テフロン加工のフライパンの焦げを簡単に落とす方法

テフロン加工のフライパンは焦げつきが少なく、お手入れも簡単に済みます。

しかし繰り返し使用をしていくと、だんだんと焦げ付きが生じるようになっていきますよね。なぜテフロン加工なのに焦げ付いてしまうのか?また焦げ付かない理由についても気になるところです。

テフロン加工の焦げ付きについて、その理由や対処方法についてご紹介をいたします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

似顔絵の描き方を知りたい。デフォルメのコツは

似顔絵を描く時の描き方は2パターンあります。写真のようにリアルに描くパターンと、コミカルなタッチ...

告白のセリフは「好きです」小学女子におすすめの告白方法

今好きな男の子がいる小学女子の皆さんの中には、卒業などで好きな男の子と離れ離れになってしまう人もいる...

ミシンのコツとは?カーブを縫う時のポイントを紹介します

ミシンでカーブを縫うときにはどんなコツが必要なのでしょうか?カーブを縫うときにはいつも慌てて、突っ張...

イタリア語とフランス語の難易度は?選ぶならどっち

第二外国語を選択する際に、イタリア語とフランス語で悩んでしまうことがあるでしょう。 どちらを...

バレエシューズ子供用の選び方。購入時に抑えておきたいポイント

子供がバレエを習う時に用意するバレエシューズですが、選び方にはポイントがあります。バレエシューズ...

ライオンVSトラ、対決させるとどっちが強いのか徹底調査!

動物園で見かけるライオンとトラ。どちらもネコ科に属していますが、戦わせるとどっちが強いか気になります...

食器用洗剤を使わない食器の洗い方。洗剤なしでもピカピカに

普段の食器洗いは、食器用洗剤を使って洗っている方がほとんどだと思います。しかし、食器用洗剤は必ずしも...

ハムスターのメスはオスよりも凶暴?性格の違いについて

ハムスターのメスはオスよりも凶暴なのでしょうか?ハムスターのメスが凶暴と言われるのは、子どもを守るた...

豆腐の消費期限を1日でも過ぎたらアウトです!

豆腐には消費期限や賞味期限の表記があります。賞味期限の場合、1日くらいなら過ぎても問題ないとは思...

台風のバイク対策で気を付けるポイントやオススメ方法とは

台風のときは大切なバイクが倒れないための対策を取らなければなりませんね。特に、屋外駐車場の場...

柔軟剤の匂いを消す方法とは?アイデアをご紹介します

柔軟剤の種類も増え、自分好みの匂いがするものを探すことも楽しいですよね。でも、柔軟剤を入れす...

寝かしつけの方法を伝授!生後3ヶ月の赤ちゃんの寝かしつけ

寝かしつけの方法を知りたい!新生児の頃は、ミルクや母乳を飲めば寝てくれたのに、生後3ヶ月にも...

歌い手グッズを部屋に飾ろう!アイデア満載見た目重視の飾り方

好きな歌い手のライブに行くと、グッズをついつい買いすぎてしまいませんか?そして買いすぎたグッズは、ど...

高校生の勉強やる気アップ術!これで勉強する意欲が高まるはず

受験前の高校生でも、勉強のやる気がどうしても出ない、意欲がわかないと悩んでしまうこともあるでしょう。...

旦那のゲームにストレス!ゲーム依存から脱出させる方法

家にいればすぐにスマホ片手にゲームばかりする旦那・・・少しは家のことを手伝ってよ!とストレスも溜まり...

スポンサーリンク

テフロン加工のフライパンは焦げ付かない?テフロン加工について

テフロン加工を施されたフライパンは焦げ付きにくく、洗いやすく取り扱いが簡単です。食材によっては油も不要なので、油の使用を控えたい場合にも重宝します。

テフロン加工のフライパンはなぜ食材が焦げ付きにくいのでしょうか?

まず、テフロン加工についてですが、「テフロン加工」というのは、会社による登録商標の名前で、種類としてはフッ素樹脂加工のことです。
テフロン加工を施すと、摩擦係数が非常に小さくなるので、表面に付いた物質の滑りがよくなるのです。テフロン加工の摩擦係数は氷よりも小さいのです。そのため、表面に付いた食材や油なども滑り、焦げ付きにくいのです。

テフロン加工されているフライパンの焦げ落とし方法

テフロン加工のフライパンが焦げ付いてしまった場合はどのように処置したらよいのか、その方法をいくつかご案内します。

重曹を使用する。

焦げ付いたフライパンに重曹と水を入れて火にかけます。重曹水が沸騰したら火を止めます。重曹水がぬるくなったら捨てて、スポンジでこすります。スポンジで取れない場合は木のへらでこすり落とします。

酢を使用する。

焦げ付きが隠れる程度に酢を入れて、しばらく置きます。焦げが柔らかくなったらスポンジでこすります。スポンジで取れない場合は木のへらでこすり落とします。

玉ねぎの皮を使う。

玉ねぎの皮(茶色い部分)と水を焦げ付いたフライパンに入れて火にかけます。水が沸騰したら火を消し、水がぬるくなったら捨てて、スポンジでこすります。スポンジで取れない場合は木のへらでこすって落とします。

焦げ付かないはずのテフロン加工のフライパン!焦げる理由について

テフロン加工は使用とともに少しずつ剥がれて寿命がきます。それとともに焦げ付きやすくなるので、最初の頃に比べて明らかに焦げ付くようでは寿命がきたと言えるでしょう。テフロン加工は密度が濃い程、重ねる層の数が増えるほど丈夫になります。
そのように加工をすると生産コストが上がります。価格が高いものは長持ちし、安いものは早く寿命が訪れます。価格が高いフライパンはメーカーによっては有料でテフロン加工の修復を行っている会社があります。安いフライパンを短期間で買い換えてもよいですし、高価なフライパンを長く使用するのも良いでしょう。エコなのは高価なフライパンを長く使用する方でしょう。高価なフライパンは持ち手の微妙な形や角度など使い心地も良く考えて設計されています。

フライパンのテフロン加工が剥げる原因

テフロン加工のフライパンは扱い方によって剥がれて寿命が縮まってしまいます。

以下の事に気をつけて使いましょう。

硬い調理器具を使わない。

テフロン加工のフライパンでは使用してはいけないお玉やフライ返しがあります。金属製の硬い素材でつくられたものです。テフロンが擦りとられてしまうので、樹脂やシリコンなどで作られた柔らかい素材のものを使いましょう。

柔らかいスポンジで洗う。

スチールのスポンジやタワシはテフロン加工を傷つけてしまいます。柔らかいスポンジを使いましょう。また、スポンジでも研磨剤が練りこまれている製品もあるので、購入するときにパッケージを確認しましょう。

研磨剤の入った洗剤は使用しない。

研磨剤はテフロン加工を傷つけてしまうので、研磨剤の入った洗剤は使用しないようにしましょう。

強火で調理しない。

テフロン加工は熱にはあまり強くありません。必要以上の強火の使用は控えるようにしましょう。

空焚きをしない。

フッ素樹脂加工は高温になると劣化します。また、有毒なガスも発生するといわれているので、空焚きはしないように気をつけましょう。

急激に冷やさない

調理後の熱い状態ですぐに水をかけると、フライパンの金属部分が縮みます。それによりフッ素樹脂加工との間に隙間が生じ、劣化の原因となります。フライパンが冷めてから洗うか、直ぐに洗う場合はぬるま湯を使いましょう。

テフロン加工は本当に剥げている?捨てる前に試してほしい裏技

テフロン加工のフライパンが焦げ付きやすくなってきた場合。そのフライパンは、テフロン加工に寿命が訪れたのではなく、表面に汚れが付着した状態になっているだけなのかもしれません。
捨ててしまう前に、一度試して頂きたい方法があります。

テフロン加工のフライパンを蘇らせる方法

  1. フライパンに水を8分目あたりまで入れて、火にかけます。中火程度で沸騰させます。フライパンの中でお湯を沸騰させることにより、フライパンの表面に付着している汚れを取れやすくします。
  2. 沸騰したら火を止めて、お湯が冷めたら捨てます。
  3. やわらかいスポンジに中性洗剤をつけて、フライパンを丁寧に洗います。スポンジで撫でるように丸く動かして、表面に付着している汚れをしっかりと落とします。

テフロン加工のフライパンは汚れが簡単に落ちるので、日頃のお手入れで汚れが落ちきっていない場合があります。汚れが蓄積していると、摩擦係数が大きくなり、食材が焦げ付くようになってきます。焦げ付きやすくなったらこの方法を試してみて下さい。