ハムスターの好物かぼちゃ!そのあげかたについて

ハムスターは野菜が大好き!かぼちゃも好きな野菜のひとつです。ただかぼちゃは硬いですし、そのあげかたに迷ってしまいます。

ハムスターにかぼちゃを与えるときは、どのような点に注意すべきなのでしょうか。そのあげかたは?

ハムスターに最適なのはかぼちゃのどの部分なのか、どのくらいの量を与えるべきなのかについてご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

机のDIY方法!カラーボックスを使って簡単に作る子供の机

机を自分で作るのは、DIY初心者にとっては、かなり難易度の高い作業です。1から全てを作るとなると、か...

発泡スチロールの箱をタダでもらう方法と臭いの除去方法

発泡スチロールの箱はお店に行けば販売していますが、タダでもらう方法はあるのでしょうか。発泡スチロ...

スライムを洗濯糊とコンタクト洗浄液で作る場合の注意点について

スライム作りには洗濯糊とホウ酸かホウ砂が必要となりますが、コンタクト洗浄液がホウ酸やホウ砂の代用とし...

服をハンガーにかけて干すと伸びる。干すときのポイントとは

服をハンガーにかけて乾かすと伸びるのをどうにかしたい!しかし、逆さまにして洗濯バサミでとめても、服と...

一人暮らしでベッドをどのように配置したら良いのかわからない

実家での生活を飛び出して、一人暮らしの新しい生活を始める時に大切なのが、自分の拠点となる部屋のレイア...

筋トレをしたら太った!その後痩せるにはキチンと食事をとる事

筋トレをしているのに太った!?その後痩せるにはどうしたらいいのでしょうか?女性の場合は、筋ト...

旦那が無職になったらもう保育園は通えないのか

認可保育園に通うには、夫婦共働きが条件となっているのが一般的です。そんな時、もし旦那が突然無...

バドミントンの試合での服装のルールや選ぶときのポイント

バドミントンの試合での服装には、大会によって規定があります。できれば、自分好みのウェアを着て試合をし...

働くママ悩み!遅刻の言い訳に注意する事。子供が原因の時の方法

子供がいると自分の事が後回しになって支度に時間が掛かり遅刻しそうになったり、時間に余裕をもって行動し...

テトラの外部フィルターの掃除手順と掃除が必要なタイミング

テトラはキラキラとした体がキレイで人気の魚です。水槽に外部フィルターを設置している場合には、定期的な...

お年玉は子供が管理している?それとも親?最近のお年玉事情

お正月の子供たちの楽しみと言えば、もちろん『お年玉』ですよね。このお年玉ですが、子供が小さな...

名前キーホルダーの作り方。自分で作るオリジナルキーホルダー

幼稚園や保育園の入園に伴い、名前キーホルダーを準備したいと考える方も多いと思います。そこで、自分でも...

パッションフルーツの花が咲かない!原因と対策・収穫の目安

パッションフルーツを家庭菜園で育てている人の中には、なかなか花が咲かないことに頭を悩ませている人もい...

告別式での弔辞の言葉…孫が読む場合の文章の書き方とは

告別式で親族代表として孫が挨拶を行うケースが増えてきています。でも、そんな大役を任せられてもどんなこ...

卵の臭いの消し方を教えて!気になる卵の臭いをスッキリ消す方法

卵の臭いが気になるという人もいますよね。食器についてしまった卵の臭いの消し方が知りたいという人もいる...

スポンサーリンク

ハムスターにかぼちゃを与えたい!あげかたは?

ハムスターには基本的に、栄養バランスの考えられているペレットを主食として与えます。
なのでかぼちゃは栄養を補うための副菜やおやつとして与えるものと考えましょう。

人間も同じですが、一種類の野菜を食べ続けて体に良いとはなりませんよね。いろいろな野菜を量や種類のバランスを考えて食べるべきです。

ハムスターも同じで、かぼちゃもその他たくさんの野菜の中の一種類としましょう。

ハムスターはかぼちゃが好きでよく食べます。その姿が嬉しいあまり、連続して与えると他の食材を食べなくなる可能性がありますので注意が必要です。

かぼちゃのあげかたについて説明します。

かぼちゃはどこの部位でも全て与えることが出来ます。種もハムスターの大好物で、与える時は乾燥させてから食べさせます。

加熱したかぼちゃはあまり日持ちしないので、食べ残した場合はすぐに片付けてあげて下さい。
加熱していなければ、かなり日持ちする野菜です。

ハムスターへのかぼちゃのあげかた、どの部分が最適?

ハムスターは玉ねぎやねぎ以外の野菜であれば、だいたい食べても大丈夫です。
きゅうりのような水分が豊富な野菜は、たくさん食べるとお腹が緩くなってしまう原因になるので少量で抑えましょう。

かぼちゃのあげかたについては、基本的にどの部分でも食べさせて問題はありません。
栄養価も高いので皮をはじめ、実も種も全て食べることが出来ます。

かぼちゃには高い抗酸化作用があり、体全体の抵抗力をアップさせてくれる効果が期待出来、体力アップにも繋がります。

ハムスターにとっても元気の素となりそうな嬉しい食材です。

年老いてきたハムスターには、皮や実の部分を与えるのであれば加熱して柔らかくしてあげるのが良いでしょう。

ほとんどのハムスターはかぼちゃが好きなので、与えたら与えた分すべて食べてしまいます。
さつまいもなどに比べると、糖分は多くはないですが食べ過ぎには注意してあげて下さい。

かぼちゃの種もおすすめ!ハムスターへのあげかた

一般的にひまわりの種が市販されていますが、かぼちゃの種も美味しそうに食べてくれます。
しかし「種」は脂肪分が多いので、喜ぶからと言ってたくさん食べさせると肥満になってしまいます。
コロンとしたハムスターも可愛いですが、肥満は寿命や健康にも害を及ぼすものですので与えすぎには注意が必要です。

家庭でかぼちゃの種を与えるときは、しっかりと乾燥させてあげて下さい。
乾燥させることで、長期保存ができるおやつにもなります。

フライパンで炒って乾燥させることも出来ますが、天日干しの方が内部まできちんと乾燥します。
おひさまの光を浴びることで、種の栄養価も高まるのでおすすめです。

きちんと洗って、ざるなどに広げて数日干せば完成です。洗って乾燥させるだけなので、手間がかからずとても簡単です。

乾いた種は乾燥剤を入れて、冷蔵庫に保存しておけば日持ちもするので安心です。

ハムスターによっては、かぼちゃの実よりも種の方が好物という子もいるようです。

野菜のあげかたには注意!ハムスターが食べてはいけない野菜

人間は問題なく、美味しく食べられる野菜でもハムスターには食べられないものがあります。

  • じゃがいもの芽や皮
  • ねぎ、玉ねぎ、ニラ
  • 生の豆
  • アボカド
  • れんこん

このような野菜に含まれる成分で、ハムスターが体調を崩す可能性もあります。

これらの野菜を調理したまな板の上で、ハムスターが食べる野菜などを調理するのも避けましょう。

先ほどの野菜は与えてはいけない野菜ですが、全般に言えることが与えすぎてはいけないということです。

かぼちゃや人参のような緑黄色野菜は栄養価も高いですが、レタスやもやしのような淡色野菜は水分は多いですが栄養価はあまり高くありません。

出来るだけ栄養価の高い野菜を与えてあげたいですよね。

また、あくまでも野菜は副菜です。
必要な栄養のバランスが崩れたりすると、体調を崩す原因になります。出来るだけ体調を崩さないようにしてあげたいものです。

主食はペレットなので、数種類の野菜とペレットといった感じで、バランスを考えてあげて下さい。

ハムスターにかぼちゃといった野菜を与える場合の注意点

可愛い大切な家族なので、元気で長生きして欲しいですよね。
ハムスターが元気に過ごすための食材のポイントを見ていきましょう。

ハムスターに食べさせる野菜は加熱する

生でも問題があるわけではありませんが、茹でたりすることでアクなどの害になる物質を減らすことが出来、甘みも増してより食べやすいと感じてくれます。

同じ食材ばかりあげない

ハムスターに大量に継続してあげ過ぎると、体調不良の原因になる野菜もあります。
人間の同じですが、偏った食事ばかりだと体調が崩れたり健康面が心配ですよね。

もちろんハムスターも同じです。

バランス良くいろいろな食材を食べることが健康には大切です。

栄養価の高いものを与える

栄養価の低い食材を与えても、ハムスターが満腹になるだけで健康には繋がりません。
与えるのであれば、出来るだけ栄養価の高い食材を選んであげましょう。

ハムスターに合う理想的な餌を知る

ハムスターは本来雑食の生き物です。
何でも食べるのですが、ハムスターの多くが野菜不足になっています。

理想的な餌としては、良質なペレットと野菜などの食材を50%ずつくらいの割合であげます。
種は一日に1~3粒の範囲内であげましょう。

食材の他にも毛並みやツヤなどの健康状態も、こまめにチェックしてあげましょう。