱えていませんか?...

バレエで男性へのお礼の仕方についてゲストへの上手な気遣い

バレエでは男性ゲストにお礼をしなければなりません。はじめて発表会で男性ダンサーと一緒に踊るのであれば...

猫を網戸から脱走させないために!要注意なポイントと脱走対策

猫を飼っている方が心配なのは、猫の脱走です。好奇心旺盛な猫は、スキがあらばと脱走の機会を狙っ...

スポンサーリンク

テフロン加工のフライパンは焦げ付かない?テフロン加工について

テフロン加工を施されたフライパンは焦げ付きにくく、洗いやすく取り扱いが簡単です。食材によっては油も不要なので、油の使用を控えたい場合にも重宝します。

テフロン加工のフライパンはなぜ食材が焦げ付きにくいのでしょうか?

まず、テフロン加工についてですが、「テフロン加工」というのは、会社による登録商標の名前で、種類としてはフッ素樹脂加工のことです。
テフロン加工を施すと、摩擦係数が非常に小さくなるので、表面に付いた物質の滑りがよくなるのです。テフロン加工の摩擦係数は氷よりも小さいのです。そのため、表面に付いた食材や油なども滑り、焦げ付きにくいのです。

テフロン加工されているフライパンの焦げ落とし方法

テフロン加工のフライパンが焦げ付いてしまった場合はどのように処置したらよいのか、その方法をいくつかご案内します。

重曹を使用する。

焦げ付いたフライパンに重曹と水を入れて火にかけます。重曹水が沸騰したら火を止めます。重曹水がぬるくなったら捨てて、スポンジでこすります。スポンジで取れない場合は木のへらでこすり落とします。

酢を使用する。

焦げ付きが隠れる程度に酢を入れて、しばらく置きます。焦げが柔らかくなったらスポンジでこすります。スポンジで取れない場合は木のへらでこすり落とします。

玉ねぎの皮を使う。

玉ねぎの皮(茶色い部分)と水を焦げ付いたフライパンに入れて火にかけます。水が沸騰したら火を消し、水がぬるくなったら捨てて、スポンジでこすります。スポンジで取れない場合は木のへらでこすって落とします。

焦げ付かないはずのテフロン加工のフライパン!焦げる理由について

テフロン加工は使用とともに少しずつ剥がれて寿命がきます。それとともに焦げ付きやすくなるので、最初の頃に比べて明らかに焦げ付くようでは寿命がきたと言えるでしょう。テフロン加工は密度が濃い程、重ねる層の数が増えるほど丈夫になります。
そのように加工をすると生産コストが上がります。価格が高いものは長持ちし、安いものは早く寿命が訪れます。価格が高いフライパンはメーカーによっては有料でテフロン加工の修復を行っている会社があります。安いフライパンを短期間で買い換えてもよいですし、高価なフライパンを長く使用するのも良いでしょう。エコなのは高価なフライパンを長く使用する方でしょう。高価なフライパンは持ち手の微妙な形や角度など使い心地も良く考えて設計されています。

フライパンのテフロン加工が剥げる原因

テフロン加工のフライパンは扱い方によって剥がれて寿命が縮まってしまいます。

以下の事に気をつけて使いましょう。

硬い調理器具を使わない。

テフロン加工のフライパンでは使用してはいけないお玉やフライ返しがあります。金属製の硬い素材でつくられたものです。テフロンが擦りとられてしまうので、樹脂やシリコンなどで作られた柔らかい素材のものを使いましょう。

柔らかいスポンジで洗う。

スチールのスポンジやタワシはテフロン加工を傷つけてしまいます。柔らかいスポンジを使いましょう。また、スポンジでも研磨剤が練りこまれている製品もあるので、購入するときにパッケージを確認しましょう。

研磨剤の入った洗剤は使用しない。

研磨剤はテフロン加工を傷つけてしまうので、研磨剤の入った洗剤は使用しないようにしましょう。

強火で調理しない。

テフロン加工は熱にはあまり強くありません。必要以上の強火の使用は控えるようにしましょう。

空焚きをしない。

フッ素樹脂加工は高温になると劣化します。また、有毒なガスも発生するといわれているので、空焚きはしないように気をつけましょう。

急激に冷やさない

調理後の熱い状態ですぐに水をかけると、フライパンの金属部分が縮みます。それによりフッ素樹脂加工との間に隙間が生じ、劣化の原因となります。フライパンが冷めてから洗うか、直ぐに洗う場合はぬるま湯を使いましょう。

テフロン加工は本当に剥げている?捨てる前に試してほしい裏技

テフロン加工のフライパンが焦げ付きやすくなってきた場合。そのフライパンは、テフロン加工に寿命が訪れたのではなく、表面に汚れが付着した状態になっているだけなのかもしれません。
捨ててしまう前に、一度試して頂きたい方法があります。

テフロン加工のフライパンを蘇らせる方法

  1. フライパンに水を8分目あたりまで入れて、火にかけます。中火程度で沸騰させます。フライパンの中でお湯を沸騰させることにより、フライパンの表面に付着している汚れを取れやすくします。
  2. 沸騰したら火を止めて、お湯が冷めたら捨てます。
  3. やわらかいスポンジに中性洗剤をつけて、フライパンを丁寧に洗います。スポンジで撫でるように丸く動かして、表面に付着している汚れをしっかりと落とします。

テフロン加工のフライパンは汚れが簡単に落ちるので、日頃のお手入れで汚れが落ちきっていない場合があります。汚れが蓄積していると、摩擦係数が大きくなり、食材が焦げ付くようになってきます。焦げ付きやすくなったらこの方法を試してみて下さい。