文鳥の換羽期にプラスしたい栄養素と飼い主ができるサポート

文鳥が換羽期を迎えると、いつもよりも栄養が必要になります。文鳥の換羽期にはどのような栄養素が必要になるのでしょう。

文鳥にプラスして与えたいエサや、栄養で気をつけることをご紹介します。

いつもはいい子の文鳥も換羽期を迎えると、いつもとはちょっと違う性格に戸惑う飼い主さんも多いようです。
体力的にも大変な換羽期を乗り越えるために、飼い主さんもできることをサポートしてあげましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

セラミックのフライパンの手入れ方法!長持ちさせる使い方のコツ

セラミックのフライパンの手入れはポイントをおさえればどなたでも簡単です。セラミックのフライパンはフッ...

コンセントカバーで赤ちゃんを危険から守る対策方法をご紹介!

赤ちゃんってどうしてこんなものに興味を示すのだろう?と思う中のひとつにコンセント類がありますよね。...

うさぎのケージを手作り!気をつけたいコツや作り方のアイデア

うさぎのケージを手作りしたいという人も多いでしょう。ケージが手作りできれば、家の雰囲気に合わせて自分...

香典袋には夫婦どちらの名前を書く?入れる金額についても解説

夫婦で葬儀に出席するとなると、香典袋は連名で書くのか、それとも夫の名前だけでいいのか、金額はどうした...

強い地震だと家具は飛ぶ!日頃から地震に備えるしか方法はない

地震で家具が飛ぶって信じられますか?でもこれは本当です。地震によって家具が倒れるのは理解できるか...

No Image

カレーのじゃがいもが固いのを防ぐには?美味しいカレーの作り方

カレーのじゃがいもだけがなんだか固い。そんな失敗をしてしまうときってありますよね。いつもと同...

小学校では鉛筆の2Bをいつまで使用?指定される理由と使い心地

小学校の入学準備を始めていると、筆記用具の注意点に「鉛筆は2b、または2b以上」と指定されている場合...

太ももの裏側についたお肉を落としたい!痩せ方をご紹介

膝下はそうでもないのに、太ももの裏側のお肉がなかなか落ちない・・・。太ももの裏側にについてしまったお...

オカメインコが噛むのをしつけるには?噛み癖を治す方法

オカメインコは噛む力が強いため、噛み癖が付く前にしつけることが大切です。甘噛みだからと油断してい...

ゴミ箱のおしゃれな収納アイデア~手軽なDIYと簡単カバー方法

お部屋をおしゃれなインテリアにしても、気になるのが生活感丸出しのゴミ箱です。お客様の目のつか...

デイサービスの体操が楽しいと感じてもらう為に出来ること

デイサービスでは体を動かして体操をしますが、楽しい時間にしたいものですね。体操には、自立に向...

猫を網戸から脱走させないために!要注意なポイントと脱走対策

猫を飼っている方が心配なのは、猫の脱走です。好奇心旺盛な猫は、スキがあらばと脱走の機会を狙っ...

玄関ドアの隙間風対策!寒い玄関にお困りの方へ

玄関ドアからの冷たい隙間風にお困りの方はいませんか?夏にはそれほど気にならなくても、気温が下がってく...

友人への出産祝いに現金を渡す場合の相場と渡し方のマナー

親しい友人に赤ちゃんが誕生した場合には、『出産祝い』を渡す方が多いと思います。出産祝いにどんなものを...

犬の鳴き声などの騒音対策。マンションでもできる効果的な方法

ペット可のマンションに住む場合にも、自分の家の犬の鳴き声が周りのお宅の迷惑にならないか心配される方は...

スポンサーリンク

文鳥の換羽期はいつもより栄養が必要

換羽期は羽が抜けて新しい羽を生やすため、体力も使いますし、いつもより栄養が必要になってきます。羽は主にタンパク質とカルシウムから出来ています。換羽期にはこれらも栄養をいつもよりも多く与えてあげるようにしましょう。

文鳥が換羽期を迎えると、カゴの中などあちこちに抜けた羽が落ちています。体力を消耗しますので、イライラしていたり攻撃的になることもあります。いつもはとてもおとなしいコでも、指や耳などに噛みついてくるコもいます。
換羽期は文鳥にとっても大変な時期で、イライラしたりソワソワしたりと性格面にも影響を与えることが多いようです。

体力を消耗しますので、飼育環境にはいつもより気を配ってください。いつもは平気でも換羽期は体調を崩しやすくなります。常に文鳥の様子をみるようにし、特に室温をエサには気をつけてください。いつもよりたくさんのエサを食べます。

生後3~4ヶ月の文鳥が始めて換羽を迎えることをヒナ換羽と言います。ヒナのふわふわとした羽が抜け、大人の羽に生え変わります。始めての換羽はヒナにとっても大変になりますので、体調を崩してしまわないように常に様子を見るようにしてください。室温やエサには気をつけ、遊びたがってもしっかりと休養させることも必要です。

換羽期の文鳥に与えるべき栄養素

文鳥の羽は主にタンパク質とカルシウムからできていて、羽を作るための代謝にはビタミン類も使います。新しい羽をどんどん作るために、これらの栄養素をいつもより多く必要としますので、飼い主も意識して与えるようにしてください。

換羽期はいつもよりたくさんのエサを食べるようになります。新しい羽を作るためにはたくさんの栄養が必要なのです。エサをきらすことがないよう、十分な量を与えるようにしてください。

文鳥のエサには種子かペレットを与えます。種子ではどうしても栄養に偏りがでてしまいますが、ペレットは文鳥に必要な栄養がバランス良く含まれていますので、できれは通常のエサもペレットをおすすめします。
文鳥はペレットよりも種子の方を好んで食べますので、エサをペレットにしたい場合はヒナのうちから慣らしておくと良いです。
普段は種子を食べてきた文鳥も、中にはペレットに興味を持って食べてくれる場合もありますので、根気よく与えてみてください。

主食がペレットの場合は、換羽期もペレットだけで問題ありませんが、青菜やカルシウムも与えると良いでしょう。
主食が種子の場合は、普段のエサの他に粟玉も加えてタンパク質を補給すると良いです。青菜やカルシウムもたっぷりと与えてください。
換羽期用のサプリもおすすめですので、換羽期を迎える前に用意しておくと良いでしょう。

栄養が必要になる文鳥の換羽期は年に一度

文鳥の換羽期は年に1度、3~6月に迎えることが一般的です。発情期を迎えた後に換羽期が始まることが多いです。
換羽には大体1~1ヶ月半ほどかかります。老鳥や病鳥の場合は換羽に2~3ヶ月かかってしまうこともあります。羽の抜け方にも個体によって差があり、徐々に羽が抜けて新しい羽を生やす子もいれば、一気に羽が抜けてハゲを作ってしまう子もいたりします。換羽にかかる期間や状態はそれぞれです。

家で飼育されている文鳥の場合は、換羽が年に1度ではなく数回ある子もいれば、春~初夏ではなく秋口に換羽期を迎える子もいます。家の中は一年中同じ温度で暖かく、栄養状態も良いので、必ずしも自然界の文鳥と同じ状態にはならない場合も多くあります。

文鳥の換羽期は保温にも注意

換羽には体力を使いますので、体調を崩しやすくもなります。体調管理のためにも、飼育環境には気をつけてください。
羽が抜けるため、寒さを感じやすくなるようですので、特に保温が大切になってきます。ケージの中にペットヒーターを取り付け、寒くないようにしてください。温度は24~28度位を目安にして、文鳥の状態に合わせて調節してください。
温度調節にはサーモスタットが便利です。設定した温度より暑くなったら止まり、寒くなってきたら自動でスイッチが入って温めますので、ケージの中を一定の温度に保つことができます。

冬場はビニールのカバーも併用してください。防寒カバーとして販売されています。ケージのサイズによって防寒カバーのサイズを選ぶようになっています。

いつもと違う換羽期の文鳥の様子

換羽期に入った文鳥は性格も変わることがあります。いつもはおとなしく、よくなついている文鳥でも、攻撃的になって噛んできたりすることがあります。飼い主としてはちょっとショックかもしれませんが、文鳥の方も換羽で大変な時期なので、余裕を持って見守ってあげてください。

換羽のときは体力が落ちる上に、羽が抜けたり生えてきたりして体に違和感を感じ、それがストレスになっていることもあります。急に攻撃されると驚いてしまいますが、怒らずにそっとしておいてあげましょう。

体力を消耗しますので、寝ている時間も多くなります。十分に休息をとれるように、ケージは落ち着ける場所に置き、静かな環境を作ってあげてください。
寒さにも敏感になりますので、羽を膨らませて寒がっているようならすぐに保温してください。いつもより暖かめにしておくと安心です。

文鳥の換羽は、いつもより栄養をたくさん必要とし、休息も必要です。換羽で体調を崩してしまい、なかなか元気が戻らない場合もあります。文鳥が換羽期を迎えたら、飼い主もいつもより気を配ってお世話してくださいね。