ハムスターの好物かぼちゃ!そのあげかたについて

ハムスターは野菜が大好き!かぼちゃも好きな野菜のひとつです。ただかぼちゃは硬いですし、そのあげかたに迷ってしまいます。

ハムスターにかぼちゃを与えるときは、どのような点に注意すべきなのでしょうか。そのあげかたは?

ハムスターに最適なのはかぼちゃのどの部分なのか、どのくらいの量を与えるべきなのかについてご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

服についた刺繍がほつれた場合の対処法と洗濯時の注意点

お気に入りの服の刺繍がほつれが出ると、はさみを使ってなんとか止めようと考える人も多いのではないでしょ...

辛子明太子を冷凍保存から解凍するコツや方法とは

辛子明太子を特売でたくさん購入したときなんかは、冷凍保存するのがオススメです。では、冷凍保存...

カッターの替刃の替え方は?刃を折るのが怖い人へアドバイス

カッターの替刃、その替え方に困っていませんか?カッターは替刃全体を交換しなくても、切れ味の悪い刃...

色の種類【紫】が好きな男性の特徴と心理・相性・恋愛傾向を解説

紫色が好きな男性に、片思いをしている女性もいるのではないでしょうか。好きな色の種類によって、...

香水は足首両方がオススメな理由と失敗しないつけ方のコツ

香水は足首の両方につけるのがベストな場所だってご存知でしたか?では、どうして香水は足首の両方...

ミルクの温度は赤ちゃんにとって何度が適温?ミルクの作り方

赤ちゃんにミルクをあげるときにはどのくらいの温度であればいいのでしょうか?人肌や体温とは言われますが...

アイプチで二重が不自然にならないための使い方のコツ

アイプチで二重にした場合、やり方を間違うと不自然に見えてしまいます。アイプチでした二重が不自...

ダンベルを使った背中の鍛え方とより効果を出すためのポイント

胸の筋肉だけではなく、背中の筋肉もある人を見るとかっこいいって思いますよね。でも、自分もそう...

ガリのお寿司の使い方!ガリ本来の役割と知って得する通の使い方

お寿司を食べに行くと、必ずガリが置いてありますよね。普段なんとなく食べてしまうガリですが、ガリ本...

食事のバランスを本格的に考えるなら資格を取りましょう

人間は健康が一番とは言いますが、そのためには食事のバランスを考えることも大切です。食事に関するさ...

生地を水通しする方法!水通しが必要な素材と水通しが必要な理由

生地を水通しする方法について知りたいという人もいますよね!手芸などに使う生地は、素材によっては水通し...

ハンドメイド作品の作り方【イヤリング】は簡単に作れます

イヤリングを買おうと思ってお店に行っても、なかなか自分が気に入ったものにはめぐり会えない…そんな人は...

東京タワーとスカイツリー、観光するならどっちがおすすめ

東京観光、東京デートで行きたい場所と言えば東京タワーとスカイツリー!しかし、どちらかひとつを選ぶなら...

一人暮らしが寂しい、実家に帰りたいと感じる人のための対処法

社会人になって初めて実家を離れて一人暮らしを始める人の中には、最初のうちは一人の時間を楽しんでいても...

大学生の一人暮らしの仕送り方法!節約やお金の管理のポイント

大学生の一人暮らしの仕送り方法については悩む親御さんも多いのでしょうか。あまり過保護にするのも良くな...

スポンサーリンク

ハムスターにかぼちゃを与えたい!あげかたは?

ハムスターには基本的に、栄養バランスの考えられているペレットを主食として与えます。
なのでかぼちゃは栄養を補うための副菜やおやつとして与えるものと考えましょう。

人間も同じですが、一種類の野菜を食べ続けて体に良いとはなりませんよね。いろいろな野菜を量や種類のバランスを考えて食べるべきです。

ハムスターも同じで、かぼちゃもその他たくさんの野菜の中の一種類としましょう。

ハムスターはかぼちゃが好きでよく食べます。その姿が嬉しいあまり、連続して与えると他の食材を食べなくなる可能性がありますので注意が必要です。

かぼちゃのあげかたについて説明します。

かぼちゃはどこの部位でも全て与えることが出来ます。種もハムスターの大好物で、与える時は乾燥させてから食べさせます。

加熱したかぼちゃはあまり日持ちしないので、食べ残した場合はすぐに片付けてあげて下さい。
加熱していなければ、かなり日持ちする野菜です。

ハムスターへのかぼちゃのあげかた、どの部分が最適?

ハムスターは玉ねぎやねぎ以外の野菜であれば、だいたい食べても大丈夫です。
きゅうりのような水分が豊富な野菜は、たくさん食べるとお腹が緩くなってしまう原因になるので少量で抑えましょう。

かぼちゃのあげかたについては、基本的にどの部分でも食べさせて問題はありません。
栄養価も高いので皮をはじめ、実も種も全て食べることが出来ます。

かぼちゃには高い抗酸化作用があり、体全体の抵抗力をアップさせてくれる効果が期待出来、体力アップにも繋がります。

ハムスターにとっても元気の素となりそうな嬉しい食材です。

年老いてきたハムスターには、皮や実の部分を与えるのであれば加熱して柔らかくしてあげるのが良いでしょう。

ほとんどのハムスターはかぼちゃが好きなので、与えたら与えた分すべて食べてしまいます。
さつまいもなどに比べると、糖分は多くはないですが食べ過ぎには注意してあげて下さい。

かぼちゃの種もおすすめ!ハムスターへのあげかた

一般的にひまわりの種が市販されていますが、かぼちゃの種も美味しそうに食べてくれます。
しかし「種」は脂肪分が多いので、喜ぶからと言ってたくさん食べさせると肥満になってしまいます。
コロンとしたハムスターも可愛いですが、肥満は寿命や健康にも害を及ぼすものですので与えすぎには注意が必要です。

家庭でかぼちゃの種を与えるときは、しっかりと乾燥させてあげて下さい。
乾燥させることで、長期保存ができるおやつにもなります。

フライパンで炒って乾燥させることも出来ますが、天日干しの方が内部まできちんと乾燥します。
おひさまの光を浴びることで、種の栄養価も高まるのでおすすめです。

きちんと洗って、ざるなどに広げて数日干せば完成です。洗って乾燥させるだけなので、手間がかからずとても簡単です。

乾いた種は乾燥剤を入れて、冷蔵庫に保存しておけば日持ちもするので安心です。

ハムスターによっては、かぼちゃの実よりも種の方が好物という子もいるようです。

野菜のあげかたには注意!ハムスターが食べてはいけない野菜

人間は問題なく、美味しく食べられる野菜でもハムスターには食べられないものがあります。

  • じゃがいもの芽や皮
  • ねぎ、玉ねぎ、ニラ
  • 生の豆
  • アボカド
  • れんこん

このような野菜に含まれる成分で、ハムスターが体調を崩す可能性もあります。

これらの野菜を調理したまな板の上で、ハムスターが食べる野菜などを調理するのも避けましょう。

先ほどの野菜は与えてはいけない野菜ですが、全般に言えることが与えすぎてはいけないということです。

かぼちゃや人参のような緑黄色野菜は栄養価も高いですが、レタスやもやしのような淡色野菜は水分は多いですが栄養価はあまり高くありません。

出来るだけ栄養価の高い野菜を与えてあげたいですよね。

また、あくまでも野菜は副菜です。
必要な栄養のバランスが崩れたりすると、体調を崩す原因になります。出来るだけ体調を崩さないようにしてあげたいものです。

主食はペレットなので、数種類の野菜とペレットといった感じで、バランスを考えてあげて下さい。

ハムスターにかぼちゃといった野菜を与える場合の注意点

可愛い大切な家族なので、元気で長生きして欲しいですよね。
ハムスターが元気に過ごすための食材のポイントを見ていきましょう。

ハムスターに食べさせる野菜は加熱する

生でも問題があるわけではありませんが、茹でたりすることでアクなどの害になる物質を減らすことが出来、甘みも増してより食べやすいと感じてくれます。

同じ食材ばかりあげない

ハムスターに大量に継続してあげ過ぎると、体調不良の原因になる野菜もあります。
人間の同じですが、偏った食事ばかりだと体調が崩れたり健康面が心配ですよね。

もちろんハムスターも同じです。

バランス良くいろいろな食材を食べることが健康には大切です。

栄養価の高いものを与える

栄養価の低い食材を与えても、ハムスターが満腹になるだけで健康には繋がりません。
与えるのであれば、出来るだけ栄養価の高い食材を選んであげましょう。

ハムスターに合う理想的な餌を知る

ハムスターは本来雑食の生き物です。
何でも食べるのですが、ハムスターの多くが野菜不足になっています。

理想的な餌としては、良質なペレットと野菜などの食材を50%ずつくらいの割合であげます。
種は一日に1~3粒の範囲内であげましょう。

食材の他にも毛並みやツヤなどの健康状態も、こまめにチェックしてあげましょう。