子猫の育て方!生後4ヶ月の子猫の注意点!

子猫の育て方を知っていますか?生後4ヶ月の子猫はどのようなことに注意しながら育てていけばいいのでしょうか?生後4ヶ月になるとずいぶん飼育が楽になってきます。

生後4ヶ月の子猫にあげる餌の量や、生後4ヶ月の時期にやるべきことや注意点は?

生後4ヶ月の子猫について調べてまとめてみましたので、参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

油性のニスの落とし方!木・手・服・ハケについたニスの落とし方

油性のニスがついてしまった時、どのようにして落とせば良いのかわからずに落とし方が知りたい人もいますよ...

犬が靴下を履いたら歩き方がぎこちない様子と靴下のメリット

犬に洋服を着用させてお散歩をしている姿は良く見かけますが、犬に靴下を履かせている姿をみたことはあるで...

魚の下処理はスーパーの調理サービスを利用!便利サービスを活用

魚を一匹まるごと購入したいけど、自分で下処理が出来ない!料理初心者で魚の捌き方がわからない・・・。こ...

水泳選手コースの基準について選ばれるポイントやタイミング

水泳の選手コースになるには基準という目安があります。本人が選手コースに行きたくても、コーチから選手コ...

受験直前なのにやる気がでない?そんなときの勉強方を伝授!

受験の直前にやる気が出なくなってしまったら・・・。焦ってしまいがちですが、そんな時にぴったりな勉強法...

会社の椅子にはダニがいる可能性が。駆除する方法とやり方

太ももの後ろの辺りがかゆい、よくみると噛まれたような小さな跡がある場合、それはダニの仕業かもしれませ...

ボタンの種類とは?コートに合うボタンの選び方やつけ方

コートのボタンを付け替えるとしたらどんな種類のボタンがいいのでしょうか?コートの雰囲気を換えたいとき...

家庭菜園の大葉が硬い!硬くなる原因と対策・大葉の上手な育て方

家庭菜園で栽培している大葉の葉が硬いというお悩みを抱えている人もいますよね。大葉の葉が硬くなってしま...

ホットプレートで焼肉をした時の油対策!油を気にせず焼き肉を

ホットプレートを使用して自宅で焼肉をする人もいるのではないでしょうか。この時に気になるのが「油」です...

犬の去勢手術後のトイレ失敗に悩む飼い主へアドバイスと注意点

犬の去勢手術後のトイレ失敗。今まで問題なくトイレができていた犬でも、去勢手術をきっかけにトイレを...

新潟に美人が多いのはなぜ?その理由について徹底解説!

日本の中で美人が多い県といえば真っ先に思い浮かべるのは「秋田県」かもしれませんが、実は新潟県も美人が...

香典袋には夫婦どちらの名前を書く?入れる金額についても解説

夫婦で葬儀に出席するとなると、香典袋は連名で書くのか、それとも夫の名前だけでいいのか、金額はどうした...

香水は足首両方がオススメな理由と失敗しないつけ方のコツ

香水は足首の両方につけるのがベストな場所だってご存知でしたか?では、どうして香水は足首の両方...

ハムスターの部屋を掃除する時の手順と掃除頻度・注意点を解説

ハムスターをかい始めたばかりの飼い主さんは、ハムスターの部屋の掃除をどのような手順で行えばよいか分か...

顔が太るのは女性だけではない!男性も小顔を目指そう!

女性だけではなく、顔が太ると悩んでいる男性も増えているといいますが、その原因は女性と同じなのでしょう...

スポンサーリンク

子猫の育て方!生後4ヶ月の子猫体重の平均は?

生後4ヶ月の子猫はまだまだ未熟で小さな状態です。平均体重は2キロくらいですが、その猫の種類や性別によっても体重には違いがあるので、あくまでもほんの目安です。

子猫を育てる上で気をつけたいのは、体重が平均ほどまで増えているかと言う点ではなく、その子猫が元気一杯で健康なのかと言う事です。

体が平均体重に追いついていなくても、よく食べよく寝てよく遊んでいるようでしたら、なんの心配もないと思います。

子猫の場合、体重を量るにはキッチンなどで使うはかりを利用することも出来ます。
今はデジタルのものも増えていますし、デジタルは細かく図れるのでお勧めです。

計るときは発泡スチロールなどを乗せて計ると良いでしょう。

子猫は体重の増減が激しい時期ですから、こまめに計測して体調を管理してあげると安心かと思われます。

子猫の育て方には気をつけて!生後4ヶ月には〇〇を!

子猫は生後2ヶ月と3ヶ月のときにワクチンをしますが、さらに生後4ヶ月にもワクチンを打たないといけない場合があります。
その対象になるのは生まれた時に母猫の初乳を飲む事が出来なかった子です。

初乳を飲めた子は2回のワクチンで終了ですが、飲めなかった子は3回目があるという事を覚えておきましょう。

この赤ちゃん時代のワクチンを終えると、後は一年に一回だけの予防接種で済むようになります。

生後4ヶ月くらいの子猫はとてもやんちゃで元気いっぱいです。飼い主さんの手に噛み付いてしまったりじゃれたりと激しい面もありますが、可愛いからとつい放置してしまう事もあるでしょう。

ですが噛み癖を直すのはまさにこの段階です。この小さくて可愛い盛りに人の手は噛んではいけないのだよとしっかりしつけなくてはいけません。

子猫が噛み付いてきてしまった時には、「痛い!」と言って止めさせましょう。この時に毎回違う言葉を言ってはいけません。

噛まれた瞬間に「痛い!」とい言葉を繰り返し噛んではいけないのだという事を印象付けていくのです。

子猫の上手な育て方!生後4ヶ月は噛み癖に注意!

生後4ヶ月頃の子猫は歯にも変化が訪れる時期です。乳歯が抜け大人の歯が生えてくるためむずむずするためか、いろいろなものに噛み付きやすくなる時期でもあります。

噛み付かれた時には「痛い!」といって声掛けをしますがその時に手をサッと引いてしまうと歯が引っかかり手に傷を負ってしまう事もあります。

そのため噛まれた時には大きな声で痛い!と訴え子猫が離れるのを待つようにしましょう。

うちの猫も子猫の時代にはよく噛んで来ました。ある夜眠っていると足の指を噛んできたり、子供たちのおもちゃのぬいぐるみを噛んで、ボロボロにしてしまったりしました。

大人の場合はまだ噛まれても耐えられる事も出来ますが、噛み癖が直らないと一緒に住む子供には辛いものがありますよね。

噛み癖は小さなうちにしつけておく事がとても大切になってきますので、しっかりと止めさせるように注意しましょう。

生後4ヶ月の子猫はやんちゃ!子猫の育て方

我が家の猫が子猫だった頃、生後3ヶ月の頃からがものすごくやんちゃな時期でした。
その活発な時期は続き生後4ヶ月頃にはさらに好奇心も旺盛になり、噛んだり物を壊したりと活発すぎる猫のいたずらなどで悩んだ事もありました。

生後4ヶ月頃の猫と言えば人間でいうと6歳8ヶ月くらいですから、それを思うとそのやんちゃ振りには納得がいくものと思います。

体が大きくなると力もそうですがすばしっこさも増します。ドアを開けた瞬間に飛び出していってしまいそうな勢いですので、我が家では外出時と就寝時にはケージに入れるよう習慣づけています。

ケージに入れ始めた頃は、朝早い時間から鳴いて呼んだりもしましたが断固としてそれに応じずにいるとそのうち諦めと慣れから、起きてケージを開けるまで静かに待てるようになりました。

ケージに入れる分、日中は自由に出来るようにしており家の中の好きな場所でのんびりと過ごしています。

子猫を家に迎えたら、しつけやお世話もそうですがワクチンを受けさせなくてはなりません。このワクチンは猫風邪などを予防する猫を病期から守るためにするものです。

日々のお世話にの中でよく観察し、体調変化なく元気に過ごせるようしっかり愛情を持って育てていくようにしましょう。

子猫の睡眠時間はどのくらい?大人の猫より長い?

猫と言えばいつでものんびり眠っているイメージがありませんか?

人間でも赤ちゃんのうちは一日のほとんどを眠って過ごしていますよね。
猫も同じで大人の猫よりも、子猫の方が睡眠時間はとても長いです。

大人の猫は平均で一日に12~15時間と、これもなかなか眠っている時間が長いですが子猫はさらに長く1日18~20時間は寝ています。

という事は一日は24時間ですから子猫は一日の大半を眠って過ごしているのですね。

大人の猫が一日に17時間眠っているとして、猫の寿命の平均の15年間で計算すると猫はその15年間のうち、11年間を眠って過ごしているという事になります。

猫はなぜこんなに眠るのかと言うと、寝ている間に体力を温存しいざと言う時に力を発揮するためだといいます。

確かに猫の瞬発力がものすごい時がありますよね。
そういったときのため力を蓄えているのでしょう。