カバンの手作り初心者でも作れる基本の簡単トートバッグの作り方

自分の好きな布で手作りカバンを作ってみたいけど、カバンなんて作るのが難しそう…と思っている方も多いと思います。
もちろん、作り方の難しいカバンもありますが、ハンドメイド初心者でも作りやすいトートバッグなら、それほど難しい作業なしで完成することができます。
そこで、簡単な基本のトートバッグの作り方や、オリジナルのアレンジ方法をご紹介します。

始めは、型紙なしで自由に始めてみるのもOK。自分で作ったカバンを持つと、お出かけも楽しくなると思います。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

世界のあらゆるものの面積を小さい順に知りたい

世界で一番面積が大きい国や湖などは、よくテレビや本などで紹介されていますが、逆に面積が小さい順に紹介...

部屋の加湿器を手作りしよう!身近にある物で簡単に作れます!

冬など乾燥が気になる季節になると、加湿器の出番ですよね。でも各部屋に加湿器を置くとなるとお金もかかる...

25万の手取りで生活。4人家族のやりくり方法を紹介します

4人家族で手取りが25万円。どのようにやりくりをしたらいいのでしょうか?毎月、ギリギリ…とため息ばか...

東京タワーとスカイツリー、観光するならどっちがおすすめ

東京観光、東京デートで行きたい場所と言えば東京タワーとスカイツリー!しかし、どちらかひとつを選ぶなら...

大学を退学後に選べる進路!再入学・就職・専門学校について解説

大学を中退した後に自分のこれからの進路について考えてみた時、大学に再入学するか就職するかという選択肢...

真鍮の指輪についたサビを取る方法と予防策について解説します

真鍮の指輪はとても人気がありますが、どうしてもサビてしまうのでお手入れが大変だと言われていますよね。...

ノートの表紙を素敵にデザインする色々なアイディアを紹介

勉強やレポートにノートは欠かせないアイテムですが、どんな物を使っていますか?シンプルなノート...

日本の国技であるスポーツとは?まず国技の定義について考えよう

日本の国技ってどのスポーツなんだろう?って考えることってありますよね。相撲?それとも柔道?空...

金魚の稚魚の生存率はどのくらい?稚魚の育て方のコツ

金魚が卵を産んで孵化し、やがて小さな稚魚となって元気に泳ぎだしますが、すべてが無事に育つとは限りませ...

チャイナ服に合う髪型のやり方!自分でできるヘアアレンジ方法

チャイナ服は可愛らしさもありつつ、女性らしさもあり、一度は着てみたいドレスですよね。体のラインをキレ...

なで肩のリュック対策!ずり落ちを防ぐコツでコーデも楽しめる

なで肩のリュック対策についてお悩みな人も多いでしょう。なで肩だとリュックを背負っているとすぐにずり落...

No Image

ズッキーニの栽培方法!受粉の方法と栽培する時の注意点を解説

家庭菜園でズッキーニを栽培している時、虫がいない時はどうやって受粉をさせたらいいか困りますよね。ズッ...

ハムスターが鳴き声をギーとあげるはナゼ?鳴き声でわかる感情

ハムスターが鳴き声をギーとあげる時、どんな感情を持っているのでしょうか?ハムスターが低い鳴き...

フェイクグリーン壁掛けの作り方とポイント!癒やし空間を作ろう

フェイクグリーンの壁掛けが欲しいけど、作り方が難しそう…と思っていませんか?そんなことはありませ...

猫のため息は鼻息にも似ている!理由や猫の気持ちについて

猫のため息は鼻息にも似ています。それは猫は鼻呼吸だからです。いつも可愛がっている自分の家の猫がため息...

スポンサーリンク

手作りカバン初心者向け、簡単トートバッグ

カバンを作るなんて少し敷居が高い感じがしますが、作ってみると意外とできて何個も生地を変えたり、アレンジしたりして作りたくなってしまいます。まずはどのように進めたら良いのかお伝えします。

カバン作りで用意する物

  • 100均の綿の手ぬぐい2枚(柄が同じものでも、違うものでもお好みで)
  • アクリルテープ
  • 裁断するハサミ
  • ミシン

作り方

  1. 綿の手ぬぐいは使っていくうちに伸縮してしまうので使ってもよれずらい様に2枚重ねて縫っていきます。リバーシブルにはならないけれど内側の柄と外側の柄を違うものにすると出し入れの際に違う雰囲気も楽しめるでしょう。
  2. 綿の手ぬぐいを2枚中表にして置きます。中表とは内側に柄同士が合わさっている状態です。長方形の長さが短い方の両方に持ち手をつけるので横の縫い代を考え持ち手をつける位置を決めます。
  3. 場所が決まったら中表にした内側に入るように、持ち手を仮縫い又は動かないように洗濯バサミなどで挟んでおきます。忘れず両方の長方形の長さが短いほうの内側に準備しましょう。その時少し深く持ち手を入れるとあまりよれず使いやすいです。
  4. 中表の状態で持ち手も一緒にミシンで縫います。持ち手の部分は少し往復し取れてこないよう縫います。

この時点で持ち手の第一段階完了です。

手作りカバンに簡単にマチを作る方法

マチがついたカバンは、幅のある持ち物やお弁当などを入れても落ち着き使いやすいですね。

簡単、マチの作り方

マチをつけるまえに先に縫ったものを裏返しにします

裏返しにすると両方とも柄が表になり持ち手の部分も両方出てきます。その状態になったら外側になる部分を内側になるように二つに折ります。

内側になる柄が外側に向いている状態でその両脇を縫っていきます

回は手ぬぐいなので布の端がほつれないようになっているのでそのまま縫い進めていきましょう。布のほつれが気になるような切りっぱなしの布で作る場合は、ミシンのジグザグ機能などで端の処理をしたり、バイアステープに挑戦してみましょう。ここまでで幅が少し広く感じてもマチをつけることで少しコンパクトになるので大丈夫です。

両脇が縫い終わったら、完成イメージがつき楽しくなってきますね。

そのままの中表の状態でカバンの一番底の両端の部分でマチの幅を決めましょう

マチの幅を決める時は使っているカバンのマチをみたり、良いサイズの紙袋のマチを参考にするとわかりやすいです。10センチのマチを作る場合は底の中心から5センチずつ左右に印をつけるとわかりやすく、反対側のマチに対して均等になりやすいです。底の中心がわかりやすいように一度アイロンをかけると良いでしょう。

マチの部分を縫います

三角に切ってしまって切り口をジグザグに縫いながらミシンをかけるのでも良いですが、ズボラな私はそのまま三角を残したまま使っています。

カバンに持ち手を付けてしっかり固定

カバンの持ち手をさらに持ちやすく

マチをつけたカバンをひっくり返し外側になる部分を表に向けます

ほぼかばんとして使えそうな感じになりましたが、さらに持ち手をしっかりしたものにするため一工夫しましょう。

カバンの入り口をぐるりと一周縫います

その時にカバンの持ち手の部分がしっかりかかるように縫ったほうが安定した持ち手になるため、外側の布、持ち手、内側の布3枚一緒にミシンをかけていきます。

入れるものによったり、子どもの絵本バックとして使う場合は周りを2周してさらに色々なものが入れられるようしっかりしたカバンにしましょう。

とっても簡単なカバンの出来上がり!柄を変えて一度に何個も作りたくなりますね。

手作りカバンにもうひと手間掛けてオリジナル感をアップ

色々な生地を使ってカバン作り

デニム生地

デニムの生地で作ると素材がしっかりしているため、置いたときにも立つようなしっかりした仕上がりになります。デニムお生地は端がほつれてくるので、ミシンでジグザグをかけたり、深く縫い縫い目を割って開き反対色の糸で布に縫い付たりで遊んでみるのも良いでしょう。

帆布(はんぷ)生地

よくみられるものでは白い帆布や生成りの帆布でキャンパストートやハイカットシューズなどに使われているような生地で、厚さにも色々な種類があります。厚みがあるため裏をつけなくても一枚でしっかりしたカバンが作れるでしょう。

カバンの持ち手を変えて

異素材

持ち手もあと縫うだけになって売っているものもあります。革の素材のものや、ミシンをかけ終わったカバンにはと目で穴をあけ縄状になったひもを通すだけのものなど色々販売しています。

アクリルテープのアレンジ

手芸屋さんに売っている持ち手に使われるアクリルテープをそのまま使うのではなく、カバンの生地をアクリルテープと同じ幅折って、縫い付けるとひとてま加えた感があって素敵に仕上がります。

フェルトで作るミニサイズの簡単手作りカバンの作り方

フェルトで作ってみよう。
フェルトは切った端処理をしなくても糸がほつれてこないのでとっても楽です。

  1. 作りたい大きさにフェルトをカットします。その時持ち手も2本一緒に切って用意します。
  2. 持ち手を両側から中心に向かい折ります。またさらに中心を折りきった場所が中心に治まるようにします。この場合厚みがでて縫いずらくなってしまう時アクリルテープを縫い合わせて作りましょう。
  3. カバンの入り口に当たる部分を3つ折にし縫います。少し大きめにとり物を入れたときに持ち手の部分がよれないように2重になる部分を大きくとりましょう。
  4. 縫い終わったら内側から持ち手をつけます。持ち手の部分も数回縫いましょう。

持ち手を両方つけたら、中表にし両端を縫って出来上がり!縫い目は内側に入るので縫い目が見えることはありません。なので思い切って違う色の糸にしてもまた可愛いかもしれません。