ペットボトル再利用は何回?自己判断ではあるが使い捨てがベスト

ペットボトルをまた水筒代わりとして再利用する場合、いったい何回まで使いまわしができるのか、という疑問。
ペットボトルは持ち運びに便利ですし、出先でいらなくなったら捨てることができるので、一度使ってもまた家で洗って再利用する方も多いと思います。
そもそもペットボトルを再利用しても問題ないのでしょうか。
再利用する場合は何回までが限界なのでしょうか。
節約になるかもしれませんが、やはり衛生面のことを考えると…。どうしても再利用したい場合は細心の注意が必要です。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

高校生のお弁当おかずオススメやキレイな詰め方と冷凍保存のコツ

高校生はお弁当のどんなおかずが好きなのでしょう?簡単で人気なオススメおかずとはどんなの?例え...

水道を出しっぱなしにしてしまったときの水道料金とは

水道を出しっぱなしにしてしまった。水道料金はどのくらいかかってしまうのでしょうか?すぐに気が...

太ももの裏側についたお肉を落としたい!痩せ方をご紹介

膝下はそうでもないのに、太ももの裏側のお肉がなかなか落ちない・・・。太ももの裏側にについてしまったお...

No Image

カレーのじゃがいもが固いのを防ぐには?美味しいカレーの作り方

カレーのじゃがいもだけがなんだか固い。そんな失敗をしてしまうときってありますよね。いつもと同...

夏コミの服装!初めて参加する女性が知っておきたい夏コミの服装

初めて夏コミに行く女性の中には、一体どんな服装で行けば良いのかわからない人もいるのではないでしょうか...

猫の鼻水は赤ちゃん用吸引器で吸い取り可能!ただし無理は禁物

猫が鼻水を垂らしている時、どうにか吸引して楽にさせてあげたいと思うものです。そんな時便利でおすす...

似顔絵の描き方を知りたい。デフォルメのコツは

似顔絵を描く時の描き方は2パターンあります。写真のようにリアルに描くパターンと、コミカルなタッチ...

タッパーをレンジで加熱するときはふたを外して加熱しよう

タッパーをお弁当箱代わりにしている人もいるのではないでしょうか。お弁当を食べるときに、レンジでタッパ...

一人暮らしの不安や寂しい気持ちで胸が潰れそうな人、読んで!

一人暮らしの不安や寂しいを抱えていると、本当に胸が潰れますよね?今まで、夜帰って電気がついて...

名前の読み方だけを変更したい場合の手続き方法を教えます

名前が間違われやすいなどの理由で、読み方だけを変更したいという人が増えていると言います。改名...

服についた刺繍がほつれた場合の対処法と洗濯時の注意点

お気に入りの服の刺繍がほつれが出ると、はさみを使ってなんとか止めようと考える人も多いのではないでしょ...

部活を引退するときの挨拶のポイント!大切な後輩たちに贈る言葉

部活の引退での挨拶を後輩たちに向けてするときに、どんな挨拶をするべきか悩む人も多いでしょう。共に頑張...

グッピーは繁殖で増えすぎることも!その対処法を教えます!

見ているだけで癒されるグッピーですが、実際に飼育してみると繁殖で増えすぎて困る、なんてケースもあるよ...

ハムスターは飼い始め1週間が勝負!ハムちゃんの気持ちをご紹介

ハムスターを飼い始めた瞬間から1週間は、絶対にそっとしておきましょう。せっかくハムちゃんを迎...

ディーラー系の中古車を値引きしてもらうためのコツを教えます

一般的にディーラー系の中古車は値引きしてくれないといますが、本当なのかどうか気になりますよね。...

スポンサーリンク

ペットボトルは再利用できるの?再利用するなら何回までが限界なのか

家族がお店でペットボトルのジュースなど買って来ると、家には割と多くのペットボトルがあります。エコ上手な主婦の方だと、そのまま捨てるのも勿体無いので、再利用を考えますよね。何回位までペットボトルは再利用出来るのか、衛生面を考えて、あまり再利用をしない事をお勧めします。

洗剤で洗って、5-6回再利用する事も出来るが、やらない方が賢明

あなたが再利用をして、ゴミを減らしたい気持ちは理解ります。でも、正直言って、ペットボトルは何度も使用出来る様にデザインして作られてはいないので、再利用せずに、捨てるのが最も適切な方法だと思います。

衛生面を考えて、よく洗って再利用をしている方もいます。ですが、元々、ペットボトルは使い捨てを目的として作られています。洗って再利用しても、上記の回数で問題はありません。でも、極力しない方が良い、それがペットボトル作成側の意見だと思います。

ゴミ問題も社会的に注目を浴びていますし、他の国でもなるべくゴミの量を減らす対策は取っています。ですが、ペットボトルに関しては、あまり再利用はお勧め出来ません。

ペットボトルの再利用は何回までできるか、結局は使う人次第

ペットボトルの再利用。衛生面を考えて、やらない方が安全かなとは思います。でも、あなたがどうしてもペットボトルを再利用したい、洗って、これからも使用して行きたい、そう思っているのなら、再利用の回数は、あなたが決めるべきだと思います。

ペットボトルの再利用はやろうと思えば出来ます。洗ったりして、衛生面も整える事が出来ます。

洗っていたとしても、ペットボトルの口から何か臭いがする事も出てきます。後は、あなたの判断になって来るとは思いますが、例え洗っていたとしても、何か異変を感じたら、ペットボトルはリサイクルに出すなどをして、新しい物を購入する事をお勧めします。

再利用の回数は、極めている方は極めている、半年使用している方も中にはいます。ですが、基本的にはペットボトルは使い捨てになります。あまり頑張らずに、リサイクルに回し、新しい物を購入する事をお勧めします。その方がやはり衛生面でも安全になって来ると思います。

何回かは使いたい!どうしてもペットボトルを再利用したい人が注意すべき点

ペットボトルの再利用。最終的にはリサイクルに持って行くつもりではあるけれど、その前に、何回かは再利用をしてからにした方が、絶対に環境には良いと信じている方。

ペットボトルの再利用で最も注意を支払わなくては行けないのは、「衛生面」だと思います。あまり「エコ」にこだわり過ぎて、ペットボトル内にあなたの健康を害するばい菌が発生して、体調を崩すようでは、エコも何もありません。

そうならない様にも、何度もペットボトルを使用するのであれば、口つけずに、コップに移してから飲む習慣を付けましょう。そうする事で、ペットボトル内で健康を害する細菌を少しでも抑える事が出来ます。

また、洗う時も、殺菌効果のある洗剤を選ぶようにしましょう。代表的なのは、重曹になって来ます。重曹でペットボトルの内側にある菌を適切に対処し、嫌な臭いも消して貰いましょう。何度も使用したいのなら、重曹が一番衛生面では安心かと思います。

ただ、上記でお勧めしている衛生面を向上させる方法にも限界はあります。何回も使用するというよりは、ある程度見極めをつけて、新しいペットボトルを購入する事をお勧めします。

ペットボトルを洗ったから再利用できるわけではない!水筒に切り替えるのが一番

ペットボトルは綺麗に洗ったら、何回位再利用出来るのか。あなたはその回数が気になっていると思います。ですが、専門家の意見もありますし、何か飲み物を職場や学校に持っていく事を考えているのなら、ペットボトルを何度も使用するのではなく、水筒に切り替えた方が、より安全になります。

ペットボトル、「口をつけていないから」「洗っているから安心」は辞めた方が良い

水筒から比べると軽いからという理由で、ペットボトルの中身を変えて持ち運びする方もいると思います。ですが、どうしてもペットボトルに口をつけて飲む傾向も強いと思いますし、そうすると、ペットボトル内で細菌は増えてしまいます。「洗っているから」という意見もあると思いますが、ペットボトルの再利用というよりは、水筒に切り替えて飲み物を持ち運ぶ事がプロからしても正しい判断になります。

洗ったとしても、衛生面は完全ではないというのが、専門家の考えです。例え毎回洗っていたとしても、健康を害する細菌が潜んでいる可能性はまだあるので、水筒に切り替えた方がより安全というのが、専門家の意見です。

重くても、水筒の方がより安全になります。

水筒代わりにするのはもう卒業!ペットボトルを使った再利用アイデア

ペットボトルの再利用ですが、中に入れる物を液体から、お豆など、ペットボトルでも十分対応出来る物にして見ればいかがですか?中に入れる物が液体だから様々な問題が置きているのです。乾燥を避けたい物、お米やお豆を入れたら、何も問題なく、エコになります。

ペットボトルも台所のインテリアになる

可愛いペットボトルが手元にありますか?入れる物をジュースなどの液体から、お米など、台所に置ける物に変えてみましょう。お料理をする時にもすぐ取り出せますし、小さいペットボトルだったら、数個置くこと出来るので、インテリアにもなって来ます。

入れる物を変える事で、ペットボトルも私達の生活をより良い物にしてくれます。お米えあれば、一合づつ入れて置くなどしたら、料理が簡単になって来ますね。

ペットボトルの再利用。何回までが許容範囲なのか、上記の記事で説明して来ました。水筒の方がより安全な事、理解出来ましたか?液体ではなく、お米など、違った物を入れて保存する方がペットボトルには似合っている様に思えます。