太ももの裏の筋肉をなくす方法!筋肉太りもスッキリキレイな脚に

太ももの裏についてしまった筋肉をなくす方法が知りたいという人もいますよね。細くてスラット伸びたキレイな脚に憧れてる人は多いのではないでしょうか。

運動やスポーツに取り組んでいた人の中には、太ももの筋肉が影響して細身のジーンズを履くことができないという人もいます。太ももを細くする方法をチェックして、理想的な脚に近づけましょう。

今回は、太ももについた筋肉などをなくして脚を細くする方法についてお伝えします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

コミケ初心者が冬コミに参加するときに知っておきたい基礎知識

初めて冬のコミケに参加しようと思っているコミケ初心者の中には、当日の服装や持ち物などをどのようにすれ...

ウーパールーパーの水槽の掃除の手順と注意点と頻度について

ウーパールーパーは水槽で飼育するペットとして人気があります。育てやすい生き物とされていますが、こ...

洗剤と柔軟剤の違い!洗剤や柔軟剤の効果を考えて上手に選ぶ方法

洗剤と柔軟剤の違いについてあまりよくわからないという人もいますよね。どちらもお洗濯をする時に使用する...

ハムスターのメスはオスよりも凶暴?性格の違いについて

ハムスターのメスはオスよりも凶暴なのでしょうか?ハムスターのメスが凶暴と言われるのは、子どもを守るた...

ジャージを洗濯したらほこりが!洗濯物のほこりの原因と対処法

ジャージを洗濯したとき、洗い終わったジャージにほこりがついていたという経験がある人もいますよね。せっ...

日本の新幹線の種類や特徴について解説!その魅力について

外国人観光客にも人気の日本の新幹線。しかし、普段乗らないと何種類の新幹線が運行しているのかよくわから...

新生児のお風呂はドキドキ!入れ方や必要なものを紹介します

産院で新生児をお風呂に入れてくれるところも多いですね。退院して自宅で入れるとなると、うまく入...

食器が臭い!しっかり洗った後なのに臭うナゾを解き明かそう!

食器が臭う!?しっかりと洗ったはずなのに食器からイヤな臭いが…洗った後、清潔なフキンで食...

室内の湿度は何%が理想なの?過ごしやすい湿度とは

室内はどのくらいの湿度が理想なのでしょうか?季節によって、理想的な湿度は違ってくるようです。快適な湿...

猫の写真 なぜへたくそにしか撮せないのか?上手く撮るコツとは

猫の写真を撮すにはちょっとしたコツが必要となります。猫ちゃんはかわいいのに、レンズに収まるそ...

生地を水通しする方法!水通しが必要な素材と水通しが必要な理由

生地を水通しする方法について知りたいという人もいますよね!手芸などに使う生地は、素材によっては水通し...

Tシャツのアイロンのかけ方とは?手順やコツをご紹介

朝着ようとタンスから出したTシャツがシワシワだったってことありませんか? シワシワになってしまっ...

ストッキングの掃除に活用してピカピカ快適な住まいに

ストッキングって伝線したり穴が開いたりすると使えないと思っていませんか?しかし、そんな破れた...

ミルクの温度が熱いときに素早く冷ます方法と上手な与え方

ミルクの温度が熱いときは赤ちゃんが飲みやすい温度に冷まさなければなりません。しかし、育児にまだ慣れて...

クロアリ羽アリの駆除方法!自宅でできる駆除方法とは

クロアリや羽アリが家に大量発生すると、見てて気持ち悪いしすぐにでも駆除したいものです。クロア...

スポンサーリンク

運動でついた太ももの裏の筋肉をなくすことについて

太ももの裏の筋肉が固くて太く気になっている人は、本格的な筋トレをしていたり、激しいスポーツをやっている人が多いかと思います。

また、今はやっていなくても、以前にやっていた人もまだ太いのが気になってるという人もいるかもしれません。

今はやっていないのなら、今は筋肉を使用していないという事です。
筋肉は使用していなければ落ちていきます。

それなのにいつまでも太いという事は、筋肉が落ちてきてしまい、そこに脂肪がついてしまっているという事になります。

筋肉の方が重さはありますが、見た目は引き締まって見えます。

そして筋肉が落ちたという事は新陳代謝も落ちたという事になり、太りやすくなってしまっている状態ともいえます。

そして、使用されなくなった糖質が脂肪に変わり、蓄積され、乳酸や老廃物なども含み固くなってしまうのです。

太ももの裏の筋肉をなくすことはできる?筋肉太りの予防方法

筋肉太りだと思っている人は、スポーツや筋トレなどをやってきて、その肉質が硬いという人が殆どかと思います。

激しいスポーツや本格的な筋トレをしていると、疲労物質である「乳酸」が出て、どんどん溜まっていきます。

乳酸がどんどん溜まれば、筋肉は硬くなっていきます。
硬くなると動きにくくなるので、乳酸の割合を筋肉量の方が多くしようとします。

そうする事で、筋肉がどんどん増えていき、大きくなっていきます。

筋肉を使用していれば、筋肉も増えていくかもしれませんが、乳酸も溜まっているのです。

なので、しっかりと硬くなってしまう筋肉をほぐしてゆるめる事が大切です。

普段から自転車に乗っていたり、階段を使用している事でも筋肉を使用していますので、毎日しっかりとストレッチしてほぐしましょう。

また、ストレッチをするならお風呂上りの新陳代謝が上がってリラックス状態の時がお勧めです。

太ももの裏の筋肉をなくすためにつけたい筋肉

太ももの筋肉をなくすために、スクワットなどをする人もいますが、スクワットは筋肉のトレーニングですので、更に筋肉がついてしまう事になります。

筋肉は新陳代謝を上げるためには必要なものではありますが、使用しすぎてしまえば乳酸も増え、どんどん大きく太く筋肉量が多くなってしまう事につながります。

また、女性は比較的筋肉が付きにくいと言われていますが、筋トレをするとしても2日おき位が望ましいとされています。

そしてストレッチで筋肉をほぐす事は、毎日お風呂上りや、寝る前などと決めて毎日行う事がおすすめです。

また、有酸素運動も20分ほど合わせると、更に新陳代謝がアップします。

筋トレをするなら、太ももの裏と、太ももの内側にある筋肉を程よくつけて引き締めましょう。

太ももの内側を引き締める事によって、両足の太ももの間に隙間ができ、見た目を細く見せる効果があります。

太ももの外側についた筋肉と脂肪をなくすには

筋肉に脂肪がついて硬くなってしまっている太ももは、運動や筋トレよりもマッサージでほぐす事から始めましょう。

硬い質感の脂肪は落ちにくく、老廃物もたまってしまいやすいため、むくみも引き起こしてしまいます。

柔らかくする事によって、脂肪が燃焼しやすくなり、老廃物が溜まってしまう事の予防になります。

硬くなった脂肪は、筋肉とミルフィーユのように重なり絡みあっているので、揉むのも大変です。

ストレッチをして、筋肉を使うのは程ほどにして、マッサージし、柔らかく痩せやすい身体を目指しましょう。

また、硬くなってしまっているのに、無理につまんだりほぐそうと力を入れてしまえば痣ができてしまう事になりかねませんので、力加減に気をつけましょう。

マッサージをする時は、お風呂上りにマッサージオイルや滑りのいいボディークリームを使用するのがおすすめです。

太ももが太いのは筋肉太り?チェックしてみよう

筋肉は使用していなければ落ちていきますが、それが老廃物や乳酸、脂肪などと合わさり肉質が硬くなっている可能性をご紹介しました。

今、激しいスポーツや本格的な筋トレをしていなくてもまだ筋肉が残っているのか、それとも脂肪もついてしまい筋肉と合わさってしまって硬い肉質になっているのか、ただ硬い脂肪なのかによっても、落としやすさが違ってきます。

自分の肉質を調べる方法

  • 両足を肩幅にする
  • ヒザを曲げる
  • 腰を真っ直ぐ落としスクワットのような姿勢になる
  • 太ももに力が入っているところを、指でつまむ

力がはいっている所をつまめる人

  • つまんだところに硬くなった筋肉が分かる人は、筋肉と脂肪が合わさっている状態。
  • 普通につまめるところが脂肪。

太ももがつまめない人

  • 筋肉が多い

無理のない程度にストレッチやマッサージをしてほぐして柔らかくしていきましょう。