ハーバリウムボールペンの作り方!初心者でもできる作り方のコツ

最近話題のハーバリウムですが、作ってみたいと思っている方も多いと思います。
中でも、ハーバリウム初心者におすすめなのが、ハーバリウムのボールペンです。ボールペンを作りながら、ハーバリウムのコツを学ぶことができます。
そこで、ハーバリウムボールペンの基本的な作り方をご紹介します。

使うのがもったいなくなるようなかわいいボールペン。ついつい見惚れてしまいます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

駐車禁止の罰金を払わない事で起こるリスクを詳しく解説

駐車禁止の違反によって罰金を払わないといけないのに、放置して払わないとどうなるのか。支払わな...

玄関のドアノブ交換をしてくれるのは?費用やかかる時間について

玄関のドアノブ交換が必要となったときには、どこに頼んだらいいのでしょうか?玄関は家の防犯に関わる場所...

ハムスターの部屋を掃除する時の手順と掃除頻度・注意点を解説

ハムスターをかい始めたばかりの飼い主さんは、ハムスターの部屋の掃除をどのような手順で行えばよいか分か...

生クリームを使った後冷蔵庫に入れ忘れたら捨てるしかないのか

生クリームを使ったあと、うっかりして冷蔵庫に入れ忘れた経験ありませんか?すっかり常温に戻って...

ハンドメイドのパーツの仕入れは安いところがベストとは限らない

ハンドメイドのパーツの仕入れはどこでしたらいいのか迷ってしまいますよね。一番、気になることと言えば安...

シベリアンハスキーは子犬の頃が一番かわいい!

犬は種類が豊富で、体が小さいものから大きいもの、毛が短いものからフカフカなものまで数多くいます。...

子供が泣くとイライラ!その理由とうまく乗り切る対処法

可愛くて仕方のない自分の子供。だけどそんな子供が泣いてぐずると、イライラしてしまうお母さんはたくさん...

ブリーチ後の黒染めをセルフでしない方が良い理由を解説します

ブリーチしたものの、就活などの理由で黒髪に戻したいと思った時に一番に思いつくのは「セルフでの黒染め」...

ちくわぶがおでんに入っていない関西おでん・地域別おでんの特徴

「ちくわぶ」というおでんの具材はご存知ですか?ちくわぶは関西のおでんには入っておらず、関東のおでんに...

友達同士でトラブル!子供に対しての親の対応方法とは

子供が友達同士でトラブルを起こしてしまうこと、ありますよね。そんな時、親はどのような対応をとれば良い...

オービスは昼間だと気づかないこともある?その光り方に注意

車を運転している人にとって厄介な「オービス」。事前に表示されているとはいえ、ついスピードを出してしま...

カッターの替刃の替え方は?刃を折るのが怖い人へアドバイス

カッターの替刃、その替え方に困っていませんか?カッターは替刃全体を交換しなくても、切れ味の悪い刃...

家庭菜園の大葉が硬い!硬くなる原因と対策・大葉の上手な育て方

家庭菜園で栽培している大葉の葉が硬いというお悩みを抱えている人もいますよね。大葉の葉が硬くなってしま...

発泡スチロールの箱をタダでもらう方法と臭いの除去方法

発泡スチロールの箱はお店に行けば販売していますが、タダでもらう方法はあるのでしょうか。発泡スチロ...

家で写真をプリントするのは、気軽だけど意外に高い

デジカメのようなデータ方式ではなく、フィルムを使った写真撮影が当たり前だった時は、お店に行って現像し...

スポンサーリンク

ハーバリウムボールペンの作り方、まずは材料と道具

ハーバリウムボールペンを作るには、まずは必要な材料を用意しなければなりません。
ハーバリウムボールペンに使うボールペン本体は、オイルが入れられるように上部が透明な筒状になっているものが必要になります。
ボールペンのみ個別に買って揃えてもよいですが、オイルなどもセットになった、便利なキットもありますので、自分が揃えやすい方法で、以下の材料を揃えてください。

【材料】

  • ハーバリウム用のボールペン本体
  • 中栓(ボールペンとセットになっていると思います。)
  • ハーバリウムオイル
  • ドライフラワー

必要な材料が揃ったら、次に以下の道具を準備しておきましょう。

【道具】

  • 竹串
  • スポイトまたは注射器(オイルを入れるときに使います。)
  • オイルを入れる容器
  • ピンセット
  • ハサミ
  • 手拭き
  • ウェットティッシュ
  • メイク落としシート
  • エプロンまたは汚れても良い服

ここまで準備ができれば、すぐにハーバリウムボールペンを作れます!次に作り方を説明していきますね。

ハーバリウムボールペンはオイル漏れがないか確認しておくのがおすすめ

ハーバリウムボールペンは、ハーバリウムを入れる部分とインクが入った部分の2つに分かれます。

まずは、両手でボールペンを持ち、引っ張ってボールペン本体を分解する

ネジ式ではないので、回しても外れません。上下左右に力を込めながら引っ張ってみて下さい。
分解する際には、中から「リング」が飛び出してくるので、なくしてしまわないように注意しましょう。

分解が終わったら、実際にオイルを入れる前に、オイル漏れがないかどうかを確認しておきます。
せっかく完成したと思ったらオイルが漏れてきた…。といったことがあっては残念でたまりませんよね。

確認するときには、オイルではなく「水」で行います

本体に水を入れたら、中栓をつかって軽く蓋をして、ペンを起こします。水が漏れてこなければ大丈夫です。

確認後は水を捨て、中の水滴を拭き取ってしっかり乾燥させましょう。

ハーバリウム部分の作り方、オイルとお花を交互に

それではさっそく、ハーバリウム部分を作っていきましょう。

ハーバリウム用のドライフラワーの確認

ドライフラワーはハサミで好みの大きさにカットし、実際に本体の中にしっかり入るサイズになっているかどうか、事前に確認をしておきましょう。
ペンの横に花材を並べて、実際に入れた時のイメージがどの様になるのかを確認しておきます。

かすみ草などの細かい花は、オイルを入れたときに空気が抜けにくいです。
そのため、あらかじめ容器に入れたオイルの中に、花材を入れて、事前に空気を抜いておくことで仕上がりが綺麗になるのでおすすめです。

ボールペンを逆さまに置き、オイルを少量入れます。スポイトなどを使って、こぼれないように入れましょう。また、ペンの下にティッシュを敷いておくとこぼれても安心です。

ドライフラワーは、竹串を使って奥の方に入れる

花材を入れたらオイルを足す、花材を入れたらオイルを足す…と繰り返しながら、最後まで作業を進めましょう。

すべて入れ終わったら、オイルをギリギリのラインまで注いでおきます。

ハーバリウムボールペンの作り方、中栓をして組み立てると完成

オイルをボールペンの口のギリギリのラインまで注いだら、オイルに浮いている気泡をスポイトで取り除きましょう。
温度が高くなると、オイルが膨張することもあるため、全ての気泡は取らず、1~2個程度は残しておくと良いでしょう。

いよいよ中栓をします。

ハーバリウムボールペンを作るときに、一番大切な工程

上手く中栓が閉まらないと、空気が沢山入りこんでやり直しになります。一度で成功するように、ポイントを覚えてください。

中栓を閉める際には、オイルが沢山漏れてきます。
そのため、ウェットティッシュや手拭きなどを敷いて作業をすることをおすすめします。

斜めに中栓のゴムを差し込み、高くなっている方のゴム栓を一気に押し込むこと

漏れたオイルで手が滑りやすくなりますが、作業を中断せず、最後まで力を込めまくってください。中栓が完全に閉じたら、メイク落としシートを使って、周りについたオイルを綺麗に拭き取ります。

ボールペンを組み立てたら、完成です。中栓によって、しっかりと栓が閉まらないものがあるかもしれません。
オイル漏れが心配な方は、接着剤を使ってしっかり接着すると安心です。

簡単にできるハーバリウムボールペンは初心者におすすめ

このように、ハーバリウムボールペンは、初心者でも簡単に作ることができます。
作業工程も少なく、使う材料も少量で済むので、ハーバリウム初心者が挑戦するのにもちょうど良い題材なのです。

ハーバリウムボールペンを綺麗に仕上げるために重要なポイントになるのが、全体の「透明感」

ドライフラワーを詰め込みすぎると、オイルの透明さが際立たなくなるので、全体的に暗くてパッとしない印象の仕上がりになってしまいます。

花材の量を加減して、多くなりすぎないようにし、オイルの隙間がしっかりと映えるように配置することで、おしゃれな仕上がりになります。

配置の途中でズレが出てしまった場合には、竹串で調整ができます。
好みの位置に配置できるように、こだわってみて下さい。

簡単にできるハーバリウムボールペンは、知り合いにプレゼントしても喜ばれるでしょうし、友達とおそろいで用意しても良いですね。