ハーバリウムボールペンの作り方!初心者でもできる作り方のコツ

最近話題のハーバリウムですが、作ってみたいと思っている方も多いと思います。
中でも、ハーバリウム初心者におすすめなのが、ハーバリウムのボールペンです。ボールペンを作りながら、ハーバリウムのコツを学ぶことができます。
そこで、ハーバリウムボールペンの基本的な作り方をご紹介します。

使うのがもったいなくなるようなかわいいボールペン。ついつい見惚れてしまいます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

魚料理を子供に食べてもらいたい!食べやすくする方法

子供が魚料理を苦手とするのはナゼでしょうか?魚はお肉と比べると食べにくいものもありますよね。...

ハムスターに適した床材と量を理解して、快適に過ごしてもらおう

ハムスターを飼うとなると、ケージに必要な床材について考えるのではないでしょうか。どんな床材がいい...

金魚の水換えの後に白く濁る原因と対処法。水換えのポイント

金魚の水槽の中の水が白く濁ることはありますが、その原因はいくつか挙げられます。金魚の数が多か...

日本の田舎は怖いイメージがあるって本当?

日本における田舎は「夜は真っ暗」、「人間が閉鎖的」なんていう怖いイメージを持っていませんか?それ...

顔が大きいとショートボブは似合わない?ショートボブの似合う人

顔が大きい人はショートボブが似合わないのでしょうか?女性らしさも兼ね備えているショートボブに挑戦した...

野良猫の親子を捕獲するには?保護した後の対応とは

野良猫の親子が庭に住み着いてしまったときなど、野良猫を捕獲したいときはどうしたらいいのでしょうか?...

エアコンの暖房が効かない原因と対処法!温かい部屋にする方法

部屋の温度が低くて部屋を温めたいのに、エアコンの暖房が効かないことに頭を悩ませている人もいるのではな...

ザリガニを飼育する時は砂なしでもいいの?飼育方法について

ザリガニの飼育方法をご存知ですか?子供が飼育したくてもわからなくて、持ち帰ってきたザリガニを「返して...

野良猫を保護したときはシャンプーの前に動物病院へ行くのが安心

近所にいる野良猫を保護したときは、猫の体が汚れていることから、先にシャンプーをしたくなりますよね。で...

部屋の湿度は何%が理想?乾燥対策や湿気対策をご紹介

部屋を理想的な湿度に保つにはどんな工夫をしたらいいのでしょうか?そもそも、湿度は何パーセント...

名前の読み方だけを変更したい場合の手続き方法を教えます

名前が間違われやすいなどの理由で、読み方だけを変更したいという人が増えていると言います。改名...

シベリアンハスキーは子犬の頃が一番かわいい!

犬は種類が豊富で、体が小さいものから大きいもの、毛が短いものからフカフカなものまで数多くいます。...

サービスエリアで車中泊を夏の時期にする場合のポイントと注意点

夏休みに女友達と遠出する際に、宿泊費を浮かせようとサービスエリアでの車中泊を考えることもあるでしょう...

簿記3級の合格ライン、難易度や取得するメリットについて

簿記3級をこれから取得しようかと考えている方もいるのではないでしょうか。でも独学で取得可能なのか...

ハムスターのメスはオスよりも凶暴?性格の違いについて

ハムスターのメスはオスよりも凶暴なのでしょうか?ハムスターのメスが凶暴と言われるのは、子どもを守るた...

スポンサーリンク

ハーバリウムボールペンの作り方、まずは材料と道具

ハーバリウムボールペンを作るには、まずは必要な材料を用意しなければなりません。
ハーバリウムボールペンに使うボールペン本体は、オイルが入れられるように上部が透明な筒状になっているものが必要になります。
ボールペンのみ個別に買って揃えてもよいですが、オイルなどもセットになった、便利なキットもありますので、自分が揃えやすい方法で、以下の材料を揃えてください。

【材料】

  • ハーバリウム用のボールペン本体
  • 中栓(ボールペンとセットになっていると思います。)
  • ハーバリウムオイル
  • ドライフラワー

必要な材料が揃ったら、次に以下の道具を準備しておきましょう。

【道具】

  • 竹串
  • スポイトまたは注射器(オイルを入れるときに使います。)
  • オイルを入れる容器
  • ピンセット
  • ハサミ
  • 手拭き
  • ウェットティッシュ
  • メイク落としシート
  • エプロンまたは汚れても良い服

ここまで準備ができれば、すぐにハーバリウムボールペンを作れます!次に作り方を説明していきますね。

ハーバリウムボールペンはオイル漏れがないか確認しておくのがおすすめ

ハーバリウムボールペンは、ハーバリウムを入れる部分とインクが入った部分の2つに分かれます。

まずは、両手でボールペンを持ち、引っ張ってボールペン本体を分解する

ネジ式ではないので、回しても外れません。上下左右に力を込めながら引っ張ってみて下さい。
分解する際には、中から「リング」が飛び出してくるので、なくしてしまわないように注意しましょう。

分解が終わったら、実際にオイルを入れる前に、オイル漏れがないかどうかを確認しておきます。
せっかく完成したと思ったらオイルが漏れてきた…。といったことがあっては残念でたまりませんよね。

確認するときには、オイルではなく「水」で行います

本体に水を入れたら、中栓をつかって軽く蓋をして、ペンを起こします。水が漏れてこなければ大丈夫です。

確認後は水を捨て、中の水滴を拭き取ってしっかり乾燥させましょう。

ハーバリウム部分の作り方、オイルとお花を交互に

それではさっそく、ハーバリウム部分を作っていきましょう。

ハーバリウム用のドライフラワーの確認

ドライフラワーはハサミで好みの大きさにカットし、実際に本体の中にしっかり入るサイズになっているかどうか、事前に確認をしておきましょう。
ペンの横に花材を並べて、実際に入れた時のイメージがどの様になるのかを確認しておきます。

かすみ草などの細かい花は、オイルを入れたときに空気が抜けにくいです。
そのため、あらかじめ容器に入れたオイルの中に、花材を入れて、事前に空気を抜いておくことで仕上がりが綺麗になるのでおすすめです。

ボールペンを逆さまに置き、オイルを少量入れます。スポイトなどを使って、こぼれないように入れましょう。また、ペンの下にティッシュを敷いておくとこぼれても安心です。

ドライフラワーは、竹串を使って奥の方に入れる

花材を入れたらオイルを足す、花材を入れたらオイルを足す…と繰り返しながら、最後まで作業を進めましょう。

すべて入れ終わったら、オイルをギリギリのラインまで注いでおきます。

ハーバリウムボールペンの作り方、中栓をして組み立てると完成

オイルをボールペンの口のギリギリのラインまで注いだら、オイルに浮いている気泡をスポイトで取り除きましょう。
温度が高くなると、オイルが膨張することもあるため、全ての気泡は取らず、1~2個程度は残しておくと良いでしょう。

いよいよ中栓をします。

ハーバリウムボールペンを作るときに、一番大切な工程

上手く中栓が閉まらないと、空気が沢山入りこんでやり直しになります。一度で成功するように、ポイントを覚えてください。

中栓を閉める際には、オイルが沢山漏れてきます。
そのため、ウェットティッシュや手拭きなどを敷いて作業をすることをおすすめします。

斜めに中栓のゴムを差し込み、高くなっている方のゴム栓を一気に押し込むこと

漏れたオイルで手が滑りやすくなりますが、作業を中断せず、最後まで力を込めまくってください。中栓が完全に閉じたら、メイク落としシートを使って、周りについたオイルを綺麗に拭き取ります。

ボールペンを組み立てたら、完成です。中栓によって、しっかりと栓が閉まらないものがあるかもしれません。
オイル漏れが心配な方は、接着剤を使ってしっかり接着すると安心です。

簡単にできるハーバリウムボールペンは初心者におすすめ

このように、ハーバリウムボールペンは、初心者でも簡単に作ることができます。
作業工程も少なく、使う材料も少量で済むので、ハーバリウム初心者が挑戦するのにもちょうど良い題材なのです。

ハーバリウムボールペンを綺麗に仕上げるために重要なポイントになるのが、全体の「透明感」

ドライフラワーを詰め込みすぎると、オイルの透明さが際立たなくなるので、全体的に暗くてパッとしない印象の仕上がりになってしまいます。

花材の量を加減して、多くなりすぎないようにし、オイルの隙間がしっかりと映えるように配置することで、おしゃれな仕上がりになります。

配置の途中でズレが出てしまった場合には、竹串で調整ができます。
好みの位置に配置できるように、こだわってみて下さい。

簡単にできるハーバリウムボールペンは、知り合いにプレゼントしても喜ばれるでしょうし、友達とおそろいで用意しても良いですね。