鉄のフライパンのメリット・デメリット!鉄のフライパンの魅力

鉄フライパンを購入しようか悩んでいる人の中には、鉄のフライパンにはどんなメリットがあるのか知りたい人もいるのではないでしょうか。

鉄のフライパンは良いと聞いても、実際にどんなメリットがあるのかわからないと、なかなか購入に踏み切れないこともあります。

ここでは、鉄のフライパンのメリットについてお伝えします。どんなメリットがあるのかを知って、購入するかどうか考えてみてください。

また、デメリットについてもご紹介しますので、こちらも是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

「人間が怖い」と思われるような小説を書きたい

小説にはさまざまなジャンルがありますが、人間の恐怖にスポットを当てたものでも表現はいくつもあります。...

No Image

腕が太いけどノースリーブを着たい大人女子のためのカバー術

かわいいノースリーブを見つけたけど、太い二の腕が気になって購入をためらってしまうという経験はありませ...

洗濯機が壊れたらコインランドリーを賢く活用のススメとは

洗濯機が壊れたらコインランドリーを活用するのがオススメですよ。新しい洗濯機を購入しても、それ...

筆箱のチャックが壊れた時の対処法を症状別で詳しく解説します

学校で使っている子供の筆箱のチャックが壊れた時、お気に入りの筆箱でまだまだ使える状態であれば、なんと...

入院中お見舞いに来ないで欲しい理由と来て欲しくないときの対策

入院中にはお見舞いに来ないで欲しいと正直思っていませんか?例えば、女性の場合は入院中は化粧も...

文鳥の鳴き声はオスとメスで違う!メスの鳴き声とそれぞれの性格

文鳥はオスとメスで鳴き声が違うということはご存知でしょうか。文鳥の性別を見分けるポイントが鳴き声だと...

日本の田舎は怖いイメージがあるって本当?

日本における田舎は「夜は真っ暗」、「人間が閉鎖的」なんていう怖いイメージを持っていませんか?それ...

ダンベルを使った背中の鍛え方とより効果を出すためのポイント

胸の筋肉だけではなく、背中の筋肉もある人を見るとかっこいいって思いますよね。でも、自分もそう...

トイレのコンセントの位置は失敗しないようにしっかり考えよう!

日本のトイレといえば温水洗浄便座が当たり前のようになってきていますが、使用するためにはコンセントが必...

教科書整理に役立つ100均グッツ!その使い方と整理のコツ

子供の教科書の整理をしたいなら、100均グッツを上手く活用した整理方法がおすすめです。すべて10...

作業着をそのまま洗濯機に入れると壊れる可能性も!予洗いの仕方

油汚れ・ドロ汚れ・サビ汚れ・鉄粉など作業着には色んな汚れがついていますが、汚れのひどい作業着の洗濯は...

子猫の育て方!生後4ヶ月の子猫の注意点!

子猫の育て方を知っていますか?生後4ヶ月の子猫はどのようなことに注意しながら育てていけばいいのでしょ...

スライムの材料でホウ砂なしの場合は?必要な材料と作り方

スライム作りに必要な材料の一つにホウ砂がありますが、ホウ砂なしでもスライムを作ることができるって知っ...

バレエで男性へのお礼の仕方についてゲストへの上手な気遣い

バレエでは男性ゲストにお礼をしなければなりません。はじめて発表会で男性ダンサーと一緒に踊るのであれば...

紙粘土の色付けはペンでもOK?紙粘土の色付け方法について

紙粘土の色付けにはどのようなものがあるでしょうか、真っ先に思い浮かぶのは絵具ですが、ペンを使っても色...

スポンサーリンク

鉄のフライパンは大切に使用すれば長く愛用できるというメリットが

フッ素加工がされているフライパンは、長く使っているうちにフライパンの表面に傷が付いてくると、どうしても焦げ付きやこびり付きが目立ってくるようになります。安いフライパンであれば、それは仕方がないことと割り切って、定期的に買い替えながら使うという方も多いのではないでしょうか?

これに対して、近年では昔からある鉄のフライパンの良さが見直されてきています。実際に、私の周りでもここ数年は、鉄のフライパンの愛用者が増えてきていることからも、その注目度の高さが伺えます。

では、鉄のフライパンを使うメリットとは、いったいどのようなことなのでしょうか?

鉄のフライパンを使うメリット

鉄のフライパンの一番の良さは、お手入れ次第で長く使うことができるという点

フッ素加工などのフライパンは、新しいうちは焦げ付きもなく、洗っても汚れがスルッと簡単に取れるため、扱いやすいイメージがありますが、使い続けるうちに徐々に使いにくくなります。その反対に、使い始めのうちは焦げ付きやこびり付きが非常に多い鉄のフライパンですが、使い込むうちにだんたんと、こびり付きもなくなり、使えば使うほど使い勝手が良くなるのです。

しっかりとお手入れをしながら長年使っていくうちに、愛着のある自分だけのフライパンとして、手放せない存在になっていくことでしょう。

鉄のフライパンのメリットは熱伝導率!短時間で美味しいものが作れる

強い火力が必要な中華料理店などの厨房でも、鉄のフライパンは使われています。

鉄のフライパンのもう一つのメリットとしては、優れた熱伝導率が挙げられます

弱火でじっくりと時間をかけて仕上げる煮込み料理などとは違い、短時間に強火で一気に仕上げることでより美味しさが増す炒めものに関しては、やはり鉄のフライパンを使うことで、明らかに仕上がりに差がでてくるのです。

炒めもの以外にも、熱伝導率のよい鉄のフライパンを使うことで、たとえば肉料理ではお肉の中に旨味をぎゅっと閉じ込め、切った時に肉汁が溢れ出るようなハンバーグや、野菜の水分が出てくる前に、短時間で一気に作る野菜炒めなども、より一層美味しくなることは間違いありません。

とくにお料理好きの方の中には、一度この鉄のフライパンの良さを知ってしまったら、もう他のフライパンには戻れないといった声も、よく耳にするほどです。

鉄のフライパンを使って調理をすると料理が美味しくなるメリットも

中には、鉄のフライパンを使うことで、なんだか自分の料理の腕が上がったと感じるほど、劇的に料理が美味しくなったと感じる方も少なくないようです。

たしかに、お店と比べて火力が弱いご家庭の調理器具だけでは、どんなに頑張ってもなかなかお店の味に近づけるのには限界があります。ですが、熱伝導率の良い鉄のフライパンを使うことで、同じ熱源でも短時間で食材に熱が伝わるため、美味しさを逃さずに料理を短時間で仕上げることができるようになるのです。

フライパンの違いがわかるのは、やはり野菜を中心とした炒めもの

あのお店で食べるみずみずしい歯ごたえは、普通はなかなかご家庭で再現することができませんが、鉄のフライパンならそれも簡単に作ることができます。短時間で野菜に火が通るため、野菜から余計な水分も出てこず、その分だけ調味料も控えめにして作ることができるといった点も、大きなメリットと言えるのではないでしょうか?

傷がつきにくい!とっても丈夫なのも鉄のフライパンのメリット

通常のフライパンは、繰り返し使用するうちにフライパンの表面に細かいキズが付いて、フッ素加工などが剥がれてしまったり、変形してしまうことがありますが、鉄のフライパンを使ううえでは、そのような心配はまず必要ありません。

鉄のフライパンは、とにかく丈夫

たしかに表面に加工されたフライパンは軽いものもあるため、扱いやすいというメリットはあるかもしれませんが、落としたりすることで簡単に変形してしまうこともあります。その点、鉄のフライパンでしたら、うっかり落としてしまっても、へこみや変形の心配はまずありません。むしろ、足の指に落としてしまったり、床に直接落としてしまったら、そちらのほうが心配になるほどです。

鉄のフライパンにはこんなデメリットも!デメリットをチェックしてみよう

どんな道具にも、一長一短はあるものです。最後に、鉄のフライパンを使うにあたってのデメリットについても触れておきましょう。

鉄のフライパンを使うデメリット

  • 毎回お手入れが必要
  • 重たくて扱いにくい
  • 取っ手が熱くなる
  • IH調理器では使いにくい

鉄のフライパンは、買ってからすぐは使い始めることができません

さらに、鉄でできた製品である以上、錆びないように毎回しっかりと水分を乾かし、油で表面を覆っておく必要があります。鉄のフライパンは当然かなりの重さがあるため、調理する時だけでなく、この使用後のお手入れに関しても、けっして扱いやすいとは言えないでしょう。

しかし、それらのデメリットを差し置いても、鉄のフライパンの魅力は数多くあるのも事実

鉄のフライパンは、きちんとお手入れさえしておけば、長年に渡って使い続けることができる優秀なアイテムです。まだ使ったことがないという方にとっても、一度使い始めたら、使い込むうちに愛着が湧いて、お料理の頼もしい相棒的存在となってくれることでしょう。