テフロン加工のフライパンの焦げを簡単に落とす方法

テフロン加工のフライパンは焦げつきが少なく、お手入れも簡単に済みます。

しかし繰り返し使用をしていくと、だんだんと焦げ付きが生じるようになっていきますよね。なぜテフロン加工なのに焦げ付いてしまうのか?また焦げ付かない理由についても気になるところです。

テフロン加工の焦げ付きについて、その理由や対処方法についてご紹介をいたします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

鉄の包丁がサビてしまう理由とサビを取る方法を紹介します

鉄の包丁がすぐにサビてしまうのにはこのような理由からです。とくに買ったばかりの鉄の包丁はサビやすいの...

うさぎのケージを手作り!気をつけたいコツや作り方のアイデア

うさぎのケージを手作りしたいという人も多いでしょう。ケージが手作りできれば、家の雰囲気に合わせて自分...

プラスチック製品に貼ったシールの剥がし方!剥がす方法と注意点

小さなお子様がいるご家庭では、貼ってほしくない場所に子供がシールを貼ってしまったという経験がある方も...

スーパーの刺身に潜んでいると言われる寄生虫の正体とは

寄生虫による食中毒に注意するようにと話題になっていますが、その寄生虫はスーパー で販売されている刺身...

バナナをおやつや離乳食として与える時の注意点とポイント

バナナはおやつや離乳食で活躍する、安価で栄養満点のママにとっても嬉しい食材のひとつ。離乳食を開始して...

教習所の実技を初めて受ける不安を和らげる方法や心構えと注意点

教習所の実技を初めて受けるのはとても緊張するものです。本当に車なんて運転できるのだろうかと不安に...

プラスチックに塗装!ポイントはスプレー前の下準備にあり

プラスチックに塗装したいと思ったら、そのままスプレー塗料を吹きかけても良いのでしょうか。答え...

猫のスプレーとは何?どんな臭い?猫のスプレーの悪臭対策

猫を飼っている人の中には、猫のスプレーの臭いに悩まされているという飼い主さんもいますよね。猫の縄張り...

洗濯機の柔軟剤入れの掃除について手順や方法を詳しく紹介

洗濯機の柔軟剤入れの掃除をつい忘れがちな人も多いのではないでしょうか。しかし、そのままにしている...

部屋の湿度は何%が理想?乾燥対策や湿気対策をご紹介

部屋を理想的な湿度に保つにはどんな工夫をしたらいいのでしょうか?そもそも、湿度は何パーセント...

バラの花びらを長く楽しみたい!茶色く枯らさずに花を生ける方法

バラの切り花を部屋に飾り、美しい花びらを楽しみたいと考えている人の中には、なるべく花を長持ちさせたい...

犬が靴下を履いたら歩き方がぎこちない様子と靴下のメリット

犬に洋服を着用させてお散歩をしている姿は良く見かけますが、犬に靴下を履かせている姿をみたことはあるで...

小学生のノートのプリントの貼り方とコツについて解説します

小学校の授業でもらうプリント。ノートに挟んたままにしている子供が多いといいます。しかし、プリント...

猫用のトイレは大きめがいい?猫の最適なトイレについて

猫用のトイレは大きめがいいと聞きますが、その目安は?どのくらいの大きさがあればいいの?猫を飼い始めた...

部活の引退で伝えたい感謝の言葉!後輩・顧問・親に贈る言葉

部活を引退するとき、今まお世話になった部活の後輩や顧問にお礼の言葉と伝えたいと考えている人もいるので...

スポンサーリンク

テフロン加工のフライパンは焦げ付かない?テフロン加工について

テフロン加工を施されたフライパンは焦げ付きにくく、洗いやすく取り扱いが簡単です。食材によっては油も不要なので、油の使用を控えたい場合にも重宝します。

テフロン加工のフライパンはなぜ食材が焦げ付きにくいのでしょうか?

まず、テフロン加工についてですが、「テフロン加工」というのは、会社による登録商標の名前で、種類としてはフッ素樹脂加工のことです。
テフロン加工を施すと、摩擦係数が非常に小さくなるので、表面に付いた物質の滑りがよくなるのです。テフロン加工の摩擦係数は氷よりも小さいのです。そのため、表面に付いた食材や油なども滑り、焦げ付きにくいのです。

テフロン加工されているフライパンの焦げ落とし方法

テフロン加工のフライパンが焦げ付いてしまった場合はどのように処置したらよいのか、その方法をいくつかご案内します。

重曹を使用する。

焦げ付いたフライパンに重曹と水を入れて火にかけます。重曹水が沸騰したら火を止めます。重曹水がぬるくなったら捨てて、スポンジでこすります。スポンジで取れない場合は木のへらでこすり落とします。

酢を使用する。

焦げ付きが隠れる程度に酢を入れて、しばらく置きます。焦げが柔らかくなったらスポンジでこすります。スポンジで取れない場合は木のへらでこすり落とします。

玉ねぎの皮を使う。

玉ねぎの皮(茶色い部分)と水を焦げ付いたフライパンに入れて火にかけます。水が沸騰したら火を消し、水がぬるくなったら捨てて、スポンジでこすります。スポンジで取れない場合は木のへらでこすって落とします。

焦げ付かないはずのテフロン加工のフライパン!焦げる理由について

テフロン加工は使用とともに少しずつ剥がれて寿命がきます。それとともに焦げ付きやすくなるので、最初の頃に比べて明らかに焦げ付くようでは寿命がきたと言えるでしょう。テフロン加工は密度が濃い程、重ねる層の数が増えるほど丈夫になります。
そのように加工をすると生産コストが上がります。価格が高いものは長持ちし、安いものは早く寿命が訪れます。価格が高いフライパンはメーカーによっては有料でテフロン加工の修復を行っている会社があります。安いフライパンを短期間で買い換えてもよいですし、高価なフライパンを長く使用するのも良いでしょう。エコなのは高価なフライパンを長く使用する方でしょう。高価なフライパンは持ち手の微妙な形や角度など使い心地も良く考えて設計されています。

フライパンのテフロン加工が剥げる原因

テフロン加工のフライパンは扱い方によって剥がれて寿命が縮まってしまいます。

以下の事に気をつけて使いましょう。

硬い調理器具を使わない。

テフロン加工のフライパンでは使用してはいけないお玉やフライ返しがあります。金属製の硬い素材でつくられたものです。テフロンが擦りとられてしまうので、樹脂やシリコンなどで作られた柔らかい素材のものを使いましょう。

柔らかいスポンジで洗う。

スチールのスポンジやタワシはテフロン加工を傷つけてしまいます。柔らかいスポンジを使いましょう。また、スポンジでも研磨剤が練りこまれている製品もあるので、購入するときにパッケージを確認しましょう。

研磨剤の入った洗剤は使用しない。

研磨剤はテフロン加工を傷つけてしまうので、研磨剤の入った洗剤は使用しないようにしましょう。

強火で調理しない。

テフロン加工は熱にはあまり強くありません。必要以上の強火の使用は控えるようにしましょう。

空焚きをしない。

フッ素樹脂加工は高温になると劣化します。また、有毒なガスも発生するといわれているので、空焚きはしないように気をつけましょう。

急激に冷やさない

調理後の熱い状態ですぐに水をかけると、フライパンの金属部分が縮みます。それによりフッ素樹脂加工との間に隙間が生じ、劣化の原因となります。フライパンが冷めてから洗うか、直ぐに洗う場合はぬるま湯を使いましょう。

テフロン加工は本当に剥げている?捨てる前に試してほしい裏技

テフロン加工のフライパンが焦げ付きやすくなってきた場合。そのフライパンは、テフロン加工に寿命が訪れたのではなく、表面に汚れが付着した状態になっているだけなのかもしれません。
捨ててしまう前に、一度試して頂きたい方法があります。

テフロン加工のフライパンを蘇らせる方法

  1. フライパンに水を8分目あたりまで入れて、火にかけます。中火程度で沸騰させます。フライパンの中でお湯を沸騰させることにより、フライパンの表面に付着している汚れを取れやすくします。
  2. 沸騰したら火を止めて、お湯が冷めたら捨てます。
  3. やわらかいスポンジに中性洗剤をつけて、フライパンを丁寧に洗います。スポンジで撫でるように丸く動かして、表面に付着している汚れをしっかりと落とします。

テフロン加工のフライパンは汚れが簡単に落ちるので、日頃のお手入れで汚れが落ちきっていない場合があります。汚れが蓄積していると、摩擦係数が大きくなり、食材が焦げ付くようになってきます。焦げ付きやすくなったらこの方法を試してみて下さい。