気軽にハンドメイド!小物なら余った布で作る事ができます

ハンドメイドをする方は、はぎれがどんどん溜まっていきませんか?小さな布でも、可愛くてお気に入りだったり、思い入れがあったりとなかなか捨てることができないものです。

そこで余った布やはぎれで作れる小物を紹介いたします。小さな布でも作れるものが意外とありますよ。またパッチワーク調につなぎ合わせることで、大きな作品にすることも可能です。

生地をつなぎ合わせたことで、オリジナリティいっぱいの素敵な作品に仕上がりますよ。ぜひお試しを!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

金魚の水換えの後に白く濁る原因と対処法。水換えのポイント

金魚の水槽の中の水が白く濁ることはありますが、その原因はいくつか挙げられます。金魚の数が多か...

セラミックのフライパンは正しく使えば危険ではありません

「セラミックのフライパンは焦げないからいいよ。」と友達から聞いても、本当に焦げ付くことはないのか、危...

高校の卒業式に親は出席する?親の出席と服装・持ち物と注意点

お子さんの高校の卒業式に親が出席するものなのか、出席しようか悩んでいる人もいるのではないでしょうか。...

ボールペンのインクの落とし方!服についたボールペンの落とし方

うっかりしてボールペンのインクを服につけてしまうこともあります。ペン先をしまわずにそのまま胸ポケット...

台風のバイク対策で気を付けるポイントやオススメ方法とは

台風のときは大切なバイクが倒れないための対策を取らなければなりませんね。特に、屋外駐車場の場...

高校の卒業旅行は韓国がオススメ!事前にやるべきことや注意点

高校の卒業旅行に韓国に行くという学生が増えています。韓国なら日本からとても近く、時差もないので、学生...

フッ素加工のフライパンの手入れ方法で長持ちさせるコツを紹介

フッ素加工のフライパンは手入れの仕方に気をつけないと使えなくなってしまうことがあります。焦げ付かずに...

ウサギのオス同士で仲良くなる方法とは?うさぎの飼い方

ウサギのオス同士が仲良くなる方法はあるのでしょうか?なわばり意識の強いウサギを多頭飼いするときにはど...

香典の郵送は手紙なしより添えるマナーや注意したいポイント

香典の郵送は手紙なしでも問題ありません。ただ、香典の郵送時に手紙も一緒に添えた方が相手にとっての印象...

夏はリップが溶ける?その温度と溶けたリップの復活方法を解説

夏の暑い時期だと、化粧ポーチやポケットに入れておいたリップが溶けることもありますよね。そこで...

車のエアコンの効きを良くする方法とは?車内の温度を下げる方法

車のエアコンの効きがいまいちなような、効きを良くするにはどうしたらいいのでしょうか?そもそも...

カーペットについた両面テープの上手な剥がし方を教えます

カーペットが動かないように両面テープを使って固定したものの、引っ越しなどで剥がした時にカーペットに両...

車のシートにジュースをこぼした時の対処法!まずは応急処置を

車のシートにうっかりジュースをこぼしてしまうことってありますよね。そんな時、汚れてしまったシートをキ...

洗濯物の臭いが気になる時は熱湯を使って雑菌を追い払おう!

洗剤を使ってきちんと洗ったはずなのに、洗濯物の臭いが気になることってありますよね。汚れが落ち...

ハムスターが鳴き声をギーとあげるはナゼ?鳴き声でわかる感情

ハムスターが鳴き声をギーとあげる時、どんな感情を持っているのでしょうか?ハムスターが低い鳴き...

スポンサーリンク

はぎれや余っている布で作れるハンドメイド小物

洋裁が好きな人は、ハンドメイドを楽しむ度に「はぎれ布」が増えてしまうのが悩みですよね。
しかし、捨ててしまうのは勿体無いですよね。
お気に入りの生地なら尚更です。

そこで、ここではちょっとしたはぎれでも作れる小物をいくつかご紹介しましょう。

一番初めにおすすめするのは、コースターです。
実用的で場所も取らないので数があっても困りませんし、プレゼントしても喜ばれる小物ですよ。

四角いコースターなら10cm角くらいですから、12cm角の端切れが2枚あれば作れます。
2枚の生地を中表に重ねて、3~5cm程度の返し口をとり、周りをグルリと一周ミシンで縫います。
ひっくり返して形を整え、返し口を閉じれば完成です。

少しオシャレにしたいなら、生地をずらすのもおすすめですよ。
表と裏で違う生地を用意します。
表と裏それぞれの生地の上下を1cm折ってアイロンをかけます。
生地を中表に重ねて、両サイドを縫って縫い代を割り、表に返して2~3cmずらしましょう。
表生地7:裏生地3、もしくは表生地8:裏生地2くらいの割合になりますよね。
この状態でグルリと一周ミシンで縫うと、パッチワークの様なコースターが完成します。
ダグや飾りをつけたり、刺繍をするのも素敵ですね。
いろいろなアレンジで楽しんでくださいね。

ちょっとしたプレゼントにも最適!わずかな布で作るハンドメイド小物

布を使ってハンドメイドをすると、必ず出来てしまうはぎれ布。
30cmくらいのサイズがあればポーチなどを作ることも出来ますが、5cm角程度の場合には勿体無いと思いつつ捨ててしまっている方も多いことでしょう。

しかし、そんな数cm角の小さなはぎれ布でも、くるみボタンなら作ることが出来ますよ。

くるみボタンはボタンとして使う他に、ゴムを通してヘアゴムにすることも出来ます。
くるみボタンにしただけでは少し物足りないなと感じる時には、刺繍したり、ビーズやパーツでデコるのがおすすめです。
世界に一つだけのかわいいヘアゴムになりますよ。

また、ゴムではなくブローチ金具を取り付ければ、缶バッチの様にバックや帽子などのワンポイントとしても使えますよ。

ヘアゴムやブローチならちょっとしたプレゼントにも最適です。
小さなはぎれが出来た時には、ぜひ試してみてくださいね。
くるみボタンキットは100円ショップでも購入できますから、気軽に挑戦できますよ。

ハンドメイド定番小物のシュシュも余り布で作成

ハンドメイドで余ったはぎれ布が正方形ならいろいろな小物が作れるのですが、細長く残ってしまうこともありますよね。

ハンドメイドで細長い布が余った時におすすめの小物は、シュシュです。

シュシュはヘアアクセサリーですが、腕につけておくのも可愛いですよね。

シュシュは一般的な大人用なら50cmくらいの長さが必要です。
ボリュームのあるものを作りたいなら80cmくらいでしょうか。

端切れが足りない場合には、つなぎ合わせて長さを出すと良いですよ。
生地の切り替えがあるシュシュはとってもおしゃれに見えます。

シュシュのアレンジは無限大です。

はぎれ布が余っているなら、リボンを作って縫い付けるのもおすすめです。

レースやリボンテープ、ビーズやパーツなどを取り付けるのも可愛いですよね。

普通の筒型の生地にゴムを通すタイプのシュシュに飽きたら、ちょっと変わったシュシュにチャレンジしてみませんか?

輪ゴムに裂き布を縛って作るシュシュです。
ミシンは不要ですから、お子さまと一緒に作ることも出来るシュシュです。

捨てられない小さなハギレもハンドメイドで生まれ変わります

はぎれ布で作れる小物をいくつかご紹介してきましたが、はぎれ布のハンドメイドといえば、王道はパッチワークですよね。
パッチワーク好きな人は、あえてはぎれを集める程ですよね。

パッチワークで端切れを使う時には、同じサイズの生地を配置するよりも、様々なサイズのはぎれをランダムに配置するとオシャレに見えるのでおすすめですよ。

パッチワークで頭を悩ませるのは、生地の配置ですよね。
絶対に失敗したくないなら、同系色でまとめるのがおすすめです。
色合いが近いと多少柄が違ってもスッキリとしますよね。

また、テーマを決めて配置するのもおすすめですよ。
布選びが簡単になります。

例えば、「夏」というテーマなら、青や白をメインにして、貝殻やイカリなどの柄を添えると良いでしょう。
水玉やストライプなども使いやすいですよね。
ワンポイントで色を添えるなら、赤もおすすめです。

パッチパークは組み合わせ次第で、様々な雰囲気の作品を作れるのがポイントです。
パッチワークで生地をつなげたら、ランチマットやクッションカバーなど、少し大きな作品も作れますね。

50センチの布があれば、いろいろなハンドメイド小物が作れます

ハンドメイドで出てしまうはぎれ布にはいろいろなサイズがありますが、50cm角くらいの生地が残ったら、少し大きめの小物も作れます。

子供が幼稚園や学校などで使うような巾着袋や三角巾やヘアバンドはもちろん、ポーチなども作れますよ。
ブックカバーや箸袋、小銭入れなどもおすすめです。

また、50cm角くらいの生地が2枚あるなら、エコバッグやショルダーバッグなどの大きめの雑貨も作れます。

もちろんはぎれ布をパッチワークで50cm角にしたものでも、これらの小物が作れますよ。

今回は「布」として使う方法をメインにご紹介しましたが、はぎれ布を裂いて紐状にしたものを使えば、編んで小物を作ることもできますよ。
たくさんの裂き布が集まれば、バスマットなどの大物も編めてしまいます。

ぜひ、いろいろなハンドメイドにチャレンジして、お気に入りの生地を使い切ってくださいね!