花を育てるには?苗の植え方やポットの使い方

庭や玄関先などにキレイな花がある家って素敵ですよね。

でも、花をせっかく植えても、その植え方によっては花持ちが全然違ってくるようです。

まずは、元気な苗を選んで、ポットで育ててみませんか?

そこで、初心者にもオススメな苗の植え方やポットの使い方、花の育て方についてまとめてみました。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

犬の去勢手術後のトイレ失敗に悩む飼い主へアドバイスと注意点

犬の去勢手術後のトイレ失敗。今まで問題なくトイレができていた犬でも、去勢手術をきっかけにトイレを...

猫は自分が可愛いことを自覚している?猫の可愛い行動とその理由

猫の可愛い行動に毎日メロメロにされている飼い主さんもいるのではないでしょうか。まるで自覚しているかの...

野うさぎの赤ちゃんの育て方は?保護した時は動物病院へ委ねよう

飼いうさぎではなく、野うさぎの赤ちゃんの育て方はどうすればいいの?という悩み。野うさぎは日本の至...

缶のプルタブは昔の話?イージーオープン缶の今と昔

缶にプルタブが付いていたのは昔の話、気がつくと見かけなくなりましたよね。実はプルタブが無くな...

【アウトドア料理】子供に人気のレシピと美味しいデザート

家族で行くアウトドアは、みんなで料理をしたりバーベキューをしたり、釣りをしたり、水遊びをしたり、子供...

スライムの材料のホウ砂とは?スライムの作り方を紹介

スライムの材料に使われるホウ砂はどのように扱えばいいのでしょうか?子どもに人気なスライムですが、安全...

猫の写真 なぜへたくそにしか撮せないのか?上手く撮るコツとは

猫の写真を撮すにはちょっとしたコツが必要となります。猫ちゃんはかわいいのに、レンズに収まるそ...

ダンスの苦手を克服するコツで大切なこと!練習や上達の秘訣

ダンスを苦手克服したいならどんな練習をしたらいいのでしょうか?ダンスは好きだけど、自分が思い描いてい...

卓球ラケットのペン型は、小技がしやすいが手先が器用な人向け

卓球のラケットは大きく分けて、ペン型とシェークハンドの2種類があります。ペン型はその名の通り...

犬を飼うと大変と感じる事を紹介。金銭面や老後が心配という事

子供が犬を欲しがる、ペットショップで一目惚れ、一軒家に引っ越すので犬を飼いたいと思うことはあるでしょ...

ジャージを洗濯したらほこりが!洗濯物のほこりの原因と対処法

ジャージを洗濯したとき、洗い終わったジャージにほこりがついていたという経験がある人もいますよね。せっ...

100均の材料を使った可愛い手作りキーホルダーの作り方

手作りのキーホルダーを作りたいという時には、100均で揃う道具で可愛いキーホルダーを手作りすることが...

高校生の恋愛事情・受験生は恋愛NG?受験と恋を両立させる方法

これから大学受験を控えている高校生の中には、恋人がいる・もしくはこれから恋人を作りたいと思っている人...

1日置いたカレーの表面の白い膜はカビと判明!食べると危険

夜に作ったカレーが残ってしまい、また翌日に食べようと一晩置くことってありますよね。「1日置いたカレー...

毎日続ける英語の勉強。アプリを利用すれば毎日続けられます

毎日続けなければ、英語は上達しません。筋トレや、ストレッチ、ダイエットと同じですね。習慣化し...

スポンサーリンク

花の植え方は?花の植え込みの前に、育苗ポットの使い方

育苗(いくびょう)とは、植物の種を容器にまいて、苗がある程度大きくなるまで、環境を整えてから育てることです。苗を管理して育てることで、自然環境の影響を受けづらくなり、丈夫に育てることが出来ます。

花の植え方の一つとして、苗を育苗ポットで育てる方法があります。育苗ポットとは、苗を育てる専用の容器です。植木鉢のような姿をしていて、土に返るピートモスなどの原料で作られたジフィーポットや、塩化ビニールで作られたポリポットなどがあります。塩化ビニールで作られた、ポリポットは再利用が可能です。何度も使いたいと考えている方には、経済的と言えます。

ピートモスなどの土に返る素材で作られたジフィーポットは、再利用は出来ません。しかし、ポットごと地面や鉢などに植えることが出来るため、根傷みがありません。土に戻るエコな天然素材のポットです。

育苗ポットの基本的な使い方としては、まず、育苗ポットに鉢底ネットを敷いて、培養土を入れます。ジフィーポットを使う際には、ポットを水をかけて湿らせます。ジフィーポットに培養土を入れましょう。培養土は、強く抑えたりしないように注意してください。
次に、土に指や細い棒などでかるく穴を開けて、中に種を数粒撒くか、土の表面に種をぱらぱらと撒きます。種の種類によって、適量の土をかぶせてください。

表面に霧吹きで水をかけるなどし土を湿らせます。また、側面給水トレーなどを使って水をためて給水させる方法でも良いでしょう。

発芽するまで、土が乾かないように注意してください。
発芽後は、本葉が揃う頃に、ポット一つに一つの苗になるように間引いてください。

ポット苗の植え方のポイント!しおれた花は取り除く

ポット苗から大きい鉢や地面に植える際の植え方のポイントは、いくつかあります。

ポットから抜いた時に、苗の根が張って白くなって固まっていることがあると思います。万が一そのまま植え付けたとしたら、水を吸収しづらく枯れてしまう原因になります。白く固まった根は、負担がかからないように、優しくほぐしてあげましょう。

ほぐすのが難しいほど固まっている場合には、寝鉢の底に十字に切り込みを入れてから、軽くほぐしてみてください。ほぐすことで新しい土になじみやすくなり、水も吸収して、元気に育ちます。

根が真っ直ぐに伸びていく直根性の植物は、根を痛めてしまうとダメージが大きくなり、上手く根付くことが出来ません。直根性の植物は、絶対に根鉢を壊さないように注意してください。

鉢などに植え替える際には、水やりできるスペースを確保することが大切です。鉢のギリギリまで土を入れると、水やりをした際、水があふれてしまいます。2センチ程度低くすることで、水やりをした際、表面に一瞬水が溜まったとしてもあふれることはありません。

水やりの際には、少しだけ水をかけるのではなく、鉢底にしっかりと流れ出る程度まで水をあげてください。こうすることで土の中にある空気も入れ替わってくれます。

育ててく過程で気をつけたいことは、しおれた花や黄色くなってしまった葉は取り除くことです。
しおれた花をそのままにしていても、再び咲くということはありません。その部分に栄養が取られてしまわないように、速やかに取り除きましょう。また黄色くなった葉をそのままにしておくと、カビや病気の原因になります。気付いたときには、直ぐに取り除くようにしてください。

花の植え方手順!ポットから植え込むには

ポットから花を植え込む、植え方としては、順番があります。

先ずは、ポットごと花を並べてみて、鉢や地面に植える位置を確認します。イメージをすることが大切です。高さや色合い、位置をしっかりと確認します。低い花は手前、高い花を奥にもっていくと、バランスが良くなります。隣同士に花を並べるのではなく、前後を少しずらすことで、自然にバランスが取れますよ。

次に、配置が決まったら、植え付けです。
地面に植える際には、奥のほうから植えていきましょう。植える位置に、ポットの高さ程度の穴をスコップで掘り、人差し指と中指で花の茎を挟みます。ひっくり返すようにして、上からポットを掴んで外してください。

根の状態を必ず確認しましょう。根が張って白く固まってはいませんか。固まっているようであれば、必ずほぐしてください。根の下の部分をちぎるようにすると、簡単にほぐれます。

根をほぐすことで、新しい土となじみやすくなり、水分も吸収しやすくなります。また新しい根が生えやすくなるという効果もあります。しかし、植物によっては、根を壊さないで植えたほうが良いものもあるので、事前にしっかりと確認しましょう。

掘った穴に、苗を入れます。スコップや手を使って、苗の周りにしっかりと土を押し込んでください。こうすることで、しっかりと、植物が根付きます。軽く持ち上げたときに抜けてしまうようなら、しっかりと土が押し込まれていない証拠です。

最後に、花や葉に水がかからないようにして、根の部分にしっかりと水をかけてあげましょう。

どうして草花はポット苗から鉢植えに植え替えるの?

ポットで購入してきた花の苗はは、必ず植え替える必要があります。
では、なぜ植え替える必要があるのでしょうか。

小さいビニールポットに入ったままでは、根がそれ以上伸びることが出来きず、中で固まってしまいます。移し変えようとした際に、根が白くびっしりと張って固まっていることがあると思います。根が伸びようとしても、中でそれ以上伸ばせずに固まってしまっている状態なのです。

このままでは、水やりをしても直ぐに乾いてしまい、葉を伸ばすことは出来きません。
根が吸い上げる水に対して、ポットが小さすぎたり、土の量が少なすぎて栄養分が不足してしまいます。

買ってきた花の苗は、必ず大きな鉢や、地面に植え替えてあげてください。

元気な苗を選んで育ててみよう!

ポット苗を購入する際、どんなことに気をつけたらよいのでしょうか

必ず、元気なものを購入してください。茎が太く、枝の数が多いもの、つぼみがたくさんついているものがお勧めです。葉が黄色くなっていたり、苗がぐらぐらしていて弱っているものはお勧めできません。

購入の際、花などの苗には、ラベルが付いているものが多くあります。ラベルの裏を見てみましょう。育て方などが書いてあることがあるので、チェックしてみると良いでしょう。植え方や、日当たりがどの程度必要か、開花時期など、細かく書いているものもあります。自分にあった苗を選ぶと良いでしょう。