カレーに入れたトマト缶の酸味が気になる!酸味を和らげる調味料

ご家庭でカレーを作る時に、トマト缶を使う方も多いと思います。

酸味がきいてさわやかなカレーになりますが、トマト缶の分量が多いと、酸味が強いカレーになってしまいますよね。
この酸味は、ある調味料を入れると気にならなくなります。
酸っぱくなってしまったカレーには、ぜひ試してみて下さい。

また、トマト缶を使った本格的で簡単なカレーレシピもご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ガラスの曇り止めに効く裏技!お風呂場の曇りもこれでさようなら

お風呂場のガラスは曇りやすいですが、身近なもので曇り止めができる裏技があるって知っていますか?特...

高校の卒業式に親は出席する?親の出席と服装・持ち物と注意点

お子さんの高校の卒業式に親が出席するものなのか、出席しようか悩んでいる人もいるのではないでしょうか。...

卵と白菜、もやしがあればこの1品!忙しい主婦におすすめレシピ

もやしは価格も安定していて、主婦の味方ですよね。買い物に行った時には、必ず買い物カゴに入れる...

お風呂の椅子の水垢対策でオススメな掃除法や予防するコツ

お風呂の椅子っていつの間にか頑固な水垢がこびりついている!なんてことはありますよね。では、そ...

ハンドメイドのパーツの仕入れは安いところがベストとは限らない

ハンドメイドのパーツの仕入れはどこでしたらいいのか迷ってしまいますよね。一番、気になることと言えば安...

服に付いてしまったペンキの取り方!早めの対処がおすすめ

うっかり服に付いてしまったペンキは、普通に洗濯をしてもシミは落ちませんよね。服にペンキが付いてしまっ...

「人間が怖い」と思われるような小説を書きたい

小説にはさまざまなジャンルがありますが、人間の恐怖にスポットを当てたものでも表現はいくつもあります。...

学習机をすっきり収納。100均のアイテムを使った収納術

お子様の学習机の上は物が散らかっていませんか?教科書やノートや細々とした筆記用具など学習机に収納...

窓の目隠シールは100均でも購入可能!貼り方や剥がし方のコツ

窓の目隠シールを、外からの視線対策として使用している方も少なくはないのでは?少し値が張るイメージの目...

スライムの材料のホウ砂とは?スライムの作り方を紹介

スライムの材料に使われるホウ砂はどのように扱えばいいのでしょうか?子どもに人気なスライムですが、安全...

ガリのお寿司の使い方!ガリ本来の役割と知って得する通の使い方

お寿司を食べに行くと、必ずガリが置いてありますよね。普段なんとなく食べてしまうガリですが、ガリ本...

缶のプルタブは昔の話?イージーオープン缶の今と昔

缶にプルタブが付いていたのは昔の話、気がつくと見かけなくなりましたよね。実はプルタブが無くな...

拾った栗が虫食いかどうかの簡単な見分け方について解説します

秋と言えば栗拾いに出かけることが楽しみだという人も多いでしょう。しかし、せっかく拾った栗が虫...

高校生のお弁当おかずオススメやキレイな詰め方と冷凍保存のコツ

高校生はお弁当のどんなおかずが好きなのでしょう?簡単で人気なオススメおかずとはどんなの?例え...

教育実習後のプレゼントにメダルを作るコツや渡すときの注意点

教育実習最終日に子供たちに何かプレゼントをしたいなら、折り紙で作ったメダルがオススメです。で...

スポンサーリンク

カレーにトマト缶を入れたら酸味が強すぎた!トマト缶の選び方

トマトカレーなど、トマト料理を作っていると、酸味が強くなりすぎてしまうことがあります。
せっかっくの料理が酸っぱくなってしまうとちょっと残念です。
酸味が強くなりすぎないようにするためには、どうすればよいのでしょうか。

トマト缶に使われているトマトの品種によっても実は味に違いがあります。
トマト缶の分量もレシピ通りに作っているのに、なぜか酸味が強すぎるという場合には、トマトの味によるものかもしれません。
トマト缶はいろいろなメーカーから出ていますが、メーカーによっても実は味に違いがあるのです。使用しているトマトの品種が違うとやはり違いが出るのです。

おすすめしたいのは、サンツァーノ種を使用しているものです。
この品種は甘みも強いので、酸味だけが際立つということが起こりにくいからです。

また、原材料にクエン酸が含まれているものや、ダイストマト缶と言われるものは酸味が強いものが多いようです。
調理する時には、トマトの種の部分やゼリー状の柔らかい部分も酸味が強いと言われる部分です。
酸味を和らげるためには、その部分を取り除いて調理するという方法もあります。

カレーなどの煮込み料理でトマト缶の酸味が強く感じる時には

バターチキンカレーをご自宅で作るという方もいるでしょう。トマトの酸味が強くなりすぎた時には、どのようにしたら美味しくなるのでしょうか。

まずは、煮込み時間を長めにしてみましょう。煮込むことによって水分が飛び酸味が少なくなります。水分が少ない場合には焦げ付きに気を付けて行いましょう。

また、炒め玉ねぎを加えるという方法もおすすめです。時間の余裕がある時には挑戦してみたい方法です。

少量の砂糖を加えるという方法もあります。砂糖で糖分を上げることで酸味が下がり味のバランスが良くなります。
調べてみると、他にもケチャップを入れるという方法もありました。

トマト缶で酸味の強いカレーに入れたい調味料

酸味の強いカレーにおすすめの調味料

  • はちみつ
    はちみつは砂糖よりもコクが出るとも言いますが、砂糖を入れる場合と違いはあるのでしょうか。

入れてみるとはちみつのトロミが加わり少しとろっとするのかと思いましたが、見た目も口当たりも入れる前と変わらないようです。味は砂糖よりもまろやかでコクが出た印象でした。トマトの酸味が抑えられトマトの甘みを感じました。

  • バター
    バターは足しすぎるとバターの風味が強くなってしまうので、入れすぎには注意しましょう。

入れてみると少しバターの油分はありますが、見た目にはほとんど変わりはありません。酸味はあまり変わらないかもしれませんが、味に旨味のようなものがプラスされます。

トマトの酸味が程よいキーマカレー

トマトの酸味が程よいキーマカレーレシピ

トマトの酸味が美味しいキーマカレー【材料】5人分

  • ナス…1本
  • ニンジン…2本
  • 玉ねぎ…1個
  • 豚ひき肉…250g
  • 生姜…1片
  • ニンニク…2片
  • 白ワイン…30cc
  • ホールトマト缶…1缶
  • ターメリック…少々
  • コンソメ…2個
  • 市販のカレールー…お好みで

キーマカレーの【作り方】

  1. ナス、ニンジン、玉ねぎを大きめの荒いみじん切りにします。
  2. フライパンにオリーブオイルをひき、豚ひき肉にターメリックを振り白ワインを加え炒めます。火が通ったらカレー鍋に移します。
  3. 同じフライパンでナスとニンジンを炒めます。火が通ったら先程のカレー鍋に入れます。
  4. 同じフライパンで玉ねぎを炒め、火が通ったらこれもカレー鍋に入れます。
  5. カレー鍋に水1リットルを入れて沸騰させます。沸騰したら中火で3分煮込みます。アクを取ったら、コンソメを入れます。
  6. 生姜とニンニクをすり下ろしカレー鍋に入れて、ホールトマトと市販のカレールーを入れて、弱火で5分ほど煮込みます。
  7. 蓋をして30ほど置いて味を染み込ませます。
  8. 30分放置したら、もう一度温めて完成です。

トマト缶を使った本格インド風カレー

トマト缶を使って簡単で本格的な味になるインド風カレーのレシピ

インド風バターチキンカレー【材料】3人分

  • 鶏もも…1枚
  • カレー粉(下味用)…小さじ
  • ヨーグルト(下味用)…100cc
  • バター…30g
  • ニンニクのみじん切り…小さじ1
  • 生姜のすり下ろし…小さじ1
  • カレー粉…小さじ1
  • トマト缶…400g
  • 牛乳…100cc
  • 塩…小さじ2
  • 砂糖…大さじ1

インド風バターチキンカレー【作り方】

  1. 鶏ももは食べやすい大きさに切り、下味用のカレー粉とヨーグルトに漬け込んでおきます。
  2. 深めのフライパンにバターを溶かし、ニンニクと生姜を弱火で炒め香りを立たせます。
  3. 香りが立ってきたらカレー粉を入れなじませます。
  4. トマト缶を加えよく混ぜます。ぐつぐつしてきたら蓋をして3分ほど加熱します。
  5. 鶏ももを下味用の汁ごと加えよく混ぜます。煮立ってきたら蓋をして弱火にします。そのまま5分ほど加熱して下さい。
  6. 牛乳、塩、砂糖を加え、ひと煮立ちさせ、味を整えます。
  7. 肉は鶏もも以外にも、鶏むねでも作ることができます。ただ、鶏むね肉は長時間加熱すると肉が固くパサパサになってしまうので、煮込みすぎない方が美味しくできます。