布を裁断するカッターの特徴や使い方・注意点を紹介します

布を裁断するロータリーカッターの使い勝手とは?布作品をよく作る人にとって必需品となるのは裁ちばさみですが、布をもっと簡単に裁断できたらなぁと思いますよね。

そんな布をよく裁断する人におすすめなのがロータリーカッターです。

ロータリーカッターを使うには、カッティングマットやカッティング定規が必要となりますがキレイに布を裁断したい、素早く切りたいという人に向いている裁縫道具となります。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

洗濯は洗剤なしでも効果アリ!汚れやニオイも落とせます

洗濯する時に使用する洗濯用洗剤。しかし、洗剤なしの方がお金もかからないし、洋服にも体にもいいのでは?...

トイレの換気扇の掃除を簡単にする方法といつも清潔に保つコツ

トイレの換気扇の掃除をしないとホコリがたまって、トイレの中に臭いや湿気がこもるようになります。普段の...

自転車は歩道走行も右側走行も禁止!その理由について解説します

自転車に普段乗っていない人は、ルールが変わったことに気づいていないのではないでしょうか。ルー...

オービスは昼間だと気づかないこともある?その光り方に注意

車を運転している人にとって厄介な「オービス」。事前に表示されているとはいえ、ついスピードを出してしま...

おでんのこんにゃくの下ごしらえはおいしく食べるために必要です

冬になると恋しくなるおでん、コンビ二のおでんもおいしいですが、自分で好きな具を入れて作った方がよりお...

あなたの家は大丈夫?和室に布団を敷くときのカビ対策!

家の広さによって眠る時にはベッドか布団を敷いて眠るか、みなさんそれぞれに違いがありますが、和室に布団...

紙粘土の色付けはペンでもOK?紙粘土の色付け方法について

紙粘土の色付けにはどのようなものがあるでしょうか、真っ先に思い浮かぶのは絵具ですが、ペンを使っても色...

テニスの練習を1人で行うには?初心者におすすめの練習方法

テニスが下手だからこっそり1人で練習をして、早く上達したい!そんなあなたが抱える悩み。とはいって...

犬を飼うと大変と感じる事を紹介。金銭面や老後が心配という事

子供が犬を欲しがる、ペットショップで一目惚れ、一軒家に引っ越すので犬を飼いたいと思うことはあるでしょ...

春をイメージさせる言葉や単語を特集!さっそく使ってみませんか

春をイメージさせる単語の代表的なものとしては「桜」が有名ですが、他にはどんな言葉や単語があるのか気に...

No Image

舞茸の天ぷらをべちゃべちゃにしないでカラっと揚げる方法

舞茸の天ぷらはべちゃべちゃになりやすいですよね。どうしてお店の舞茸の天ぷらは時間がたってもカラっとし...

簿記三級取得は決して無意味じゃない!就職や転職での活かし方

簿記三級は二級に比べるとそれほど難しくないため、比較的取りやすい資格といえます。よく「履歴書に簿...

豚骨スープの作り方!圧力鍋を使えば家庭でもお店の味

豚骨スープや豚骨ラーメンはお店で食べるものと思っている方が多いと思います。何時間も煮込み時間が必...

浴室の折戸の掃除方法!汚れやすい原因と掃除の手順

浴室の掃除というと、バスタブの汚れや床の汚れ、また曇りやすい鏡の掃除も欠かせません。そこでついつ...

5歳差の兄弟のメリット・デメリットをご紹介

5歳差の兄弟は、年が離れていて兄弟であまり同じ遊びが出来ないんじゃないかぁなんて思いますが、メリット...

スポンサーリンク

布を裁断するロータリーカッターとは

布を裁断する時には裁縫用の裁ちばさみを使用するのが一般的ですが、布をもっと簡単にスムーズに裁断できる方法に、ロータリーカッターという道具があります。

私も布を裁断する際に裁ちばさみを使用していましたが、ロータリーカッターを使用してからは、布を裁断するのにとても便利で、今ではもう手放せなくなってしまいました。

優れたロータリーカッターの特徴

普通のカッターよりも少し横幅が大きく、カッターの刃の部分が丸くなっています。

メーカーによって異なりはありますが、刃を出すレバーがついており、レバーを手前に押すと刃が出て、レバーを引くと刃を収納することができます。

ロータリーカッターは布を販売しているお店や、ホームセンターなどで購入することができ、大きさによって金額は異なりますが、2000円前後です。

インターネットでも購入することができますので、どんな大きさのものがあるのか自分が使用するものを検討し、購入されてみてはいかがでしょうか。

布の裁断する裁ちばさみとカッターの違い

布の裁断する時に、裁ちばさみとロータリーカッターではどんなことが違うのか?と疑問を感じている方もいるかと思います。その違いはどんなことなのか説明していきたいと思います。

裁ちばさみ

布を手に持ちながらゆっくり切りすすめていきます。

ロータリーカッター

布を裁断する時には、紙をカッターで切る時と同じように布を手で抑えて切ります。

ロータリーカッターを使って布を裁断する時には、定規をあてて直線通りにカッターの刃をあてるので、引いた線がずれることなく布をスムーズに切ることができます。

裁ちばさみは布を裁断する時に布によって切りづらいものは、縫いしろ部分で引いた線を上手に裁断できない場合があります。しかし、曲線などや細かな部分などカッターで裁断できない部分は、裁ちばさみの方が使い勝手が良いでしょう。

布の裁断にカッターを使う場合はカッティングマットとカッティング定規が必要

ロータリーカッターの使い方を上記では簡単に説明してきましたが、さらに詳しく必要になる道具を併せてご紹介していきたいと思います。

布の裁断にロータリーカッター使う場合にあると便利な道具

  • カッティングマット
  • カッティング定規

文鎮など布がずれないための、重しなどがあると便利

紙をカッターで切るときと同じように、布を机に置いた状態で使ってしまうと机が傷ついてしまいます。
必ずカッティングマットを使用するようにしてくださいね。

布を上手に裁断するには、カッティング定規も併せて使うと誤差がなく上手に裁断することができますよ。

ロータリーカッターは数種類あります

どのような布を裁断するかによっても、大きさなど用途によって使い分けをすることが大きなポイントになります。

手芸屋さんには便利なものがたくさんありますので、わからない場合には店員さんに聞いて購入するようにしましょう。

カッターで布を裁断するときの注意点

上記でも触れましたが、ロータリーカッターで布を裁断するときには必ずカッティングマットを使用しましょう。

ロータリーカッターは、刃先の方にレバーがついていて簡単に刃を出すことができます

使い思わったら必ず、刃をしまうように注意しましょう。

特に小さなお子さんがいるご家庭では、手の届かないところにきちんとしまうように細心の注意を払うようにしてください。

裁断する時にあまり力を入れすぎないように注意

指が刃先の方に向いてしまう方もいるようなので、使用する時には力をいれずリラックスした状態で使うように心がけましょう。

切れ味が悪いと感じる時には刃が古くなっていることも考えられますので、その場合は刃を交換し使うようにしましょう。

包丁もそうですが切れ味が悪くなると、余計に力が入ってしまうこともありますので注意をして使用するようにしてくださいね。

自分なりのコツを掴むまでは、焦らずゆっくり手を切らないように注意しましょう。

カッターで裁断するのが難しいときには裁ちばさみを併用しましょう

布を裁断する時に便利なロータリーカッターですが、曲線部分を裁断するのが難しいというデメリットがあります。

そんな時には、裁ちばさみを併用しながら使用することをおすすめします。

ロータリーカッターは直線だとスムーズに裁断することが可能ですが、細かな部分で使用するには不向きなデメリットがあります。

私も普段洋裁をする時にはロータリーカッターを使用することが多いですが、直線部分はカッターを使用し、曲線部分などカッターが使えない箇所は裁ちばさみを使用することが多いです。

特に厚い生地やツルツルした生地は、裁ちばさみでは切りづらいので、ロータリーカッターを使用しています。

しかし、ガーゼ生地などの薄いものにはロータリーカッターは不向きなため、裁ちバサミでゆっくり裁断します。

ご自分が使う用途によって、ロータリーカッターと裁ちばさみを兼用しながら使ってみてくださいね。