服に付いてしまったペンキの取り方!早めの対処がおすすめ

うっかり服に付いてしまったペンキは、普通に洗濯をしてもシミは落ちませんよね。服にペンキが付いてしまった時点で「もう捨てなくちゃいけないかな」と諦めてしまう方もいるはず。

でも、捨てる前にシミ抜きにチャレンジしてみましょう。取り方次第では、諦めていた汚れが落ちるかもしれませんよ。

そして、シミに気付いた時には早めに対処すること!これは、どのシミ抜きでも同じことです。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ザリガニを飼育する時は砂なしでもいいの?飼育方法について

ザリガニの飼育方法をご存知ですか?子供が飼育したくてもわからなくて、持ち帰ってきたザリガニを「返して...

タンスに防虫剤は必要?その効果と正しい使い方を説明します

「タンスには防虫剤!」とよく言われていますが、本当に必要なのか、効果はどうなのか疑問に思うことってあ...

ハムスターのトイレや砂遊び場の作り方や注意点について

ハムスターはトイレを覚えるというけれど、砂遊び場でしてしまうときにはどうしたらいいのでしょうか?...

スニーカーのソールの黄ばみ取りにオススメな対策や予防方法とは

スニーカーって気がつくと汚れていたり、ソールのゴム部分が黄ばんでいたりしませんか?では、特に...

黒のストッキングがまだらになるのはナゼ?対処方法を紹介

黒のストッキングを履くとまだらになってしまうのはナゼ?なんだかだらしなく見えてしまうストッキングのム...

肉じゃがを翌日のお弁当に使おう!ただし夏の場合は要注意!

夕食に作った肉じゃがを翌日のお弁当に入れると、味がさらに染み込んでいておいしいですよね。しか...

鉄のやかんの手入れ方法!使い始めと使用後の正しいお手入れ方法

鉄のやかんを購入し、これから長く使って行きたいと考えている人の中には、正しいお手入れの方法を知りたい...

プラスチックへの塗装が剥がれる原因とおすすめの下処理

プラスチックに塗装をすると、塗装をした当初は、しっかりとキレイに塗装がされていると感じますが。使用を...

ウォシュレットの故障?修理が必要?不具合が起きた時の対処法

ウォシュレットが故障したのであれば、すぐに専門業者に連絡をして修理をお願いするべきですが、まずは本当...

テトラの外部フィルターの掃除手順と掃除が必要なタイミング

テトラはキラキラとした体がキレイで人気の魚です。水槽に外部フィルターを設置している場合には、定期的な...

ゼラチンを使った手作りゼリーの賞味期限と賞味期限が短い理由

ゼラチンを使った手作りゼリー、作り過ぎてしまった場合に気になるのが賞味期限です。見た目に変化がなけれ...

犬が靴下を履いたら歩き方がぎこちない様子と靴下のメリット

犬に洋服を着用させてお散歩をしている姿は良く見かけますが、犬に靴下を履かせている姿をみたことはあるで...

入院中お見舞いに来ないで欲しい理由と来て欲しくないときの対策

入院中にはお見舞いに来ないで欲しいと正直思っていませんか?例えば、女性の場合は入院中は化粧も...

ネズミ捕りで警察から逃げるとどうなる?後で待っていることとは

オービスがある場所はだいたいわかるからスピードの出しすぎには注意するけど、ネズミ捕りはどこでやってい...

強い地震だと家具は飛ぶ!日頃から地震に備えるしか方法はない

地震で家具が飛ぶって信じられますか?でもこれは本当です。地震によって家具が倒れるのは理解できるか...

スポンサーリンク

服に付いたペンキの取り、ペンキには2タイプある

ペンキとひとくくりにしてしまいがちですが、ホームセンターなどにいくと2つのタイプのペンキがあることに気がつくと思います。

それは水性と油性!どちらがいいのかというの一概にはいえませんが、少し前までは油性の方が耐久性があるといわれていたようです。

しかし最近では乾燥したときの耐久性に関しては、油性も水性も余り変わりがなくなってきたように感じます。

またペンキの売り場を見ても水性のペンキが沢山並んでいるのが、目に付くようになりました。そこで水性ペンキの良さをあげてみたいと思います。まず良い点で思い浮かのは、やはり扱いやすいところです。

当たり前ですが水性なので、使用後の刷毛の処理も水で洗い流せばOK!そして臭いが無いので部屋の中でも気軽に使用することが出来ます。そして唯一気になる耐久性ですが、今は余り油性と変わりがなくなったところも、人気になっている理由の一つではないでしょうか。

ペンキの水性と油性は服などについたときの落とし方に付いても変わってきます。次にそれぞれの落とし方について紹介して行きたいと思います。

服に付いた油性ペンキの取り方

油性ペンキは、服などの布についてしまうと「もうダメだ。」と諦めてしまっていませんか?油性ペンキでも付いたばかりなら、意外と簡単に落とすことが可能なんですよ。

しかも油性なのに特別な溶剤は必要ありません。大抵のお家の台所にある中性洗剤、食器用洗剤でOKなんです。ペンキを落とすときにはゴシゴシと布を擦るのはNG!繊維を傷めてしまう可能性があるので、スポンジや歯ブラシなどを使用して洗剤をつけ、トントンとたたくように優しく落とすのがオススメです。

そしてチョット乾いてしまった、半乾き程度のペンキならマニキュアの除光液などを使う方法があります。まだ乾いていなく取り除ける部分があるなら、周りの生地にペンキを広げないようにして取り除きましょう。

取り除けなかった部分には、下にペンキが移っても良いキレイなタオルを敷いて、上から除光液をつけた綿棒でトントンします。色が下に移ったら、タオルはきれいな部分にずらして同じ作業を続けましょう。ある程度除光液が馴染んだら歯ブラシを使用して、同じように優しく上からたたいて下さい。

最後にしっかりとペンキが乾いてしまった場合ですが、まずは爪でカリカリ。削り落として取れるものは取り除きましょう。落ちなかった部分のペンキですがベンジンやペンキの薄め液を使って上記の半乾きの方法でペンキを落としてみてください。

どの方法にしても、生地に傷みが生じたり元通りにはならない場合もあります。大切な服や高価なものでしたら、自分で落とすよりもクリーニング店などに持ち込んだほうが、より確実です。

水性ペンキが服に付いてしまった時の取り方

水性ペンキは最初にお話したとおり、水で洗い流せるところがメリットの一つです。

服についてしまった場合でも、完全に乾いていないのであれば水で洗い流すことが可能です。

ポイントは付いたらすぐ!ここです。近くに水道があるのであれば、ペンキを洗い流してしまってください。

次に乾いてしまった場合ですが、水性でも乾いてしまうとなかなか落ちません。

まずは乾いてしまったペンキを柔らかくすることから始めましょう。熱めのお湯に漬け込むことで乾いて硬くなったペンキが緩みます。

緩んだところに洗濯用の洗剤を使って、もみ洗いをします。その後に歯ブラシを使って少しずつペンキの汚れを取り除いていきましょう。

汚れが取れたら通常通り、洗濯をして終了です。

この場合も洗濯表示を確認して、水洗いの出来ないもの、温度指定がされているものはクリーニング店にお願いをしてくださいね。

服のペンキを落とすのにスティックのりを使う方法

ペンキが付いたときなら油性でもすぐに処理をすれば、意外と簡単に落とすことが可能です。

しかし、いつ汚れが付いたのかわからない!気づいたらペンキが付いていたなんて事もあります。

そんな場合はどうしたらいいのか?実は除光液や薄め液の他にも有効だといわれている方法があるんですよ。

それは「スティックのり」です。意外ですよね。スティックのりに含まれているポリビニルアルコールが作用して、ペンキを落としてくれるんです。

その方法は、まずペンキにのりを塗ります。そして時間を置いてください。コレだけなんです。後は熱めのお湯で手洗いするだけ!ウソのようですが、ペンキがコレで取れるんです。

もちろん、この方法も水洗いが出来ない繊維には使うことが出来ませんので、洗濯表示を確認してから行ってくださいね。

手についてしまったペンキの落とし方

手に付いたペンキは除光液を使ったり、無理やりゴシゴシ擦ったりと色々な方法があります。しかし肌を傷めてしまう危険性があるので要注意です。

そこでオススメの方法は、木工用ボンドです。

ペンキが付いた皮膚に木工用ボンドを塗って、乾かします。完全に乾いて透明になったら端からゆっくりとはがしていきましょう。

木工用ボンドと一緒にペンキも剥がれていきます。

注意点はゆっくりはがすこと、思いっきり急にはがすと、やっぱり肌を傷めてしまう可能性があるので気をつけてください。