テフロン加工のフライパンの焦げを簡単に落とす方法

テフロン加工のフライパンは焦げつきが少なく、お手入れも簡単に済みます。

しかし繰り返し使用をしていくと、だんだんと焦げ付きが生じるようになっていきますよね。なぜテフロン加工なのに焦げ付いてしまうのか?また焦げ付かない理由についても気になるところです。

テフロン加工の焦げ付きについて、その理由や対処方法についてご紹介をいたします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

猫が後ろ足を触られると嫌がる理由を理解して上手に付き合おう

猫を飼い始めるとどうしてもいろいろなところを触りたくなってしまいますが、実は後ろ足を触られることを猫...

クッキー生地を寝かせるのはなぜ?その理由や正しい方法について

自宅で手作りクッキーを作るのはとても楽しいです。そのレシピを見てみるとクッキーの種類にもよりますが、...

ミルクの温度は赤ちゃんにとって何度が適温?ミルクの作り方

赤ちゃんにミルクをあげるときにはどのくらいの温度であればいいのでしょうか?人肌や体温とは言われますが...

アパートの騒音問題!下の階がうるさい時の解決策と注意点

アパートの騒音問題は多く、下の階からの生活音や話し声、バタバタと子供が走り回る音に悩まされる人はたく...

猫が網戸を開ける!大切な猫が逃げる前にしっかり対策をしよう

猫が自分で網戸を開けてしまうことに、頭を悩ませている飼い主さんもいますよね。暑い時は窓を開けてい...

服のイヤな臭いは熱湯を使って簡単に解消!イヤな臭いの取り方

服やタオルを洗濯したのに、乾いてくると気になるイヤ~な臭い。特にジメジメした季節や部屋干しをした...

25万の手取りで生活。4人家族のやりくり方法を紹介します

4人家族で手取りが25万円。どのようにやりくりをしたらいいのでしょうか?毎月、ギリギリ…とため息ばか...

うさぎが掃除のたびに怒るのはなぜ?掃除で怒る原因と対処法

うさぎを飼っているケージ内は定期的に掃除する必要がありますが、うさぎによっては掃除のたびに怒る子もい...

雨の日に掃除機はおすすめ!窓を開けて換気しながらカビ対策!

雨の日は窓を開けて換気することができないから掃除機はかけないという人もいますよね。でも、実は雨の日っ...

手芸のレクに簡単に作れる作品!高齢者向けおすすめ作品

高齢者向けのレクリエーションで手芸を楽しむこともあります。そんな時におすすめの簡単に完成する手芸をご...

小学校から義務教育化された英語!発音をしっかり学ぶ重要性

英語が2018年4月から小学校でも義務教育化となりました。グローバル化が進む中、確かに英語を学ぶ...

【室内犬】散歩でしかトイレをしない理由は?犬のしつけについて

室内犬として飼育しているワンちゃんが散歩でしかトイレをしなくなってしまうということもあります。それま...

高校生のお弁当おかずオススメやキレイな詰め方と冷凍保存のコツ

高校生はお弁当のどんなおかずが好きなのでしょう?簡単で人気なオススメおかずとはどんなの?例え...

ウサギがペレットを食べなくなる原因や対処方法について

ウサギが急にペレットを食べなくなってしまった…!?具合が悪いのでしょうか?見るからに衰弱しているよう...

新潟に美人が多いのはなぜ?その理由について徹底解説!

日本の中で美人が多い県といえば真っ先に思い浮かべるのは「秋田県」かもしれませんが、実は新潟県も美人が...

スポンサーリンク

テフロン加工のフライパンは焦げ付かない?テフロン加工について

テフロン加工を施されたフライパンは焦げ付きにくく、洗いやすく取り扱いが簡単です。食材によっては油も不要なので、油の使用を控えたい場合にも重宝します。

テフロン加工のフライパンはなぜ食材が焦げ付きにくいのでしょうか?

まず、テフロン加工についてですが、「テフロン加工」というのは、会社による登録商標の名前で、種類としてはフッ素樹脂加工のことです。
テフロン加工を施すと、摩擦係数が非常に小さくなるので、表面に付いた物質の滑りがよくなるのです。テフロン加工の摩擦係数は氷よりも小さいのです。そのため、表面に付いた食材や油なども滑り、焦げ付きにくいのです。

テフロン加工されているフライパンの焦げ落とし方法

テフロン加工のフライパンが焦げ付いてしまった場合はどのように処置したらよいのか、その方法をいくつかご案内します。

重曹を使用する。

焦げ付いたフライパンに重曹と水を入れて火にかけます。重曹水が沸騰したら火を止めます。重曹水がぬるくなったら捨てて、スポンジでこすります。スポンジで取れない場合は木のへらでこすり落とします。

酢を使用する。

焦げ付きが隠れる程度に酢を入れて、しばらく置きます。焦げが柔らかくなったらスポンジでこすります。スポンジで取れない場合は木のへらでこすり落とします。

玉ねぎの皮を使う。

玉ねぎの皮(茶色い部分)と水を焦げ付いたフライパンに入れて火にかけます。水が沸騰したら火を消し、水がぬるくなったら捨てて、スポンジでこすります。スポンジで取れない場合は木のへらでこすって落とします。

焦げ付かないはずのテフロン加工のフライパン!焦げる理由について

テフロン加工は使用とともに少しずつ剥がれて寿命がきます。それとともに焦げ付きやすくなるので、最初の頃に比べて明らかに焦げ付くようでは寿命がきたと言えるでしょう。テフロン加工は密度が濃い程、重ねる層の数が増えるほど丈夫になります。
そのように加工をすると生産コストが上がります。価格が高いものは長持ちし、安いものは早く寿命が訪れます。価格が高いフライパンはメーカーによっては有料でテフロン加工の修復を行っている会社があります。安いフライパンを短期間で買い換えてもよいですし、高価なフライパンを長く使用するのも良いでしょう。エコなのは高価なフライパンを長く使用する方でしょう。高価なフライパンは持ち手の微妙な形や角度など使い心地も良く考えて設計されています。

フライパンのテフロン加工が剥げる原因

テフロン加工のフライパンは扱い方によって剥がれて寿命が縮まってしまいます。

以下の事に気をつけて使いましょう。

硬い調理器具を使わない。

テフロン加工のフライパンでは使用してはいけないお玉やフライ返しがあります。金属製の硬い素材でつくられたものです。テフロンが擦りとられてしまうので、樹脂やシリコンなどで作られた柔らかい素材のものを使いましょう。

柔らかいスポンジで洗う。

スチールのスポンジやタワシはテフロン加工を傷つけてしまいます。柔らかいスポンジを使いましょう。また、スポンジでも研磨剤が練りこまれている製品もあるので、購入するときにパッケージを確認しましょう。

研磨剤の入った洗剤は使用しない。

研磨剤はテフロン加工を傷つけてしまうので、研磨剤の入った洗剤は使用しないようにしましょう。

強火で調理しない。

テフロン加工は熱にはあまり強くありません。必要以上の強火の使用は控えるようにしましょう。

空焚きをしない。

フッ素樹脂加工は高温になると劣化します。また、有毒なガスも発生するといわれているので、空焚きはしないように気をつけましょう。

急激に冷やさない

調理後の熱い状態ですぐに水をかけると、フライパンの金属部分が縮みます。それによりフッ素樹脂加工との間に隙間が生じ、劣化の原因となります。フライパンが冷めてから洗うか、直ぐに洗う場合はぬるま湯を使いましょう。

テフロン加工は本当に剥げている?捨てる前に試してほしい裏技

テフロン加工のフライパンが焦げ付きやすくなってきた場合。そのフライパンは、テフロン加工に寿命が訪れたのではなく、表面に汚れが付着した状態になっているだけなのかもしれません。
捨ててしまう前に、一度試して頂きたい方法があります。

テフロン加工のフライパンを蘇らせる方法

  1. フライパンに水を8分目あたりまで入れて、火にかけます。中火程度で沸騰させます。フライパンの中でお湯を沸騰させることにより、フライパンの表面に付着している汚れを取れやすくします。
  2. 沸騰したら火を止めて、お湯が冷めたら捨てます。
  3. やわらかいスポンジに中性洗剤をつけて、フライパンを丁寧に洗います。スポンジで撫でるように丸く動かして、表面に付着している汚れをしっかりと落とします。

テフロン加工のフライパンは汚れが簡単に落ちるので、日頃のお手入れで汚れが落ちきっていない場合があります。汚れが蓄積していると、摩擦係数が大きくなり、食材が焦げ付くようになってきます。焦げ付きやすくなったらこの方法を試してみて下さい。