【アウトドア料理】子供に人気のレシピと美味しいデザート

家族で行くアウトドアは、みんなで料理をしたりバーベキューをしたり、釣りをしたり、水遊びをしたり、子供にとっても楽しいイベントですよね。
毎年キャンプに出掛けるというご家庭も多いと思います。

そんなアウトドアの楽しみは外で食べる美味しいご飯。

準備が簡単で、お子様にも人気のレシピや、アウトドアならではの美味しいデザートをご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

デニム生地は水通しが必要?水通しの必要性とやり方

洋服やバッグを作るときなどは、水通しをしたほうが良いと聞いたことはありませんか?デニムも水通しをした...

納豆の薬味は何がいい?納豆にとにかく合うというおすすめの薬味

納豆を毎日欠かさず食べるという方少なくないです。そんな方の中には薬味を変えて納豆を美味しく食べている...

野良猫の餌やりは迷惑行為?餌やりが迷惑行為になる実際の理由

野良猫に餌やりをしている人を見かけた事がある人もいますよね。野良猫への餌やりを迷惑だと感じている人も...

うずらの飼育は屋外でも可能?飼育方法や注意点について

うずらの飼育を考えている方、鶏の様に屋外での飼育は可能かどうか?飼育する際には気になるポイントですよ...

会社の椅子にはダニがいる可能性が。駆除する方法とやり方

太ももの後ろの辺りがかゆい、よくみると噛まれたような小さな跡がある場合、それはダニの仕業かもしれませ...

ウーパールーパーの赤ちゃんの育て方のコツや注意点について紹介

ウーパールーパーの赤ちゃんの育て方はコツを掴めば簡単です。はじめてウーパールーパーを飼育する場合はど...

自転車を宅配で送りたい!宅配の方法を紹介します!

引っ越しすることが決まったら、荷造りが大変ですね!お気にいりの自転車はどうしよう!?持ってい...

服の生地に使われる繊維の特徴!生地の分類やよく使われる衣類

服に使われる生地は、なんとなくはわかっていても、なんとなくしかわからないという方が多いのではないでし...

窓の防寒対策!自分でできるDIYで窓の冷気をシャットアウト

窓から冷気が入り込んできて、なかなか家の中が温まらない事に頭を抱えている人もいるのではないでしょうか...

1日置いたカレーの表面の白い膜はカビと判明!食べると危険

夜に作ったカレーが残ってしまい、また翌日に食べようと一晩置くことってありますよね。「1日置いたカレー...

金魚の稚魚の生存率はどのくらい?稚魚の育て方のコツ

金魚が卵を産んで孵化し、やがて小さな稚魚となって元気に泳ぎだしますが、すべてが無事に育つとは限りませ...

洗剤と漂白剤と柔軟剤の効果と使い方について知りたい

洗濯を普段している人でも、あまり洗剤の内容や効果などについて深く考えたことがないという人もいるのでは...

毎日続ける英語の勉強。アプリを利用すれば毎日続けられます

毎日続けなければ、英語は上達しません。筋トレや、ストレッチ、ダイエットと同じですね。習慣化し...

コミケでコスプレするときの参加方法とは?気をつけるポイント

コミケにコスプレで初めて参加するときにはどんなことに気をつけたらいいのでしょうか?当日の流れ...

バレエの発表会で素敵な花束を渡したいなら

習い事の中には今まで学んだことを発表して披露する機会のあるものがいくつかありますよね。その中でも...

スポンサーリンク

子供も大好きなアウトドア料理!簡単にできるチャーハン

キャンプに出かけたら何と言っても外で食べるご飯が楽しみですよね!
バーベキューも良いけれど、たまにはチャーハンもいかが?

子供はチャーハン好きですよね?私の子供も今日の夕飯は何が良いか聞くと決まって「チャーハン」「カレー」「ハンバーグ」が定番です。

中でもチャーハンは食べやすく美味しいからと、リクエストがとても多いです。
こちらのチャーハンは焼肉のたれを使う事がポイントで、後は家にありそうな野菜を使いましょう。

キャンプの時はお米を炊いても良いですし、レトルトの白米を用意しても良いでしょう。
材料 (4人分)

  • ご飯400g
  • 油 大さじ1
  • にんにく 1かけ
  • シーチキン1缶
  • 玉ねぎ1個

味付

  • マヨネーズ大さじ1
  • 醤油小さじ2
  • 焼肉のタレ 大さじ1
  • 塩こしょう適宜

作り方

  1. まずはフライパンにニンニクと油を入れて弱火にします。
  2. そこへ刻んだ玉ねぎを加えしんなりするまで炒めていきます。たまねぎが半透明に火が通り始めたらシーチキンの油をサッと切ってフライパンに入れていきましょう。
  3. 白米を入れ調味料で味付けをしていきます。よくいためたら出来上がりです。焼肉のたれは入れすぎるとベタベタになってしまうので注意して下さい。

アウトドアで子供と料理!プチパンレシピ

キャンプで子供が喜ぶ「プチパン」
材 料(8個人分)

  • ビニール袋1枚
  • 強力粉400グラム
  • 砂糖小さじ4
  • 塩小さじ1弱
  • スキムミルク小さじ1
  • ドライイースト6グラム
  • 水230cc
  • サラダ油小さじ2

これはとてもシンプルなパンですからお好みのジャムなどをつけて食べると良いです。

作り方を見ていきましょう。

  1. まずはキャンプ場へ行く前に下準備をします。パンを食べるには翌日の朝になります。
  2. サラダ油、水以外の分量をビニール袋に入れて封を閉じその状態でキャンプ場までもって行きます。
  3. キャンプ場に到着して準備が整ったらぬるめのお湯を袋の中にいれ、袋のままこねます。おおよそまとまってきたらそこへサラダ油も入れてさらにこねる。
  4. こねているうちにベタベタだった生地にもまとまりが出来てくると思いますので、そうなるまでしっかりとこねましょう。
  5. その後しばらく袋に入れたまま放置します。(この日は寒かったので、車の中で10時間ほど放置)
  6. 翌朝8等分して丸め、温まったダッチオーブンにサラダ油をしき、その上にパンを並べるて蓋をして、蓋の上にも火の付いたまきをおき、10~15分程度焼いて完成です。

アウトドアで子供にも大人気の定番料理は

キャンプと言いえばカレーライスではないでしょうか?子供も大好き野菜もたっぷり取れて腹持ちもよいので最高ですよね。

そんなカレーライスの作り方を紹介します。

材料(カレールー1箱分約8皿)

  • 豚肉(こまぎれ) 300g
  • 玉ネギ 中2個(400g)
  • にんじん 中1本(200g)
  • じゃがいも 中2個(300g)
  • サラダ油 大さじ2
  • 水 1200cc
  • カレールー1箱

こちらのレシピでは豚肉の細切れを使用していますが、お肉は何でもOK!鶏肉でも牛でもお好きなお肉を選んで下さい。個人的にお勧めなのは牛すじです。

  1. お肉と野菜を好みの大きさに切り、鍋で炒めていきます。
  2. 全体的に炒めたら分量の水をいれじっくり煮込みます。
  3. 最後にルーを溶かして完成です。

とにかく簡単ですし、作るときに子供がお手伝いしやすいと言うのもカレーの良いところですよね。

もしキャンプ場での手間を減らしたいというのであれば、2までの工程を家で行いキャンプ当日まで冷凍しておくという方法もあります。作るタイミングは2~3日前で良いでしょう。

そこまでの工程を終えていれば、キャンプ場では半解凍になった程度で鍋に入れ加熱し、ルーを入れれば食べられるので時短にもなり、洗い物も減らすことができます。

さらに凍らせてもっていくので、保冷剤代わりにもなります。

冷凍して持っていく場合には、人参やじゃがいもではなく違う野菜にする(キャベツやズッキーニ、リンゴや大豆などもお勧め)か、しっかりと煮込んでしまうのが良いでしょう。

アウトドアでの料理も事前準備が大切

キャンプ場では家と違って不便な事がとても多いです。料理を作るにしても野菜の皮を剥いたり、お肉を切ったり家と変わらないように作る事はもちろん可能です。

ですがたくさんの調味料を持って行くのは大変です。それにキャンプ場では炊事場では基本水しかでないところが多いので、洗い物でもお肉を切ったまな板などはいまいち綺麗にならないといった面があります。

そういった煩わしさを軽減させるためにも、事前に家で準備していく事で楽に作る事も出来るのです。

例えば私が実践したのは「チンジャオロース」です。

お肉は細かく切って「醤油、ニンニク、しょうが、酒」で下味をつけてジップロックに入れておきます。ピーマンとたけのこもそれぞれ細切りにしてジップロックへ移します。
ここまでが下準備で、残りは食べる時に現地で行います。

現地ではまずピーマンとたけのこを炒め一旦取り出しておきます。そしてお肉を焼いて火が通ったらピーマンとたけのこと合わせオイスターソースを適量絡めます。

下準備をしていくだけで、家と変わらない美味しい料理を堪能することが出来ますのでぜひお試し下さい。

アウトドアならではのデザートを楽しむ

キャンプではデザートも楽しみです。
炭火がある時こそ「焼きマシュマロ」の登場です。

アメリカでは「スモア」と呼ばれている焼きマシュマロのサンドのデザート。スモアとは(もう少し!)という意味であり何度も食べたくなる癖になる美味しさという事でしょう。マシュマロが苦手な人も焼いたマシュマロは好きになると思います。焼くと食感ががらりと変わりますから一度試してみて下さい。
初めて食べた時にはおいしさに感動しました!

クラッカーにチョコを置くのがポイント。火であぶったマシュマロを乗せてサンドすればさくっとしてトロっとした食感がたまりません。

また秋になるとりんごの美味しい季節です。こんな時期には炭火で焼きリンゴを作ります。

りんごは半分に切って種を取り除きます。アルミホイルでしっかり包み、柔らかくなるまでじっくり焼きましょう。

とろっと焼き上がったら、バターとシナモン、メープルシロップやお砂糖をふりかけて食べるのがおすすめです。

中に仕込んで焼いても良いですが、りんごの位置を傾けたときなどにバターの汁などが漏れてしまうことがあるので、お好きな方法で挑戦してみてください。