太ももの裏の筋肉をなくす方法!筋肉太りもスッキリキレイな脚に

太ももの裏についてしまった筋肉をなくす方法が知りたいという人もいますよね。細くてスラット伸びたキレイな脚に憧れてる人は多いのではないでしょうか。

運動やスポーツに取り組んでいた人の中には、太ももの筋肉が影響して細身のジーンズを履くことができないという人もいます。太ももを細くする方法をチェックして、理想的な脚に近づけましょう。

今回は、太ももについた筋肉などをなくして脚を細くする方法についてお伝えします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

子供におすすめの髪型!おだんごヘアのアレンジと上手なまとめ方

子供の髪をおだんごにする場合には、子供ならではのサラサラの髪に苦戦する方も多いと思います。少しく...

ディスポーザーつまりはアメリカにいても自分で直そう

アメリカに住んでいると、キッチンのディスポーザーがつまってしまうことってありますよね。便利な...

学会でスーツなら女性の選ぶポイントと相応しい服装とは

学会に参加するときはやはりスーツの方が、女性の場合もいいのでしょうか?では、学会に相応しい女...

革靴を長持ちさせる防水スプレーの使い方を紹介

どんな素敵な靴でも、きちんと手入れをしないと、時間が経つごとに残念な見た目になってしまいます。特...

筆箱のチャックが壊れた時の対処法を症状別で詳しく解説します

学校で使っている子供の筆箱のチャックが壊れた時、お気に入りの筆箱でまだまだ使える状態であれば、なんと...

切った髪の毛が刺さるのはなぜかの疑問にお答え!ナルホドな回答

美容室で髪を切った後に、切ったと思われる髪の毛が手や皮膚などに刺さっていたことってありませんか?...

ハムスターのメスはオスよりも凶暴?性格の違いについて

ハムスターのメスはオスよりも凶暴なのでしょうか?ハムスターのメスが凶暴と言われるのは、子どもを守るた...

グラスやコップの収納術!使いやすさを目的にした収納方法

グラスやコップの収納に困っていませんか?気が付くと意外と増えているのがグラスやコップ。普段使うも...

ホットプレートで焼肉をした時の油対策!油を気にせず焼き肉を

ホットプレートを使用して自宅で焼肉をする人もいるのではないでしょうか。この時に気になるのが「油」です...

卵の孵化!スーパーの卵でも孵化するって本当?噂の真相

スーパーの卵が孵化するって話を聞いたことがありますか?子供の頃は鶏卵も温めれば、ひよこになるのでは?...

バレエシューズ子供用の選び方。購入時に抑えておきたいポイント

子供がバレエを習う時に用意するバレエシューズですが、選び方にはポイントがあります。バレエシューズ...

筋トレとストレッチの違いとは?筋トレ前後に効果的な方法を紹介

筋トレとストレッチにはどんな違いがあるのでしょうか?ストレッチをするのは筋トレをする前?それとも筋ト...

ブレーキを踏むとなるキーキー音の原因と対策について

ブレーキを踏むとキーキー音が気になる時ありますよね。ブレーキから音がしていると思うと安全性は大丈夫?...

定期預金の引き出しを本人以外が行うには?引き出し方法と注意点

定期預金の引き出しは原則として名義人本人しか行えません。ただ、親が認知症で手続きができない、ある...

ブックカバーはビニールで作り方は簡単!防水できて保管もキレイ

ブックカバーはビニールのものも作り方は簡単です。ビニールを使えば雨など濡れたときでも防水できて安心に...

スポンサーリンク

運動でついた太ももの裏の筋肉をなくすことについて

太ももの裏の筋肉が固くて太く気になっている人は、本格的な筋トレをしていたり、激しいスポーツをやっている人が多いかと思います。

また、今はやっていなくても、以前にやっていた人もまだ太いのが気になってるという人もいるかもしれません。

今はやっていないのなら、今は筋肉を使用していないという事です。
筋肉は使用していなければ落ちていきます。

それなのにいつまでも太いという事は、筋肉が落ちてきてしまい、そこに脂肪がついてしまっているという事になります。

筋肉の方が重さはありますが、見た目は引き締まって見えます。

そして筋肉が落ちたという事は新陳代謝も落ちたという事になり、太りやすくなってしまっている状態ともいえます。

そして、使用されなくなった糖質が脂肪に変わり、蓄積され、乳酸や老廃物なども含み固くなってしまうのです。

太ももの裏の筋肉をなくすことはできる?筋肉太りの予防方法

筋肉太りだと思っている人は、スポーツや筋トレなどをやってきて、その肉質が硬いという人が殆どかと思います。

激しいスポーツや本格的な筋トレをしていると、疲労物質である「乳酸」が出て、どんどん溜まっていきます。

乳酸がどんどん溜まれば、筋肉は硬くなっていきます。
硬くなると動きにくくなるので、乳酸の割合を筋肉量の方が多くしようとします。

そうする事で、筋肉がどんどん増えていき、大きくなっていきます。

筋肉を使用していれば、筋肉も増えていくかもしれませんが、乳酸も溜まっているのです。

なので、しっかりと硬くなってしまう筋肉をほぐしてゆるめる事が大切です。

普段から自転車に乗っていたり、階段を使用している事でも筋肉を使用していますので、毎日しっかりとストレッチしてほぐしましょう。

また、ストレッチをするならお風呂上りの新陳代謝が上がってリラックス状態の時がお勧めです。

太ももの裏の筋肉をなくすためにつけたい筋肉

太ももの筋肉をなくすために、スクワットなどをする人もいますが、スクワットは筋肉のトレーニングですので、更に筋肉がついてしまう事になります。

筋肉は新陳代謝を上げるためには必要なものではありますが、使用しすぎてしまえば乳酸も増え、どんどん大きく太く筋肉量が多くなってしまう事につながります。

また、女性は比較的筋肉が付きにくいと言われていますが、筋トレをするとしても2日おき位が望ましいとされています。

そしてストレッチで筋肉をほぐす事は、毎日お風呂上りや、寝る前などと決めて毎日行う事がおすすめです。

また、有酸素運動も20分ほど合わせると、更に新陳代謝がアップします。

筋トレをするなら、太ももの裏と、太ももの内側にある筋肉を程よくつけて引き締めましょう。

太ももの内側を引き締める事によって、両足の太ももの間に隙間ができ、見た目を細く見せる効果があります。

太ももの外側についた筋肉と脂肪をなくすには

筋肉に脂肪がついて硬くなってしまっている太ももは、運動や筋トレよりもマッサージでほぐす事から始めましょう。

硬い質感の脂肪は落ちにくく、老廃物もたまってしまいやすいため、むくみも引き起こしてしまいます。

柔らかくする事によって、脂肪が燃焼しやすくなり、老廃物が溜まってしまう事の予防になります。

硬くなった脂肪は、筋肉とミルフィーユのように重なり絡みあっているので、揉むのも大変です。

ストレッチをして、筋肉を使うのは程ほどにして、マッサージし、柔らかく痩せやすい身体を目指しましょう。

また、硬くなってしまっているのに、無理につまんだりほぐそうと力を入れてしまえば痣ができてしまう事になりかねませんので、力加減に気をつけましょう。

マッサージをする時は、お風呂上りにマッサージオイルや滑りのいいボディークリームを使用するのがおすすめです。

太ももが太いのは筋肉太り?チェックしてみよう

筋肉は使用していなければ落ちていきますが、それが老廃物や乳酸、脂肪などと合わさり肉質が硬くなっている可能性をご紹介しました。

今、激しいスポーツや本格的な筋トレをしていなくてもまだ筋肉が残っているのか、それとも脂肪もついてしまい筋肉と合わさってしまって硬い肉質になっているのか、ただ硬い脂肪なのかによっても、落としやすさが違ってきます。

自分の肉質を調べる方法

  • 両足を肩幅にする
  • ヒザを曲げる
  • 腰を真っ直ぐ落としスクワットのような姿勢になる
  • 太ももに力が入っているところを、指でつまむ

力がはいっている所をつまめる人

  • つまんだところに硬くなった筋肉が分かる人は、筋肉と脂肪が合わさっている状態。
  • 普通につまめるところが脂肪。

太ももがつまめない人

  • 筋肉が多い

無理のない程度にストレッチやマッサージをしてほぐして柔らかくしていきましょう。