ハーバリウムボールペンの作り方!初心者でもできる作り方のコツ

最近話題のハーバリウムですが、作ってみたいと思っている方も多いと思います。
中でも、ハーバリウム初心者におすすめなのが、ハーバリウムのボールペンです。ボールペンを作りながら、ハーバリウムのコツを学ぶことができます。
そこで、ハーバリウムボールペンの基本的な作り方をご紹介します。

使うのがもったいなくなるようなかわいいボールペン。ついつい見惚れてしまいます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

部屋の模様替えは机のDIYで!簡単な机の作り方をご紹介

使いにくい机や、部屋の雰囲気に合わない机をどうにかしたいと思ってはいませんか?特に机は、部屋の雰囲気...

タッパーをレンジで加熱するときはふたを外して加熱しよう

タッパーをお弁当箱代わりにしている人もいるのではないでしょうか。お弁当を食べるときに、レンジでタッパ...

野良猫の親子を捕獲するには?保護した後の対応とは

野良猫の親子が庭に住み着いてしまったときなど、野良猫を捕獲したいときはどうしたらいいのでしょうか?...

ミニチュアピンシャーは抜け毛がすごい?犬の抜け毛について

ミニチュアピンシャーは抜け毛がすごい?犬の抜け毛は犬種によっても大きく違いあります。その鍵を...

教育実習後のプレゼントにメダルを作るコツや渡すときの注意点

教育実習最終日に子供たちに何かプレゼントをしたいなら、折り紙で作ったメダルがオススメです。で...

デニム生地は水通しが必要?水通しの必要性とやり方

洋服やバッグを作るときなどは、水通しをしたほうが良いと聞いたことはありませんか?デニムも水通しをした...

教習所の実技を初めて受ける不安を和らげる方法や心構えと注意点

教習所の実技を初めて受けるのはとても緊張するものです。本当に車なんて運転できるのだろうかと不安に...

100均で揃う小学校低学年向けの簡単工作【夏休みの自由研究】

お子様の夏休みの工作や自由研究。低学年のお子様の場合には、何を作ろうか悩む方も多いと思います。低学年...

ヒキガエルのオタマジャクシを飼育してみよう!その方法とは

山の中でヒキガエルのオタマジャクシを見つけると、自分で飼ってみたくなりますよね。でも、実際に...

Tシャツのアイロンのかけ方とは?手順やコツをご紹介

朝着ようとタンスから出したTシャツがシワシワだったってことありませんか? シワシワになってしまっ...

中学生の子どもが勉強しないことにイライラする本当の理由

中学生になったのに、子供が自主的に勉強しないことにイライラしてしまうママは本当にたくさんいます。...

麦茶を煮出したやかんを冷やす方法と正しい保存方法

夏の暑い時期に飲みたくなる麦茶。買うよりも手作りした方が節約になるため、やかんで麦茶を煮出して作...

干支の置物を処分することはできる?自分で・神社で処分する方法

毎年その年の干支の置物を飾っているご家庭もありますよね。一年の縁起物として飾っていても、次の...

うさぎが抱っこを嫌がる原因とは?神経質なうさぎの習性を知る

うさぎが抱っこを嫌がる最大の理由は『捕まる』と感じるからです。飼い主さんとうさちゃんの信頼関...

筋トレをしたら太った!その後痩せるにはキチンと食事をとる事

筋トレをしているのに太った!?その後痩せるにはどうしたらいいのでしょうか?女性の場合は、筋ト...

スポンサーリンク

ハーバリウムボールペンの作り方、まずは材料と道具

ハーバリウムボールペンを作るには、まずは必要な材料を用意しなければなりません。
ハーバリウムボールペンに使うボールペン本体は、オイルが入れられるように上部が透明な筒状になっているものが必要になります。
ボールペンのみ個別に買って揃えてもよいですが、オイルなどもセットになった、便利なキットもありますので、自分が揃えやすい方法で、以下の材料を揃えてください。

【材料】

  • ハーバリウム用のボールペン本体
  • 中栓(ボールペンとセットになっていると思います。)
  • ハーバリウムオイル
  • ドライフラワー

必要な材料が揃ったら、次に以下の道具を準備しておきましょう。

【道具】

  • 竹串
  • スポイトまたは注射器(オイルを入れるときに使います。)
  • オイルを入れる容器
  • ピンセット
  • ハサミ
  • 手拭き
  • ウェットティッシュ
  • メイク落としシート
  • エプロンまたは汚れても良い服

ここまで準備ができれば、すぐにハーバリウムボールペンを作れます!次に作り方を説明していきますね。

ハーバリウムボールペンはオイル漏れがないか確認しておくのがおすすめ

ハーバリウムボールペンは、ハーバリウムを入れる部分とインクが入った部分の2つに分かれます。

まずは、両手でボールペンを持ち、引っ張ってボールペン本体を分解する

ネジ式ではないので、回しても外れません。上下左右に力を込めながら引っ張ってみて下さい。
分解する際には、中から「リング」が飛び出してくるので、なくしてしまわないように注意しましょう。

分解が終わったら、実際にオイルを入れる前に、オイル漏れがないかどうかを確認しておきます。
せっかく完成したと思ったらオイルが漏れてきた…。といったことがあっては残念でたまりませんよね。

確認するときには、オイルではなく「水」で行います

本体に水を入れたら、中栓をつかって軽く蓋をして、ペンを起こします。水が漏れてこなければ大丈夫です。

確認後は水を捨て、中の水滴を拭き取ってしっかり乾燥させましょう。

ハーバリウム部分の作り方、オイルとお花を交互に

それではさっそく、ハーバリウム部分を作っていきましょう。

ハーバリウム用のドライフラワーの確認

ドライフラワーはハサミで好みの大きさにカットし、実際に本体の中にしっかり入るサイズになっているかどうか、事前に確認をしておきましょう。
ペンの横に花材を並べて、実際に入れた時のイメージがどの様になるのかを確認しておきます。

かすみ草などの細かい花は、オイルを入れたときに空気が抜けにくいです。
そのため、あらかじめ容器に入れたオイルの中に、花材を入れて、事前に空気を抜いておくことで仕上がりが綺麗になるのでおすすめです。

ボールペンを逆さまに置き、オイルを少量入れます。スポイトなどを使って、こぼれないように入れましょう。また、ペンの下にティッシュを敷いておくとこぼれても安心です。

ドライフラワーは、竹串を使って奥の方に入れる

花材を入れたらオイルを足す、花材を入れたらオイルを足す…と繰り返しながら、最後まで作業を進めましょう。

すべて入れ終わったら、オイルをギリギリのラインまで注いでおきます。

ハーバリウムボールペンの作り方、中栓をして組み立てると完成

オイルをボールペンの口のギリギリのラインまで注いだら、オイルに浮いている気泡をスポイトで取り除きましょう。
温度が高くなると、オイルが膨張することもあるため、全ての気泡は取らず、1~2個程度は残しておくと良いでしょう。

いよいよ中栓をします。

ハーバリウムボールペンを作るときに、一番大切な工程

上手く中栓が閉まらないと、空気が沢山入りこんでやり直しになります。一度で成功するように、ポイントを覚えてください。

中栓を閉める際には、オイルが沢山漏れてきます。
そのため、ウェットティッシュや手拭きなどを敷いて作業をすることをおすすめします。

斜めに中栓のゴムを差し込み、高くなっている方のゴム栓を一気に押し込むこと

漏れたオイルで手が滑りやすくなりますが、作業を中断せず、最後まで力を込めまくってください。中栓が完全に閉じたら、メイク落としシートを使って、周りについたオイルを綺麗に拭き取ります。

ボールペンを組み立てたら、完成です。中栓によって、しっかりと栓が閉まらないものがあるかもしれません。
オイル漏れが心配な方は、接着剤を使ってしっかり接着すると安心です。

簡単にできるハーバリウムボールペンは初心者におすすめ

このように、ハーバリウムボールペンは、初心者でも簡単に作ることができます。
作業工程も少なく、使う材料も少量で済むので、ハーバリウム初心者が挑戦するのにもちょうど良い題材なのです。

ハーバリウムボールペンを綺麗に仕上げるために重要なポイントになるのが、全体の「透明感」

ドライフラワーを詰め込みすぎると、オイルの透明さが際立たなくなるので、全体的に暗くてパッとしない印象の仕上がりになってしまいます。

花材の量を加減して、多くなりすぎないようにし、オイルの隙間がしっかりと映えるように配置することで、おしゃれな仕上がりになります。

配置の途中でズレが出てしまった場合には、竹串で調整ができます。
好みの位置に配置できるように、こだわってみて下さい。

簡単にできるハーバリウムボールペンは、知り合いにプレゼントしても喜ばれるでしょうし、友達とおそろいで用意しても良いですね。