洗濯は洗剤無しでも大丈夫?洗剤無しで洗うときのコツやポイント

洗濯物を洗剤無しで洗っても大丈夫なのでしょうか?赤ちゃんの服を洗濯するときには、洗剤を使ったほうがいいのか使わないほうがいいのか迷ってしまいますよね。

実は、洗剤で洗わなくとも汚れは落ちるんです。しかし汚れによっては洗剤を使ったほうがいいときもあります。

水洗いでも落ちる汚れと落ちない汚れ、臭い対策、洗剤無しで洗いたいときに役立つものを紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

夫婦二人なら食費は2万でやっていける!その方法を教えます

子供が生まれるとお金もかかるから、夫婦二人のうちに少しでも食費は抑えておきたいですよね。そこ...

室内の湿度は何%が理想なの?過ごしやすい湿度とは

室内はどのくらいの湿度が理想なのでしょうか?季節によって、理想的な湿度は違ってくるようです。快適な湿...

瞳が茶色でも黒髪にしたい!瞳の色からオススメな髪色がわかる

瞳が茶色い人は黒髪が似合わないと言われるように、瞳の色によって似合う髪色が判断することができるそうで...

インコの保温&保湿には湯たんぽ!使い方や注意点を徹底解説

インコの体温は人間よりも高いため、冬の寒い時期や体調が悪そうな時には保温してあげることが大切になりま...

服が臭いけど新品のときの理由や気になる臭いを取る方法とは

服の臭いが新品なのに気になってしまうと、せっかく買ったばかりなのに着るのが残念になってしまいますよね...

No Image

名前にカタカナが多かった昔。人気があった名前とその理由

おばあちゃんやご年配の女性の名前を見ると、カタカナだけの名前が多いと思いませんか?なぜ昔の女性の...

水道を出しっぱなしにしてしまったときの水道料金とは

水道を出しっぱなしにしてしまった。水道料金はどのくらいかかってしまうのでしょうか?すぐに気が...

ハンバーグに必要なつなぎ!パン粉の代わりにごはんでも代用可能

ハンバーグのつなぎとしてパン粉を使いますよね。でもあると思っていたパン粉がない事ありませんか?...

干支の置物を処分することはできる?自分で・神社で処分する方法

毎年その年の干支の置物を飾っているご家庭もありますよね。一年の縁起物として飾っていても、次の...

服の生地に使われる繊維の特徴!生地の分類やよく使われる衣類

服に使われる生地は、なんとなくはわかっていても、なんとなくしかわからないという方が多いのではないでし...

6畳の寝室に4人家族で寝る方法!ベッドと布団両方をご紹介

お子さんが小さいうちは、親子で1つの寝室を使用する方が多いのではないでしょうか。寝室が広ければ問題は...

高校生の恋愛事情・受験生は恋愛NG?受験と恋を両立させる方法

これから大学受験を控えている高校生の中には、恋人がいる・もしくはこれから恋人を作りたいと思っている人...

No Image

洗濯機の柔軟剤を入れるところの仕組みとは?柔軟剤の使い方

洗濯機に柔軟剤を入れるタイミングとは?柔軟剤の仕組みはどのようになっているのでしょうか?なん...

スカートの生地は何メートル必要?計算の方法を紹介します

スカートを作るときには生地を何メートル用意したらいいのでしょうか?お裁縫があまり得意ではないという人...

服のカビ臭いのはクリーニングにだせば落ちる?臭いを取る方法

服がカビ臭いのはクリーニング店に出さないと落ちない?服やタオルがカビ臭くなってしまうのにはどんな原因...

スポンサーリンク

洗濯は洗剤無しでも大丈夫だった!?水洗いでも汚れは落ちます

洗濯は洗剤無しの水洗いでも大丈夫です。
これは、私の実体験からも言えることなので本当です。

小さい頃、アトピー性皮膚炎を患っていた私は、洗濯洗剤はもちろん、お風呂で使う石けんや肌に触れる食品など全ての物に敏感でした。今でも季節によっては水にまけてしまったり、化粧品や柔軟剤が急に肌に合わなくなることもあります。

私が小さい頃は、家族全員が水だけで洗濯した衣類を身につけていました。

兄弟が思春期になると、香らない服が嫌だと家族会議になり、柔軟剤だけを使うようになったり、私も衣類の香りを優先して痒くなるのを我慢して洗剤一式を使うように母に頼み込んだりした記憶もありますが、水で洗濯した衣類が臭ったり、汚れが目立ったりしていた記憶は全くありません。
無臭の服でした。

このように、自分の実体験から、服に付着したホコリなどの軽い汚れは、水だけでもきれいに落とすことができるという確信を持っています。

洗濯で洗剤無しでも大丈夫なものとそうでないもの

基本的には洗剤無しで洗濯をしていた我が家ですが、全ての衣類を水洗いだけで済ませていたわけではありません。

「下着」「靴下」「部活のユニフォーム」「汚れがついた服」…。
これらは、一度洗濯洗剤や漂白剤を使用して、汚れを手洗いで落としてすすぎをしてから、洗濯機に投入している母の姿を覚えています。

一日着た衣類に付着しているのは、ホコリ、花粉などの空気中の汚れや、皮脂、汗などの体から出る汚れですね。
この程度の汚れであれば、洗剤が無くてもある程度まではきれいになります。

大量の汗や皮脂、油汚れなど、水に溶けないタイプの汚れについては、洗剤無くして落とすことは難しい

真っ白な衣類の場合には、黒ずみや黄ばみが出てくることも考えられます。

洗剤無しで洗濯をしたい場合には、衣類を汚れ別に分類することが大切

全てに洗剤を使う必要はなくても、洗剤が必要な汚れには、適切な洗剤を使用してあらかじめ洗濯しておくことが大切になるのです。

洗濯の洗剤無しで臭いは大丈夫?臭いの原因

洗剤無しの洗濯が、果たして大丈夫なのかどうかを疑う理由には、「臭い」のことも大いに関係しているのではないかと思います。

洗濯したての衣類やタオルは、ふわふわでいい香りがするイメージを持っている人が多いでしょうから、無臭の水で洗った時の「臭いはどうなるの?」「無臭ならまだしも、臭ったりしないの?」といった疑問が湧いてきますよね。

水だけで洗濯をした衣類の臭いは、「無」

いい匂いも悪い臭いもしない、無臭です。
柔軟剤を使っていないため、ふわふわにはならないかもしれませんが、気になる程ごわごわにもなりません。

洗濯した衣類の嫌な臭いで思い浮かぶのは、「生乾き臭」

これは、洗濯が終わった衣類を洗濯槽内に放置することで、衣類に雑菌や細菌が繁殖することが原因です。
湿っぽい梅雨の時期にも部屋干しした衣類がいつまでも乾かずに生乾き臭がしますね。

洗濯物が臭うのは、洗剤を使うのか使わないのかではなく、「すぐに干したのか」「しばらくしてから干したのか」がポイントになります。
そのため、洗剤を使った時でも、洗剤無しで行った時でも、洗濯物をすぐに干すことができれば、嫌な臭いはしないということになります。

洗濯の洗剤無しで不安なときは洗剤で洗いましょう

これだけ、洗剤無しで洗濯はできるということを伝えても、洗濯洗剤を使わないことに不安が残る方もいるでしょう。

しっかり洗えているのか、臭いは大丈夫かといちいち気になるのであれば、洗剤を使って洗濯をした方が身のためです。不安はストレスになりますから。

ただし、肌の弱いお子さんや、赤ちゃんと同居している場合には洗剤の残りに気をつけてください。
このような人たちは、衣類に残留洗剤があると、必ずといっていいほど肌トラブルを抱えることになります。

洗剤を衣類に残さないために

  • 使用量をしっかり守る
  • すすぎは2回以上行う

この2つが大切になります。また、香りがきつい洗剤よりは、香料の少ないものを選んだほうが肌には優しいと言えるでしょう。

赤ちゃん専用の洗濯洗剤や、皮膚が弱い人のために作られた無添加の洗濯洗剤もあります。

洗剤の種類や使用量、使う頻度を使い分けて、気持ちよく洗濯をしながらも、大切な人の肌をトラブルから守ってあげましょう。

洗濯の洗剤無しで大丈夫かどうか不安な人へ

洗剤無しの洗濯を始めようとしている方に、最後におすすめのグッズを紹介して終わりにしたいと思います。

洗剤を使わない代わりに、「洗浄力」「消臭力」のあるグッズを洗濯機に入れて洗濯するだけで汚れ落ちが何倍にもなるという便利なものがあります。

ボールタイプになったものや、ネットタイプのものなど、形も種類も様々ですが、水だけで洗う不安をどれも一気に解消できるものばかりです。
洗剤無しで洗濯をしてみたいけど、踏み切れない…。といった方がいたとしたら、このようなグッズを合わせることで勇気が出るかもしれません。

ネットなどで手軽に手に入れることができるので、気になる方はぜひ一度検索してみると良いでしょう。