洗剤と柔軟剤の違い!洗剤や柔軟剤の効果を考えて上手に選ぶ方法

洗剤と柔軟剤の違いについてあまりよくわからないという人もいますよね。どちらもお洗濯をする時に使用するものですが、どうして両方使わなければならないのかわからない人もいるでしょう。

洗剤や柔軟剤はそれぞれに違う働きをします。衣類をお洗濯するときには、どちらも使って洗濯をする方が仕上がりも良くなるのです。では、洗剤と柔軟剤はどんなところが違うのでしょうか。それぞれの効果や選ぶ時のポイントは?

そこで今回は、洗剤と柔軟剤の違いと、上手に選ぶ方法についてお伝えします!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ガス代の節約・元栓を閉めても節約にはならない!節約方法を紹介

毎月のガス代の請求が高く、どうにかしてガス代を節約することはできないか、頭を悩ませている人もいるので...

自転車の空気入れ方のコツ【ママチャリ】でも適正な空気圧を

自転車の空気入れ方って簡単なようでよくわかっていない人も多いのではないでしょうか?「ママチャ...

目の種類にはどんな形がある?それぞれの特徴とメイク方法

目にはどのような形や種類があるのでしょうか?同じようにメイクをしているのに、濃く見えてしまったりメイ...

封筒を再利用するときのマナー・再利用で地球にやさしいエコ活動

ビジネスシーンでは、宛名の書かれていない封筒を再利用する事もあります。この時、相手に失礼にならないよ...

バレエの発表会の衣装代はどのくらい?衣装代の相場について

バレエの発表会の衣装代はどのくらいかかるものなのでしょうか?一着の金額はだいたいこのくらいなので、踊...

インコのケージを手作りするコツや方法とカバーも作る効果

インコのケージを手作りできたら、より自分好みでインコにも合わせたケージを作ることができます。インコの...

布巾の除菌は電子レンジで速攻完了!布巾とスポンジの除菌方法

布巾の除菌はいつもどのようにしていますか?除菌の必要性はわかっていても、つい面倒で後回しにしてしまう...

ブレーキを踏むとなるキーキー音の原因と対策について

ブレーキを踏むとキーキー音が気になる時ありますよね。ブレーキから音がしていると思うと安全性は大丈夫?...

イケメンの彼氏だと不安?不安の理由や対処法

誰もが振り向くようなイケメンの彼氏を持つと、彼女は色々と不安になるようです。ここでは、イケメ...

ミニトマトの葉っぱが白い原因と対策・うどんこ病とハモグリバエ

家庭菜園で育てているミニトマトの葉っぱ白いとき、一体何が原因で白くなってしまったのかわからないことも...

石鹸の香りをルームフレグランスとして楽しむ方法と香り復活テク

お部屋用の芳香剤はいろいろな種類がありますが、少し匂いが強いと感じる方もいると思います。人工的な芳香...

豆腐の消費期限を1日でも過ぎたらアウトです!

豆腐には消費期限や賞味期限の表記があります。賞味期限の場合、1日くらいなら過ぎても問題ないとは思...

ライオンVSトラ、対決させるとどっちが強いのか徹底調査!

動物園で見かけるライオンとトラ。どちらもネコ科に属していますが、戦わせるとどっちが強いか気になります...

韓国のラーメンの食べ方は面白い。袋のまま食べる驚きの方法とは

韓国のドラマや映画ではラーメンを食べるシーンが良く登場しますね。とても美味しそうですが、よく...

バーベキューのご飯を鍋でも美味しく焚くには浸す時間がカギ

バーベキューの時にご飯を焚く場合は、鍋で焚くこともあると思いますが、鍋でご飯を焚くのは難しいと思って...

スポンサーリンク

洗剤と柔軟剤の違いは何?

毎日、何気なく使っている洗濯用洗剤と柔軟剤ですが、この2つの働きの違いをご存知ですか?

洗濯用洗剤の働き

その名の通り衣類の汚れを落としきれいにするものです。

実は、この洗濯用洗剤だけでも充分に洗うことが可能なのです。

汚れを落とすのが洗濯用洗剤なら、汚れを落とした上からコーティングする働きをするのが柔軟剤です。

シャンプーとリンスに例えるなら、洗濯用洗剤がシャンプーで、柔軟剤がリンスです。

シャンプーだけで髪を洗うと、汚れは落ちますが、髪がパサパサしますよね。

リンスをすることによって、髪の1本1本をコーティングしてくれるのでしっとり保湿してくれます。

これと同じことです。

柔軟剤の効果

洗濯用洗剤だけだと、汚れは取れてキレイになりますが、生地が乾いた時に乾燥しがち。
そこを柔軟剤で、フワフワな手触りにしたり、良い香りをつけたりといったプラスオンの働きを加えるのです。

柔軟剤は、その働きだけではなく、静電気も抑えてくれる働きもあります。

洗剤と柔軟剤には違いがある!でも一緒に使うと効果がアップ

洗剤に含まれる「界面活性剤」という素材について

これは、物質の境の間(界面)に作用することで、性質を変化させる物質のことで、洗濯用洗剤にも、柔軟剤にも含まれています。

ただ、界面活性剤の持つ電荷に違いがあり、洗濯用洗剤にはマイナスの電荷、柔軟剤にはプラスの電荷を持っているのです。

電荷の違いによって、性質も変わります。

プラスの電荷を持つ界面活性剤は、洗濯のすすぎで繊維から離れにくい性質があります。
そして、マイナスの電荷を持つ界面活性剤は、逆に洗浄力が高く、すすぐことによって流れやすいという性質があります。

こうした逆の性質を持つ洗濯用洗剤と柔軟剤を一緒に使うことによって、同時に使ってしまうとお互いの効果を打ち消し合ってしまいます。

柔軟剤入り洗濯用洗剤には、時間差でそれぞれの効果が発揮するように作られているので、同時に入れてもきちんと柔軟剤の効果が現れるようになっているのです。

洗剤で汚れを流した後の繊維には、マイナスの電荷を帯びています。

これにプラスの電荷を持つ柔軟剤を入れることにより、プラスとマイナスの働きが上手くでき、柔軟の効果や静電気防止効果ができます。

洗剤と柔軟剤を選ぶ時のポイントは違いを比べてみること

市販の洗濯用洗剤には色々な種類がありますが、主に2種類があります。

弱アルカリ性洗剤

洗浄力の効果に若干違いがあり、弱アルカリ性洗剤の方が洗浄力が高いとされています。
汚れの成分は、ほとんどが「酸性」の成分のため、この汚れを落とすには、アルカリ性洗剤を使うことがおすすめです。

中性洗剤

女性用のカーディガンやワンピースなどのおしゃれ着や、デリケートな素材で作られた服などはドライ用洗剤などを用いることが多いですよね。

これは中性洗剤です。

洗剤の中には、「蛍光剤(傾向増白剤)」が入ったものがありますが、これは白いものだったらより白くなる働きがあるので、汚れが目立ってきた白いシャツを真っ白にしたい時などにはこの蛍光剤が含まれた洗剤を使うのが良いでしょう。

柔軟剤

香りや効果が商品によって違います。好みも人によって違いますので、好きなものを選びましょう。

海外製の柔軟剤は、香りが強めということで知られています。上手に使って、香りの良い服を身につけたいですね。

洗剤には3つの種類が!洗剤を選ぶときは衣類に合わせて選ぼう

洗濯用洗剤のタイプ

  • 粉末洗剤…洗浄力が高い
  • 液体洗剤…粉末洗剤の次に洗浄力が高い
  • おしゃれ着用(ドライ)洗剤

洗いたい衣類に応じて、洗剤を使い分けることが良いでしょう。

シャツを洗濯することが多いのであれば、蛍光増白剤入りの洗剤を常備しておくことをおすすめします。

ジェル洗剤というものも人気の商品です。

洗浄力は、粉末洗剤よりも多少劣りますが、液体洗剤と同等の洗浄効果があり、計量の手間もなく、手も汚れないことなどから、人気が出ています。

服に染みついてしまった汗の匂いなども気になることがありますよね。
そんな時は、酵素入の粉末洗剤を使うことで、体臭が気にならなくなりますのでぜひお試しください。

また、匂い対策として他にも粉末洗剤に漂白剤が含まれたものも効果があります。

柔軟剤を選ぶ時は付加的な効果に注目してみよう

柔軟剤といっても、各メーカーから様々な付加価値がついた商品が出ています。

柔軟剤の特徴

衣類に香りを付けられるということがありますよね。

自分の好みの香りを選ぶということも楽しいでしょう。香りにもたくさんの種類があるほか、匂いを消してくれる効果のある柔軟剤もあります。
タバコの匂いを消してくれる効果があるものや、汗など様々な匂いを防臭してくれるものなど。

服を着たときに、バチっとくる静電気は嫌なものですが、柔軟剤の効果で静電気を予防することもできます。

また、部屋干ししていると生乾きの嫌な匂いが気になるという人も多いでしょう。

そんな時には、抗菌効果も含まれている柔軟剤が有効です。

自分の洗濯スタイルにあった洗剤や柔軟剤を選ぶこともおすすめです。