トイレのコンセントの位置は失敗しないようにしっかり考えよう!

日本のトイレといえば温水洗浄便座が当たり前のようになってきていますが、使用するためにはコンセントが必要となります。

もし便座を交換する場合はコンセントの位置が大切になりますが、どこに設置するのがベストなのでしょうか?1箇所よりも2箇所の方が良いのでしょうか?

トイレのコンセントの位置は重要!失敗しないためのポイントについて詳しく解説します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ピアノの和音は指先の力加減、音のバランスが重要なポイント

子供が弾くピアノの和音について「指先の力を加えてしっかり弾きなさい」と言っている方も多いのではないで...

ハーバリウムボールペンの作り方!初心者でもできる作り方のコツ

最近話題のハーバリウムですが、作ってみたいと思っている方も多いと思います。中でも、ハーバリウム初...

チケット取引で手渡しは危険が少ない?手渡しする際の注意点

人気アーティストのライブチケット。チケット売買によって運良く入手出来た後は受け渡しになりますが、...

テニスの練習を1人で行うには?初心者におすすめの練習方法

テニスが下手だからこっそり1人で練習をして、早く上達したい!そんなあなたが抱える悩み。とはいって...

車内での電話はなぜダメなのか考えられる理由とマナーについて

車内で電話をすることは、なぜNGになるのか疑問に思われる方もいるかもしれませんね。2人で電車...

窓の防音対策にシートは効果あり?シートの特徴を紹介

窓に防音対策のシートを貼るときにはどんなものを選べばいいのでしょうか?しっかりと防音できるシートとで...

ダンスのキレを出すためのコツと、体の動かし方やポイントとは

キレのあるダンスを踊る人を見るとカッコイイと思いますよね。ダンスをやっていたら、キレのあるダ...

素敵な大学生は部屋もおしゃれ?良い部屋の作り方

春から大学生となり、部屋を借りて一人暮らしを始めたという人は数多くいるでしょう。しかし、その中で...

台風のバイク対策で気を付けるポイントやオススメ方法とは

台風のときは大切なバイクが倒れないための対策を取らなければなりませんね。特に、屋外駐車場の場...

バイクの洗車はガソリンスタンドでもできるのかを調査

バイクの汚れが目立つからと洗車を考えても、家に洗車スペースがない場合もあります。車と同様にガソリンス...

絵【デッサン】の影の付け方の基本と鉛筆で立体感を表現するコツ

鉛筆で描くデッサンは、光と影の付け方で絵に奥行きが生まれます。しかし、慣れないうちはなかなか立体感が...

高校生のお弁当おかずオススメやキレイな詰め方と冷凍保存のコツ

高校生はお弁当のどんなおかずが好きなのでしょう?簡単で人気なオススメおかずとはどんなの?例え...

洗剤と漂白剤は混ぜると危険な理由と正しい取り扱いのコツ

洗剤や漂白剤には混ぜるな危険という記載表示がされているものがあります。それは、どのように危険なのか、...

ミルクの温度は赤ちゃんにとって何度が適温?ミルクの作り方

赤ちゃんにミルクをあげるときにはどのくらいの温度であればいいのでしょうか?人肌や体温とは言われますが...

アパートの騒音問題!下の階がうるさい時の解決策と注意点

アパートの騒音問題は多く、下の階からの生活音や話し声、バタバタと子供が走り回る音に悩まされる人はたく...

スポンサーリンク

トイレに必要なコンセントとその位置について説明します!

トイレにコンセントは必要ないのではないかと思っている人もいるかも知れません。
しかし、日本のトイレには、温水洗浄便座が多く設置されているのが現状です。温水洗浄便座には電気が使われているため、コンセントが必要になります。

蓋が自動で開閉するトイレ、暖房付きの暖かい便座やお尻の洗浄機能がついた温水洗浄便座、様々な機能の付いているトイレがありますが、全て電気が必要になります。そのためコンセントの設置が必要なのです。

では、どの位置にコンセントを設置したらよいのでしょうか。製品にもよりますが、たいていの製品は、便座に向かったとき、左側にコンセントが付いています。よって、トイレ奥の左下に設置するか、便座奥の壁の左下側に設置するのが良いでしょう。また、床からの高さは30cm程度に設置してあるところが多いようです。高さや設置場所は決まっている場合もあるので、メーカーに相談してみてください。

また、コンセントは抜くことが殆ど無いため、ほこりや汚れなどのたまりやすい場所でもあります。自宅で、どの位置にあると掃除しやすいのかよく考えて、設置すると良いでしょう。

便座の機能により消費電力も違います。便座を温めるだけなら500W程度しか使用しませんが、温水便座などの色々な機能を備えた便座となると、1400W程度も必要となることがあります。どの程度のW数が必要となるのか、しっかりと確認をしてから、コンセントを設置することが必要です。

トイレのコンセントの位置と高さの決め方とは?

コンセントの位置を考えている場合に、どこにつけたらよいのか悩むところです。便座が高機能であれば、便器もお洒落なものが多いでしょう。トイレの雰囲気作りにこだわっている方もいると思います。そのため、コンセントを見せたくないという場合もあるかもしれません。

しかし、コンセントを便器の真裏に設置するのはやめましょう。万が一、コンセントに不具合が出た場合、真裏に設置してしまうとコンセントを外せないため、便器を一度取り外さなくてはならいからです。

コンセントの位置は、大抵、温水洗浄便座の場合、電源コードは便座に向かったときに左に付いています。ですのでトイレ奥の左下の高さ30cm程度に設置するか、便座奥の壁の左下側15cm~25cmの高さに設置するのが良いでしょう。

また、温水洗浄便座の電源コードには通常アース線が付いています。よって、コンセントを設置する場合には、アースターミナル付きのコンセントを設置してください。

冬にはヒーターをトイレ内で使たいという人もいるでしょう。ヒーターの消費電力はヒーターの種類によって様々です。消費電力の非常に高いヒーターの使用を考えている場合には、コンセントの回路の電力でトイレとヒーターの電力を補うことができるのか、考える必要があります。電力が足りないようであれば、ヒーター用にコンセントを別に設置しなければなりません。その場合は、通常のコンセントと同じ基準の高さで設置すると良いでしょう。

トイレのコンセントは2つあった方がいい?その位置は?

実際にトイレのコンセントはいくつあったほうが良いのでしょうか。ヒーターなどを使う場合には、2つ必要になる場合があります。

2つ設置するとなれば、見栄えの点からも、設置場所が気になるところです。便座用のものがひとつと、ヒーター用のものがひとつ必要となった場合、便座用は、トイレ奥の左下に設置するか、便座奥の壁の左下側に設置するのが良いでしょう。

ヒータ用は、抜き差しが必要となる位置に設置するのが良いでしょう。見栄えも考慮すると、位置は、便器の後ろの端辺りが良いかも知れません。横に設置しても良いのですが、横はトイレの汚れがもっともつきやすいところです。男性がいる家庭は特に汚れやすい場所なので、横い設置することは、あまりお勧めできません。

コンセントの位置を考えなかった人の失敗談をご紹介します

コンセントの位置を考える際に、気にかけたい場所は、トイレだけではありません。自宅のあらゆる場所のコンセントの位置をしっかり考えて設置することが必要です。考えずに設置すると、後々、後悔することもあります。失敗談をご紹介いたします。参考にしてください。

まずは、キッチン周りです。キッチンではあらゆる家電を利用する場所でもあります。冷蔵庫だけでなく、食器洗洗浄機、炊飯器や電子レンジ、ポットやオーブン、ブレンダーなど、色々な家電を利用します。コンセントが足りなくて、一度に使用できないようでは、困ります。多めにコンセントを設置しておいたほうが良いでしょう。

折角、コンセントを設置したのに、主な家具などで隠れてしまう場合もあるかもしれません。家具の位置も想定してコンセントを設置することも必要になります。

実際に住んでみて気付くことは、電気の使う製品が非常に家の中に多いことが分かります。標準仕様のままでは、コンセントが足りないことが多くあります。コンセントを増やせばよかったと失敗を悔やむ前に、どんな家電を、どの場所で使うのか、先ずはリストに書き出してみて、コンセントの位置や数を確認してみましょう。

充電してから使う家電も増えています。そのため、充電しておける場所にコンセントが必要になります。実際に生活するヘヤだけでなく、押入れや屋根裏にも設置するほうが良い場合もあるので、後悔する前に、よく検討することが大切です。

コンセントの増設は自分でできる?業者に依頼した場合の代金は?

コンセントが古くなって、新しいものに変更することを業者に依頼すると、1箇所5千円~1万円以内に収まることが殆どです。コンセントの取替えや設置には、電気工事の資格が必要になるため、自分で取り替えることはできません。

実際に生活してみてから、コンセントが足りなかったということもあるでしょう。そんなときは、コンセントの数を後から増やすこともできます。

コンセントを増やす工事は大掛かりに感じるかもしれませんが、コンセントの裏側の壁を挟んだ同じ箇所に設置したり、または少し離れている程度の場所であれば、すでに近くに配線が来ているため、壁にコンセントの穴を開けるだけで簡単に設置できます。費用も1万円程度で済むことが多いようです。

あくまで、目安ですので、必ず業者に確認してみてください。