鉄のやかんの手入れ方法!使い始めと使用後の正しいお手入れ方法

鉄のやかんを購入し、これから長く使って行きたいと考えている人の中には、正しいお手入れの方法を知りたいと考えている人もいるのではないでしょうか。

使い始める前はどのようにして手入れをすれば良いのか・使用した後の正しい手入れの方法は一体どんな方法なのか、知識がないとわからないものです。

ここでは、鉄のやかんの正しいお手入れ方法についてお伝えします。毎日のお手入れをしっかりと行うことで、鉄のやかんを長く愛用できるようにしましょう。

鉄のやかんは、使えば使うほど味が出て長く愛用できるようになります。正しくお手入れをして、大切に使用してください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ハムスターが鳴き声をギーとあげるはナゼ?鳴き声でわかる感情

ハムスターが鳴き声をギーとあげる時、どんな感情を持っているのでしょうか?ハムスターが低い鳴き...

結婚式で子供に着物はアリ?子どもの服装マナーについて

結婚式で子供に着物を着せたいと思う親もいるかもしれませんね。では、結婚式に子供に着物を着せて...

うさぎが掃除のたびに怒るのはなぜ?掃除で怒る原因と対処法

うさぎを飼っているケージ内は定期的に掃除する必要がありますが、うさぎによっては掃除のたびに怒る子もい...

スマホアプリで女性が恋愛ゲームの彼に恋愛感情を持つ理由

恋愛シミュレーションゲームは、昔は一部の男子がパソコンで楽しむという世界でした。しかし、今はスマ...

ちくわぶがおでんに入っていない関西おでん・地域別おでんの特徴

「ちくわぶ」というおでんの具材はご存知ですか?ちくわぶは関西のおでんには入っておらず、関東のおでんに...

革靴を長持ちさせる防水スプレーの使い方を紹介

どんな素敵な靴でも、きちんと手入れをしないと、時間が経つごとに残念な見た目になってしまいます。特...

水筒のプラスチック部分の臭いの原因と臭い取りの方法

水筒を毎日使用していると、プラスチック部分の臭いが気になってくることがあります。水筒は直接口に付...

教科書整理に役立つ100均グッツ!その使い方と整理のコツ

子供の教科書の整理をしたいなら、100均グッツを上手く活用した整理方法がおすすめです。すべて10...

猫の鼻水は赤ちゃん用吸引器で吸い取り可能!ただし無理は禁物

猫が鼻水を垂らしている時、どうにか吸引して楽にさせてあげたいと思うものです。そんな時便利でおすす...

玄関ドアの隙間風対策!寒い玄関にお困りの方へ

玄関ドアからの冷たい隙間風にお困りの方はいませんか?夏にはそれほど気にならなくても、気温が下がってく...

車の割り込みトラブルが急増中!罰則や巻き込まれない運転とは

最近ニュースでよくみかけるのが、車を運転中の割り込みやあおり運転によるトラブルです。運転手同...

居酒屋でバイトをする人共感。あるあるネタの色々なバージョン

学生さんのやりたいと思うバイトに居酒屋のバイトも人気があります。男女問わずに働くことが出来る...

猫のスプレーとは何?どんな臭い?猫のスプレーの悪臭対策

猫を飼っている人の中には、猫のスプレーの臭いに悩まされているという飼い主さんもいますよね。猫の縄張り...

高校生の恋愛事情・受験生は恋愛NG?受験と恋を両立させる方法

これから大学受験を控えている高校生の中には、恋人がいる・もしくはこれから恋人を作りたいと思っている人...

水筒のお茶がまずくなる原因は?水筒のお茶を美味しく飲む方法

エコや節約のために、マイ水筒にお茶を入れて持参している人もいますよね。でも、水筒に入れたお茶は時間が...

スポンサーリンク

鉄のやかんを使い始めるときのお手入れ方法

鉄のやかんは見た目も「和」そのもので、そのまま飾っても絵になるようなオシャレなものが多いですね。

鉄のやかんは手入れが難しいのではないかと、敬遠してしまう人も多いかと思いますが、ポイントを押さえておけば、長く使う事が出来るすぐれものです。

また鉄ならではのメリットもあります。

鉄やかんのメリット

鉄のやかんは水道水に含まれる塩素(カルキ)を減らす事が出来ます。また、鉄のやかんで沸かしたお湯やお茶を飲むことで、鉄分を補給する事も出来ます。鉄分は人間の健康にとって欠かせないものですから、鉄のやかんを使うことで得ることが出来るのは、とても手軽で便利と言えるのではないでしょうか。

鉄のやかんの最初の取り扱い方法

鉄やかんの内側を流水で洗います。

やかんから溢れない程度に水を入れたら、弱火にかけて沸騰させます。

沸騰させて数分経ったらそのお湯を(すぐに)捨てます。お湯はやかんの成分で濁っていると思いますので、濁りを感じなくなるまでこの工程を何度か繰り返します。
最後はやかんに残った僅かな水分を蒸発させて、最初の手入れは終了です。

こちらが使い始めの取扱方法です。沸かしたお湯を何度も捨てるのはもったいないですが、サビを抑えるためにも大切になる工程ですので、使い始める前に行うようにして下さい。

鉄のやかんを使用した後の基本的な手入れについて

やかんに限らず、鉄という素材は水が付くと錆びてしまう性質を持っています。

このため、鉄のやかんもいかにサビを抑えつつ使い続ける事が出来るかが、上手に使うコツになります。ではサビはどのように抑えると良いのか気になりますね。

鉄のやかんをサビさせないためには膜を利用する

サビないように、やかんの内側に「酸化皮膜」を残しておくことが大切

酸化被膜とは目には見えませんが、鉄の表面に出来る保護の役割をもつ膜です。この膜が消えてなくならないうちに定着させる事が必要です。

その定着させのに必要なのが「湯垢」です。湯垢の成分であるカルシウムが酸化皮膜を保つのに役立つのです。そのため、やかんの内部に白っぽい湯垢がついていても、一生懸命磨いてとってはいけないという事を覚えておいて下さいね。

日々のやかんのお手入れ

やかんは使ったらすぐに中身を空にして、蓋をあけて乾かします。この時やかんに残っている熱で、残っている水分を蒸発させますので、やかんの熱が足りない時は再度熱して、水分を蒸発させます。再度加熱する時は、その場を離れずに水分がなくなるタイミングで加熱するのをやめて下さい。空焚き厳禁です。

日々のお手入れは「残った水分を蒸発させること」がポイント

水分を拭き取ってしまっては湯垢を付ける事ができませんので避けましょう。

またスポンジなどで内側を洗うのも避けましょう。

鉄のやかんが錆びてしまったときのお手入れ方法

手順通りに手入れをしていても、長く使ううちに内側にサビが出てしまうこともあります。

この場合、ある程度はそのまま使えますが、あまりに広範囲に渡り赤いサビがついている時は、そのサビだけを取り除くと良いです。

やかんのサビを取り除く場合は、柔らかいたわしなどで軽くこすって水で流します

大まかに取れた後は、緑茶の葉を入れてお茶を沸かします。(Tバックでも良いです)沸騰したらそのまま弱火で30分ほど火にかけ、その後加熱をやめて10分待ちます。

サビを取り除いた後に緑茶を沸かすことで、お茶の成分である「タンニン」と鉄が化学反応を起こして、やかんの内側に膜を作ることができるのです。

そのためサビを取り除くだけではなく、その後に必ずお茶を沸かすようにしてください。最初のお手入れの時と同じで、お湯の濁りがなくなれば後は残った水分を蒸発させて乾かしておくと良いでしょう。

鉄のやかんを毎日使うことがお手入れになる

鉄のやかんは毎日使い込むことでサビを抑制し、良い状態で保つ事が出来ます。

以前私が所持していた鉄製のフライパンも、使い続けている間はとても状態が良かったのですが、一時使わない時期があり、久しぶりに取り出した時にはサビてしまっていたという経験があります。

鉄のやかんを良い状態を保つために

毎日少しずつでも使用して、内側が真っ白になるほど湯垢を付ける事が目標です。

鉄のは中の水分を蒸発させずにいると一晩でもあっという間にやかんの内側がサビてしまうこともありますが、内側は真っ白になるほど湯垢がしっかりと付いているやかんは、一晩でサビてしまうこともありません。

お手入れのコツを踏まえておけば、そう取り扱いが難しいものでもありません。
まろやかで美味しいお湯を楽しめる上、鉄分も補給できますので、積極的におすすめしたいやかんだと私は思います。

鉄のやかんの表面の手入れと長期間使用しない時の取り扱い方

これまでやかんの内側の手入れについてにお話をしてきました。次は外側の手入れについてです。

やかんの外側(表面)は、やかんに温かさが残っているうちに、絞った濡れ布巾で拭きましょう。鉄のやかんは使い続けるうちに外側の見た目も、購入時とはガラリと変わります。

使い込まれた変化も味わうことが出来るのも鉄やかんの魅力

また、毎日使うことをおすすめしてきた鉄やかんですが、使わない期間も出てくる思います。使わない時は、風通しがよく直射日光の当たらない場所においておきましょう。

湿気が多く汚れが付きやすい場所においてしまうと、サビや傷みが進んしまうので注意して下さい。できれば内側に湯垢がつくまでは、使い続ける事をおすすめします。