自転車が歩道でベルを鳴らすのはNG!歩行者への有効的なマナー

自転車が歩道でベルを鳴らすのは歩行者に対してマナー違反になります。では、歩道を自転車が走行するときに前を歩く歩行者にはどのように対応するのが最適なのでしょうか?お互いに不快な思いをしない対策が必要になります。

そこで、自転車のベルを歩行者に対して使ってはいけない理由やベルを鳴らす以外の歩道の歩行者への対応、ベルを鳴らす代わりに声をかけることや危険防止のためのベルなどお伝えしていきましょう。

歩道を自転車が走る場合は、そもそも歩行者を優先しなければなりません。お互いに友好的な関係を築くためにも、ぜひ自転車のマナーについて考えてみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ハムスターのケージを衣装ケースで作る方法とポイント

ハムスターを飼育する場合はケージが必要ですが、衣装ケースでも代用できます。市販されているケー...

子供の髪型をツーブロックにしたい!切り方やポイントを紹介

子供の髪型をツーブロックにするときには、どんな準備をしておけばいいのでしょうか?また、切り方とは?...

コミケ初心者が冬コミに参加するときに知っておきたい基礎知識

初めて冬のコミケに参加しようと思っているコミケ初心者の中には、当日の服装や持ち物などをどのようにすれ...

名前キーホルダーの作り方。自分で作るオリジナルキーホルダー

幼稚園や保育園の入園に伴い、名前キーホルダーを準備したいと考える方も多いと思います。そこで、自分でも...

寝かしつけの方法を伝授!生後3ヶ月の赤ちゃんの寝かしつけ

寝かしつけの方法を知りたい!新生児の頃は、ミルクや母乳を飲めば寝てくれたのに、生後3ヶ月にも...

猫用の消臭スプレーを手作りしてみませんか。安全で簡単な方法

猫がいる家で気になるのが、マーキングやトイレの臭いですね。臭いを消そうと消臭スプレーを使うと思い...

マンガや小説のキャラの名前の付け方を知りたい

マンガや小説が好きな人は、それが高じて自分なりのオリジナルストーリーを考えたりしますよね。その時...

お風呂の椅子の水垢対策でオススメな掃除法や予防するコツ

お風呂の椅子っていつの間にか頑固な水垢がこびりついている!なんてことはありますよね。では、そ...

大学の卒業式の親服装は何がいい?親の服装選びとマナーを解説

お子さんが無事に大学を卒業することになり、一安心だと思っているお母さんもいるのではないでしょうか。...

ダンスの振り付けが覚えられない人必見!振り付けを覚えるコツ

ダンスの振り付けがどうしても覚えられない!周りが軽快なステップを踏んでいるのに、なぜこんなにも自分は...

シンクのサビの落とし方!しつこいサビを落とす掃除方法

毎日使うシンクですが、使っているうちにサビが出ることもあります。目につくところなので気になり、困って...

部屋の湿度は何%が理想?乾燥対策や湿気対策をご紹介

部屋を理想的な湿度に保つにはどんな工夫をしたらいいのでしょうか?そもそも、湿度は何パーセント...

立体ケーキの作り方【初心者でも簡単】バースデーやお祝いにぜひ

立体ケーキの作り方はとても難しくて、初心者には作ることができないと諦めがちですよね。でも、今...

【室内犬】散歩でしかトイレをしない理由は?犬のしつけについて

室内犬として飼育しているワンちゃんが散歩でしかトイレをしなくなってしまうということもあります。それま...

バレエの発表会で素敵な花束を渡したいなら

習い事の中には今まで学んだことを発表して披露する機会のあるものがいくつかありますよね。その中でも...

スポンサーリンク

自転車が歩道の走行中ににベルを鳴らすのは良くない

自転車のベルは非常時用

自転車は、便利な移動手段ですよね。

通勤時や通学時に駅まで自転車で通っているという方も多いのではないでしょうか。

自転車は、道路交通法においては”軽車両”の位置付けにあります。

道路も特別な場合を除き、車道を走ることが原則。

でも、自転車は普通自動車のように免許も要らなければ車検や税金もかからない、言わば誰でも乗れる乗り物です。

このことが、自転車は車の仲間ということを忘れてしまう人が多いということに繋がるのかもしれません。

実際、法規制されていても車道ではなく歩道を走る自転車は多いようです。

そして、問題の自転車のベル。

自転車には、ベルが付いていますが、どのような時に使うものだと思いますか。

多くの人が、歩道を走っている時に、後ろから自転車が来ていますよと歩行者に知らせるために鳴らしていますが、この使い方は道路交通法でも禁じられている行為なのです。

 

自転車のベルは、交通事故に巻き込むような被害が予想出来る時などの非常時に使うためのものであって、「自転車がここにいますよ」などと歩行者に知らせるために使うのは間違いです。

歩行者に向かって自転車のベルを鳴らすということは、歩道を走っているということ。

歩道は、歩行者が優先されるべきの道路です。

自転車で抜きたい時には、ベルは鳴らさずに自転車を降りて声をかけるようにするのが正解です。

自転車がベルを鳴らす以外の歩道の歩行者への対応とは

自転車の気配や音で気付いてもらう方法

車道が狭くて止む無く歩道を自転車で走るということもあるでしょう。

そんな時、前を歩く歩行者が広がって歩くなどで進路が塞がされていることがあります。
思わず、自転車のベルを鳴らして歩行者に道を空けてもらいたいと思ってしまうところですが、自転車のベルを鳴らすのは緊急時に限られるため、道を空けてもらうためにベルを鳴らすのはNG行為です。

それでは、どのような方法で歩行者に道を空けてもらえば良いのでしょうか。

方法は、状況を見ながら段階を踏んで行うことが大切です。

まず、第一段階では、歩行者に後ろにいる自分の自転車を知らせることです。

この時、大きな音を出したりオーバーアクションで知らせてしまうと、歩行者を驚かせることになりますので、出来るだけ自然に分かってもらうことがポイントです。

ゆっくりとスピードを落としながら、歩行者の後方で様子を見ましょう。

歩行者が自転車の気配を察知し、気が付くことがあります。

この方法で気が付いてもらえない時は第2段階に進みます。

第2段階では、自転車を減速した時に鳴る後輪の音で気が付いてもらうことが目的です。

自転車のスピードを緩めた時、後輪のタイヤが空回りすることでなる音をラチェット音と言います。

このラチェット音は、自転車特有の音なので前を歩く歩行者が音に気が付いてくれる可能性が高いです。

もしこの方法でも気が付いてもらえない場合は、第3段階目の方法として、歩行者に「すみません。自転車通ります。」などと声をかけてみましょう。

この時のポイントとしては、歩道は歩行者が優先なので、間違っても「邪魔」とか「ちょっとどいて」などと自転車が優位にあるかのような声がけはNGです。

歩行者も自転車も安心して移動できる歩道がベストですね。

歩道を走る自転車は歩行者にベルを鳴らす代わりに声をかけましょう

声がけすることはコミュニケーションを取ること

自分が歩道を歩いていて、後ろからすごいスピードで横スレスレを通り抜けてヒヤッとしたという経験がある人は多いのではないでしょうか。

自分が歩行者の立場になってみると、暴走する自転車は凶器でしかありません。

実際、スマホを見ながら自転車に乗っていて歩行者とぶつかる事故は、毎日のように日本各地で起こっています。

歩道を歩く人も、友達と話しに夢中になって急に左右に動いたり、走り出すなど、自転車に乗っている側の想像しない動きをすることがあります。

そのため、「歩道ギリギリだけど、歩行者はまっすぐ進むだろう」と歩行者の横スレスレを自転車で通り抜けようとして、歩行者とぶつかってしまう事故は多いのです。

このようなことを避けるためにも、自転車のベルではなく、口頭で歩行者に知らせることで、お互いに気持ちよく歩道を使えます。

いきなりベルを鳴らされるのはびっくりもしますが、あの高い音が「どけよ!」とでも言っているかのように取られてしまうことは多いです。

自分の口で「すみませんが、通してもらえますか」と言えば、相手も「ああ、気が付かなくてこちらこそすみません」と言うように、コミュニケーションが成り立ち、会話を通して気持ちよく通行することができます。

危険防止のためにはベルを鳴らすのは問題なし

法律で自転車のベルが普段は使ってはいけないと決まっているなら、どうしてすべての自転車にベルが付いているのかと疑問に感じる人もいるかもしれません。

自転車のベルは、”緊急時”にのみ鳴らすために取り付けられています。

自転車で走っていて、スピードが速すぎて目の前の歩行者や車にぶつかりそうになったり、事故に巻き込みそうになるといった緊急事態に使うものであって、普段から自転車を優先させるためにチリンチリン鳴らすものではありません。

ただ、法律で決まっているとはいえ、普通の時に歩行者に自転車のベルを鳴らしたからと言って、取り締まられるということは少ないため、普段から使って良いものを間違った認識を持つ人も少なくないようです。

お互いが友好的な自転車マナーを守りましょう

人と人とのコミュニケーションは会話から始まります。

目を見て、言葉を聞くことで相手の気持ちが初めてわかるものです。

よく、メールで書いた文章が会話する時とは違ったニュアンスで相手に取られてしまうこともありますよね。

自転車のベルも同じです。

ベルを鳴らせば、手軽に相手に気が付いてもらうと思っていたとしても、相手からしてみればベル音が威嚇や攻撃のように取られてしまうことがあります。

私達の口は、気持ちを伝えるためにあるもの。

そして、歩道は歩行者が優先されるための道路です。

これらのポイントを抑えて、歩行者を自転車で抜くのではなく、歩行者に道を譲ってもらうという意識で、歩行者と自転車がお互いにマナーやルールを守り、友好的な関係を保つために、歩行者に声がけをしてみるという方法はとても効果的です。