洗剤と柔軟剤の違い!洗剤や柔軟剤の効果を考えて上手に選ぶ方法

洗剤と柔軟剤の違いについてあまりよくわからないという人もいますよね。どちらもお洗濯をする時に使用するものですが、どうして両方使わなければならないのかわからない人もいるでしょう。

洗剤や柔軟剤はそれぞれに違う働きをします。衣類をお洗濯するときには、どちらも使って洗濯をする方が仕上がりも良くなるのです。では、洗剤と柔軟剤はどんなところが違うのでしょうか。それぞれの効果や選ぶ時のポイントは?

そこで今回は、洗剤と柔軟剤の違いと、上手に選ぶ方法についてお伝えします!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

大学を卒業できない?内定への影響や卒業のためにできること

大学を卒業できないと内定が取り消しになってしまうのか不安なあなた。せっかく厳しい就活を勝ち抜いて...

喧嘩が強くなる方法とは?女でも相手にナメられない雰囲気を作る

喧嘩に強くなる方法を知りたい!女だって強くなりたい!どのような理由かはわかりませんが...

一人暮らしの不安や寂しい気持ちで胸が潰れそうな人、読んで!

一人暮らしの不安や寂しいを抱えていると、本当に胸が潰れますよね?今まで、夜帰って電気がついて...

舌が長いと滑舌が悪くなるは間違いだと判明!

「私の滑舌が悪いのは舌が長いからだ」と思っていませんか?滑舌が悪いのは舌が長いからではなく、調べ...

窓の防寒対策!自分でできるDIYで窓の冷気をシャットアウト

窓から冷気が入り込んできて、なかなか家の中が温まらない事に頭を抱えている人もいるのではないでしょうか...

フェルトで手作りしたお守りで彼を応援!作り方のポイント

受験を控えた彼には、神社で購入するお守りではなく、フェルトで手作りしたお守りをプレゼントしてはいかが...

高校生になったら勉強法を見直そう!毎日の勉強とそのポイント

高校生は中学時代と同じような勉強法ではダメです。ただ数学の公式を覚えたり暗記だけをしていては、毎...

水筒のプラスチック部分の臭いの原因と臭い取りの方法

水筒を毎日使用していると、プラスチック部分の臭いが気になってくることがあります。水筒は直接口に付...

猫のスプレーとは何?どんな臭い?猫のスプレーの悪臭対策

猫を飼っている人の中には、猫のスプレーの臭いに悩まされているという飼い主さんもいますよね。猫の縄張り...

顔が大きいとショートボブは似合わない?ショートボブの似合う人

顔が大きい人はショートボブが似合わないのでしょうか?女性らしさも兼ね備えているショートボブに挑戦した...

夜にまたお菓子を食べちゃったという罪悪感から逃れる方法

夜になるとついお菓子を食べ過ぎてしまう・・・そんな悩みありませんか?一度食べ始めると止まらなくな...

犬の鳴き声などの騒音対策。マンションでもできる効果的な方法

ペット可のマンションに住む場合にも、自分の家の犬の鳴き声が周りのお宅の迷惑にならないか心配される方は...

部屋の加湿器を手作りしよう!身近にある物で簡単に作れます!

冬など乾燥が気になる季節になると、加湿器の出番ですよね。でも各部屋に加湿器を置くとなるとお金もかかる...

子育てはイライラとの戦い!怒鳴るのはダメだけど…

子育てはイライラの連続!『怒りの感情が湧いて出たら、深呼吸して』なんていうアドバイス、よーく...

風呂のドアのパッキン交換を自分でする方法と劣化させないコツ

風呂のドアのパッキン交換は、自分ですることができますよ。風呂のドアの劣化が気になったら、早め...

スポンサーリンク

洗剤と柔軟剤の違いは何?

毎日、何気なく使っている洗濯用洗剤と柔軟剤ですが、この2つの働きの違いをご存知ですか?

洗濯用洗剤の働き

その名の通り衣類の汚れを落としきれいにするものです。

実は、この洗濯用洗剤だけでも充分に洗うことが可能なのです。

汚れを落とすのが洗濯用洗剤なら、汚れを落とした上からコーティングする働きをするのが柔軟剤です。

シャンプーとリンスに例えるなら、洗濯用洗剤がシャンプーで、柔軟剤がリンスです。

シャンプーだけで髪を洗うと、汚れは落ちますが、髪がパサパサしますよね。

リンスをすることによって、髪の1本1本をコーティングしてくれるのでしっとり保湿してくれます。

これと同じことです。

柔軟剤の効果

洗濯用洗剤だけだと、汚れは取れてキレイになりますが、生地が乾いた時に乾燥しがち。
そこを柔軟剤で、フワフワな手触りにしたり、良い香りをつけたりといったプラスオンの働きを加えるのです。

柔軟剤は、その働きだけではなく、静電気も抑えてくれる働きもあります。

洗剤と柔軟剤には違いがある!でも一緒に使うと効果がアップ

洗剤に含まれる「界面活性剤」という素材について

これは、物質の境の間(界面)に作用することで、性質を変化させる物質のことで、洗濯用洗剤にも、柔軟剤にも含まれています。

ただ、界面活性剤の持つ電荷に違いがあり、洗濯用洗剤にはマイナスの電荷、柔軟剤にはプラスの電荷を持っているのです。

電荷の違いによって、性質も変わります。

プラスの電荷を持つ界面活性剤は、洗濯のすすぎで繊維から離れにくい性質があります。
そして、マイナスの電荷を持つ界面活性剤は、逆に洗浄力が高く、すすぐことによって流れやすいという性質があります。

こうした逆の性質を持つ洗濯用洗剤と柔軟剤を一緒に使うことによって、同時に使ってしまうとお互いの効果を打ち消し合ってしまいます。

柔軟剤入り洗濯用洗剤には、時間差でそれぞれの効果が発揮するように作られているので、同時に入れてもきちんと柔軟剤の効果が現れるようになっているのです。

洗剤で汚れを流した後の繊維には、マイナスの電荷を帯びています。

これにプラスの電荷を持つ柔軟剤を入れることにより、プラスとマイナスの働きが上手くでき、柔軟の効果や静電気防止効果ができます。

洗剤と柔軟剤を選ぶ時のポイントは違いを比べてみること

市販の洗濯用洗剤には色々な種類がありますが、主に2種類があります。

弱アルカリ性洗剤

洗浄力の効果に若干違いがあり、弱アルカリ性洗剤の方が洗浄力が高いとされています。
汚れの成分は、ほとんどが「酸性」の成分のため、この汚れを落とすには、アルカリ性洗剤を使うことがおすすめです。

中性洗剤

女性用のカーディガンやワンピースなどのおしゃれ着や、デリケートな素材で作られた服などはドライ用洗剤などを用いることが多いですよね。

これは中性洗剤です。

洗剤の中には、「蛍光剤(傾向増白剤)」が入ったものがありますが、これは白いものだったらより白くなる働きがあるので、汚れが目立ってきた白いシャツを真っ白にしたい時などにはこの蛍光剤が含まれた洗剤を使うのが良いでしょう。

柔軟剤

香りや効果が商品によって違います。好みも人によって違いますので、好きなものを選びましょう。

海外製の柔軟剤は、香りが強めということで知られています。上手に使って、香りの良い服を身につけたいですね。

洗剤には3つの種類が!洗剤を選ぶときは衣類に合わせて選ぼう

洗濯用洗剤のタイプ

  • 粉末洗剤…洗浄力が高い
  • 液体洗剤…粉末洗剤の次に洗浄力が高い
  • おしゃれ着用(ドライ)洗剤

洗いたい衣類に応じて、洗剤を使い分けることが良いでしょう。

シャツを洗濯することが多いのであれば、蛍光増白剤入りの洗剤を常備しておくことをおすすめします。

ジェル洗剤というものも人気の商品です。

洗浄力は、粉末洗剤よりも多少劣りますが、液体洗剤と同等の洗浄効果があり、計量の手間もなく、手も汚れないことなどから、人気が出ています。

服に染みついてしまった汗の匂いなども気になることがありますよね。
そんな時は、酵素入の粉末洗剤を使うことで、体臭が気にならなくなりますのでぜひお試しください。

また、匂い対策として他にも粉末洗剤に漂白剤が含まれたものも効果があります。

柔軟剤を選ぶ時は付加的な効果に注目してみよう

柔軟剤といっても、各メーカーから様々な付加価値がついた商品が出ています。

柔軟剤の特徴

衣類に香りを付けられるということがありますよね。

自分の好みの香りを選ぶということも楽しいでしょう。香りにもたくさんの種類があるほか、匂いを消してくれる効果のある柔軟剤もあります。
タバコの匂いを消してくれる効果があるものや、汗など様々な匂いを防臭してくれるものなど。

服を着たときに、バチっとくる静電気は嫌なものですが、柔軟剤の効果で静電気を予防することもできます。

また、部屋干ししていると生乾きの嫌な匂いが気になるという人も多いでしょう。

そんな時には、抗菌効果も含まれている柔軟剤が有効です。

自分の洗濯スタイルにあった洗剤や柔軟剤を選ぶこともおすすめです。