布を裁断するカッターの特徴や使い方・注意点を紹介します

布を裁断するロータリーカッターの使い勝手とは?布作品をよく作る人にとって必需品となるのは裁ちばさみですが、布をもっと簡単に裁断できたらなぁと思いますよね。

そんな布をよく裁断する人におすすめなのがロータリーカッターです。

ロータリーカッターを使うには、カッティングマットやカッティング定規が必要となりますがキレイに布を裁断したい、素早く切りたいという人に向いている裁縫道具となります。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

親の介護は兄弟で役割分担。もめない為に話し合っておくポイント

親の介護は突然必要になる場合があります。兄弟がいる場合は親の介護はどうしたら良いのでしょうか...

自己顕示欲と承認欲求の違い!人間心理を理解して人生を豊かに

自己顕示欲と承認欲求の違いは一体何なのか知りたい人おいるのではないでしょうか。人からの評価が...

靴下が脱げるのが片方だけの理由や脱げない靴下選びと対処法とは

靴下が靴の中で脱げる、しかも何故か片方だけ脱げるということにお悩みの人もいるでしょう。靴下が...

高校生が勉強しない!進学校での落ちこぼれがやるべき勉強法

高校生で勉強しないでいると進学校では成績が落ちてしまいます。それでも勉強をしないとますます勉強にはつ...

猫が縄張り争いで負けるとどうなるか。猫のケンカのルール

近所に野良猫はいますか?野良猫同士のケンカをみたことはありませんか?猫には縄張りがあって、その縄...

保育園と幼稚園はどっちがいいか違いと選択のタイミング

保育園と幼稚園のどっちがいいか子供を入れる前に悩む親は多いです。仕事をしているから保育園に入れようと...

メダカの飼育は100均で揃う!飼育に役立つ100均グッズ

メダカの飼育を考えている方!必要なグッズや、メダカ飼育に役立つグッズはほぼ100均で揃えることができ...

PTAで仕事を休む。「仕事をしているからできません」はNG!

子供の学校のことでパパやママの頭を悩ませることの一つが「PTA」ですよね。PTAの活動は平日のことも...

アパートでの洗濯機の音は何時までなら許されるのか徹底検証!

賃貸物件に住んでいると、他の住人の洗濯機の音が気になる時がありますよね。マンションよりもアパ...

1歳半の子供が食事の時に座らない!原因としつけの方法について

子供が大きくなって自分で歩けるようになるのが1歳半頃ですよね。歩けるようになった子供は、食事のときに...

油性のニスの落とし方!木・手・服・ハケについたニスの落とし方

油性のニスがついてしまった時、どのようにして落とせば良いのかわからずに落とし方が知りたい人もいますよ...

ダンスの苦手を克服するコツで大切なこと!練習や上達の秘訣

ダンスを苦手克服したいならどんな練習をしたらいいのでしょうか?ダンスは好きだけど、自分が思い描いてい...

テレビの位置や高さはシチュエーション別でも最適を選ぶコツ

テレビの位置や高さって新しく購入したときなど、どうすればいいのか悩みますよね。では、テレビを...

犬が靴下を履いたら歩き方がぎこちない様子と靴下のメリット

犬に洋服を着用させてお散歩をしている姿は良く見かけますが、犬に靴下を履かせている姿をみたことはあるで...

ラッピング方法でかわいい簡単手作りができるコツやオススメとは

ラッピングの方法によってよりかわいい贈り物へと簡単に変身できるコツがあります。かわいいラッピ...

スポンサーリンク

布を裁断するロータリーカッターとは

布を裁断する時には裁縫用の裁ちばさみを使用するのが一般的ですが、布をもっと簡単にスムーズに裁断できる方法に、ロータリーカッターという道具があります。

私も布を裁断する際に裁ちばさみを使用していましたが、ロータリーカッターを使用してからは、布を裁断するのにとても便利で、今ではもう手放せなくなってしまいました。

優れたロータリーカッターの特徴

普通のカッターよりも少し横幅が大きく、カッターの刃の部分が丸くなっています。

メーカーによって異なりはありますが、刃を出すレバーがついており、レバーを手前に押すと刃が出て、レバーを引くと刃を収納することができます。

ロータリーカッターは布を販売しているお店や、ホームセンターなどで購入することができ、大きさによって金額は異なりますが、2000円前後です。

インターネットでも購入することができますので、どんな大きさのものがあるのか自分が使用するものを検討し、購入されてみてはいかがでしょうか。

布の裁断する裁ちばさみとカッターの違い

布の裁断する時に、裁ちばさみとロータリーカッターではどんなことが違うのか?と疑問を感じている方もいるかと思います。その違いはどんなことなのか説明していきたいと思います。

裁ちばさみ

布を手に持ちながらゆっくり切りすすめていきます。

ロータリーカッター

布を裁断する時には、紙をカッターで切る時と同じように布を手で抑えて切ります。

ロータリーカッターを使って布を裁断する時には、定規をあてて直線通りにカッターの刃をあてるので、引いた線がずれることなく布をスムーズに切ることができます。

裁ちばさみは布を裁断する時に布によって切りづらいものは、縫いしろ部分で引いた線を上手に裁断できない場合があります。しかし、曲線などや細かな部分などカッターで裁断できない部分は、裁ちばさみの方が使い勝手が良いでしょう。

布の裁断にカッターを使う場合はカッティングマットとカッティング定規が必要

ロータリーカッターの使い方を上記では簡単に説明してきましたが、さらに詳しく必要になる道具を併せてご紹介していきたいと思います。

布の裁断にロータリーカッター使う場合にあると便利な道具

  • カッティングマット
  • カッティング定規

文鎮など布がずれないための、重しなどがあると便利

紙をカッターで切るときと同じように、布を机に置いた状態で使ってしまうと机が傷ついてしまいます。
必ずカッティングマットを使用するようにしてくださいね。

布を上手に裁断するには、カッティング定規も併せて使うと誤差がなく上手に裁断することができますよ。

ロータリーカッターは数種類あります

どのような布を裁断するかによっても、大きさなど用途によって使い分けをすることが大きなポイントになります。

手芸屋さんには便利なものがたくさんありますので、わからない場合には店員さんに聞いて購入するようにしましょう。

カッターで布を裁断するときの注意点

上記でも触れましたが、ロータリーカッターで布を裁断するときには必ずカッティングマットを使用しましょう。

ロータリーカッターは、刃先の方にレバーがついていて簡単に刃を出すことができます

使い思わったら必ず、刃をしまうように注意しましょう。

特に小さなお子さんがいるご家庭では、手の届かないところにきちんとしまうように細心の注意を払うようにしてください。

裁断する時にあまり力を入れすぎないように注意

指が刃先の方に向いてしまう方もいるようなので、使用する時には力をいれずリラックスした状態で使うように心がけましょう。

切れ味が悪いと感じる時には刃が古くなっていることも考えられますので、その場合は刃を交換し使うようにしましょう。

包丁もそうですが切れ味が悪くなると、余計に力が入ってしまうこともありますので注意をして使用するようにしてくださいね。

自分なりのコツを掴むまでは、焦らずゆっくり手を切らないように注意しましょう。

カッターで裁断するのが難しいときには裁ちばさみを併用しましょう

布を裁断する時に便利なロータリーカッターですが、曲線部分を裁断するのが難しいというデメリットがあります。

そんな時には、裁ちばさみを併用しながら使用することをおすすめします。

ロータリーカッターは直線だとスムーズに裁断することが可能ですが、細かな部分で使用するには不向きなデメリットがあります。

私も普段洋裁をする時にはロータリーカッターを使用することが多いですが、直線部分はカッターを使用し、曲線部分などカッターが使えない箇所は裁ちばさみを使用することが多いです。

特に厚い生地やツルツルした生地は、裁ちばさみでは切りづらいので、ロータリーカッターを使用しています。

しかし、ガーゼ生地などの薄いものにはロータリーカッターは不向きなため、裁ちバサミでゆっくり裁断します。

ご自分が使う用途によって、ロータリーカッターと裁ちばさみを兼用しながら使ってみてくださいね。