洗濯は洗剤無しでも大丈夫?洗剤無しで洗うときのコツやポイント

洗濯物を洗剤無しで洗っても大丈夫なのでしょうか?赤ちゃんの服を洗濯するときには、洗剤を使ったほうがいいのか使わないほうがいいのか迷ってしまいますよね。

実は、洗剤で洗わなくとも汚れは落ちるんです。しかし汚れによっては洗剤を使ったほうがいいときもあります。

水洗いでも落ちる汚れと落ちない汚れ、臭い対策、洗剤無しで洗いたいときに役立つものを紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

車のエアコンの効きを良くする方法とは?車内の温度を下げる方法

車のエアコンの効きがいまいちなような、効きを良くするにはどうしたらいいのでしょうか?そもそも...

水槽の外部フィルターの正しい掃除方法と頻度を理解しましょう

初めて熱帯魚を飼った人は、水槽のフィルターの掃除はいつすればいいのかと悩むのではないでしょうか。...

犬用のフローリングでも滑らない靴下の作り方アイデア

犬用の靴下は市販のものでもいろいろなものがありますが、自分で作ることもできます。そこで、自分でも簡単...

インコの保温&保湿には湯たんぽ!使い方や注意点を徹底解説

インコの体温は人間よりも高いため、冬の寒い時期や体調が悪そうな時には保温してあげることが大切になりま...

美味しく食べよう!卵・白菜・豚肉を使った美味しいレシピ5選!

冷蔵庫の中を見たら、「卵・白菜・豚肉」があった!じゃあこれを使って一体何を作ろうか。こんなふうに頭を...

家で写真をプリントするのは、気軽だけど意外に高い

デジカメのようなデータ方式ではなく、フィルムを使った写真撮影が当たり前だった時は、お店に行って現像し...

ポケットポーチの作り方!100均の材料を使った簡単な作り方

小学生や幼稚園の女子に人気のポケットポーチ。ポケットのない洋服のときでもハンカチやティッシュを持ち歩...

窓の防寒対策!自分でできるDIYで窓の冷気をシャットアウト

窓から冷気が入り込んできて、なかなか家の中が温まらない事に頭を抱えている人もいるのではないでしょうか...

自転車を宅配で送りたい!宅配の方法を紹介します!

引っ越しすることが決まったら、荷造りが大変ですね!お気にいりの自転車はどうしよう!?持ってい...

ステンレスのシンクについた傷を目立たなくする方法を教えます

ステンレスのシンクにいつの間にかついてしまった傷。毎日使う場所だから仕方ないとはいえ、できれば傷を消...

香典の郵送は手紙なしより添えるマナーや注意したいポイント

香典の郵送は手紙なしでも問題ありません。ただ、香典の郵送時に手紙も一緒に添えた方が相手にとっての印象...

指輪8号サイズはほとんど店頭にない?指輪の平均サイズとは

指輪を選ぶ際に重要なのが「サイズ」です。指輪のサイズは人それぞれですが、店頭にはほとんど8号サイズが...

炭酸が飲めないのは痛いから!喉や口の中が痛くなるワケと飲み方

炭酸飲料と言えば、あのシュワシュワとした爽快感と喉越しがいいですよね!スッキリしたい時や、暑...

猫の種類によって性格は違う。様々な猫種とその特徴と飼い方

猫が飼いたいと思った時にペットショップに行ってよくみてみたら、色々な種類がいます。大人しい猫や、...

鉄の包丁がサビてしまう理由とサビを取る方法を紹介します

鉄の包丁がすぐにサビてしまうのにはこのような理由からです。とくに買ったばかりの鉄の包丁はサビやすいの...

スポンサーリンク

洗濯は洗剤無しでも大丈夫だった!?水洗いでも汚れは落ちます

洗濯は洗剤無しの水洗いでも大丈夫です。
これは、私の実体験からも言えることなので本当です。

小さい頃、アトピー性皮膚炎を患っていた私は、洗濯洗剤はもちろん、お風呂で使う石けんや肌に触れる食品など全ての物に敏感でした。今でも季節によっては水にまけてしまったり、化粧品や柔軟剤が急に肌に合わなくなることもあります。

私が小さい頃は、家族全員が水だけで洗濯した衣類を身につけていました。

兄弟が思春期になると、香らない服が嫌だと家族会議になり、柔軟剤だけを使うようになったり、私も衣類の香りを優先して痒くなるのを我慢して洗剤一式を使うように母に頼み込んだりした記憶もありますが、水で洗濯した衣類が臭ったり、汚れが目立ったりしていた記憶は全くありません。
無臭の服でした。

このように、自分の実体験から、服に付着したホコリなどの軽い汚れは、水だけでもきれいに落とすことができるという確信を持っています。

洗濯で洗剤無しでも大丈夫なものとそうでないもの

基本的には洗剤無しで洗濯をしていた我が家ですが、全ての衣類を水洗いだけで済ませていたわけではありません。

「下着」「靴下」「部活のユニフォーム」「汚れがついた服」…。
これらは、一度洗濯洗剤や漂白剤を使用して、汚れを手洗いで落としてすすぎをしてから、洗濯機に投入している母の姿を覚えています。

一日着た衣類に付着しているのは、ホコリ、花粉などの空気中の汚れや、皮脂、汗などの体から出る汚れですね。
この程度の汚れであれば、洗剤が無くてもある程度まではきれいになります。

大量の汗や皮脂、油汚れなど、水に溶けないタイプの汚れについては、洗剤無くして落とすことは難しい

真っ白な衣類の場合には、黒ずみや黄ばみが出てくることも考えられます。

洗剤無しで洗濯をしたい場合には、衣類を汚れ別に分類することが大切

全てに洗剤を使う必要はなくても、洗剤が必要な汚れには、適切な洗剤を使用してあらかじめ洗濯しておくことが大切になるのです。

洗濯の洗剤無しで臭いは大丈夫?臭いの原因

洗剤無しの洗濯が、果たして大丈夫なのかどうかを疑う理由には、「臭い」のことも大いに関係しているのではないかと思います。

洗濯したての衣類やタオルは、ふわふわでいい香りがするイメージを持っている人が多いでしょうから、無臭の水で洗った時の「臭いはどうなるの?」「無臭ならまだしも、臭ったりしないの?」といった疑問が湧いてきますよね。

水だけで洗濯をした衣類の臭いは、「無」

いい匂いも悪い臭いもしない、無臭です。
柔軟剤を使っていないため、ふわふわにはならないかもしれませんが、気になる程ごわごわにもなりません。

洗濯した衣類の嫌な臭いで思い浮かぶのは、「生乾き臭」

これは、洗濯が終わった衣類を洗濯槽内に放置することで、衣類に雑菌や細菌が繁殖することが原因です。
湿っぽい梅雨の時期にも部屋干しした衣類がいつまでも乾かずに生乾き臭がしますね。

洗濯物が臭うのは、洗剤を使うのか使わないのかではなく、「すぐに干したのか」「しばらくしてから干したのか」がポイントになります。
そのため、洗剤を使った時でも、洗剤無しで行った時でも、洗濯物をすぐに干すことができれば、嫌な臭いはしないということになります。

洗濯の洗剤無しで不安なときは洗剤で洗いましょう

これだけ、洗剤無しで洗濯はできるということを伝えても、洗濯洗剤を使わないことに不安が残る方もいるでしょう。

しっかり洗えているのか、臭いは大丈夫かといちいち気になるのであれば、洗剤を使って洗濯をした方が身のためです。不安はストレスになりますから。

ただし、肌の弱いお子さんや、赤ちゃんと同居している場合には洗剤の残りに気をつけてください。
このような人たちは、衣類に残留洗剤があると、必ずといっていいほど肌トラブルを抱えることになります。

洗剤を衣類に残さないために

  • 使用量をしっかり守る
  • すすぎは2回以上行う

この2つが大切になります。また、香りがきつい洗剤よりは、香料の少ないものを選んだほうが肌には優しいと言えるでしょう。

赤ちゃん専用の洗濯洗剤や、皮膚が弱い人のために作られた無添加の洗濯洗剤もあります。

洗剤の種類や使用量、使う頻度を使い分けて、気持ちよく洗濯をしながらも、大切な人の肌をトラブルから守ってあげましょう。

洗濯の洗剤無しで大丈夫かどうか不安な人へ

洗剤無しの洗濯を始めようとしている方に、最後におすすめのグッズを紹介して終わりにしたいと思います。

洗剤を使わない代わりに、「洗浄力」「消臭力」のあるグッズを洗濯機に入れて洗濯するだけで汚れ落ちが何倍にもなるという便利なものがあります。

ボールタイプになったものや、ネットタイプのものなど、形も種類も様々ですが、水だけで洗う不安をどれも一気に解消できるものばかりです。
洗剤無しで洗濯をしてみたいけど、踏み切れない…。といった方がいたとしたら、このようなグッズを合わせることで勇気が出るかもしれません。

ネットなどで手軽に手に入れることができるので、気になる方はぜひ一度検索してみると良いでしょう。